PROJECT INDEX

探してた面白いプロジェクトが見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探す福祉業界で働く魅力を発見し、地元の若者に福祉業界の魅力を発信する仲間募集!


島根県

福祉業界で働く魅力を発見し、地元の若者に福祉業界の魅力を発信する仲間募集!

社会福祉法人有隣会

地域で働き暮らすキャリアを育む、まちまるごとインターンシップ!

このインターンシップは、日本の25年先をいく課題解決先進地である雲南市を舞台に、受け入れ先で働く体験をすると同時に、雲南での暮らしも体験する「雲南コミュニティキャンパス」プログラムの一つです。

このプロジェクトについて

■地域と共にある有隣会
社会福祉法人有隣会は、在宅での生活が困難な要介護状態の高齢者が入居できる介護施設「梅里苑(島根県初の民設民営の特養)」を昭和52年に開所しました。平成30年からは、地域住民に向けてコグニション(認知)とエクササイズ(運動)を組み合わせてできたコグニサイズという新しいエクササイズの場も、送迎付きで提供しており、大変賑わっています。
入所された方のこれからの人生の支えとなることに意義を感じ、基本的人権を最大限尊重した個別ケアを目指し、介護サービスの中核となるために、保健・福祉・医療、及び地域住民活動と連携を図り、社会貢献に努めています。
また令和5年度からは、ほほ笑みこども食堂の取り組みを始めました。ほほ笑みこども食堂は、「最近子どもたちの元気がないな…」という理事長の課題感から生まれた事業です。地域のみんなで子どもたちの健やかな「育ち」と多世代の交流を通してコミュニケーション能力の向上を育む集いの場を作りたいという思いで、地域の訪問看護ステーションと連携して取り組んでいます。
このように介護事業を中心に、地域住民活動と連携を図り、社会貢献に取り組むことで、入居者のみなさまから親しまれ、家族から信頼され、また地域からも愛され支えられる法人であり続けたいと考えています。
■福祉の魅力発掘
福祉に関わる仕事は、介護事業においてもその事業を取り巻く地域の環境においても、魅力的な仕事であると思う一方で、世間の福祉に対するイメージは残念ながらあまり良くありません。その誤解により人材不足などの課題が生じているだけでなく、そもそも仕事に対して興味を持ってもらえないという状況にあります。
現在生じている課題に対して取り組めることは山積みですが、まずは、地元で育った子どもたちに、福祉の仕事について知ってもらい、この仕事の魅力を少しでも感じてもらいたいと思っています。
そこで、今回のインターン生にも、まずは福祉に触れ、実際に感じた魅力を表現し、なんらかの手段で地域の子どもたちに伝えていただきたいと考えています。

募集要項

募集対象 大学生
期間 短期(3週間〜2ヶ月)
テーマ 医療・福祉・ヘルスケアPR・メディア
職種 マーケティング・広報リサーチ・コンサルティング
活動支援金 あり
活動内容 <STEP1>
・有隣会の理念について知る
・有隣会の事業について知る
・有隣会で働く人や利用する人と会話をして理念や事業について理解を深める
・有隣会の事業(介護事業・地域貢献事業)に触れてみる
・毎週月曜日14時頃からの合同ミーティングに参加する
<STEP2>
地元高校生に福祉業界(有隣会)に関心をもつ/理解を深めていただくために…
・インターンシップで取り組むミッションについてプロジェクトの検討をする(内容・スケジュールなど)
・インターンシップで取り組むプロジェクトを受け入れ担当者に提案し、フィードバックをもらう
・インターンシップで取り組むプロジェクトを修正し、取り組む準備を行う
<STEP3>
・インターンシップで取り組むプロジェクトを進める
・プロジェクトの推進状況を適宜受け入れ担当者に報連相する
<STEP4>
・インターンシップで取り組んだプロジェクトについて振り返りを行う
・今後の事業推進につながる提案や、インターンシップ受け入れについての提案を行う

本インターンシップについて、上記内容に取り組んでいただきます。
記載のステップはあくまでも仮となりますので、実際に現場に入って変更が生じる可能性もあります。
期待する成果 インターンシップ生自身が福祉の魅力を言語化し、周囲の人に伝えることができること
得られる経験 ・高齢者さんとの会話を通して学ぶ経験
(方言の魅力に触れることができる、この土地にしかない習慣について知ることができる、など高齢者さんだからこそ知っておられることを教えてもらえる)
・福祉業界の現場に触れる経験
対象となる人 ・このインターンに関心を持ってくださった方
・話をしたり、聞いたりするのが好きな方
活動条件 <期間>
令和6年8月〜9月までの1ヶ月半程度(期間・日程共に相談可)

<活動頻度>
4〜5日程度/週

<活動支援金>
月額160,000円程度(活動日数に応じて1日あたり8,000円支給)

<滞在費>
インターン期間中は雲南市内に滞在していただくことになります。滞在拠点が必要な場合は、滞在日数に応じて滞在費を一部助成(30,000円上限/月)

<交通費>
・交通費(現住所⇄雲南市の活動地往復)を以下の通り助成
片道60キロ以上の中国圏内に現住所がある場合は、一律10,000円
四国/九州/近畿に現住所がある場合は、一律20,000円
上記以外の遠方に現住所がある場合は、一律40,000円
・交通費(活動期間内)については、活動日に応じて交通費を月額10,000円程度支給

<活動期間の支援体制>
・研修を月1.2回程度、面談を週1程度実施いたします。
・参加学生と受け入れ先の雇用契約は存在しないものとします。
※参加学生は、インターンシップ開始までに、インターンシップ活動が適用になる保険(損害賠償保険、傷害保険)への加入をお願いします。

<活動報告>
・活動日報の提出
・活動報告会への参加(9/20を予定)

<その他>
こちらのプロジェクトは雲南市の地域おこし協力隊インターン制度を利用しています。
活動場所 島根県雲南市三刀屋町三刀屋1326-8

私たちはこんなチームです!

あつまれZ世代!田舎の高齢者とふれあい、故きを温ねて新しきを知ろう!

法人の理念「入居者から親しまれ、家族から信頼され、地域からは愛され支えられる法人」を目指しながら、社会福祉事業を継続的かつ適正に行うため、ガバナンスの強化を図りながら健全な経営に努めています。施設の環境としては、雲南市の中心に位置しており、病院と隣接し、三刀屋町が眺望できる自然環境の中にあります。施設の理念「あなたに似合うケアを一緒に見つけましょう」を合言葉に職員が一丸となり、利用者の皆様の日常生活が安らぎのある豊かなものになるよう支援しています。

受け入れ企業からのメッセージ

施設長/梅木郁夫

福祉の仕事のネガティブイメージをポジティブイメージに変えていく新たな発想を期待します。介護業界は今後も成長性や安定性に優れていると考えます。そんな介護業界のやりがいや魅力を発見し、たくさんの人に知ってもらえるアイデアを一緒に考えてもらいたいと思います。
当法人は老人福祉だけではなく、地域貢献にも積極的に取り組んでいます。子ども食堂や、サロン活動、コグニサイズ教室(認知症予防運動)など定期的に開催していますので、そちらも経験していただき、発展のための若い方の発想やアイデアをいただけたらと思います。

団体概要

設立 1977年6月3日
代表者名 理事長 陶山紳一朗
従業員数 約80名
WEB https://www.yurinkai.jp/index.php