PROJECT INDEX

探してた面白いプロジェクトが見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探す高校生と企業をつなぎ、教科書にはないリアルな学び場を創ろう!


兵庫県

高校生と企業をつなぎ、教科書にはないリアルな学び場を創ろう!

一般社団法人ワカモノート

若者が希望をもって未来を描ける社会を企業と一緒につくる

学生とクリエイタ一がコラボして地元企業のシゴト図鑑を制作。図鑑を中心に、高校生と企業がリアルにつながるイベントなど、学校だけでは得られない学びの機会を共に創っていくプロジェクトです。

このプロジェクトについて

一般社団法人ワカモノートは、2020年5月1日に設立したばかりの新しい団体です。若者(大学生・高校生)が希望をもって未来を描くことができる社会を創るために活動しています。

■設立の経緯
設立の母体となっている株式会社エアグラウンドは、動画やWebを活用して、企業や商品の魅力を伝えるクリエイティブ事業をしています。取引先の多くは中小企業なのですが、どれだけすぐれた技術や良い組織風土があっても、採用活動に苦戦している現実を知りました。私たちはそのことに強い問題意識を持っています。
そこで、クリエイターの強みを活かして、学生インターンと一緒に中小企業の魅力を動画やWeb、イベントを通して伝える活動を2017年にスタートしました。

2018年は、兵庫県立尼崎高等学校と連携し授業の一環として中小企業の技術(ワザ)を伝えるイベントを校内で開催しました。そして、2019年には14社の中小企業が参画し、高校生、大学生が企業の現場を取材して、その魅力を若者に伝える冊子「ワザカタログ」を完成させました。
冊子の完成披露会には尼崎市長をはじめ、多くの市役所職員や、高校教員、企業に参加していただきました。参加者からは「この活動をもっと広げてほしい!」という声を沢山いただき、応援してくれる人がどんどん増えていきました。
そして、本格的に活動を進めるために、株式会社エアグラウンドのスタッフをコアメンバーとして、2020年5月に一般社団法人ワカモノートを設立することになったのです。

ワカモノートでは、今まで沢山のインターン生を受け入れており、沢山の学生がプロジェクトに関わってくれました。
私たちは学生ならではの発想やアイデアを大切にして様々な活動を行っています。現在は新型コロナウイルス感染症に負けてたまるかと、リモートでの活動に切り替えて、企業オンライン取材などを学生主体で開催しております!


■ワカモノートの主な活動

①若者が中心になってつくるメディア
メディア「ワザカタログ」では、冊子制作やWebコンテンツなど、高校生や大学生が主体となって制作しています。緊急事態宣言のため、高校生が現場を取材することが難しい場面もありましたが、大学生がオンライン取材という新しい手法に挑戦してメディアの制作を進めています。

②多様な人と対話できる場づくり
高校生、大学生、地域の社会人が直接関わりあえる場として、交流イベントを2018年から開催しています。昨年度は、感染症対策としてイベント参加企業数を限定したりしながら、高校生と社会人とが対話できる場をつくってきました。
「自分が知らないだけでおもしろい会社がたくさんある」
「夢の可能性が広がった!!」
「こんなことやってみたい!」
私たちは学生が新しい発見や気づきを得てもらえるよう、多様な人と対話できる場をつくっています。

③若者の進路選択をサポート
若者が中小企業の仕事を体験しながら、自身の将来や進路について考えるきっかけとして「高校生実践型インターンシップ」をコーディネートしています。現在は、高校生インターンを自社で受け入れて、私たちと一緒に「ワザカタログ」を制作することが主となっていますが、この活動を通して、若者が社会の中で挑戦し学びながら、自立する力をつけていくサポートを行なっています。

※現場での活動レポートはこちらをご覧ください!
https://www.wakamonote.jp/diary/
https://www.facebook.com/wakamonote


■活動を長く続けていくために次のステップへ
若者と一緒にチャレンジしてきたことをふりかえる中で、団体の活動として中心にしていきたいものが明確になってきたと感じる今、次のステップとして、その活動を継続していくための土台づくりにも注力しなければと思っています。

団体の活動を長く続けていく際の課題の1つに、資金面の問題があります。今後も「ワザカタログ」を制作し地域の高校生に配っていくために、直近ではクラウドファンディングを実施して、その印刷費用などを調達していくことを考えています。その他にも寄付を募ったりなど、継続的に活動を行うための資金確保の仕組みづくりをしていかなければと思っています。

また、広報面の課題にも取り組んでいきたいと考えています。先ずは、今まで実施してきたことを改めてふりかえり、その魅力や活動の意義などの言語化を行い、これからの各種広報に繋げていく予定です。公式サイトの改善やInstagramの運営など、その広報の仕方についても見直しが必要だと思っています。団体の活動をより多くの方に知ってもらい、その魅力を発信し続ける仕組みづくりをしていかなければと感じています。

その他にも、今までの活動の中で蓄積されてきた冊子や動画といった素材などを、今後の活動にどう活かしていけるのか考える必要もあると感じています。企業や社会人との継続的な接点をつくるなど、新型コロナウイルス感染症の対策をしながら活動を行いつつ、新たに創ったり変えたりするべき点は何かを考え実践していくことも、次のステップとして取り組んでいきたいと思っています。

以上のような、団体の活動を続けていく上での様々な課題に対し、共に挑戦してくれるインターン生を募集しています!

募集要項

募集対象 大学生
期間 長期(3ヶ月以上)
テーマ こども・教育PR・メディア
職種 マーケティング・広報編集・ライティング
活動支援金 なし
活動内容 【STEP1】 会社や業務内容について理解する
・団体の理念や事業内容、強み、「ワザカタログ」の方向性などについて理解する
・弊社で利用しているITツール(Googleのツール・Zoom・Chatwork)の使い方をレクチャー
・ワザカタログの高校生向けイベントの運営サポートなど

【STEP2】 取り組む課題を設定する
・取り組む課題の洗い出し
・受け入れ担当者と話をしながら、実際に取り組む課題を設定
・課題解決に向けた計画を作成
※インターン開始前にも取り組んで欲しい課題について話をしますが、コロナ等の状況に応じて実施して欲しい内容・できる内容が変わっていくので、改めてすり合わせを行い決めていきます。

【STEP3】 実際に取り組む
・高校生、大学生でアイデアを出し合い、実施計画のブラッシュアップ
・設定した課題に取り組む
・イベントの運営サポートなど、その他の活動にも取り組んでもらいます
期待する成果 ・学生の感性を活かしたアイデアの提案
・ワザカタログの教材活用の検証
・ワカモノートの広報発信
得られる経験 ・高校生と地元企業のつながりをつくるコミュニティデザイン
・高校生と一緒にコンテンツ企画をする経験
・様々な業種の中小企業の仕事に触れる経験
・地域企業の「社長と話す」という経験
・取材、記事作成経験
・ITツールを使った業務経験
・クリエイティブな仕事に必要なアイデアの出し方、考え方
・イベントの企画、運営、司会進行の経験(コロナの影響で変動あり)
対象となる人 ・地域の中小企業の課題解決やキャリア教育に関心を持っている人
・企業の魅力発信や広報に関心がある人
・さまざまなアイデアを出し企画を考えて実践してみたい人
・文章を書くのが好きな人
・チームでのプロジェクトに挑戦してみたい人
活動条件 ■交通費:一部支給(上限あり)

■期間:6ヶ月(応相談)

■活動頻度
・学期中:週16時間以上(週2日以上)
・休暇中:週32時間以上(週4日以上)

■活動時間:9:00~17:00

■定休日:土・日・祝
※学業に合わせて、活動日&時間の相談は可能です。
活動場所 <所在地> 兵庫県尼崎市南武庫之荘2-2-7 新井ビル3F
<アクセス> 阪急神戸線「武庫之荘」駅から徒歩3分
事前課題 1.日本国内で、中高生を対象に、キャリア教育など実施している事例を2つ調査して、Googleスライドにまとめてください。事例について5W1H( Who だれが・When いつ・Where どこで・What なにを・Why なぜ・How どのように )が分かる内容と、それを踏まえた考察や感想をまとめてください。

2.高校生の企業取材動画を見て、面白いと思った箇所を箇条書きにしてください。(いくつでもOKです)エントリー決定後にYouTubeのリンクを送ります。文章は、wordもしくはGoogleドキュメントで作成して提出してもらいます。

私たちはこんなチームです!

「若者が希望をもって未来を描くことのできる社会」をつくる

一般社団法人ワカモノートは「”若者が希望をもって未来を描くことのできる社会”をつくる」ことを目標に、若者の意見を尊重し、一緒に企画を考えながらプロジェクトを進行しています。

高校生から企業の社長まで、様々な人たちと話す機会が多い職場で、親しみやすいスタッフが多いです。去年のインターンが「ワザカタログの活動をもっと続けていきたい」と今年も参加してくれることになったり、高校生のYouTube動画制作を手伝ったことをきっかけに、高校生が就職の相談や他の高校生たちのために何か自分が活動できないか相談にきたりと、学生たちが自然と集まれるような雰囲気がある団体です。

今後は、「オンライン上でも学生が地元の仕事を知ることができる仕組みづくり」や、「ワザカタログを用いた教材開発」を実用化に向けて進めていきます。

受け入れ企業からのメッセージ

代表理事/畠中裕介

私はしっかりと企画を考えてプロジェクトを進めるのではなく、走りながら考えるタイプです。

ただひとつ。高校生たちにとっていいことなら急いでやる!これを信念にしております。

最近見たアニメ『僕のヒーローアカデミア』のセリフ「考えるより先に体が動く」に共感しました。

[プロフィール]
1979年。愛媛県の人口100人に満たない小さな島で生まれる。

幼少期より絵を描くのが好きで高校時代はデザイン科に在籍。
絵を描いているときに、自分はストーリーにこだわりを持っていることに気づき、映像制作に目覚める。

2008年4月
動画・映像コンテンツ制作を主力事業として創業

2010年10月
動画を活用した学習コンテンツを開発

2013年10月
ホームページ制作事業を開始

2014年10月
インターネット情報配信サービス「尼崎経済新聞」の運営を開始
「Yahoo! ニュース」「SmartNews」など各種主要媒体への記事提供

2015年10月
現住所へ事務所移転
大学生インターンシップの受け入れを開始

2017年8月
株式会社エアグラウンド 設立

2018年8月
高校生インターンシップの受け入れを開始

2019年8月
企業と学生をつなぐキャリア教育事業「ワザカタログ」をスタート

2020年5月
一般社団法人ワカモノート 設立

団体概要

設立 2020年5月1日
代表者名 代表理事 畠中裕介
従業員数 5名
WEB https://www.wakamonote.jp/
住所 兵庫県尼崎市南武庫之荘2-2-7