PROJECT INDEX

探してた面白いプロジェクトが見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探す若者のアイデアとクリエイターの技術を結集して 高校生と企業をつなぐ新たなプラットフォームをつくり出せ!


兵庫県

若者のアイデアとクリエイターの技術を結集して 高校生と企業をつなぐ新たなプラットフォームをつくり出せ!

一般社団法人ワカモノート

このインターンは募集が終了しました。沢山のご応募ありがとうございました。

若者が希望をもてる社会を地元企業と一緒につくる

学生とITクリエイタ一がコラボして地元企業のシゴト図鑑を発行。将来働くことに不安を抱える高校生が相談できる場所として、図鑑を中心とした高校生と企業がリアルにつながるプラットフォームを作ります。

このプロジェクトについて

■ワカモノート設立の経緯
ワカモノートは、2020年5月1日に設立した団体です。大学生や高校生(ワカモノ)と企業が話し合って、新しい価値観に気づく場所をつくり、そこからスタートする物語を記録(ノート)して、若者が自ら希望をもって進路を選択できる社会を目指して活動しています。

ワカモノート設立のきっかけとなったプロジェクトがありました。それは、動画&Web制作会社のエアグラウンドで生まれた「ワザカタログ」というキャリア教育プロジェクトです。

このプロジェクトが軌道に乗り、多くのサポーターが協力してくれるようになったので、エアグラウンドのスタッフをコアメンバーとしてワカモノートとして団体を設立しました。

■若者と企業が出会い新しい価値観に気づく場をつくる
ワカモノートでは、主に2つの活動を行なっています。
①高校生の目線でシゴトの魅力を発見するメディア「ワザカタログ(冊子&Web)」の制作運営
②若者と企業がオンラインやオフラインで交流できるイベントの企画開催

2020年4月に開催したワザカタログVol.1の冊子完成披露会では、ご協力いただいた企業様をはじめとする67名(行政・教育機関・企業 計61名、大学生インターン 計6名)が参加。尼崎市長、副市長から特大のクラッカーで盛大にお祝いしてもらいました。

ワカモノートが拠点として活動している尼崎市の特徴は、企業、行政、そして教育機関の距離が近いことです。各組織が積極的に集まり、若者の新しい価値観に耳を傾ける風土が根付いていました。この風土があったことで下記のようなプロジェクトを実施することできました。

「高校生が挑戦したいこと」×「企業ができること」 = 「新しいもの!?」

その他にも、2018年から尼崎市内の高校授業にも参加しております。ワカモノートに参加した高校生からは、以下のような感想をもらいました。
「普段うまくいかないことも、大人とだったら楽しくできました」
「夢の可能性が広がった!!」

■さらに関わりあう場をつくるために
新型コロナウイルス感染症の影響で、昨年までと同じような活動ができなくなってしまいましたが、オンラインとオフラインを合わせた活動に切り替えて対応しています。6月からは兵庫県立尼崎高等学校の授業に協力し、高校生が考えたプロジェクトを手伝う形で伴走しています。

今年度は、このコロナ感染症の影響化でもすでに15社以上の企業が参加を表明し、行政からもサポート協力も得られております。このワザカタログを一緒に進めてくれるインターン生を募集します!

募集要項

募集対象 大学生
期間 長期(3ヶ月以上)
テーマ こども・教育PR・メディア
職種 マーケティング・広報編集・ライティング
活動支援金 なし
活動内容 【STEP1】 会社や業務内容について理解する
・団体の理念や事業内容、強み、「ワザカタログ」の方向性について理解する
・弊社で利用しているITツール(Googleのツール・Zoom・Remo・Chatwork)の使い方をレクチャー

【STEP2】 「ワザカタログ」のオンライン取材
・取材する企業について知るために、高校生が企業を取材した動画を視聴し内容をまとめる
・中小企業の職場で働く職人さん一人ひとりにフォーカスした「ワザカタログ」の取材・記事作成
・高校生とアイディアを出しあい、Web版ワザカタログの記事作成、チェック。

【STEP3】 「ワザカタログ」のイベント開催!(コロナの影響で変動あり)
・「ワザカタログ」イベント企画・運営・司会進行
・イベント開催後は、次のアクションへ向けての分析・提案
・ブログ作成
期待する成果 ・ワザカタログ冊子の作成
・イベントの企画・運営・司会進行(コロナの影響で変動あり)
・学生の感性を生かした企画の提出
得られる経験 ・高校生と地元企業のつながりをつくるコミュニティデザイン
・高校生と一緒にコンテンツ企画をする経験
・様々な業種の中小企業の仕事に触れる経験
・地域企業の「社長と話す」という経験
・取材、記事作成経験
・ITツールを使った業務経験
・クリエイティブな仕事に必要なアイデアの出し方、考え方
・イベントの企画、運営、司会進行の経験(コロナの影響で変動あり)
対象となる人 ・地域の中小企業の課題解決やキャリア教育に関心を持っている人
・企業の魅力発信や広報に関心がある人
・さまざまなアイデアを出し企画を考えて実践してみたい人
・文章を書くのが好きな人
・チームでのプロジェクトに挑戦してみたい人
活動条件 ■交通費:全額支給

■期間:6ヶ月(応相談)

■活動頻度
・学期中:週16時間以上(週2日以上)
・休暇中:週32時間以上(週4日以上)

■活動時間:9:00~17:00

■定休日:土・日・祝
※学業に合わせて、活動日&時間の相談は可能です。
活動場所 <所在地> 兵庫県尼崎市南武庫之荘2-2-7 新井ビル3F
<アクセス> 阪急神戸線「武庫之荘」駅から徒歩3分
事前課題 1.尼崎市について調べ、この町を住みたい町と思ってもらうためにどのようなPR方法があるか企画を1つ考えてください。企画書はパワーポイントもしくはGoogleスライドで作成(スライドは何枚になってもOKです)

2.高校生の企業取材動画を見て、面白いと思った箇所を箇条書きにしてください。(いくつでもOKです)エントリー決定後にYouTubeのリンクを送ります。文章は、wordもしくはGoogleドキュメントで作成して提出してもらいます。

私たちはこんなチームです!

若者が希望をもって未来を描くことができる社会をつくる

一般社団法人ワカモノートは「若者が希望をもって未来を描くことができる社会をつくる」ことを目標に、若者の意見を尊重し、一緒に企画を考えながらプロジェクトを進行しています。

高校生から企業の社長まで、様々な人たちと話す機会が多い職場で、親しみやすいスタッフが多いです。去年のインターンが「ワザカタログの活動をもっと続けていきたい」と今年も参加してくれることになったり、高校生のYouTube動画制作を手伝ったことをきっかけに、高校生が就職の相談や他の高校生たちのために何か自分が活動できないか相談にきたりと、学生たちが自然と集まれるような雰囲気がある会社です。

今後、「学生と企業があつまるバーチャルカフェ」の運営など、ITを使った若者と地域や企業を繋げるような活動も考えています。

インターン生へのメッセージ

代表理事/畠中裕介

私はしっかりと企画を考えてプロジェクトを進めるのではなく、走りながら考えるタイプです。

ただひとつ。高校生たちにとっていいことなら急いでやる!これを信念にしております。

最近見たアニメ『僕のヒーローアカデミア』のセリフ「考えるより先に体が動く」に共感しました。

[プロフィール]
1979年
愛媛県の人口100人に満たない小さな島で生まれる。

幼少期より絵を描くのが得意で、高校時代はデザイン科に在籍。
絵を描いているときに自分はストーリーにこだわりを持っていることに気づき、映像制作に目覚める。

2008年4月
動画・映像コンテンツ制作を主力事業として創業
会社紹介映像、CG制作、式典やセミナーなどの記録映像を制作

2010年10月
動画・映像コンテンツ制作の支援事業を開始
動画撮影編集のコンサルティング、新入社員の技術研修などを行う
動画を活用した学習コンテンツを開発

2012年5月
システムコンサルタント業を開始
顧客の要件をヒアリングし、システム会社の手配やプランニングを担当

2013年10月
ホームページ制作事業を開始

2014年10月
インターネット情報配信サービス「尼崎経済新聞」の運営を開始
「Yahoo! ニュース」「SmartNews」など各種主要媒体への記事提供を開始

2015年10月
現住所へ事務所移転
長期インターンシップの受け入れを開始

2017年8月
事業拡大に伴い法人設立 株式会社エアグラウンド

2018年5月
不動産業、建築業向けのIT勉強会を開始
関西学院大学 ハンズオンラーニングセンターの授業に講師として参加
兵庫県立尼崎高等学校「尼崎学」の授業に講師として参加

2018年6月
尼崎商工会議所青年部 6月例会「AI・IoT事例紹介」講演

2018年8月
高校生 長期インターンシップの受け入れを開始

2019年
大学生インターンと高校生インターンとで取材チームを結成
企業と学生をつなぐキャリア教育事業「ワザカタログ」をスタート
尼崎市立尼崎双星高等学校 商業学科「課題研究」授業と連携

団体概要

設立 2020年5月1日
代表者名 代表理事 畠中裕介
従業員数 2名
WEB https://waza-catalog.com/
住所 兵庫県尼崎市南武庫之荘2-2-7