PROJECT INDEX

探してた面白いプロジェクトが見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探す島に通う薬局の「100年」を伝える!


岡山県

島に通う薬局の「100年」を伝える!

角田医療器株式会社

100年企業を目指し、「心が通う医療」へのこだわりを伝える媒体作り

瀬戸内の港町で3代70年、医療機器の販売や薬局を運営。「健康の事で困ったら、角田」との言葉をもらいます。地域の役に立つ100年企業を目指し、島に通い「心が通う医療」へのこだわりを発信したい。

このプロジェクトについて

■心が通う医療~触れ合いの大切さ~
瀬戸内の港町で、医療や介護機器の販売と薬局を営んでいます。「健康の事で困ったら、角田」と3代に渡って、地域の方々に頼ってもらって70年。医療機器の販売から始まり、地域の病院に求められ、現在3つの薬局を運営。「医療・介護・薬局」と健康の事でトータルに地域の方々の役に立てるように体制を整えています。

笠岡市内の離島である白石島のお医者さんが亡くなってからは、週1回の市民病院の医師の訪問診療の翌日に、島民の方へ薬を配達する取組を10年以上続けています。健康状態やその日の出来事など,1人1人とお話ししながら渡すので,島の皆さんとは全員顔なじみで,顔を見ただけで元気かどうかわかります。ITを使った遠隔診療も可能となりましたが,やはり触れてみないと分からないものがたくさんあります。心の通う医療でこそ,地域の方に貢献できると思います。

■こだわりとビジョンを伝えたい
そして、会社としては、約40人の組織と、家業から企業となってきました。しかし、元々の家族主義でアットホームな雰囲気を大事にしたかったり、医師の伴走者として、医療を支えたいという想い。そして、今後は『心の通う医療』で地域の役に立つ100年企業を目指したいと思っています。

一方、このような想いも、私自身が薬剤師として現場業務に忙殺され、社内にも地域にも伝えきれていませんでした。また、会社パンフレットも会社の表面上の情報のものになりがちでした。結果として、採用ミスマッチにつながったり、新卒の学生らにも「角田医療器らしさ」を伝えきれていなかったのです。

『角田医療器らしさ』を社内にも地域にも発信していきたい。その為には、外部の目線が必要だと思っています。外部の目線だからこそ気づける視点や表現の詰まった発信媒体(会社パンフレットや社内報)を作っていきたいのです。

「心の通い合う医療」の現場を体感し、発信しませんか?

角田医療器株式会社 取締役 角田 壮治

募集要項

募集対象 大学生
期間 短期(3週間〜2ヶ月)
テーマ 地域医療・福祉・ヘルスケア
職種 企画・商品開発マーケティング・広報
活動支援金 あり
活動内容 Step0:地域を知る
会社の宿舎に住んでもらい、色々と地域を回り、人に出会ったりと、どんな地域か感じてください!

Step1:会社を知る(1~2週目)
まずは、社長をはじめとした経営者から、会社のビジョン、仕事や地域への想いをヒヤリング。また、長く角田医療器で働いている方から、会社の歴史を聞きます。そして、実際に、医療・福祉機器の販売や薬局の仕事も体験しながら、社員や仕事や地域のお客様を知ります。「心通う医療」へのこだわりをヒヤリングしてください。

Step2:発信媒体の企画(3週目)
経営者、社員の方のヒヤリングや地域の方やお客様との接点からどんな発信媒体が必要か考え、どんな内容がよいかを企画します(例えば、会社パンフレット、社内報)。中間報告会ということで、社内の広報委員会を中心とした社員の方に集まってもらい、発信媒体案を披露し、意見をもらいましょう。地域の方やお客様にも意見をもらうとよいかもしれませんね!

Step3:発信媒体の制作(4~5週目)
もらった意見を元に実際に制作しましょう。

Step4:最終発表会で制作したものを披露(6週目)
社員の方々の前で、完成したものをプレゼン、披露します。もらった意見を元に修正をして完成へ。お世話になったお客様や地域の方を呼ぶとよいかもしれませんね♪
期待する成果 角田医療器のこだわりとビジョンが詰まった発信媒体の完成
得られる経験 ・古き良きコミュニティを大事にする働き方の価値を体感する
・「地域の方々から頼られる」「地域に貢献する」を体感する
・上記を体感するだけでなく、その本質を考え、伝える
対象となる人 ・地域の医療のあり方に関心がある
「地域に貢献する」、「地域に密着して働く」を考えたい
・将来、伝える仕事を考えている
・地域の医療・福祉に関心がある
活動条件 2019年2月~3月 4~6週間 個別相談;週5日(会社の宿舎に宿泊)
※応募〆切:定員(1~2名)に達し次第
活動場所 岡山県笠岡市
※東京から約4時間、大阪から約2時間
事前課題 0)岡山、備後、笠岡という地域、角田医療器を調べる(地域や会社ビジョンと魅力は?)
1)他の会社の会社パンフレットをリサーチ(魅力的なパンフレットは?)
※インターン決定後に

私たちはこんなチームです!

地域の方々の健康に貢献!

瀬戸内の港町である笠岡市で、3代70年に渡り、医療や介護機器の販売と薬局を営んでいます。「健康の事で困ったら、角田」と、医療・介護・薬局と健康の事でトータルに地域の方々の役に立てるのが強みです。薬局も地域の病院に求められ、現在3店舗運営しています。

70年に歩みの中で、約40人の組織となりましたが、変わらず「大家族主義」でアットホームな雰囲気を大事に、医師の伴走者としてサポートすることで、地域に密着し、「地域の方々の健康に貢献」していきたいと考えています。

※写真は、インターンシップで受け入れている薬学生と地域コミュニティーでのサロンに出張している風景です

インターン生へのメッセージ

取締役/角田 壮治

祖父の代から続く会社です。地域の皆様から、笠岡の老舗と呼んで頂け、百年以上続く企業を目指しています。

社長を一家の長(父親)として、社員一人一人が兄であり、姉であるようなアットホームな家族のような会社にしていきたいです。

幼い頃、会社の壁に一人でボールをぶつけていたときに、キャッチボールをしてくれた営業のお兄さん。母が忙しい時に代わりにプールに送って行ってくれた事務さん。時間が経って、そんな人たちと一緒に力を合わせて働けているということは、仕事を通じて私の成長を両親以外の人にも見て頂けていて、嬉しく限りです。

地域の皆様の医療と健康のお手伝いができる企業を目指して、外部の学生の目線で、会社を見直したいと思っています。ご参加お待ちしています!

団体概要

設立 昭和23年3月3日
代表者名 角田弘治
従業員数 37人
資本金 1,000万円
WEB http://kakuda-i.co.jp/
住所 笠岡市笠岡5891-11