PROJECT INDEX

探してた面白いプロジェクトが見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探す地域だからこそ命を感じられるものづくりの世界。「皮」が「革」製品になるまでをその身で体感し、まだ見ぬ人へ届ける販路拡大プロジェクト


岡山県

地域だからこそ命を感じられるものづくりの世界。「皮」が「革」製品になるまでをその身で体感し、まだ見ぬ人へ届ける販路拡大プロジェクト

渋谷カバン

「用の美」を感じ伝える、オンラインショップを立ち上げる

様々な生き物の革製品をつくる「渋谷カバン」。素材である皮にまつわるストーリー、職人が大切にする「用の美」を、しっかりとネットでも伝えたい。目に見えない想いを伝える、オンラインショップを立ち上げます。

このプロジェクトについて

ずっともち、使い続けたい「用の美」を感じられるものづくり。
「渋谷カバン」の渋谷さんは、牛、豚、ワニなど、様々な動物の革を扱い、手作業で1つ1つの製品をつくる、革職人です。
サラリーマンをしていた30歳、「自分はこのままでいいのか。好きなことで稼いでいきたい」と思い立ち、仕事を辞め、趣味だったレザークラフトを本格的に生業にしようと決めました。運命的に師匠となる人に出会い、岡山県へ移住。約1年で独立を果たします。
その頃、同じ岡山県にある西粟倉村で、「鹿が獣害駆除のために殺されて山に埋められている」と知りました。鹿革は、革の業界では、歴史も古く高級素材として知られている。そして何よりも、鹿をただ殺してしまうのではなく、お肉はジビエ肉として、皮は革製品の素材として、命がちゃんと行き渡るようになってほしい。「自分が、西粟倉村で鹿革の製品をつくりたい」と決意し、西粟倉村に拠点を構えたのが2018年の4月でした。

鹿の「皮」を「革」に変えて素材をつくったり、材料を仕入れる。
鹿革をはじめ、様々な革で、定番商品からオーダーメイドまで、手縫いでつくる。
百貨店などのイベントに出展し、お客さんに想いと製品を届ける、売る。
この、素材づくりから販売までの一連の流れを、渋谷さんは1人で行っています。
今、本当にやりたいことは、「お客さんとなる人へ、鹿革やものづくりのストーリーをちゃんと伝えられる売り方・魅せ方をすること」。ですが、1人で全てやっているため、どうしてもやりきれない。

今回のインターンでは、最終的に、渋谷さんの丁寧なものづくりや伝えたいストーリーが伝わる、オンラインショップを立ち上げていただきます。
そのために、
・鹿の生の「皮」に直接手を触れて、「革」にする素材づくりと工場見学
・一から手でつくる製品づくり
も体験していただきます。
渋谷さんのものづくりの全てを実際に体験し、命と向き合うなかで、何を感じるか。
あなたが感じることは、これからお客さんになる人にも、感じてほしいことです。
一生のうちに2度めはないかもしれない経験を通じて、あなたの感性や想いを乗せた、オンラインショップを開設してください。

募集要項

募集対象 大学生社会人
期間 短期(3週間〜2ヶ月)
テーマ 地域ものづくり
職種 マーケティング・広報職人・ものづくり
活動支援金 あり
活動内容 ◎STEP1(1週目)
●渋谷カバンへの理解を深める
・ビジョンや価値観・事業について共有
●鹿皮の下処理・カバン作り
●「皮」を「革」に変える工場見学
●オンラインショップのリサーチ・渋谷さんにどんなオンラインショップにしたいかヒアリング
(オンラインショップを活用して顧客を増やしていくために、どのような広報ができるかも併せて検討する)

◎STEP2(2週目)
●オンラインショップの媒体検討
渋谷カバンHP内に、オンラインショップを開設したい。オンラインショップ作成サイトは様々あるが、渋谷カバンに合う媒体を検討する
●渋谷さんに、渋谷カバンに合う媒体と、オンラインショップを活用した広報方法を提案する

◎STEP3(3週目)
●オンラインショップ作成開始
・ショップ開設に向けて作業
・製品の写真撮影、説明文章作成、アップ

◎STEP4(4週目)
●オンラインショップ開設・オンラインショップを活用した広報を行う
目標:リーチ数・アクセス数を増やす
●最終報告会
・資料作成&プレゼン練習
・ふりかえり
期待する成果 ・オンラインショップ開設、定番商品+2020年4月販売開始予定の商品をアップ
・渋谷カバンホームページ(オンラインショップ含む)のリーチ数・アクセス数の増加
得られる経験 ・一生に1度の経験になるかもしれない経験(鹿皮の処理~商品作成~販売に至るまでの流れを間近に見て経験できる)
・産業の一連の流れ(生産から加工、販売まで)に関われること
・事業者の想いをヒヤリングし、形にする経験
・西粟倉村で活躍する多様な人とのつながり
・渋谷さんという職人・起業家と向き合うことで、自分自身の価値観や生きがいについて考える経験
対象となる人 ・「地域」に興味があり、かつ、モノづくりに興味がある人
・「職人」という生業に興味がある人
・デザイン・WEBデザインに興味がある人
・人の想いやお客さんに伝えたいことを伝え、購買に繋げるためにどのように表現するか考えてみたい人
活動条件 【活動期間】
2020年2月~3月末日まで(この間の4週間程度)
《※開始&終了日 相談可能》

【活動頻度】
週5日

【活動時間】
9時00分〜17時00分
※日によって変動があります。

【宿泊】
・こちらで用意いたします。
※宿泊代はかかりません。

詳細は説明会や面接時にお伝えします。
活動場所 岡山県英田郡西粟倉村影石1442-1 渋谷カバン工房内
事前課題 ・渋谷カバンや渋谷さんの価値観に通ずる本(以下のうち1冊以上)を読んでくる
読んで心に残ったことを現地で教えてください。
●エスプリ思考
https://www.amazon.co.jp/dp/B00FAM90C2/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1
●スピリチュアル・コンパス 宇宙に融けこむエコ・ハートフルな生き方
https://amzn.to/2mUoOPz
●手仕事の日本
https://www.amazon.co.jp/dp/B00QT9X972/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

・渋谷カバンについて調べる
・オンラインショップ作成WEBサイトを3種類調べ、特徴と違いを自分なりにリスト化する

私たちはこんなチームです!

この地域の様々な職業の人が、様々な形で渋谷カバンに携わってくれています

私は、丁寧なものづくり、シンプルで普遍的なものづくりを心がけています。
創り手の想いを伝えられればいいなと思いながら、一手一手丁寧に本当に使いやすいモノ、コトにしていくことを目指しています。

普段は一人で黙々と作業をしていますが、渋谷カバンのモノづくりに共感してくれる西粟倉の村民の方や、作家の方、猟師の方に助けられています。
様々な方々とある意味チームとして、使い続けられるモノづくりを行っています。

インターン生へのメッセージ

渋谷カバン 代表/渋谷 肇

西粟倉では、鹿の皮は有効に活用されずに破棄されていました。

日頃から心がけている「丁寧なものづくり、シンプルで普遍的なものづくり」を破棄されている鹿の皮を使うことによって、より使い手に想いが伝えられ、長く使ってもらえる事ができると思い、西粟倉での鹿革の製品を作っております。

渋谷カバンが、目指すモノ、目指すコトをインターン生の方に少しでも感じてもらえれば幸いです。

[プロフィール]
1984年生まれ、千葉県出身。
会社員退職ののち、革職人修行のため岡山県に移住。
2016年独立。
2018年からは倉敷と西粟倉の2つの拠点で制作活動を行う。

団体概要

設立 2018年4月
代表者名 渋谷 肇
従業員数 1人
WEB http://www.shibuyakaban.com/