PROJECT INDEX

探してた面白いプロジェクトが見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探す学生の心をつかめ!建設会社の魅力を伝える広報プロジェクト


岩手県

学生の心をつかめ!建設会社の魅力を伝える広報プロジェクト

陸中建設株式会社

若者目線で発信!建設業のネガティブイメージを刷新する広報に挑戦

地域にとって不可欠な建設業ですが、一方で、危険、キツイ等のネガティブイメージが根強くあります。社内改革を進める三代目若手経営者と共に、建設業のイメージを刷新し若者の心を掴む広報に挑戦してみませんか?

このプロジェクトについて

■特徴1:被災地の復興に尽力してきた地域の建設会社
陸中建設株式会社は昭和38年に岩手県山田町で創業し、当初は砕石事業を主にしていましたが、事業の拡大に伴い現在では宮古市に本社を構え、建築や土木工事の請負、設計、施工をはじめ、復興に関わる工事の請負まで幅広く事業を行なっています。
東日本大震災発災時、宮古地域は大きな津波にのみこまれ、その波は「黒い波」と表現されました。その被害により多くの人命と「あたりまえ」のまちの風景を失いました。震災直後は、瓦礫が散乱し、歴史ある景勝地の面影もありませんでしたが、防潮堤の建設工事を請け負うなど、地域の人々の暮らしを守るため、貢献しています。

■特徴2:建設会社の新たな姿を目指す、若き三代目の改革
衣食住の”住”を担う建設業は、地域にとって無くてはならない重要な業種です。しかし、従来の3Kイメージ(危険、キツイ、きたない)の影響もあり、若者が集まりづらい職業であることも事実。人口流出が進む宮古地域では、従業員の確保は喫緊の課題です。
そんな建設業のイメージを刷新しようと次々に社内に変革を起こしている伊藤専務。大手企業で務めた8年半の経験を携え2016年に家業の陸中建設に入社した伊藤専務は、近い将来に復興需要が終わりを迎えることを見越し、新たな建設会社のあり方を目指して日々奮闘しています。給与体系の整備、昇格制度や評価制度の導入、資格取得のサポートや新入社員の研修体制構築など、従業員がやりがいを実感し、働きやすい環境整備を中心に様々な取組みを行ってきました。

■特徴3:建設業のイメージを刷新し、魅力を伝える、学生向け広報プロジェクト
様々な改革を進め、若者向けの企業説明会や大手就活サイトも積極的に活用する伊藤専務ですが、それでもなお若者に自社の魅力を伝えることは難しいと感じています。
「道路や家などその土地に物が残る、かっこいい仕事であることを知ってもらいたい」と伊藤専務は語ります。まだ世間に知られていない建設業の魅力を掘り起し発信することで、建設会社を志す若者を増やしていきたい。そこで、企業説明会等で高校生や大学生に配布する会社案内パンフレットを刷新すると同時に、若者目線で広報ツールを作成・発信するプロジェクトを立ち上げました。
現場見学や社員へのインタビューなどを通して陸中建設の魅力を掘り起こし、若者の心をつかみ、従来の3Kイメージを刷新する広報ツールの作成に共に挑戦するインターン生を募集します。

募集要項

募集対象 大学生
期間 短期(3週間〜2ヶ月)
テーマ PR・メディア建築・住・リノベーション
職種 マーケティング・広報編集・ライティング
活動支援金 あり
活動内容 陸中建設の魅力を伝える学生向け広報ツールを作成する

【STEP1】
●企業理解と地域理解(1週目)
・陸中建設の経営理念や事業の全体像を知る
・実際の工事現場を見学し、業務内容を理解する
・協力企業やお客様を訪問し、事業を通じた関係性や貢献内容を理解する
・伊藤専務、社内担当者と広報ツールのコンセプトについて打合せを行う
※広報ツールは会社案内パンフレットにはさみこむA4両面のチラシを想定(チラシ以外のツールについても応相談)

【STEP2】
●パンフレットの内容のブラッシュアップと取材・記事作成(2週目)
・陸中建設の魅力を打ち出すコンセプトを固める
・内容について、伊藤専務、担当者と共にブラッシュアップを繰り返す
・社員に対して、会社や仕事に対する想いをインタビュー
・見学や取材を通じて自ら感じる魅力をまとめた記事の作成
・その他、広報ツール作成に向けた取材・記事作成

【STEP3】
●広報ツールの完成(3週目~4週目)
・記事の編集作業を進め広報ツールを完成させる
・印刷会社との打合せを経て、完成した広報ツールを印刷会社へ入稿
・企業説明会にて広報ツールを配布し陸中建設のPRを実践(時期調整中)
・広報ツールの改善案をまとめて、提出

※日々の活動の様子をSNSで発信
期待する成果 ・学生向け広報ツールの作成(主に就活中の高校生、大学生が対象)
得られる経験 ・企業の中の様々な部署や立場の方とのコミュニケーションを通じて、仕事の本質的な魅力を発見、実感する経験
・自ら見出した企業の魅力を言語化し、相手に伝わるような表現を試行錯誤する経験
・取材、記事作成から印刷物が完成するまでの一連の流れを経験できる
対象となる人 ・既存のイメージにとらわれず、若者の心をつかむ広報に挑戦したい人
・コミュニケーションが丁寧に取れる人
・謙虚な心で、誰からも何からでも学ぶ姿勢がある人
※建設業に関する知識の有無は一切問いません。
活動条件 【期間】
平成31年2月中旬~3月中旬(1ヶ月間)

【活動頻度】
週5日(土日・祝日は基本休み)

【活動時間】
8:00~17:00(※基本はこの時間ですが、取材や見学の予定により変動あり)

【宿泊】
宮古市内で宿泊場所を準備します。(市内ゲストハウスを想定)

【このインターンシップは、復興庁主催の「復興・創生インターン」プログラムです】

・エリア内での複数のインターンプロジェクトとの集合研修(事前・事後等)を予定しています。
・自宅から現地までの交通費(往復1回分)の補助があります。
・宿泊場所は現地で準備しています。宿泊代はかかりません(シェアハウス等を予定)。
・食事代等として1日850円の補助があります。

※「復興・創生インターン」は、復興庁事業「伴走型人材確保・育成支援モデル事業」として実施します。
※「復興・創生インターン」に関するご質問・ご相談・事務手続きなどは、統括事務局の株式会社パソナ(担当:高橋・武田、連絡先:03-6262-6340)までお問い合わせください。

※このプロジェクト・活動内容についてのご質問・ご相談は、NPO法人wiz(担当:八田、連絡先:intern@npowiz.org)までお問い合わせください。
活動場所 陸中建設社内、宮古市内
事前課題 有り(詳細はエントリー時に説明)

私たちはこんなチームです!

地域に何ができるのか、それが全ての発想の原点である

本州最東端の街である岩手県宮古市を中心に「地域に何ができるのか、それが全ての発想の原点である」を理念に掲げ、本年でで55年を迎えます。長年の豊富な施工実績とノウハウを活かし、公共建築工事や店舗・工場・一般住宅の建築事業、道路工事や河川工事等の土木事業を中心に、砕石事業、不動産事業など幅広い分野で事業を展開しています!

みなさんは今までの建設会社のイメージは、「辛そう」、「堅いイメージ」、「それ以前によくわからない」のではないでしょうか?

でも実は、建設業って楽しいんです!

何もなかった更地に建物や道路ができていき、それに携わる自分、それを利用し豊かになる市民。
自分の生活だけでなく、地域の生活を支える重要な産業であります。
「これは私が作ったんだよ。」と、人に伝えられたら、やりがいを感じることができますし、楽しいですよね!

今後も地域とともに成長し、未来を創造する企業でありたいと考えております。

インターン生へのメッセージ

代表取締役専務/伊藤 峻

地域に貢献するってどういうことだと思いますか?

それは「地域に何かを与えること」なのです。

当社は家をつくったり、道路をつくったり、防潮堤をつくったりすることで地域に貢献をしていますが、ものを与えているわけではありません。
そこの地域で働くことができるということ、生活ができるということ、すなわち「幸せ」を与えているのです。
そして我々はその幸せを1回だけでなく、2回3回と与え続けていくことが必要です。
与え続けていくためには会社を継続させていくことが必要です。
会社を継続させていくためには、優秀な人材が必要です。

しかしながら、建設業は若者に人気のない職業であると言われ、担い手不足が問題となってしまっている現状があります。
3Kと言われていた時代は終わりました。
地域に誇ることができるこの仕事を、どこよりも魅力的に映るように伝えることができれば、当社が発展し、建設業が発展し、地域が活気づき、みんなが幸せになります。
そのきっかけを共に創り出していきましょう!

[プロフィール]
1984年 山田町生まれ
2003年 岩手県立宮古高等学校卒
2007年 岩手大学工学部卒
宮古市内の企業で8年半勤務の後、2016年陸中建設入社
2017年に代表取締役専務に就任
陸中宮古青年会議所に所属しており、みやこ秋まつりなどまちづくり事業にも参画している

団体概要

設立 昭和38年7月26日
代表者名 伊藤 敏
従業員数 70名
資本金 7,000万円
売上高 60億8692万円(2018年7月)
WEB http://rikuchu.co.jp
住所 岩手県宮古市宮町1-3-5