PROJECT INDEX

探してた面白いプロジェクトが見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探すホームセンターのリピーター獲得を目指す「SNS×顧客コミュニケーション」に挑戦


岩手県

ホームセンターのリピーター獲得を目指す「SNS×顧客コミュニケーション」に挑戦

ホームワンサトー(有限会社サトー)

このインターンは募集が終了しました。沢山のご応募ありがとうございました。

老舗ホームセンターの顧客コミュニケーションをバージョンアップする

創業50年を迎えた地域密着型ホームセンターの更なるサービス周知とニーズ把握に向けて、SNSを活用した顧客との双方向コミュニケーションを実践し、リピーター獲得を目指します。

このプロジェクトについて

■特徴1: 地域住民や職人からの信頼が厚い、地域密着型ホームセンター
有限会社サトーは岩手県山田町で10坪の金物店から始まった、創業50年の老舗企業です。
地域に根差した営業を続ける中で生まれた「お客様からの要望に何でも応えられる店になりたい」との思いから、1991年には店舗を100坪に拡大し、ホームセンター「ホームワンサトー」をオープンしました。その後もお客様が求める商品をできる限り多く並べるために3度の増築を重ね、現在の店構えになりました。品数の豊富さにより大工など職人さんからの信頼が厚く、近隣の大型店舗でも手に入らない金具を求めて来店するお客様もいます。食品や日用品を多数取り揃えるほか、網戸貼りやガラスの修理など暮らしの困りごとに対応したきめ細かいサービスを行い、周辺地域の住民を中心に利用されています。

■特徴2: 3代目専務が進める新規顧客の獲得
3代目の佐藤正基専務は2014年にUターンし、家業であるホームワンサトーに入社しました。3年間社員として店舗での営業に従事した後、2017年より専務として経営に参画。会社全体を俯瞰することで浮かび上がってきた自社の課題解決に取り組んでいます。
特に力を入れているのが、若い世代に来店してもらうきっかけづくりです。SNSでの情報発信のほか、店舗に併設した工作室でのワークショップイベントを始めました。子ども向けに「陶芸教室」や「木工品づくりワークショップ」などを開催するうちに、親子連れなど、初めて来店する若い世代のお客様が増え、次のイベントを楽しみにする声をもらえるようになりました。
また、現在のコロナ禍では、遠方への外出が自粛された結果、近場で買い物を済ませる傾向が進み、初めて来店するお客様が増えています。

■特徴3: SNSを活用し、顧客との双方向のコミュニケーションを図る!
これまでのイベントやコロナ禍で来店するようになった若い世代や新規顧客に対して特別な情報発信はできておらず、ホームワンサトーのきめ細かいサービスが認知されていません。また、今後の新しいサービス展開を検討するため、新規顧客のニーズをこれまで以上に把握することも重要です。そこで、お客様との双方向のコミュニケーションの必要性に行き着きました。
現在ホームワンサトーではFacebookとInstagramを運用しており、主に新商品やロングセラー商品の紹介などの情報発信を行っています。それらSNSでは広く情報を発信することができる一方、フォロワーとの双方向のやり取りは容易ではありません。そこで今回、双方向の顧客コミュニケーションを進めるべく、LINE公式アカウントの導入を検討しています。
本インターンシップでは、インターン生にホームワンサトーの新たな顧客コミュニケーションツールとしてLINE公式アカウントの導入を主導してもらいます。そして、お店とお客様との双方向のコミュニケーションのあり方を検証し、従業員と共に仕組み化していくことに挑戦します。
地域に密着したホームセンターだからこその顧客との双方向コミュニケーションを進め、リピーター獲得を目指しませんか?顧客コミュニケーション、SNSマーケティングなどに関心がある人、大歓迎です!

募集要項

募集対象 大学生
期間 短期(3週間〜2ヶ月)
テーマ 地域小売り・流通
職種 販売・接客マーケティング・広報
活動支援金 あり
活動内容 顧客との双方向コミュニケーションの仕組みを作るため、LINE公式アカウントの試験運用と社内への引継ぎ

【ステップ1】
●企業理解、事業について知る(1週目:20時間)
ホームワンサトーの理解を深めるためにオンライン研修を行います。取り扱っている多数の商品やサービスを知り、ホームワンサトーが顧客に提供している価値を理解します。また、佐藤専務や従業員との交流を通して、顧客とのコミュニケーションにおいて大事にしていることを学びます。

【ステップ2】
●顧客コミュニケーションの事例調査とLINE公式アカウントの導入 (2~3週目:40時間)
SNSを活用した顧客コミュニケーションの事例を調査します。調査内容をまとめ、佐藤専務にプレゼンテーションし、LINE公式アカウントの運用方針を議論します。方針決まり次第、試験運用を開始します。

【ステップ3】
●フォロワーの獲得と試験運用 (4~6週目:60時間)
LINE公式アカウントのフォロワー獲得のため、従業員と共にSNSや店頭でのプロモーションを行います。フォロワーが増え次第、従業員と連携しながらLINE公式アカウントでの情報発信を行います。顧客との双方向コミュニケーションが可能な発信方法を検証していきます。

【ステップ4】
●情報発信の検証と社内への引継ぎ(7〜8週目:40時間)
引き続き情報発信、コミュニケーションを行いながら、既存商品・サービスの発信と顧客が求めるニーズ把握に努めます。
期間中に実践してきた情報発信を振り返り、効果的なコミュニケーション方法をまとめます。最後に佐藤専務と従業員にプレゼンテーションし、社内に引き継ぎます。
期待する成果 ・顧客との双方向コミュニケーションに効果的な情報発信方法を検証し、従業員に引き継ぐ
・顧客への既存商品・サービスの周知、新しいサービス展開に向けたニーズ把握
得られる経験 ・企業の立場で、責任感を持って顧客に情報発信する経験
・SNSを活用した効果的な顧客コミュニケーションを試行錯誤する経験
対象となる人 ・SNSを活用した顧客コミュニケーションに関心のある人
・目標に向け、自ら実践と検証を繰り返すことができる人
・従業員や顧客など、様々な方々に対して積極的にコミュニケーションを取ることができる人
活動条件 【期間】
令和2年7月下旬~9月下旬(全体で160時間程度の活動を想定しています)
※それ以降、活動を行う場合は企業と協議の上、長期に切り替え

【活動頻度】
週5日、1日4時間程度(20時間/週) ※応相談

【活動時間】
受け入れ企業の通常勤務時間内で1日4時間程度、確保してもらいます

【参加条件】
自分用PCがあること、自宅にネット環境が整っていること

【参加までの流れ】
下記リンク先のNPO法人wizHP『参加までの流れ』を確認ください
https://npowiz.org/wizintern/internflow

【このインターンシップは、復興庁主催の「復興・創生インターン」プログラムです】
※「復興・創生インターン」は復興庁事業「令和2年度復興・創生インターンシップ事業」として実施します。
※「復興・創生インターン」に関するご質問・ご相談・事務手続きなどは統括事務局の株式会社パソナ(担当:高橋 連絡先:03-6262-6340)までお問い合わせください。

※このプロジェクト・活動内容についてのご質問・ご相談は、NPO法人みやっこベース(担当:早川 連絡先:miyakko.base@gmail.com)までお問い合わせください。
活動場所 自宅を基本としたオンラインでのインターンシップ(新型コロナウイルスの収束状況に応じて岩手滞在型の地域活動となる可能性有り。詳細はエントリー時に説明)
事前課題 有り(詳細はエントリー時に説明)

私たちはこんなチームです!

暮らしに、仕事に、いつも頼れる地域密着の御用聞き

ホームワンサトーはソリューションビジネスの会社です。お客様が解決したい課題に一緒に向き合い、そのお手伝いをしています。

「ホームワンサトーに相談すれば何でもわかる」
そう言っていただける店を目指して、スタッフと共により一層お客様の声に耳を傾けています。

半世紀、地域に根ざしてきた店だからこそ、地域の方々が集い体験を共有することで、ものづくりを通じたコミュニティづくりの一助になりたい。それが私たちの願いです。

受け入れ企業からのメッセージ

専務取締役/佐藤 正基

ホームワンサトーは岩手県山田町で創業し、今年で50周年を迎えました。
当社はこれまで、ホームセンターという業種にとらわれず、お客様のニーズに対応してきました。
オンライン化が進み状況が刻一刻と変化していく現代においても、お客様が求めるサービスを常に良い形で提供できるよう、柔軟に対応する体制を作っていきたいと考えています。
SNSを活用してお客様とコミュニケーションを取り、新たなサービス提供に向け、一緒に挑戦しましょう!

[プロフィール]
1987年 岩手県山田町生まれ
宮古市内の高校を卒業後、大学時代を千葉とイギリスで過ごす
2010年 新潟県の金物商社に就職
2014年 有限会社サトーに入社
2017年 専務取締役に就任し、今に至る

団体概要

設立 1970年1月
代表者名 佐藤 充
従業員数 17名
WEB https://home1-sato.com/
住所 岩手県下閉伊郡山田町豊間根2-43-6