PROJECT INDEX

探してた面白いプロジェクトが見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探す若者が集うホームセンターへ!ワークショップイベントを企画せよ


岩手県

若者が集うホームセンターへ!ワークショップイベントを企画せよ

ホームワンサトー(有限会社サトー)

地域に根差したホームセンターに新たな客層を取り込む

地域に密着したホームセンターを舞台に、若い世代を対象としたワークショップイベントを開催し、新たな客層を取り込んでいくプロジェクトです。イベントを通して人が集う場を作ることに挑戦する学生を募集します!

このプロジェクトについて

■特徴1: 暮らしに、仕事に、いつも頼れる地域密着の御用聞き
ホームワンサトーは三陸・岩手県山田町で10坪の金物店として出発し、創業50年を迎えようとしています。
「お客様からの要望に何でも応えられる店になりたい」との思いから1991(平成3)年には100坪のホームセンターとして現在の地で2度目の船出を果たしました。ほかでは手に入らない金具を求める岩手県沿岸各地の大工さん、職人さんなどを中心に幅広いお客様にご利用いただいています。
岩手県沿岸部の各地を回ってネジやビス、部品を探すお客様があきらめかけてたどり着くのが当店です。頼られる以上、「ない」とは言いたくありません。少しでも多くの商品を並べるためにと3度の増築を重ね、現在のホームワンサトーになりました。

■特徴2:新たな客層を取り込む三代目専務の挑戦
三代目の佐藤正基専務は、2014年に山田町にUターンし、家業であるホームワンサトーに入社しました。3年間社員として従事した後、2017年より専務として経営に参画。全体を俯瞰して見る立場になり、自社の課題が見えてきたといいます。
その課題は、客層の偏りです。メインの客層である大工さんや職人さんだけでなく、幅広い世代の方々に来店いただけるよう、SNSでの発信や、ワークショップイベントの開催を始めました。「陶芸体験」や「ミルクペイント体験」などのイベントを開催するうちに、親子連れのお客さんが参加してくれるようになり次のイベントを楽しみにする声があがるようになりました。

■特徴3:ワークショップイベントで若者たちを呼び込む!
今回のプロジェクトでは、売り場に併設する「工作室」でワークショップイベントを2回開催してもらいます。企画の内容や集客方法について試行錯誤を繰り返し、新たな客層を取り込むことを目指します。これまで企画したイベントでは来店しなかった新たな客層、特に中高生や20代など若い世代がターゲットです。
また、イベント終了後にはSNSやチラシなどを使ってイベントの様子を発信することで、「職人さんのお店」から「地域住民のホームセンター」へとイメージチェンジを加速していきます。
地域に密着したホームセンターとしてより多くの地域住民の暮らしの豊かさ、暮らしの楽しさを作っていきたいと佐藤専務は語ります。ワークショップイベントを開催し、若い人たちが集う場を作ることに挑戦してみませんか?DIYに興味がある人、イベントを一から企画してみたい人、人が集う場づくりに関心がある人、大歓迎です!

募集要項

募集対象 大学生
期間 短期(3週間〜2ヶ月)
テーマ 地域小売り・流通
職種 企画・商品開発販売・接客
活動支援金 あり
活動内容 ワークショップイベントを開催し、若い世代を中心とした新たな客層の集客を図る

【STEP1(1週目)】
●事業理解、地域理解、企画会議
・ホームワンサトー店内での販売補助等の現場実習を行い、企業理解、商品理解を深める
・事前課題として考えてきたワークショップイベントの企画案について、従業員と協議しブラッシュアップ

【STEP2(2~3週目)】
●ワークショップイベント1回目の開催とブラッシュアップ
・集客ターゲットを設定してチラシを作り、イベントの広報を行う
・イベント実施に向けた準備
・イベントを開催し、アンケート結果をもとに振り返り
・2回目のイベントに向けて企画や集客方法をブラッシュアップ
・イベントの様子をSNSやチラシなどで地域住民に対して広報

【STEP3(4~5週目)】
●ワークショップイベント2回目の開催、振り返り
・イベント2回目に向けた広報、集客
・1回目と同様に、イベントの準備、開催、アンケートによる振り返り
・参加者のアンケートをまとめて佐藤専務に提出
期待する成果 ・期間中2回のワークショップイベントを企画、実施
・チラシを制作して広報活動を行い、各回15人の企画参加者を募る
・実施したイベントについて、SNSやチラシを用いて地域住民に対して発信する
得られる経験 ・一からイベントを企画実施する経験
・企画立案、イベント実施、振り返りのPDCAを繰り返す経験
・地域に密着した販売店ならではの仕事や暮らしを肌で学ぶ経験
・お客さんとの距離の近いコミュニケーション
対象となる人 ・老若男女誰とでもコミュニケーションをとることが好きな人
・自らPDCAを繰り返しながら主体的に取り組める人
・ワクワクしながら新しい企画を考え、責任を持ってやり切れる人
活動条件 【期間】
令和2年2月上旬~3月中旬(最低1ヶ月間、最大1.5ヶ月間)

【活動頻度】
週5日

【活動時間】
9:00~17:00(※基本はこの時間ですが、打合せ等により変動があります)

【宿泊】
宮古市内で宿泊場所を準備します。(市内ゲストハウスを想定)

【このインターンシップは、復興庁主催の「復興・創生インターン」プログラムです】
・エリア内での複数のインターンプロジェクトとの集合研修(事前・事後等)を予定しています。
・自宅から現地までの交通費(往復1回分)の補助があります。
・宿泊場所は現地で準備しています。宿泊代はかかりません(シェアハウス等を予定)。

※「復興・創生インターン」は、復興庁事業「伴走型人材確保・育成支援モデル事業」として実施します。
※「復興・創生インターン」に関するご質問・ご相談・事務手続きなどは、統括事務局の株式会社パソナ(担当:高橋・和田、連絡先:03-6262-6340)までお問い合わせください。

※このプロジェクト・活動内容についてのご質問・ご相談は、NPO法人wiz(担当:八田、連絡先:intern@npowiz.org)までお問い合わせください。
活動場所 岩手県下閉伊郡山田町豊間根2-43-6 ホームワンサトー内
事前課題 有り(詳細はエントリー時に説明)

私たちはこんなチームです!

暮らしに、仕事に、いつも頼れる地域密着の御用聞き

ホームワンサトーはソリューションビジネスの会社です。お客様が解決したい課題に一緒に向き合い、そのお手伝いをさせていただきます。

「ホームワンサトーに相談すれば何でもわかる」
そう言っていただける店を目指して、スタッフとともにより一層お客様の声に耳を傾けてまいります。

DIYやガーデニングの教室など暮らしに役立つイベントを通して、もっとお客様に頼りにされるお店を目指します。半世紀、地域に根ざしてきた店だからこそ、地域の方々が集い体験を共有することで、ものづくりを通じたコミュニティづくりの一助になりたい。それが私たちの願いです。

インターン生へのメッセージ

専務取締役/佐藤 正基

ホームワンサトーは岩手県山田町に創業し2020年で50年を迎えます。
金物屋から始まった当社ですが、お客様のニーズや環境の変化に対応しその販売や営業の形を柔軟に変化させてお客様と共に店づくりに励んでまいりました。
超高齢化社会や人口減少など過疎地の課題が取りざたされて久しいですが、我々の地域もその問題に直面しています。
あなたの創造性と我々の柔軟性でワークショップを企画・運営し地域に新たな風を吹き込み地域を活性化してみませんか?
あなたのアイディアを形にし、ぜひ素晴らしいワークショップを作り上げましょう!

[プロフィール]
1987年岩手県山田町生まれ
宮古市内の高校を卒業後、大学時代を千葉とイギリスで過ごす
2010年新潟県の金物商社に就職
2014年有限会社サトーに入社
2017年専務取締役に就任し今に至る

団体概要

設立 1991年4月1日
代表者名 佐藤 充
従業員数 17名
WEB https://home1-sato.com/
住所 岩手県下閉伊郡山田町豊間根2-43-6