PROJECT INDEX

探してた面白いプロジェクトが見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探す地域密着ゲストハウスの価値を高める!交流を生み出す仕掛け人募集


岩手県

地域密着ゲストハウスの価値を高める!交流を生み出す仕掛け人募集

ゲストハウス3710(株式会社日々旅)

このインターンは募集が終了しました。沢山のご応募ありがとうございました。

「街の玄関」として旅行客と地元客が楽しめる時間・空間を創り出す

宮古市の観光交流拠点を目指して2018年に開業したゲストハウス3710。併設するバーラウンジにおいて、旅行客と地元客の交流を生み出すための様々な企画の立案・実施に挑戦するインターン生を募集します。

このプロジェクトについて

■特徴1:若者中心で立ち上げた、オープン3年目のゲストハウス
宮古市は岩手県沿岸部のほぼ中央に位置する人口約51,000人の港町。本州最東端の地「魹ヶ崎(とどがさき)」や景勝地「浄土ヶ浜」などの名所があるほか、真鱈の水揚げ6年連続日本一や秋鮭の漁獲量本州一など漁業が盛んな街でもあります。
東日本大震災では甚大な津波被害を受けましたが、復興支援のために全国から訪れたヨソモノを迎えることで、地元の人にとって街の魅力を再認識するきっかけが生まれました。その変化の中、「宮古を元気にしたい」という想いから立ち上がったのが「宮古ゲストハウスプロジェクト」です。
2017年から活動がスタート、20代〜30代のヨソモノと地元の若者が共に街の未来を考え、議論し、クラウドファンディングを活用しながら、自分たちの手でリノベーションを行い、2018年8月に株式会社日々旅を設立、ゲストハウス3710(ミナト)をオープンしました。

■特徴2: 日常を開き、その価値に光を当てる
ゲストハウス3710は宮古駅から徒歩5分の末広町商店街の中にあります。「街の玄関」として、世代や出身地に関わらず、多様な人々が集う場となることを目指しています。2019年1月にはゲストハウス1階にバーをオープンし、旅行客だけでなく地域の方々が来店することが増えてきました。
ゲストハウス3710を運営する株式会社日々旅のミッションは「日常を開き、その価値に光を当てる」こと。旅行客には地域の暮らしやコミュニティに入ることで地域ならではの時間を楽しんでもらい、その過程で地域の方々が暮らしを誇りに思う気持ちを醸成していきたいと考えています。実際にバーにお酒を飲みに来る地元客のみなさんが旅行客と出会い、宮古の観光情報やグルメ情報を伝えることで、地域の魅力を再認識する姿が見られています。
また、より多くの地元客呼び込むきっかけとして、お酒を飲みながらボードゲームを楽しむ「ボードゲームナイト」、様々なテーマで語り合う「ミナトーク」、プロレスをパブリックビューイングする「プロレスナイト」、街の未来を考えるための「読書会」などのイベントを開催してきました。

■特徴3:ゲストハウスの価値を高め、地元客と旅行客が楽しめる場づくりへ
現在は新型コロナウイルスの影響で旅行客と地元客双方の来店が減り、ゲストハウスの価値であった交流が生まれづらい状態が長く続いています。しかし、このような状態を嘆くばかりでなく、これを機にゲストハウスの機能を見つめ直し、より良い交流が生まれる場づくりの仕掛けを創っていきたいと考えています。
今回のインターンシップでは、ゲストハウスの価値を高めるための企画立案に挑戦してもらいます。企画と言っても、イベントだけではありません。空間づくりや仕組みづくり、地元客の巻き込みなど、交流を生み出すための仕掛けは多岐にわたります。全国のゲストハウスの事例調査や地元客へのヒアリングを通して、ゲストハウス3710に適した企画を数多く立案してもらいたいと考えています。
インターンシップ期間中のほとんどはリモートで取り組んでもらいますが、期間中に2回宮古市を訪れてもらい、現地でしか分からない情報や雰囲気などを知ってもらうほか、実現可能な企画を実践してもらうことを予定しています。
オープン3年目のゲストハウス3710の新たな価値を共に創っていきませんか?

募集要項

募集対象 大学生
期間 短期(3週間〜2ヶ月)
テーマ 地域観光・おもてなし
職種 企画・商品開発新規事業
活動支援金 あり
活動内容 ゲストハウスの価値を高めるための、旅行客と地元客との交流を促進する企画を立案、実施する

【ステップ1】
●地域理解・事業理解、事例調査(1~2週目:50時間)
ゲストハウス3710の経営理念について理解を深めるためにオンラインでの研修を実施します。また、地元の常連客へのヒアリングをオンラインで行い、ゲストハウス3710の価値や可能性について理解を深めます。
国内外のゲストハウスの取り組み事例を調査、議論し、企画の方向性を検討していきます。

【ステップ2】
●企画立案、ブラッシュアップ(3~4週目:50時間)
引き続き調査と議論を繰り返し、企画の方向性を決定します。実現可能性を考慮し、具体的な企画案を複数作成していきます。
3~4週目に3泊4日程度で、現地での調査や中間プレゼンテーションを予定しています。

【ステップ3】
●企画書・アクションプラン作成、企画の実施(5~6週目:60時間)
ステップ2で作った企画のうち、インターン生1人につき5つを具体化し、企画書とアクションプランに落とし込みます。最終的に、1つの企画を期間中に従業員と共に実施し、残りは従業員に引き継いでもらいます。
6週目に3泊4日程度で、現地での企画実施、成果報告会を予定しています。
期待する成果 ・宿泊客と地元客の交流を促進する企画を5つ以上立案する
・立案した企画のうち1つ以上を実施し、残りを従業員へと引き継ぐ
得られる経験 ・地域内外の人の交流を生み出す場づくりを行う経験
・ゲストハウスが提供する価値を考え、実行する経験
対象となる人 ・人との交流が好きで、初対面の人とも積極的にコミュニケーションを取れる人
・物事の価値を深く考え、企画のアイデアを生み出すことが好きな人
・ゲストハウスの経営、運営に興味がある人
活動条件 【期間】
<このプロジェクトは、オンライン実施(一部現地活動あり)です>
令和3年2月1日~3月14日(予定) ※3/15以降、活動を行う場合は企業と協議のうえ、長期に切り替え
・全体で160時間程度活動してもらいます
・上記期間のうち、3~4週目と6週目に合計7泊8日程度の現地活動を予定しています
※現地活動への参加ができない場合でもエントリーは可能です。面談時に相談をしてください
※現地活動については、新型コロナウイルスの感染状況等によって、変更や中止になることがあります

【活動頻度】
週5日、1日4〜6時間程度(25時間以上/週) ※応相談

【活動時間】
受け入れ企業の通常業務時間内で1日4〜6時間程度、確保してもらいます
※活動の内容によっては、上記以外の日程・時間で活動することがあります

【参加条件】
自分用PCがあること、自宅にネット環境が整っていること

【参加までの流れ】
下記リンク先のwizHP『参加までの流れ』を確認ください
https://npowiz.org/wizintern/internflow

【このインターンシップは、復興庁主催の「復興・創生インターン」プログラムです】
※「復興・創生インターン」は、復興庁事業「令和2年度復興・創生インターンシップ事業」として実施します。
※「復興・創生インターン」に関するご質問・ご相談・事務手続きなどは、統括事務局の株式会社パソナ(担当:高橋 連絡先:03-6262-6340)までお問い合わせください。

※このプロジェクト・活動内容についてのご質問・ご相談は、NPO法人みやっこベース(担当:早川 連絡先:miyakko.base@gmail.com)までお問い合わせください。
活動場所 自宅を基本としたオンラインでのインターンシップ
※インターン期間中に最大2回、合計7泊8日以内で現地活動を予定(新型コロナウイルスの状況に応じて中止になる場合あり)
事前課題 有り(詳細はエントリー時に説明)

私たちはこんなチームです!

暮らしを誇りに

どうすれば地域の外にいる人達にこの街の魅力を伝えられるだろう?どうすれば地元の人達と一緒に楽しい時間を過ごせるだろう?どうすれば自分の故郷に誇りを持つことができるだろう?
そんな問いを考え続けてたどり着いた一つの答え、それが「街の玄関」となるゲストハウスをつくることでした。

2017年3月より志を共有する仲間と物件を探し、一年後の2018年3月宮古の中心部・末広町に思いの詰まったゲストハウスを建てることを決意。同年5月より改修工事を開始し、8月より営業を開始しました。

たくさんの人達の応援を受けて私達はこの場所にゲストハウス3710を開いています。訪れる人々にこの街をもっと好きになってもらえるように。ここに住む人々がこの街をもっと楽しめるように。私達がこの街にもっと誇りを持てるように。

受け入れ企業からのメッセージ

スタッフ/村井 旬

ゲストハウスと聞くとどういうイメージを持つでしょうか。

値段が安い、オシャレ、2段ベッドの相部屋、などなど。
どれもゲストハウスっぽいですが、他のお宿さんと比べ特に大きな特長が「交流が生まれる」ことです。

地域の人と宿泊しているゲストさんが世代を超えて交流し、「宮古に住んでて良かった!」「宮古に来て良かった!」と思ってもらえた時。そのゲストさんが「あの人に会いたい」という理由でまた宮古に来てくれた時。そういった時にゲストハウスで働いていて良かったと思います。
そういった機会をもっと増やしていくことが、ゲストハウスの価値を高めることに繋がると思っています。

一緒にゲストハウスで感動を生み出していきましょう。

[プロフィール]
1996年 宮古市田老生まれ
2015年 盛岡第三高校卒業
大学中退後、全国各地のゲストハウスで修行
2018年 株式会社日々旅に入社
ゲストハウス3710でスタッフとして勤務

団体概要

設立 2018年8月1日
代表者名 加藤 洋一郎
従業員数 3名
資本金 600万円
WEB https://guesthouse3710.com/
住所 岩手県宮古市末広町4番6号