PROJECT INDEX

探してた面白いプロジェクトが見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探すゲストハウスから始まる「宮古の一日の過ごし方」を発信せよ


岩手県

ゲストハウスから始まる「宮古の一日の過ごし方」を発信せよ

ゲストハウス3710(株式会社日々旅)

このインターンは募集が終了しました。沢山のご応募ありがとうございました。

宮古の楽しい過ごし方をマーケティング思考で体験、発信

宮古市の観光交流拠点となるべく2018年に開業したゲストハウス3710。更に多くの旅行客を呼び込み楽しんでもらうために、ゲストハウスを拠点とした「宮古の一日の過ごし方」を発信してもらいます。

このプロジェクトについて

■特徴1:若者中心で立ち上げた、オープン4年目のゲストハウス
宮古市は岩手県沿岸部のほぼ中央に位置する人口約50,000人の港町。本州最東端の地「魹ヶ崎(とどがさき)」や景勝地「浄土ヶ浜」などの名所があるほか、真鱈の水揚げ6年連続日本一や秋鮭の漁獲量本州一など漁業が盛んな街でもあります。
東日本大震災では甚大な津波被害を受けましたが、復興支援のために全国から訪れたヨソモノを迎えることで、地元の人にとって街の魅力を再認識するきっかけが生まれました。その変化の中、「宮古を元気にしたい」という想いから立ち上がったのが「宮古ゲストハウスプロジェクト」です。
2017年から活動がスタート、20代〜30代の地元の若者とよそ者が共に街の未来を考え、議論し、クラウドファンディングを活用しながら、自分たちの手でリノベーションを行い、2018年8月に株式会社日々旅を設立、ゲストハウス3710(ミナト)をオープンしました。

■特徴2: 日常を開き、その価値に光を当てる
ゲストハウス3710は宮古駅から徒歩5分の末広町商店街の中にあります。「街の玄関」として、世代や出身地に関わらず、多様な人々が集う場となることを目指しています。2019年1月にはゲストハウス1階にバーをオープンし、旅行客だけでなく地域の方々が来店することが増えてきました。
ゲストハウス3710を運営する株式会社日々旅のミッションは「日常を開き、その価値に光を当てる」こと。旅行客には地域の暮らしやコミュニティに入ることで地域ならではの時間を楽しんでもらい、その過程で地域の方々が暮らしを誇りに思う気持ちを醸成していきたいと考えています。
地域限定旅行業の登録もしており、外国人向けに、宮古市の資源を活かした「魚市場見学ツアー」「星空観賞ツアー」「刀鍛冶の工房見学ツアー」などの体験プログラムづくりも行っています。
参考:外国人向け体験プログラムの自動翻訳ページ→https://bit.ly/2Ysnzd2

■特徴3:ターゲット別に地域の楽しみ方を発信し、ゲストハウスに旅行客を呼び込む
新型コロナウイルスの影響で旅行客は激減し、ゲストハウス3710も大きな痛手を受けました。しかし2021年11月現在では、少しずつ旅行需要の回復の兆しが見え始めています。旅行先を探す全国の人々へ、観光名所だけではなく、宮古市で体験できることなどより多くの詳細な情報を発信していくことで、「宮古市に旅行に行きたい」「ゲストハウス3710に泊まりたい」という需要を高めていきたいと考えています。
今回のインターンシップは、ゲストハウスを拠点とした「宮古の一日の過ごし方」の発信がテーマです。インターン生には実際にゲストハウス3710に滞在し、地域の様々なことを体験してもらいます。体験の価値を分析した上で、旅行を検討する人にとって参考になる情報をまとめ、分かりやすく魅力的な文章やページ構成を工夫して自社ホームページに掲載することを目標にします。「宮古市に来ればどのような体験ができるのか」「ゲストハウスを拠点にどのような一日を過ごせるのか」をターゲット別に考えて伝えることで、多くの人に宮古の魅力を知ってもらい、旅行に訪れる人を増やしていきたいと考えています。
また、インターン期間中の日常的な情報発信としてSNSを活用してもらいます。宮古での体験をSNSで広く発信して宮古市やゲストハウス3710の認知を高めると同時に、自社ホームページへのアクセスを増やし、実際に宿泊予約につながる流れを作れるように試行錯誤してもらいます。
旅行で地域を訪れることが好きな人、旅行先のあらゆる体験を楽しめる人、マーケティング思考を持ち情報発信に挑戦してみたい人を募集します!

募集要項

募集対象 大学生
期間 短期(3週間〜2ヶ月)
テーマ PR・メディア観光・おもてなし
職種 マーケティング・広報編集・ライティング
活動支援金 あり
活動内容 ゲストハウス3710を拠点とした「宮古の一日の過ごし方」を自ら体験し、マーケティング思考で発信

【ステップ1】
●事業理解、地域理解、事例調査(1週目:20時間) ※オンライン
日々旅の経営理念について理解を深めるためにオンラインでの研修を実施します。また、地元の観光関係者や、常連客にオンラインでのヒアリングを行い、宮古市の魅力や資源、体験プログラム等についての知識を深めてもらいます。
国内外の観光地や宿泊施設、ゲストハウスが行う情報発信についての事例を調査、議論し、発信方法を検討していきます。
また、現在のSNSでのリーチ数や自社ホームページへのアクセス数について調査し、インターン活動中の数値目標を設定します。

【ステップ2】
●体験の実施と価値分析、SNS発信(2~3週目:60時間) ※以降、現地活動
ゲストハウス3710を拠点に各種体験プログラムや飲食店めぐりなど、市内で様々な体験をしてもらいます。それぞれの体験について魅力を深掘りし、どのような価値があって(価値の分析)、どのような人がそれに価値を感じるのか(ペルソナ設定)、マーケティング思考で分析していきます。
随時、体験したことをSNS等で発信し、リーチ数や自社ホームページへのアクセス数等を調査していきます。

【ステップ3】
●体験情報のまとめ、記事の執筆、HPへの掲載、効果検証(4~6週目:90時間)
ステップ2で行った体験の分析結果から潜在客であるペルソナを設定し、興味を惹くような「宮古の一日の過ごし方」として体験を組み合わせていきます。
魅力が伝わる文章を書き、写真を組み合わせたページ構成を考え、自社ホームページに掲載します(Wordpressでの投稿を想定)。
また、ゲストハウスに実際に訪れた人に対しても直接伝えられるよう、紙媒体でもまとめてもらいます。
最終的に、SNSのリーチ数やホームページへのアクセス数等の数値を分析し、情報発信の効果検証を行います。
期待する成果 ・「宮古の一日の過ごし方」をターゲット別に4パターン以上、自社ホームページに掲載する
・上記について、ゲストハウス3710を訪れた方向けに紙媒体でも作成する
・SNSでのリーチ数やホームページへのアクセス数の目標達成(目標数値はインターン開始時に設定)
得られる経験 ・観光地での様々な体験を旅行客目線で深掘りし、価値を分析する経験
・マーケティング思考をもって地域の魅力を発信する経験
・ゲストハウスのスタッフとして旅行客や地元客と深く交流する経験
対象となる人 ・マーケティングに興味があり、実践的な経験をしてみたい人
・旅行が好きで、自ら進んで体験をし、何事も面白がれる人
・人との交流が好きで、初対面の人とも積極的にコミュニケーションを取れる人
・ゲストハウスの経営、運営に興味がある人
活動条件 【期間】
<このプロジェクトは、オンライン+現地活動のハイブリッド型です>
令和4年2月7日~3月18日(予定) ※3/19以降、活動を行う場合は企業と協議のうえ、長期に切り替え
・全体で160~180時間程度活動してもらいます
※現地活動については、新型コロナウイルスの感染状況等によって、変更や中止になることがあります。

【活動頻度】
週5日、1日4〜8時間程度(20時間以上/週) ※応相談

【活動時間】
受け入れ企業の通常業務時間内で1日4〜8時間程度、確保してもらいます
※活動の内容によっては、上記以外の日程・時間で活動することがあります

【宿泊】
ゲストハウス3710

【参加条件】
自分のPCがあること、自宅にネット環境が整っていること
参加までに、インターンシップ活動が適用になる保険(損害賠償保険、傷害保険)への加入をお願いします。

【参加までの流れ】
下記リンク先のwizHP『参加までの流れ』を確認ください
https://npowiz.org/wizintern/internflow


※このプロジェクト・活動内容についてのご質問・ご相談は、NPO法人wiz(担当:八田 連絡先:intern@npowiz.org)までお問い合わせください。
活動場所 1週目はオンライン
2週目以降は現地(ゲストハウス3710内および宮古市内)
※現地活動への参加ができない場合は、面談時に相談をしてください
事前課題 有り(詳細はエントリー時に説明)

私たちはこんなチームです!

暮らしを誇りに

どうすれば地域の外にいる人達にこの街の魅力を伝えられるだろう?
どうすれば地元の人達と一緒に楽しい時間を過ごせるだろう?
どうすれば自分の故郷に誇りを持つことができるだろう?
そんな問いを考え続けてたどり着いた一つの答え、それが「街の玄関」となるゲストハウスをつくることでした。

2017年3月より志を共有する仲間と物件を探し、一年後の2018年3月、宮古の中心部・末広町に思いの詰まったゲストハウスを建てることを決意。同年5月より改修工事を開始し、8月より営業を開始しました。

たくさんの人達の応援を受けて私達はこの場所にゲストハウス3710を開いています。訪れる人々にこの街をもっと好きになってもらえるように。ここに住む人々がこの街をもっと楽しめるように。私達がこの街にもっと誇りを持てるように。

受け入れ企業からのメッセージ

代表取締役/加藤 洋一郎

こんにちは。株式会社日々旅、代表取締役の加藤です。

新型コロナウイルスは皆さんの生活をどう変えましたか?
行動が制限され、ストレスを感じることも多かったと思います。

私たちのゲストハウスも宿泊客が激減し、苦しい経営を強いられました。しかしながら一方で、地方が注目される機会が増え、新しい需要も生まれました。皆さんも地方移住や二拠点居住、ワーケーションという言葉をよく耳にすると思います。

宮古に住む私たちは春は山に山菜を採りにいきます。
夏はシーカヤックをしに浄土ヶ浜へいきます。
秋は紅葉を楽しみながらみちのく潮風トレイルを歩きます。
冬は旬の毛ガニを食べながら皆で飲み語らいます。

日本の地方には広く知られていない魅力が沢山あります。
そして、その魅力の多くは都市に住んでいる人達には届いていません。逆に、地方に住んでいる人達には当たり前過ぎて自覚できていません。

私たちは宮古の魅力を掘り出し、それを「宮古の過ごし方」として多くの人に届けてくれる人を探しています。
ゲストハウスに身を置きながら地域の人々や旅人と語らい視野を広げられるプロジェクトになると思います。

皆さんの応募をお待ちしています。

[プロフィール]
1980年 宮古市(旧田老町)生れ
1998年 岩手県立宮古高校卒業
2002年 青山学院大学法学部卒業
2006年 立命館大学国際関係学研究科博士前期課程修了
2006年 加藤昇一商店入社
2016年 通訳案内士登録
2018年 (株)日々旅設立

団体概要

設立 2018年8月1日
代表者名 加藤 洋一郎
従業員数 2名
資本金 600万円
WEB https://guesthouse3710.com/
住所 岩手県宮古市末広町4番6号