PROJECT INDEX

探してた面白いプロジェクトが見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探すドローンレンタル事業立ち上げプロジェクト


北海道

ドローンレンタル事業立ち上げプロジェクト

HELICAM株式会社

ドローンのレンタル事業を立ち上げる

ドローンが日本で知られるようになって数年が経過しましたが、活用方法はまだまだ模索段階の状況が続いています。レンタル事業を通じて、様々なビジネスシーンで活用できる環境を北海道に創ります。

このプロジェクトについて

ドローンが様々なビジネスシーンで活用しやすくなるレンタル事業を立ち上げてもらいます。まだまだ初期費用が高く、イメージやアイディアがあってもハードルが高いため、企業が気軽に挑戦できない環境があります。

ドローンをレンタルするだけではなく、これまで活用して来た事例の提供や、法令整備、クライアントが持っている企画やアイディアの実現に向けて一緒に考えて実行するコンサルティングも含め、ドローンの活用領域を広げるための事業を展開してもらいます。
可能性を探れる機会を多くの業界に提供することで、トライ&エラーの回数を爆発的に増やし、北海道から新しいドローンの活用方法を全国に発信していきます。

HELICAM㈱は、現代表の丹野社長が立ち上げ、設立当初自作のドローンを企業に提供するなど様々な可能性を探ってきました。現在では世界各地で大量生産されるようになったため、DJI社と提携し海外から様々な形態のドローンを輸入して販売を行うとともに、ドローンを活用した調査研究などの依頼を受けて自社で活用方法を模索しながらクライアントに提案をしています。

北海道には広大な土地があり、農林水産業など自然産業を含めた様々領域でドローンを活用して新しい価値を産める可能性が眠っています。これからの技術における、新しいサービスを共に立ち上げたい大学生の応募をお待ちしています。

募集要項

募集対象 大学生
期間 長期(3ヶ月以上)
テーマ テクノロジー・テックものづくり
職種 マーケティング・広報新規事業
活動支援金 あり
活動内容 ■ドローンを活用するとどうなるか?企業目線で可視化する
これまでHELICAMで積み重ねてきた実験を読み返し、ドローンの活用方法に対するメリットやデメリット、活用方法をまとめます。新規のユーザーの目線で情報をまとめることでドローン活用までのステップを可視化します。また、実際にドローンを活用して収益につながった事例を取材し、どのような活用方法や成果が上がるか、提案(コンサルティング)できる情報をまとめます。

■収益性とコストを天秤にかけて、プロダクトをつくる。
情報まとめと並行して、レンタル事業として提案できるプロダクトをまとめます。費用・手間・効果・収益性などの観点からそれぞれ評価をつけ、丹野社長と話しながらレンタル事業の骨格となるサービスプランを作ってもらいます。社長の右腕としてプロダクトづくりを推進し、企業に最初の一歩を踏み出しやすくして頂けるためのパンフレットに再編集します。

■分野別に仮説を立て、一件一件プロジェクトを提案する。
林業・農業・漁業・建築・デザイン・IT・WEB・自治体、小規模~中堅~大手企業など、それぞれにどのような業務でドローンの活用が可能か仮説を立て、リストに対して訪問ヒアリングを行います。制作したプロダクトをそれぞれ提案し、企業の反応を得ながら提案プロダクトを修正・改善していってもらいます。
期待する成果 ・ドローンレンタル事業のサービス基盤をつくる
・サービスの内容を初心者が見ても分かりやすいように文字情報に起こす
・クライアントを1件以上獲得する
得られる経験 ・情報を整理まとめる経験
・コスト計算や値付け、リスク計算などレンタル事業を立ち上げる経験
・事業をカタチにする経験
対象となる人 【様々な視点を持てる柔軟性】
顧客目線、社員目線、会社目線等、多くの視点から物事を総合的に判断し、
その場の業務に適した考え方をできる学生。

【臨機応変に対応できる柔軟な姿勢】
高い当事者意識を持って、顧客・社員、その他関係者とコミュニケーションの
取れる学生。

【自ら提案するような主体性】
仕事に対して受身にならず、常に自分の中にぶれない軸を持って取り組み、
自ら提案できること。
活動条件 休暇中:原則平日3日以上(週20時間以上)
学期中:原則平日3日以上(週15時間以上)
活動場所 札幌市中央区北5条西13丁目1-116 YN北5条ビル1階
事前課題 HELICAMでのインターンにあたって、
1.全国のドローン活用事例を10個調べ、北海道で実現したい1つを発表して下さい。
2.全国の様々な業界のレンタル事業を調べ、参考になりそうな事業を3つ調べ、1つを発表して下さい。
3.ドローン事業を立ち上げたい動機を発表して下さい。
(調査はExcelにまとめて下さい。発表形式は問いません。)

私たちはこんなチームです!

空撮のあらゆる業務に応える

HELICAMは空撮から始まり、用途に応じたオリジナル機の開発や災害救助、構造物の建築など、様々なドローンイノベーションに携わってきました。プロモーションやVR/プロジェクションマッピングなどのクリエイティブな場面や研究調査・建設現場・レスキューなど様々なニーズに合わせた実績があり、それらの活用方法を提供しつつ、さらなる活用の在り方を模索したいと思っています。
これらの実績をもとに、自社で保有している多くの機材とともに最高のパフォーマンスを提供できる新しい事業をインターン生と一緒に立ち上げていきたいと思います。

インターン生へのメッセージ

代表取締役/丹野 宏柄

創業当初は弊社の手作りでドローンを制作し、様々な可能性を模索してきました。今では、ドローン自体も一般に普及し多くの方の目に触れるようになっています。しかし一方で、北海道には広大な自然があり、ドローンが活躍できる素地が多いにも関わらずまだまだその本領を発揮できていない環境があります。

我々がこれまで取り組んできて積み重なってきた知見と、学生の皆さんの行動力、そこから生まれてくる新しい視点を活かして、北海道の様々な分野でドローンを効果的に活用できる事例づくりをご一緒できればと思っています。

大変なことも多いと思いますが、二人三脚で事業立ち上げに挑みましょう!

団体概要

設立 2014/7/1
代表者名 丹野 宏柄
従業員数
資本金 3,000,000円
売上高
WEB http://www.helicam.jp/
住所 札幌市中央区北5条西13丁目1-116 YN北5条ビル2階