PROJECT INDEX

探してた面白いプロジェクトが見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探す福祉×農業!しいたけが社会を変える?!持続的な社会課題解決モデル構築/広報プロモーション・企画プロジェクト


岐阜県

福祉×農業!しいたけが社会を変える?!持続的な社会課題解決モデル構築/広報プロモーション・企画プロジェクト

ベジファームおおがき

福祉×農業!しいたけが社会を変える!地域に愛される野菜へ

こだわりの“大垣椎茸”を地元で通年愛される食材に!持続的に社会課題を解決できる仕組みを作るための、ベジファームおおがきモデル確立に向けたインターン生を募集!

このプロジェクトについて

自分達にできることはなんだろう?少子高齢化の影響を受け、人材の高齢化や空き家や耕作放棄地など地域課題がたくさん。私たちは年間通じて供給できる野菜を栽培していない岐阜県大垣のエリアで福祉×農業の新しい取り組みを始めました。その一つが椎茸ビニール工場での年間椎茸を栽培できる工場の運営=ベジファームおおがきの立ち上げです。昨年よりスタートしたこの取り組みも地元スーパーなどにも取り扱われるまでに。この新たな取り組みは福祉/農業業界、地域課題を解決するための要素が詰まっていると感じます。どんな取り組みもビジネス的な観点でも持続的に続けられる仕組みが必要です。より地域に愛される野菜「大垣椎茸」となった先にはこのモデルをたくさんの地域へと広げていくことを目指しています。そのチャレンジをインターン生の皆さんとぜひ取り組みたい!一緒にチャレンジするインターン生を募集します。

募集要項

募集対象 大学生
期間 長期(3ヶ月以上)
テーマ 農林水産・6次産業食・ライフスタイル
職種 企画・商品開発マーケティング・広報
活動支援金 あり
活動内容 ▼「大垣椎茸」を西濃地区NO .1の地域に愛されるブランドへ!

持続的な社会課題解決モデルを岐阜県大垣から創りたい。
水の都“大垣”の豊かな資源を活かして地下天然水を使用し、モーツァルト農法によりモーツァルトを聴かせてひとつひとつ丁寧にひとつひとつ手作業で収穫し完全無農薬栽培育てています。今回のプロジェクトでは昨年より始めたベジファームおおがきにて栽培している「大垣椎茸」を地域に愛される野菜とするべく新規販路開拓、広報プロモーションに取り組みます。西濃地区NO .1の地域に愛されるブランドを目指して!

【STEP1(1カ月〜2カ月)】
★仕事の基礎固め、会社の想いを理解する
★取引先へのヒアリング・ニーズ調査
・実際にしいたけを栽培している現場や販売先について把握する。
・実際に購入した方へのヒアリングを実施する。
・地域に愛される広報PRのためにSNSなどにて情報発信
「ベジファームおおがき新聞」を作成における企画立案。

【STEP2(3カ月〜4カ月)】
★ファン拡大、新たな販路先開拓の仮説提案
・ベジファームおおがきの想いや取り組みに共感してもらえる連携先の開拓
・しいたけを活用した新メニュー開発/料理教室/試食会などの企画立案
・新規販路開拓先へアプローチ

【STEP3(5カ月〜6カ月)】
★更なるファン拡大、販路先の開拓
・連携先とのコラボ企画実施し販路先を開拓する。
・「ベジファームおおがき新聞」など地域により愛されるための
広報プロモーション戦略を実行してコミュティ化していく。
期待する成果 ・大垣椎茸を地域に愛されるものとのする広報プロモーションの仕組みづくり
・安定した販路開拓先の開拓及び開拓のための企画の実施
・現在販路開拓先へのアプローチ方法や日常業務改善のためのマニュアル化
得られる経験 ・良いことをしながら稼ぐ福祉×農業ビジネスを体感する経験
・コミニュケーションスキルが磨かれイベント運営の経験が積める
・SNSを活用し利用シーンに合わせた広報/情報発信を行う経験
・地域や店舗を巻き込んだイベントの企画。運営を取り仕切る経験
対象となる人 【こんな方と一緒に取り組みたい!】
・明るく前向きに物事に取り組める姿勢のある人/・試行錯誤しながら、よいものをつくるのが好きな人
・人と接することが好きな人、様々な人と関わりながら企画することを面白いと思える人
・広報プロモーションの仕事に興味のある人
活動条件 休暇中: 週5日(40時間/週)
学期中: 週3日以上(24時間/週)
活動場所 ▼ベジファームおおがき
〒503-0803 岐阜県大垣市小野4丁目57番地 名古屋から30分程度(大垣駅)+バス15程度
事前課題 担当CD相談

私たちはこんなチームです!

想いだけでは続けられない!「何をすべきか」から見出した「仕組みづくり」

▼特徴①求められた役割を事業に!資格講座→派遣業→ 福祉農業分野へ事業を幅広く展開!
資格講座やスキルアップ教室から始めたビジネスも、受講生の方がどこでそのスキルを活用するのかをサポートするために派遣業を取り組むように。現在は障害者の方の働く先についても考える役割も増え、就労継続支援事業所を複数運営し、より持続的に福祉分野でも成り立つビジネスをと椎茸ビニール栽培を自ら取り組んでいます。

▼特徴②福祉×農業を実現したあらゆる社会課題解決のビジネスモデル!
一から昨年始めた椎茸ビニールハウス栽培。大垣エリアでは年間を通じて安定的に提供できる野菜を栽培していないこともあり、年間を通じて提供できるベジファームおおがきでの「大垣椎茸」の栽培は注目されつつあります。また土地を選ばない栽培手法により、今後どの地域でも実現可能なモデル性があり、作業の分割化により誰でも働ける就労支援/福祉分野領域に対しての課題解決にもつながるものです。

インターン生へのメッセージ

代表取締役/前田将志

後世へ繋いでいく日本のために、本当に必要な事は何なのか?
地方創生や社会問題。本当に必要な事は継続できる仕組みづくりではないでしょうか?
問題は国レベル、地域レベル、会社、家族、個人レベルなのか? 何を大切に考えていくことが継続していける仕組みづくりになるのか?
私は行政育ちでもなければ、福祉現場での育ちでもない。経営者として創造してきました。

学生へのメッセージ
まだ何の色にも染まらない、その純粋さを忘れないでいてください。あなたの持つ可能性の大きさ、失敗を恐れず、挑戦を忘れず、すべては経験から見になり、気がつくもの。PDCAサイクルで主体性を伸ばし、インターンシップでの6ヶ月間は、あなたの人生の大きな糧となるはずです!

[プロフィール]
1973年生まれ。平成23年(株)ゼロックス設立。就労移行支援、特定相談支援事業所を経て、現在は、就労継続支援A型B型事業所(他、人材派遣業業も)経営している。

団体概要

設立 2011年
代表者名 前田将志
従業員数 18名
住所 岐阜県大垣市小野4丁目57番地