PROJECT INDEX

探してた面白い仕事が見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探す【世界一の大煙突】歴史体感まちづくりツアーを開発せよ!


茨城県

【世界一の大煙突】歴史体感まちづくりツアーを開発せよ!

映画「ある町の高い煙突」を応援する会

市民へ誇りを取り戻す。真のまちづくりが学べるガチンコインターン!

100年先まで語り継がれるような、真のまちづくりに取り組もう!
日立市を舞台にした映画「ある町の高い煙突」の製作を契機とし、地元の誇れる歴史を巡るツアーで人々に誇りを取り戻します!

このプロジェクトについて

●意味のある本当のまちづくり

「まちづくり」とはなんでしょうか?
私たちが考える「まちづくり」とは、地域の人が誇りに思えるものを創造、発掘することです。今回のインターンでは、大煙突の歴史を体験するツアーを開発し、地域住民の方々に地元への誇りを持ってもらうことを目指します。


●誇るべき世界一の大煙突の歴史

今回のインターン先は「HITACHI inspire the next」でおなじみ日立グループ創立の地、日立市です。

この日立市では100年前、鉱山からの亜硫酸ガスによって、周辺の農作物に甚大な被害がでる煙害が発生していました。そんな時、1人の若者立ち上がります。彼は周辺住民を巻き込み、企業側との壮絶な交渉の末、高さ155.7メートルの世界一の大煙突の建設によって煙害を解決します。

当時は第一次世界大戦が開始された頃、富国強兵の時代です。国や企業が権威を盾にして、被害住民を押し込めることも十分可能でした。しかし、当時の日立市では住民と企業が共同して公害に立ち向かったのです。今現在も世界に類をみない歴史を、日立市は100年前に創り出していました。

しかし、このような素晴らしい歴史を現在の日立市民の方々はほとんど知りません。


●映画「ある町の高い煙突」

新田次郎著「ある町の高い煙突」を原作とした映画の撮影が、日立市で2018年4月から始まります。これは当時煙害に立ち向かった人々を題材にした作品で、私たちはこの映画を日立市の人たちが誇りをもつきっかけにしようと考えています。

映画が公開された時、寄付やツアー参加で関係した人々が口々に映画のことを噂して、日立市が大煙突一色に染まる、そんなイメージです。


日立市の人々が自分の街に誇りを持てる仕掛けをするには、映画が公開されるまでの今、このタイミングしかないのです。私たちと一緒に、100年先まで語り継がれるまちづくりを始めましょう。

募集要項

募集対象 大学生
期間 長期(3ヶ月以上)
テーマ 地域まちづくり
職種 企画・商品開発営業
活動支援金 あり
仕事内容 日立市内でツアーを開催している方と協力して、大煙突の歴史を見て、知って、触れるツアーの開発をします。
最終的には旅行代理店へツアーを売り込み、映画公開後も日立市へ人が来続ける仕組みを作っていきます。
日立市に誇りという名の光を灯しましょう!

■STEP.1

【大煙突の歴史を知り、チームの親睦を深める】

・現地で実際に体験し、歴史の価値を知る
・SNS活用法調査
・映画を応援する会の方々と交流
・既存のツアー体験、マニュアル作成、ツアー習得

■STEP.2

【本ツアープラン決定】

・既存ツアーブラッシュアップ
・プレツアー開催
・SNSで情報発信
・本ツアープラン決定

■STEP.3

【本ツアーブラッシュアップ】

・ツアー集客
・本ツアー実施
・効果検証と改善
・本ツアーマニュアル作成

■STEP.4

【ツアー売り込み】

・各旅行代理店へのツアー売り込み
期待する成果 ・日立市大煙突を体感するツアープラン作成
・日立市民を動員したツアーの実施
・広報・集客装置としてのSNSの構築
・旅行代理店とのツアー取扱契約獲得
得られる経験 ・地域コミュニティと連携したまちづくり
・商品開発から改良、営業までの一連のプロセス
・SNSを利用した集客、広報
対象となる人 ・日立市への愛がある人、愛を持てる人
・まちづくりに興味がある人
活動条件 【活動期間】
2018年2月~7月の6か月間
2月、3月の長期休み期間は週5日程度。
4月~5月の学期中は週3日程度。

【活動時間】
9:00~18:00
昼休憩1時間

【活動費】
2月、3月は月3万円支給。
4月~はツアー動員数によりインセンティブ形式で支給します。

【宿泊場所】
基本的に通いになります。

【その他】
活動中のおいしい食事提供あり。
(拠点にいられる場合のみで、時間は不規則です。)
PC(officeインストール済)を持参。
交通費の支給あり。

※活動条件については調整できる可能性があります。一度ご相談ください。
活動場所 うのしまヴィラ:茨城県日立市東滑川町5丁目10-1
事前課題 新田次郎著「ある町の高い煙突」を読んでの感想文を書いてください。
形式、文量共に自由です。
インターンシップへの熱い思いを込めてあると最高です!

私たちはこんなチームです!

日立市のまちづくり人揃い踏み!

映画「ある町の高い煙突」を応援する会は通称「STAT」という4つのチームに分かれています。

Sは映画製作を「支える」、Tは日立の歴史を「伝える」、Aは伝えるイベントを開く「集まる」、Tは人が来続ける仕組みを「作る」役割を持っています。

これら4つのチームの代表者の方々は、カフェの運営者や工務店の方、バンドのベーシストやB-1グランプリの仕掛け人等、個性的でまちづくりに熱意のある方々です。
他にも、日立市の有力者の方がご参加くださっています。
これほどまちの各所に繋がりがあり、熱意のあるまちづくりチームはそうはありません。

あなたもチーム一員として、コミュニティの一員として、まちづくりに参加してみませんか!

インターン生へのメッセージ

事務局長/原田実能

ぜひインタビュー記事を御覧ください。
https://epochers.com/intern/1024unoshima_interview/

[プロフィール]
1959年3月 広島県生まれ。
1991年11月長女の誕生を機に日立市民となり妻の実家,(有)鵜の島温泉旅館に勤務。
2009年4月 代表取締役に就任。
2015年8月 まちづくりにも尽力し、ひたち野外オペラ《マクベス》の総合プロデューサーを務める。
JUNIOR 野菜ソムリエ
BBQ上級インストラクター

団体概要

設立 2017年09月
代表者名 原田実能
従業員数 20名
住所 茨城県日立市東滑川町5丁目10-1