PROJECT INDEX

探してた面白い仕事が見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探す日本酒女子必見!日本酒を楽しむ女子会を企画せよ


岩手県

日本酒女子必見!日本酒を楽しむ女子会を企画せよ

廣田酒造店

このインターンは募集が終了しました。沢山のご応募ありがとうございました。

夏でも日本酒を楽しめる日本酒女子会のイベントプランナー求む!

日本酒離れを食い止めるのは女子!?蔵祭り&日本酒女子会を企画して日本酒の魅力を伝える若者を募集します!

このプロジェクトについて

■特徴1:伝統技術を引き継ぐ、女性杜氏が造る日本酒
廣田酒造店では全国でも珍しい女性杜氏が、手造りにこだわり日本酒造りを行っています。使われている道具は使い込まれた年代物で、大型設備はありません。そのため、一度に造れる量も限られます。だからこそ、岩手の気候・風土をとことん活かしています。日本酒造りの命とも言えるこの地域の湧き水は、「美味しい」と遠方から汲みに来る人がいるほど評判です。米は県産酒米を使っています。 岩手県紫波町の厳しい寒さもまた「恵みの寒さ」です。大きな酒蔵のように人工的に冷す冷却装置を備えていない廣田酒造店にとっては、自然の寒さこそが酒造りに必要な冷却装置となります。

■特徴2:若者の日本酒離れを食い止めるべく、アクションを起こす!
日本酒離れを危惧している蔵元は、夏にも日本酒を楽しむ機会をつくりたいと昨年から蔵祭りの開催を始めました。しかし、若者や女性の参加者が少なく、イベントの内容や周知方法に悩んでいます。
そこで今年の蔵祭りのターゲットは日本酒好き女子。全国で日本酒女子会が密かなブームとなっている今、廣田酒造店は、全国でも数少ない女性杜氏が造る繊細な日本酒が特徴です。蔵祭りを通じて、廣田酒造店の日本酒をもっと知ってもらいたいと考えています。

■特徴3:おいしいお酒を届けたい、蔵元の想い
廣田酒造店は創業110年。五代目蔵元は創業からの想いを受け継ぎつつも、どんどんと新しい事に挑戦しています。近年では、積極的に新しい技術を取り入れ、新商品の発売に力を入れてきました。
そんな中、廣田酒蔵店のある紫波町では日本酒乾杯条例が交付されました。日本の伝統文化である日本酒をより盛り上げていこう、という趣旨で日本酒の蔵が4つもあり、ワイナリーもある酒の町紫波町ならではの条例です。しかし、せっかくできた条例の浸透や、日本酒が町民に楽しまれているかというと残念ながらまだまだの現状です。昨年から始めた蔵祭りは、町民へ廣田酒造店の日本酒を知ってもらいたいという想いもあります。そんな想いを持つ廣田酒造店こだわりのお酒を、日本酒好き女子と多くの紫波町民に知ってもらい、足を運んでもらうために、共に挑戦するインターン生を募集します!

募集要項

募集対象 大学生
期間 短期(3週間〜2ヶ月)
テーマ 文化・伝統産業
職種 企画・商品開発マーケティング・広報
活動支援金 あり
仕事内容 蔵祭りと日本酒女子会を企画・運営し、廣田酒造店のファンを獲得する!

【ステップ1】
●企業理解、蔵祭りの企画・提案(1週目)
・スタッフとして働きながら、企業、企画主旨、地域を理解する
・蔵祭り、日本酒女子会の企画を蔵元に提案、ブラッシュアップ

【ステップ2】
●蔵祭りの実施に向けた準備と広報活動(2~4週目)
・蔵祭りに向けた準備(広報企画、広報ツールの作成、メディア取材依頼、移動手段の確保、町内飲食店との打合せ等)
※随時、蔵元、小野杜氏からのフィードバック

【ステップ3】
●蔵祭りの実施(5週目)
・蔵祭りの実施(当日の運営、参加者のアテンド、アンケートの実施)
・蔵祭りの振り返り、次回実施に向けた企画の提案

※日々、SNSによる情報発信
期待する成果 ・蔵祭りの来場者200名
・蔵祭り内で日本酒女子会(仮)の20~30代女性参加者を20名獲得
得られる経験 ・生産者の想いに触れ、その魅力を直に聞きながら発信していく経験
・お酒というツールを活用しての人がつながる場づくりを0から経験できる
・伝統産業が長年、課題とするものに対し、解決に向けた試行錯誤を繰り返すことを通じて、仮説検証(PDCAサイクル)を経験
対象となる人 ・地場産業の活性や広報に興味がある人
・食に関わる仕事に関心のある人
・様々な人と積極的にコミュニケーションがとれる人
活動条件 【勤務頻度】
週5日以上(40時間/週) ※応相談

【勤務時間】
8:30~17:00(※基本はこの時間ですが、イベント打合せ・準備や当日の運営などにより日によって変動があります。)

【宿泊】
紫波町内での宿泊・滞在が必須(紫波町内で宿泊施設の確保をします)
活動場所 廣田酒造酒蔵内、紫波町内、周辺市町村内
事前課題 有り(詳細はエントリー時に説明します。)

私たちはこんなチームです!

廣喜ならではのこだわりのお酒を多くの人に届けたい!

創業は明治36年。初代、廣田喜平治がこの地で当時評判だった造り酒屋を譲り受け、戦後以降「廣田酒造店」として今日まで酒造りを続けています。
地域・地元のお祭りや祝い事を始め、多くの主席に花を添える一献として「廣く多くの人々に喜ばれる酒」として生まれた『廣喜』は、今でも当蔵を代表する銘柄として親しまれています。
伝統の技術を守りながらも新しい挑戦を続けている廣田酒造店の造り手は、全国的に見ても珍しい、女性杜氏が造る繊細なお酒が特徴です。

インターン生へのメッセージ

五代目蔵元/廣田 英俊

日本酒の大好きな方、興味のある方、一緒に新しい日本酒のあり方を考えませんか?

[プロフィール]
東京農業期大学短期大学部醸造科卒業後、蔵入り。現在に至る

団体概要

設立 明治36年12月1日
代表者名 廣田英俊
従業員数 5名
住所 岩手県紫波郡紫波町宮手泉屋敷2-4