PROJECT INDEX

探してた面白いプロジェクトが見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探す【多文化共生】インドネシアと気仙沼をつなぐレストランの活性化!顧客価値と地域接点を高めるためのリサーチャー募集!


宮城県

【多文化共生】インドネシアと気仙沼をつなぐレストランの活性化!顧客価値と地域接点を高めるためのリサーチャー募集!

株式会社菅原工業

建設会社が手掛けるインドネシア料理店で顧客ニーズなどをリサーチせよ

まちの当たり前を守る建設業を行う菅原工業が多文化共生社会実現に向けてインドネシア料理店を設立!その第一歩として、顧客分析などのリサーチを行い、店舗運用方法や多文化共生社会実現に向けた施策を考えよ!

このプロジェクトについて

<特徴1>苦境を迎える建設業界で起こす、新たな挑戦
創業から55年、長く気仙沼の地で土木建設業を営んできた株式会社菅原工業は、コーポレートスローガンである“このまちを、つくる”を胸に、まちの生活を支える道やインフラ創りを行ってきました。道があるからこそ住居が生まれ、仕組みがあるからこそ人々が安心して、安全にこのまちで暮らせる。まさにまちづくりの本質がそこにはあります。また、そんな思いに加えて、確かな技術力と誠意に裏打ちされた仕事によって、地域からも多くの信頼を集めており、県や大手ゼネコンから何度も表彰を受けています。
一方で、日本全国どこでも不況と言われ続けているこの20年間、建設業界に対する風当たりは取り分け強くなっています。2011年の大震災によって、復興事業により盛り上がりをみせる気仙沼の建設業ですが、それも一過性であり、根本的な課題解決はなっていません。そんな状況に問題意識をもった菅原工業では、震災後に様々な新規事業を立ち上げ、会社としても気仙沼というまちとしても、次の数十年を見据えた事業創出に挑んでいます。今回のインターンでは、新たな事業が立ち上がるその現場感を体感して頂きます。

<特徴2>新たなマーケットを求め、海外へ
2011年の東日本大震災で甚大な被害を受けた気仙沼市。市内の多くの事業者同様、菅原工業も社屋が全壊し甚大な被害を受けた中で、近隣の事業者から重機を借り、震災からわずか3日後にガレキ撤去の仕事を開始しました。それ以来、まちの復興のために日々奮闘しています。
震災から数年、少しずつ復興が進むなか、事業の将来性も見据えた上で菅原工業として大きな決断をします。インドネシアへの海外展開です。これからますます経済発展をするアジアで、インフラ事業を展開する。一見途方も無い挑戦ですが、海外展開を思いついたその翌週には、現地に足を踏み入れていました。そこから数年、目覚ましい速度で事業展開をし、大手ゼネコンでも真似できないような事業を成し遂げ、着実にインドネシアでの基盤を確立しています。

<特徴3>地域課題をビジネスで解決する
菅原工業の挑戦は、インドネシアへの事業展開だけにとどまりません。菅原工業の代表、菅原渉さんは、インドネシアでの経験をもとに、「地域課題をビジネスの力で解決する」ことを目指し、現在様々な事業に着手しています。その中の一つとして、インドネシア料理店「Warung Mahal(ワルンマハール)」があります。気仙沼には基幹産業である水産加工業をはじめさまざまな業種で、インドネシア人の技能実習生が活躍しています。しかし、宗教上日本食で食べられないものがあることや、生活環境に慣れないなどの課題がありました。そのような課題を解決するべく、着目したのが「食」でした。食は言葉がなくともお互いの文化が通じるツールでもあります。インドネシア料理店を通して、母国を離れて日々頑張る皆さんが安心して過ごせる場所を作るとともに、お互いの文化を理解し、共生しあうきっかけとなる場所としたいと考えています。その思いが通じ、ここ数年で、インドネシアの方を中心にさまざまな国の方が来てくださるようになりました。また、彼らにとって欠かせないイスラム教の礼拝堂(ムショラ)も作り、気仙沼が「暮らしやすいまち」として選ばれるようにさまざまなチャレンジをしています。

今回のプロジェクトでは、その菅原社長が経営するインドネシア料理店でリサーチャーとして、顧客リサーチなどを通し、今後の店舗運用方法や多文化共生社会実現に向けた施策立案にチャレンジします!

募集要項

募集対象 大学生
期間 短期(3週間〜2ヶ月)
テーマ 国際協力食・ライフスタイル
職種 リサーチ・コンサルティング
活動支援金 なし
活動内容 ○内容
インドネシア料理店 Warung Mahalの顧客リサーチを通し、今後の店舗運用方法や多文化共生社会実現に向けた施策を考える!

<リサーチ内容>
・インドネシア料理店に来店するお客様の来店理由や流入経路等
・多文化共生に対してのイメージ調査
・礼拝堂(ムショラ)の利用状況

上記のリサーチ内容をもとに、今後の店舗運用方法や施策等について提案していただきます。

○本プロジェクトは下記2点により構成されています。双方に参加できる方を対象といたします。
◼︎勤務時間:13:00-21:00(休憩1時間)
ー①13:00-16:00はインターンシップとし、プロジェクトを推進していただきます。
ー②17:00-21:00は実際に店舗にて接客業務を行いながら、顧客に対しての理解を深めていただきます
→①インターンシップは無償、②はアルバイトとして時給が発生いたします。

○全体スケジュール
●STEP1【開始~1週目】プログラムキックオフ+スタートアッププログラム
プログラムのスタートとして、受入企業、参加学生の皆さん全体でキックオフを行います。その後1週間程度は、インターンシップをより効果的に進めるためのスタートアッププログラムを開催します。
※スタートアッププログラムについては、下記「活動条件」をご参照ください。

●STEP2【2週目】プロジェクトキックオフ+スケジュール設計
本格的にインターンのプロジェクトがスタートします。プロジェクトごとに改めて、ゴールの共有やスケジュール設計を行い、次の3週間の動き方を決めていきます。

-具体的な実施内容(想定)
・会社について理解を深める
・リサーチ内容について手法など仮説を立てる
・リサーチ調査の実施

●STEP3【3週目〜5週目】プロジェクト推進
設定したスケジュールと役割分担をもとにプロジェクトを進めていきます。受入企業、参加インターン生同士とは定期的にミーティングを行い、進捗共有を行っていきます。また、地域コーディネーターもプロジェクト推進を積極的にサポートしていきます。

-具体的な実施内容(想定)
・リサーチ調査の実施・分析
・今後の店舗の活用方法の提案

●STEP4【6週目】成果まとめ+最終報告会
これまでの活動成果をまとめ、9月中旬にある最終報告会にて発表して頂きます。報告会には、受入企業に加えて広く地域の方をお招きします。

●STEP5【6週目】修了研修
インターンシップ全体の修了研修を行います。インターンのプロセスを振り返り、自身の成長や学び、自身の成長や学び、もっとこうしたほうが良かった点などを洗い出し、将来のキャリア形成に役立てて頂きます
期待する成果 ・今後の店舗運営や多文化共生に向けた仕掛けづくりに有力なデータが収集できていること
・多文化共生に対しての地域での理解度が可視化されていること
得られる経験 ・コミュニケーション能力(さまざまな人と話す)
・理解力(多文化共生についての理解を深めることができる)
・関係性構築力(文化が違う多様な人と関係性を気づきながら話を引き出す)
対象となる人 【募集人数】
1名

【下記に該当する方】
・接客業でのアルバイト経験がある方

※高校生不可
活動条件 【参加型】
・現地住み込み

【プログラム参加にあたっての流れ】
-8月7日 キックオフ@オンライン
企業さんとの顔合わせや地域を知って頂くための研修を行います。

-8月8日地域理解研修@オンライン

-8月16〜17日 気仙沼への移動日
こちらの日程で、気仙沼にむけて移動をして頂きます。

-8月18日 ビジネスマインド研修@対面

-8月19日〜9月13日 プログラム実施@対面
この期間は、各企業へ実際に行き、引き続きインターンシップを行って頂きます。

-9月14日〜15日 気仙沼からの移動日
こちらの日程で、気仙沼からそれぞれのご自宅へ移動をして頂きます。

-9月16〜19日 成果まとめ@オンライン
最終1週間は、それぞれのチームで、オンラインにて最終報告会の準備を進めていただきます。

-9月21日 18:30〜20:30 最終報告会@オンライン
これまでのインターンの成果を発表頂く報告会を実施します(オンライン)。

※最終報告会は参加必須。その他の日程については調整可能な場合があります。面談時にご相談ください。

【交通費・滞在費】
宿泊費:支給(シェアハウスに滞在予定)
交通費:自己負担(ただし、距離に応じて一部支給あるの可能性あり)
食費等は自己負担
*交通費について、詳しくは面談時にご案内します。
活動場所 【就業場所】
・オンライン期間中:自宅等オンライン環境が整っているところであれば、どこからでもご参加頂けます。
・対面期間中:株式会社菅原工業 事務所 / Warung Mahal(店舗)

【宿泊場所】
・シェアハウス
事前課題 あり(決定者に通知します)

私たちはこんなチームです!

地域産業の基盤を支え、気仙沼から世界へ挑戦

株式会社菅原工業は、今年で創業50年を迎えました。地域の人々が快適で安心して暮らせる環境つくり勤しみ、地域社会と共に成長を続ける会社を目指しております。また、互いの地域の課題を解決し支え合う目的で、インドネシアに技術を発信する事業も動き始めております。

コーポレートスローガンは、「このまちを、つくる」。人々が快適で、安心して暮らせる環境づくりに勤しみ、地域産業の基盤を支え、気仙沼から技術を世界へ発信する。地域社会とともに成長を続ける。そんな企業であり続けることを目指します。

受け入れ企業からのメッセージ

代表取締役 社長/菅原 渉

出来る出来ないではなくやるかやらないか

『道路を作るなら世界の72億人を相手にしてみたら?』
その一言から、私の挑戦が始まりました。
見えない1%の可能性を自分で見つけ出し、切り開き、可能な物へと変えて行く。これが私のインドネシアへの挑戦の始まりです。
このような経営者を支える、当社の幹部・従業員は皆、自分の仕事に誇りを持ち、自信を持って仕事に取組んでおります。
真剣な眼差し、作業を行う職人に触れ合う事や、思いを感じる事は、この業界にいないと知る事が出来ないと思います。
このまちをつくる・気仙沼から世界に挑戦を共に進めて参りましょう。
皆様の参加をお待ちしております。

[プロフィール]
代表取締役社長。1975年1月6日生まれ。
気仙沼高等学校卒、北海道工業大学工学部卒。ガイアート入社。
2003年3月株式会社菅原工業入社。

コーディネーターからのメッセージ

岩本 華奈(合同会社気仙沼の人事部)

「当たり前の日常を提供すること」を創業以降ずっと行ってきた、菅原工業の皆さん。人がその地域に暮らす限り、欠かせないものやサービスを、幅広い業種を通じて提供し続けている存在です。

お互いのバックグラウンドを認め合い、共存できる社会へ、その一歩を一緒に作り出してみませんか?

団体概要

設立 昭和55年7月1日
代表者名 菅原渉
従業員数 45名
WEB http://sugawarakogyo.co.jp/
住所 宮城県気仙沼市赤岩迎前田132