PROJECT INDEX

探してた面白いプロジェクトが見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探すSNSマーケティングでブランドホタテのファンを増やせ!


岩手県

SNSマーケティングでブランドホタテのファンを増やせ!

株式会社隆勝丸

海や海産物の魅力をまるごとSNSで発信

地域を海から盛り上げるべく2018年10月に起業した若き漁師たちのもとで、企業のファンを増やすSNSマーケティングに挑戦!繁忙期の夏を迎える前に、新規フォロワー300人の獲得を目指します。

このプロジェクトについて

■特徴1: 海を通して地域の魅力を発信
株式会社隆勝丸は、岩手県宮古市の日出島地域を拠点に、ホタテやホヤなどの養殖事業のほか、マリンレジャーや三陸の食を発信する販売事業、シーフードビジネスといった、海を包括した総合的な事業を行っています。
日出島漁場は、外洋の荒々しさと、内湾の静けさを合わせ持つ潮通しがよく、プランクトン豊富な漁場です。ホタテは、自前の海で採苗したホタテのラーバ(赤ちゃん)から育てる、完全地場生産です。時化でホタテが落下するリスクがありますが、あえて過酷な環境で育てることによって、貝柱が厚く、歯ごたえ抜群の甘いホタテに育ちます。「隆勝丸」ブランドとして市内飲食店で愛されるほか、インターネットを通じて首都圏をはじめとする個人客にも販売しています。

■特徴2: 株式会社として事業を拡大し、2年目の挑戦
岩手県内陸部出身である代表取締役の平子昌彦さんは、妻の実家のホタテ養殖を手伝っているうちに漁師の仕事に魅力を感じて宮古市に移住しました。「漁師の魅力は、広大な海を相手に仕事をすることです。時には海の脅威を目の当たりにしたり、時には海の優しさを感じたり、良いことも悪いことも100%自分に返ってくる」と語ります。
震災で義父が亡くなった後に独立し、7年が経った2018年10月に法人化しました。漁業者が減少し後継者がいない漁家が多い中で新規漁業者の育成に取り組むほか、観光やレジャー、漁業体験等海を生かした総合的事業を視野に入れています。釣り船事業や子どもを対象とした漁業体験、外国人観光客の受け入れなど、新しい事業に積極的に取り組み、漁業から地域を盛り上げようと挑戦を続けています。

■特徴3: 「隆勝丸」のファンを増やし、宮古のホタテを全国へ
今回のプロジェクトでは、宮古のホタテを更に全国へ広めるため、SNSを活用して「隆勝丸」のファンを作っていきます。宮古市のこと、日出島漁場のこと、隆勝丸の漁師のことなど、様々な情報をSNSで発信することで隆勝丸のホタテに興味を持ってもらい、注文が増える夏場に向けてファンを増やしていきたいと考えています。今夏、ECサイトを通じて個人からの300件の新規注文を目指し、Facebook、Instagramでの300人の新規フォロワー獲得を目標とします。
海が好きな人、水産業・漁師に興味がある人、SNSマーケティングに興味がある人、大歓迎です!

募集要項

募集対象 大学生
期間 短期(3週間〜2ヶ月)
テーマ 農林水産・6次産業PR・メディア
職種 マーケティング・広報編集・ライティング
活動支援金 あり
活動内容 「隆勝丸」のファンを増やすための、SNSマーケティング

【STEP1(1週目)】
●企業理解、事業理解
・隆勝丸のホタテ生産現場での現場実習をしながら、企業理解、商品理解を深める
・魚市場や鮮魚店などの水産関連業者の現場見学
・SNSの既存フォロワーの属性検証
・SNSでの新規フォロワー獲得についてターゲット、発信方針、企画等を決定

【STEP2(2〜4週目)】
●SNSでのプロモーション
・SNS掲載のための写真、動画撮影および編集
・SNSでの情報発信
・SNS投稿の振り返り、効果検証について平子社長と打ち合わせ(毎週)
・宮古市内のイベント「毛ガニ祭り」での広報活動(3月上旬予定)
※随時現場での作業を通して、企業、製品についての理解を深める

【STEP4(5週目)】
●事業の検証
・引き続きSNSでの情報発信
・これまでのSNS発信を振り返り、効果測定
・効果的なSNS発信についてまとめ、従業員に引継ぎ
期待する成果 ・Facebook、Instagramの新規フォロワー数を合計300人増やす
・効果的なSNS戦略をまとめ、従業員への引継ぎを行う
得られる経験 ・SNSを活用して企業のファンを獲得するマーケティングの経験
・海や海産物の魅力を体感し、発信していく経験
・設立2年目の企業の成長を広報面で支える経験
・地域での仕事や暮らしを肌で学ぶ経験
対象となる人 ・海が好きな人
・水産を魅力的にPRすることに挑戦してみたい人
・人付き合いが好きで元気にコミュニケーションが取れる人
・粘り強く試行錯誤できる人
活動条件 【期間】
令和2年2月上旬~3月中旬(最低1ヶ月間、最大1.5ヶ月間) ※それ以降は長期に切り替え

【活動頻度】
週5日(土日・祝は基本休み)

【活動時間】
8:00~16:00(基本はこの時間ですが、打合せ等により変動があります)

【宿泊】
市内ゲストハウスに宿泊

【このインターンシップは、復興庁主催の「復興・創生インターン」プログラムです】
・エリア内での複数のインターンプロジェクトとの集合研修(事前・事後等)を予定しています。
・自宅から現地までの交通費(往復1回分)の補助があります。
・宿泊場所は現地で準備しています。宿泊代はかかりません(シェアハウス等を予定)。

※「復興・創生インターン」は、復興庁事業「伴走型人材確保・育成支援モデル事業」として実施します。
※「復興・創生インターン」に関するご質問・ご相談・事務手続きなどは、統括事務局の株式会社パソナ(担当:高橋・和田、連絡先:03-6262-6340)までお問い合わせください。

※このプロジェクト・活動内容についてのご質問・ご相談は、NPO法人wiz(担当:八田、連絡先:intern@npowiz.org)までお問い合わせください。
活動場所 岩手県宮古市崎鍬ヶ崎15-5-1
事前課題 有り(詳細はエントリー時に説明)

私たちはこんなチームです!

海を通して、宮古市日出島地域の魅力を発信いたします。

株式会社隆勝丸は岩手県宮古市の日出島地域でホタテやホヤの養殖漁業と海を活かした総合的な事業を展開しています。
日出島地域は外洋の荒々しさと内湾の静かさをあわせ持つ潮通しの良い養殖に恵まれた漁場で、地場で採れたホタテの赤ちゃん(これをホタテラーバと言います)から年2回のカゴ替えと、耳つり方式で丁寧に本養成しています。
ホタテの養殖には時化で貝が落下するリスクがありますが、あえて過酷な環境に置くことで貝柱が厚く、甘さを持つ旨味の強いホタテを育てています。
また、わたしたちは養殖漁業だけでなく、マリンレジャーや三陸の食を発信する販売事業やシーフードビジネスといった、海を包括した総合的な事業を提案しています。

インターン生へのメッセージ

代表取締役/平子 昌彦 (たいこ まさひこ)

我々若い漁師と三陸を盛り上げませんか?
東日本大震災により漁業者が急激に減少しています。東北だけでなく日本全体で減少傾向です。浜に活気が無いのは寂しいものです。
漁業はやり方次第で何倍もの魅力ある仕事になります!
私達若い漁師と一緒に三陸漁業の未来、日本漁業の未来を作って行きましょう!

[プロフィール]
1980年11月29日生まれ
1999年3月紫波高等学校卒
4月岩手ニッカン入社
2006年3月退社
4月妻の実家で営んでいたホタテ養殖業に従事
2011年震災で義父がなくなり独立
2018年10月法人化

宮古漁協青壮年部部長
岩手漁青連会長

団体概要

設立 2018年10月1日
代表者名 平子 昌彦
従業員数 6名
WEB https://www.ryushomaru.co.jp/
住所 岩手県宮古市崎鍬ヶ崎15-5-1