PROJECT INDEX

探してた面白いプロジェクトが見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探す20~30代の女性がおもしろそう!と感じる飯坂サイクリングツアーを企画せよ!


福島県

20~30代の女性がおもしろそう!と感じる飯坂サイクリングツアーを企画せよ!

NPO法人 いいざかサポーターズクラブ

飯坂町でサイクルツーリズムを!ここにしかないおもしろ企画求めます!

温泉あり、自然あり、名所あり、グルメあり…昭和チックな街並みや昔ながらの商店も残る飯坂町。どの魅力を盛り込むかは自由です。若い女性対象の、マウンテンバイクで巡る欲張りなツアーを考えてください!

このプロジェクトについて

■サイクルツーリズムで飯坂町を熱くしたい!
サイクリングと観光を組み合わせた「サイクルツーリズム」。ここ数年、地域おこしのツールとして自転車が注目されています。自転車での観光は、徒歩よりも広い範囲を気軽に移動でき、地域の名所だけでなく、その間の景色を楽しんだり、途中でおもしろい場所やお店へ気軽に立ち寄ったり、地域の人と話をしたり…幅広い楽しみ方ができます。様々な角度から飯坂町を知ってもらい、ファンになっていただく。そうすることが町の活性化につながるといいざかサポーターズクラブは考えています。

■リピートしたくなるような飯坂町ならではのおもしろいツアーを!
いいざかサポーターズクラブでは現在サイクリングツアーを行っていますが、集客が難しい状況です。募集をかけている旅行サイトの予約欄の「〇(空いています)」が「×(空きがありません)」になったことがありません。そこで思い切って、ターゲット層を20~30代の女性に絞ることにしました。フットワークが軽く、SNSの発信力もある若い女性グループをいかに取り込むか。これは観光業界、そして飯坂温泉が力を入れている課題です。
ミッションは、彼女たちが心の底から楽しい!と感じてくれるツアーを企画すること。そのヒントを得るために、ターゲット層をさらに絞り込み、ヒアリングを行います。その結果から見えるニーズを元に、ツアーの内容を考えます。どんなツアーならお金を出しても来てくれるのか、飯坂町の魅力をふんだんに盛り込みながら、他とは違う思わずリピートしたくなるようなツアー企画をカタチにしてください。

募集要項

募集対象 大学生
期間 短期(3週間〜2ヶ月)
テーマ 地域観光・おもてなし
職種 企画・商品開発リサーチ・コンサルティング
活動支援金 あり
活動内容 飯坂町をフィールドにしたサイクリングツアー。これに参加する可能性のある20~30代の女性の顧客をグルーピングし、ペルソナを設定。対象者を明確にした上でツアーへのニーズをヒアリング。その結果をもとに、対象者が「参加したい!」と思うようなツアーを企画してもらいます。

■STEP①:まずはいいざかサポーターズクラブと飯坂町について知る
・いいざかサポーターズクラブの理念と活動を理解する
・飯坂町を歩き、町の魅力や地域資源をリサーチ
・現在告知しているサイクリングツアーを体験する

■STEP②:サイクリングツアーを売り込む対象者を明確にしてヒアリング
・ツアーの顧客になり得る20~30代の女性を、属性や職業、居住地別などにグルーピング
・対象者の仮設をたて、ペルソナを設定する
・どんなツアーなら参加したくなるか、飯坂町、福島市、企業などでヒアリングを行い、ニーズを抽出する
・自分たちが感じた町の魅力やニーズをペルソナに照らし合わせて、ツアー案をできるだけ多く作り、中間発表会で発表する

■STEP③:ツアー案を絞りこみ、ブラッシュアップ
・どの案が飯坂町のツアーとして実現可能か、事業所と一緒に絞り込んでいく
・絞り込みができた案の検証と改善を繰り返す
・告知や集客の方法など、ツアー実施にあたって必要な周辺準備も合わせて考える

■STEP④:ツアーを完成させる
・最終案を完成させる
・ツアーの内容を知ってもらうためのツールを作成、実行する
・今後も継続して呼び込めるように引継ぎ資料を作成
・いいざかサポーターズクラブ会員のミーティングで発表する
期待する成果 ・20~30代の女性のサイクリングツアーへのニーズがわかる
・飯坂町の人たちが考える町の良さがわかる
・第三者の目線から見た町の良さがわかる
・集客力アップを目標にしてサイクルツーリズムができる
・団体や飯坂町に新しいお金の流れができる
得られる経験 ・ターゲット設定および集客につながる観光コンテンツ作りの経験
・サイクルツーリズムと地域活性化について知ることができる
・一つの町の良さを徹底的に多角的に検証できる
・自分の視点や行動で見つけた地域の魅力を企画に反映することができる
対象となる人 ・地方活性化に興味がある人
・観光に関わる仕事に興味がある人
・体を動かすのが好きな人
・地域密着型のNPOに興味がある人
・このインターンの受益者を理解し、そのために真剣になれる人
活動条件 【インターン期間】2019年2月17日(日)~3月16日(土)
※3月2日〜3日は、地域コーディネーターや他のインターン生と共にリフレッシュ研修を行います
【活動頻度】週5日以上(40時間/週) ※応相談
【活動時間】9:00~18:00 ※基本はこの時間ですが、実際は日によって異なります
【宿泊】福島市内での宿泊・滞在が必須

◎このインターンシップは、復興庁主催の「復興・創生インターン」プログラムです◎
・エリア内での複数のインターンプロジェクトとの集合研修(事前・事後等)を予定しています。
・自宅から現地までの交通費(往復1回分)の補助があります。
・宿泊場所は現地で準備しています。インターン期間中の宿泊費の負担はありません(シェアハウス等を予定)。
・食事代等として1日850円の補助があります。

※「復興・創生インターン」は、復興庁事業「伴走型人材確保・育成支援モデル事業」として実施します。
※「復興・創生インターン」に関するご質問・ご相談・事務手続きなどは、統括事務局の株式会社パソナ(担当:高橋・武田、連絡先:03-6262-6340)までお問い合わせください。

※このプロジェクト・活動内容についてのご質問・ご相談は、下記までお問い合わせください。
■一般社団法人 Bridge for Fukushima(担当/曽根田・宮本)
■mail: bff_internship@bridgeforfukushima.org
■電話: 024-503-9069
活動場所 福島市飯坂町(飯坂温泉街周辺)
事前課題 あり(詳細はコーディネーター面談時)

私たちはこんなチームです!

住んで、歩いて、楽しいまちづくりを目指しています!

いいざかサポーターズクラブは、福島市飯坂町をおおいに盛り上げ、もっと良いまちにしようと考えている人たちが集まる共通の場(ステージ)です。観光客の減少や旅館の廃業といった課題がある一方で、和を基調にした美しい街並み、住民主体のイベント開催など、まちづくりの機運が高まっている飯坂町。この町で、地域資源を活用した観光産業の育成や、持続的な発展に尽力する人材の育成など、住民主体のまちづくりを長期的な社会事業として実行することを目的に活動しています。

インターン生へのメッセージ

理事長/佐藤 耕平

マウンテンバイクは大学生の頃にバイト先の店長に勧められて購入したのが最初。レースに参加したり、北海道や四国の自転車旅も経験しました。季節の変化や日常の何気ない景色を肌で感じることができるのが自転車の魅力です。飯坂町には自転車でしか味わえない楽しみが沢山あると感じています。
自分の生まれ育った飯坂町。故郷に恩返しがしたいという思いと、飯坂町の多様な観光資源を世に知ってもらいたいという気持ちで、当法人に参画し、現在は代表をさせていただいています。みなさんの新しい目線に、飯坂町がどのように映り、どんなふうに感じるのかを共有できればと思います。

団体概要

設立 平成21年5月12日
代表者名 理事長/佐藤 耕平
従業員数 2名
WEB http://iizakasupporters.com
住所 福島県福島市飯坂町字湯沢26番地