PROJECT INDEX

探してた面白い仕事が見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探す「天空の城」の麓・兵庫県朝来市で、現在進行系の観光地づくりに携わる!


兵庫県

「天空の城」の麓・兵庫県朝来市で、現在進行系の観光地づくりに携わる!

竹田町屋 寺子屋 はな亭(株式会社旅館白山)

「天空の城」の麓・兵庫県朝来市で、現在進行系の観光地づくりに携わる

この10年で急速に観光地化した兵庫県朝来市の竹田城跡。舞台は、その麓で観光客の受け皿として運営するカフェ・宿泊施設。地域資源の発掘と、店舗運営の効率化を実現し、地域の発展に貢献するプロジェクトです。

このプロジェクトについて

舞台は「天空の城」として有名な竹田城跡の麓にある「竹田町屋 寺子屋 はな亭」。

竹田城跡は2010年頃から注目され始め、それまで2万人だった来訪者が2015年には50万人を超え、一気に観光地化した地域です。そのため古い街並みは残っているものの、滞在できるお店も少なく、観光客の増加を踏まえて、新たな店舗が立ち上がっていきました。

この城下町の活性化事業に手を挙げたのが、現在「竹田町屋 寺子屋 はな亭」の運営を手がける旅館白山。城崎で温泉旅館を営む同社は、2012年に新たな地域でカフェ、宿泊施設の運営にチャレンジをし始めました。

現在では、ブームはひと段落し観光客数は最盛期の半分にまで落ち込んでいます。
しかし、新たな観光地づくりはまだこれから。

「竹田町屋 寺子屋 はな亭」では、地に足のついた観光を目指し、
・周辺地域を巻きこんだ観光資源の再発掘
・効率化を追求した店舗経営
を目指してさらなるチャレンジを始めています。

募集要項

募集対象 大学生
期間 短期(3週間〜2ヶ月)
テーマ 地域観光・おもてなし
職種 マーケティング・広報
活動支援金 あり
仕事内容 ①地域の資源を活用したプロモーションプロジェクト
STEP1(1週目)
・カフェ及び宿泊業務を実践してもらいます。
・合わせて、店舗の周辺を調査します。実際にまちを歩いて、何があるのか自分なりにまとめていきます。

STEP2(2〜3週目)
・まちやカフェ、宿の魅力を発信するための企画を考えます。
・周辺の資源を活用したイベント、SNSを活用した広報など、さまざまなツールを組み合わせながら、企画をまとめていきます。

STEP3(4〜5週目)※この時期あたりから竹田城が開山
・企画を実践します。3月になれば、竹田城が開山(2月末までは閉山期)するので、来客数も増えることが想定されます。その人の流れも活用しながら企画を行います。
・実施した内容をまとめてWEBやSNSで発信をします。

②業務改善・効率化プロジェクト
・ハード面、ソフト面の改善を店長と共に分析・企画・実行します。
→ハード面の改善:ITを活用して効率的に来客対応ができたり、業務の効率化を高める
→ソフト面の改善:日々のスタッフの動き、仕事の内容を観察し、手順や配置などの改善を行う
期待する成果 ①持続可能な周辺環境調査と広報、年間の観光題材をまとめ、SNS上での計画的な発信ができるよう作成を行う。インターン終了までに地域住民に向けて竹田城下町でできる「コト」を企画し、イベントを実行する。
EX:冬のホットワインパーティ、町あかり、手作り市など

②ハード・ソフト面で業務改善に繋がるツール作成やルール作成を行う。
得られる経験 ・観光地の実態と可能性を知る
・カフェ、宿泊施設のマーケティングを実践する経験
・店舗の経営を一から学ぶことができる
対象となる人 ・観光、地域活性化に関心がある人
・店舗経営に関心がある人
・新たな場所でチャレンジをしてみたい人
活動条件 ・期間:2018年2月〜3月のうち4週間
・頻度:原則週5日
※滞在時の宿泊場所は提供します
活動場所 兵庫県朝来市和田山町竹田286番地

私たちはこんなチームです!

新たな観光業のあり方にチャレンジする!

運営母体は、有数の観光地「城崎温泉」で5店舗を経営する旅館白山グループ。

「お宿 白山」「里山の四季」「陽邸さなえ田」「湯亭 花のれん」「花地蔵庵」の5つの旅館はそれぞれのコンセプトで運営し、楽天トラベルアワードを8年連続で受賞するなど高い評価を得ています。
https://www.oyadohakusan.com/

ここでのノウハウを活用し、朝来市で「竹田町屋 寺子屋 はな亭」を2012年に始め、今後も他地域での展開を予定しています。

インターン生へのメッセージ

取締役/花村 泰寛

株式会社旅館白山の花村と申します。

私達は、5年前城崎温泉から朝来市の竹田城下町の町おこし事業に参画して、竹田城下町で町屋カフェと町屋宿を運営しています。城崎温泉では外湯という1300年のインフラに裏打ちされた温泉街の中での宿運営が主体でしたが、竹田町屋寺子屋では、新たに町おこしという目的がさらに加わりました。

私達が目指す目標は、2つ。
1.たくさんの人に働いて貰い、たくさん収益を上げ、地域への貢献と観光による活性化を目指します。
2.サービス、特に小規模の宿泊施設はもともと家族で経営するところが多く、効率性や、合理性、また、和風の旅館はしている。ITの導入、サービスの合理化を進めた上で家族経営から脱却し、日本独自のサービスを提供すると同時に企業体としての基盤を固めていく。

単純にいえば「地域を元気にする」ことと「合理化、効率化で仕事をしてくれている人々が安定した生活基盤をもてる」ことを目指しています。

竹田城跡付近の宿泊施設は雲海により知名度が一気に上がり、売上が年々増加しました。一時50万人の来城者だった竹田城も現在は、半分に減っています。合わせて、麓の城下町へのお客様ももっと減っています。

竹田城だけの魅力では、麓城下町は、潤わず元気になりません。
でも、だから、「とても面白い」と思いませんか?
「どんな荒地にも花を咲かせる」、咲かせるには若い力が必要です!

地域がどうしたら元気になるのか。
どうやったらより効率的な手法がとることが出来るのか。

これらを現場レベルからの視点で見、動くことが出来ます。
一つの専門分野にこだわらずいろいろな事に挑戦が可能です。
地域の再生や復興、店舗の合理化に興味のある方、一緒に地域を活性化しませんか??

団体概要

設立 1994年12月19日
代表者名 花村郁子
従業員数 38名
WEB https://www.oyadohakusan.com/contents/terakoya/hana_tei/hana_tei.html
住所 兵庫県朝来市和田山町竹田286番地