PROJECT INDEX

探してた面白いプロジェクトが見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探す社内初の営業専任メンバーとして、社長と二人三脚で進めるものづくりSDGs!営業部&新規事業立ち上げ!


岐阜県

社内初の営業専任メンバーとして、社長と二人三脚で進めるものづくりSDGs!営業部&新規事業立ち上げ!

早川工業株式会社

もっと変な・もっと面白い・そしてもっと必要とされる町工場に!

早川工業は「まずやってみる」!の精神で、早川に任せれば何とかしてくれる、と言っていただける町工場です。そんな私たちが次に挑戦する、「営業部新規立ち上げ」とものづくりSDGs推進新サービス。

このプロジェクトについて

もっと変な・もっと面白い・そしてもっと必要とされる町工場になりたい!

岐阜県関市にある早川工業は、設立から50年以上、金型設計製作と金属プレス加工を行なっている社員数22名ほどの町工場です。
早川工業には、特別すごい設備があるわけでも、技術や量やスピードで他社を圧倒するわけでもありません。でも、フットワーク軽く「まずやってみる」!プレス加工・金型に捉われず「何でもやってみる」!の精神で、早川に任せれば何とかしてくれる、と言っていただける町工場です。
お客さん曰く、早川工業は「変で面白い会社」。これは私たちにとって最高の誉め言葉です。

そんな私たちが次に挑戦するのが、社内の「営業部新規立ち上げ」と、「型管理適正化」に対応する新サービスの立ち上げ、それによるものづくりのSDGs推進です。

今回のプロジェクトではまず、営業マーケティング戦略立案から販路開拓、町工場の営業システム構築を営業専任メンバーとして、他の営業メンバーや社長と共に実践しながら実力をつけ、11月に名古屋で開催される展示会の準備を担います。(もちろん、展示会当日の参加が可能であれば、出展メンバーとしても活躍してもらいます!)

*型管理適正化とは?
皆さんの周りにある”モノ”たち。
同じ形状の製品を安定して大量生産するためには、「金型」と言われる道具を使用し生産されます。
金型はひとつ数十~数百キロの重さがあり、大きさも数十センチ~数メートルと様々な大きさがあります。
町工場ではその金型を使用し、様々な製品を何万、何十万個と製造しているため、必然的に金型の保管は生産場所である町工場になります。

5年程でモデルチェンジや廃番などによって大量生産を終えますが、修理対応用の部品が少量必要となり、町工場は、大量生産が終わった後も金型を保管し続け、少量生産を行わなければいけません。
こうしたことで町工場はスペースが圧迫され、生産性向上を妨げている「金型保管問題」に頭を悩ませています。

そのような現状を是正すべく、経済産業省が大手メーカーに対して金型保管問題を解決するように促しているのが「型管理適正化」です。


型管理適正化は、こうして国としても取り組んでいるものの、なかなか進んでいない現状です。
そこに対し、町工場から声を上げるべく早川工業が立ち上がります!量産終了後の金型を一手に引き受け、必要な少量部品も生産し、メーカーにお届けするサービスを立ち上げます!
協力企業が100社を超え、金型製作と量産加工に精通している早川工業だからできる「金型管理適正化」に対応したニューノーマルなサプライチェーンを構築と、私たちの想いに賛同する町工場の連携によって、実現します。
11月の展示会ではこの新サービスも発表します。


『より多くのお客様へ早川工業の”感性価値”を届け、日本のものづくりをもっと面白く!』
『サステナビリティな製造業を実現し、ものづくり大国としてイノベーションを促進!』

これからの取り組みは、相場も無ければ実例もない、この新しい世界に私たちはドキドキワクワクしかしていません。
そしてその世界を、知識や経験がなくても、だからこそ飛び込める柔軟さと勇気のある学生と共につくっていきたいと思っています。

そんなドキドキワクワクを胸に、「とりあえず Do!!」な私たちと共にこのプロジェクトに取り組んでいきましょう!

募集要項

募集対象 大学生
期間 長期(3ヶ月以上)
テーマ PR・メディアものづくり
職種 営業マーケティング・広報
活動支援金 あり
活動内容 ◎既存事業(金型、プレス加工)の営業活動の実践
◎戦略的・組織的な仕組み構築
◎展示会での型管理適正化対応新サービスのPRとフォロー営業

【7月】企業理解
・早川工業の経営理念や事業内容、型管理適正化について深く理解する
・製造業新規開拓コンサルティング講習
※専門コンサルタントからのレクチャーです!
・早川工業の魅力や強みの洗い出し

【8月】営業準備&仕組み作り
・現状数値の抽出と分析
・営業マーケティング立案
・アポイント獲得までの流れの構築
・お客様との打ち合わせや商談に同席

【9月】実践!営業活動
・提案企業のリストアップとアポイント獲得のための施策実行

【10~11月】展示会へ向けて
・型管理適正化についてのマーケティング調査
・資料作成
・希望があれば当日展示会に参加ももちろんOK!

【12月】展示会後のフォロー&訪問営業
・展示会で名刺交換させていただいた方へ御礼連絡・アポとり
・アポがとれたら一緒に訪問(オンライン可)しましょう!
・次の学生スタッフを募集するための体験記事や募集要項の作成

※時期は目安です。随時相談しながら調整し、進めていきましょう。
期待する成果 ■営業部を立ち上げるための土台ができる
■展示会から、型管理適正化対応新サービスの成約1件
■後任の学生スタッフ採用に向けた募集要項
得られる経験 ・企業の最前線で営業活動を行う。それによって、営業スキルやノウハウが身に付く。
・社長と二人三脚で取り組むことで経営者視点を学ぶ。
・前例のないことを、試行錯誤しながら形にしていく。
・ものづくりのサスティナビリティに貢献する。
対象となる人 《こんな人と一緒に働きたい!》
・誠実であり周りに関心を払える、そして相手にかわいがってもらえる努力をする方
・あらゆることに関心を持ち、調べ知り触れてみることができる、何でもまず好きになれる方
・社長の答えを求めるのでなく、まずは自分の回答を自分で考える
・多方面の観点から考え、物事を組み立て判断できること
・ユーモアを持って、それを表現する、創り出せる人

特別なスキルや経験は必要ありません◎
文系・理系どちらも歓迎!
活動条件 【選考について】
応募者多数の場合、書類選考を実施いたします。
・スケジュール
◆エントリー締め切り:6月30日(水)
◆7/2頃、書類選考のご案内をいたします
◆【1】書類選考→【2】企業面接→【3】合否通知

・書類選考の結果通知について
エントリー締め切り日より1週間を目途に結果のご連絡をいたします。

・書類選考
◎プロフィール(経歴、スキル、経験など)
◎志望動機
上記2点で書類選考となりますので、エントリー希望の方はご準備ください。

※書類選考がない場合
・スケジュール
◆エントリー締め切り:6月30日(水)
◆7/2日頃、サポート面談のご案内をいたします
◆【1】コーディネーターサポート面談→【2】企業面接→【3】合否通知

■活動期間:6ヶ月程度
■活動時間:週15時間ほど
■活動方法:基本リモート(相談の上、一部フィールドワークや出社あり)
■週15時間程度で月額6万円(目安)
※活動時間や報酬は面談時に相談
※交通費・プロジェクトにかかる経費は企業で負担します
活動場所 本社 :岐阜県関市肥田瀬345
その他:オンライン打ち合わせや作業はリモート

私たちはこんなチームです!

創業して50年以上、プレス屋であると同時に金型屋であり、金属加工のエキスパート。 日本国内だけではなく中国や東南アジアにもマーケットがあるグローバル企業。

ダイバーシティ経営を推進し、社員それぞれの強みが活かされ、社員の「やってみたい」を実現できる会社。
先の読めない変化の激しい現代において、多様な価値観を認めその感性を製品やサービスに活かす事がこれからの製造業には必要だと考えています。
従来の製造業の「機能性(品質)」「信頼性(納期)」「価格適合性(コスト)」といった価値観に加え、第4の価値軸である「感動や共感といった感性価値」を付加したいという思いで、早川工業はダイバーシティ経営の取り組みを始めました。

受け入れ企業からのメッセージ

代表取締役社長/早川寛明

岐阜県関市生まれ。20歳で単身中国へ。現地漢語学科を修了後、日本語教師、日系企業を経て25歳で早川工業株式会社へ入社。モットーは「言ってみて、やってみて、から考える」。

ダイバーシティを目指す私たちは、より多様でより幅広い世代が交わる町工場を目指すべく、このプロジェクトが終わっても長期インターンなど学生が町工場と関わり続ける未来を目指していきたいと思っています。

私達の取り組みに共感し、ワクワクやドキドキを感じてくださった方。一緒に楽しく成功させましょう!

団体概要

設立 昭和42年7月
代表者名 代表取締役社長 早川寛明
従業員数 25名
資本金 4,000万円
WEB http://hykw.co.jp/
住所 岐阜県関市肥田瀬345番地