PROJECT INDEX

探してた面白いプロジェクトが見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探す空き家と共にあるまちへ。陸前高田市ならではの空き家総合計画を立案せよ


岩手県

空き家と共にあるまちへ。陸前高田市ならではの空き家総合計画を立案せよ

NPO法人高田暮舎

このインターンは募集が終了しました。沢山のご応募ありがとうございました。

リサーチ、分析、議論を重ね、空き家を活用した施策を提言する

2030年には全国で2千万軒にもなるという空き家。東日本大震災で甚大な被害を受けた陸前高田市でも増え続ける空き家を地域ぐるみで地域資源へと変えるべく、空き家活用総合計画の立案と提言に取り組みます。

このプロジェクトについて

■特徴1:日本全国の問題となっている空き家
人口減少、流出に伴い全国各地で空き家は増え続け、2030年には全国で2千万軒にものぼるという調査結果が出ています。家主が不明な家もあれば、現地から離れて都会にいる遠い親戚が名義だけ持っていて管理がされていない家など、空き家の状況は様々です。
東日本大震災で甚大な被害を受けた陸前高田市も同様で、今後も市内の空き家は増え続けていくことが予想されています。空き家は持ち続けるだけで固定資産税がかかりますし、メンテナンスを施せば年間数十万円の費用がかかります。売りたいと思っても買い手がいない、売りたくはないけど管理はしきれない。結果、空き家は負債と不安しかない、なるべく「遠ざけたいもの」になってしまっています。

■特徴2:空き家を拠点にした、ありのままの高田暮らしを
震災前後で5千人の人口が減少した陸前高田市で、高田暮舎は「高田で暮らす」ことの魅力を発信し続けています。地元出身者と移住者がワンチームとなり、移住支援、仕事探し、住まい探し等を複合的にコーディネート。市と連携しながら、ありのままの高田暮らしに価値を生み出す事業活動をしています。
高田暮舎の大切な事業の一つが空き家事業です。古くから土地にある空き家はまさに高田暮らしの拠点であり、移住者や地域おこしの担い手となる若者が借り手となることで地域貢献にも繋がる資源となり得ると考えています。リノベーションや空き家そのものを生まれ変わらせるのではなく、家にある思い出と共に暮らしていく。その魅力に共感した移住者は年々増え、陸前高田市ならではの空き家活用の在り方が形になりつつあります。

■特徴3:空き家活用施策のベースとなる総合計画を立案する
陸前高田市内には現在240軒以上の空き家がありますが、そのうち有効活用に関心を示されているのは家主の1割程です。実際に空き家を活用しようとなっても相続や登記手続きがされていなかったり、長期間人が住んでいなかった結果、修繕に多くの費用がかかってしまうこともあり、手続きの難しさや費用の問題が家主個人にとって大きな障壁となっています。
2015年に空き家対策特別措置法が制定され全国の自治体で様々な施策が取り組まれていますが、陸前高田市ならではの空き家活用をさらに促進していくためには、長期的な空き家活用ビジョンを陸前高田市と共に描き、実行可能な戦略を立てていく必要があると考えています。
インターン生には、インターン期間中数日間陸前高田市に滞在し、空き家の家主や空き家で暮らす移住者等との交流を通じて陸前高田市ならではの空き家活用を肌で感じてもらいます。そのうえで、リモートにて全国の自治体が取り組む空き家に関する施策や補助制度のリサーチ(地域背景や財政状況等を含む)、分析をし、議論を重ね、陸前高田市ならではの空き家活用総合計画を立案、陸前高田市役所へ提言してもらいます。
実現可能な総合計画を立案するには地道なリサーチ・分析に基づく根拠と、緻密な戦略、そして何より関係者全員が実現に向けて前向きになれるビジョンを描けることが大切です。空き家活用先進地域に向けた一歩を共に踏み出すインターン生を待っています。

募集要項

募集対象 大学生
期間 短期(3週間〜2ヶ月)
テーマ まちづくり建築・住・リノベーション
職種 リサーチ・コンサルティング新規事業
活動支援金 あり
活動内容 リサーチ、分析、議論を繰り返し、陸前高田市ならではの空き家活用総合計画を立案する

【ステップ1】
●地域理解、事業について知る(1〜2週目:50時間)
2月上旬に2泊3日程度の現地活動を予定しています。連携する陸前高田市役所やキーパーソンとなる地域住民との交流を通じ、陸前高田市の空き家の状況や、高田暮舎が取り組む空き家活用への理解を深めます。

【ステップ2】
●家主へのヒアリングと記事作成、空き家に関する施策のリサーチ(3~4週目:50時間)
空き家バンクに登録した家主へヒアリングし、家主が求めるサポートや施策について理解を深めます。また、今後空き家の活用を検討する住民向けの参考資料として、ヒアリングした経験談を記事にまとめます。
空き家活用総合計画の立案に向けて、全国の自治体が取り組む空き家に関する施策についてリサーチ、分析をします。随時ミーティングを行い、フィードバックを受けながらリサーチと分析を進めます。

【ステップ3】
●空き家活用総合計画の立案、提言(5〜6週目:50時間)
リサーチ、分析を踏まえ、空き家活用総合計画を立案します。社内提案とブラッシュアップを繰り返し、適宜追加リサーチもしながら完成を目指します。3月上旬に2泊3日程度の現地活動を行い、完成した総合計画を陸前高田市役所へプレゼンテーションします。
期待する成果 ・空き家バンクに登録した家主の経験談記事作成
・空き家活用総合計画の立案と提言
得られる経験 ・空き家に関するリサーチ、分析を繰り返し、実際に自治体に提言する施策を立案する経験
・日本全体で増え続ける空き家の本質的な問題に向き合う経験
・地域ならではの仕事の作り方や暮らしを実践から学ぶ経験
対象となる人 ・初対面の人とも積極的にコミュニケーションが取れる人
・文章作成が得意な人
・空き家をテーマにした地域活性や施策立案に関心がある人
・自ら疑問や課題を見つけ出し、高い視座での分析・検討と説得力のある提案ができる人
活動条件 【期間】
<このプロジェクトは、オンライン実施(一部現地活動あり)です>
令和3年2月1日~3月13日(予定) ※3/14以降、活動を行う場合は企業と協議のうえ、長期に切り替え
・全体で160時間程度活動してもらいます
・上記期間のうち、1〜2週目と5〜6週目に合計7泊8日程度の現地活動を予定しています
※現地活動への参加ができない場合でもエントリーは可能です。面談時に相談をしてください
※現地活動については、新型コロナウイルスの感染状況等によって、変更や中止になることがあります

【活動頻度】
週5日、1日4〜6時間程度(25時間以上/週) ※応相談

【活動時間】
受け入れ企業の通常業務時間内で1日4〜6時間程度、確保してもらいます
※活動の内容によっては、上記以外の日程・時間で活動することがあります
※平日9時からの朝会は原則参加(参加できない事情がある場合は応相談)

【参加条件】
自分用PCがあること、自宅にネット環境が整っていること

【参加までの流れ】
下記リンク先のwizHP『参加までの流れ』を確認ください
https://npowiz.org/wizintern/internflow

【このインターンシップは、復興庁主催の「復興・創生インターン」プログラムです】
※「復興・創生インターン」は、復興庁事業「令和2年度復興・創生インターンシップ事業」として実施します。
※「復興・創生インターン」に関するご質問・ご相談・事務手続きなどは、統括事務局の株式会社パソナ(担当:高橋 連絡先:03-6262-6340)までお問い合わせください。

※このプロジェクト・活動内容についてのご質問・ご相談は、NPO法人wiz(担当:八田 連絡先:intern@npowiz.org)までお問い合わせください。
活動場所 自宅を基本としたオンラインでのインターンシップ
※インターン期間中に最大2回、合計7泊8日以内で現地活動を予定(新型コロナウイルスの状況に応じて中止になる場合あり)
事前課題 有り(詳細はエントリー時に説明)

私たちはこんなチームです!

ポジティブな過疎地を創る

NPO法人高田暮舎は「震災後、U・Iターンをする人が増え、この流れを一過性のものではなく面でとらえたい」と考え、2017年7月に発足しました。

移住を考えるポイントとなる『居=居場所』『職=仕事』『住=住まい』を中心にポータルサイトでの情報発信、空き家バンクの運営、移住コンシェルジュによる移住相談などを行っています。

スタッフの多くが移住者のため、自分で働き方をデザインしながら、陸前高田らしい暮らしを満喫しています。

受け入れ企業からのメッセージ

空き家バンク・広報担当/落 優介

まずは、移住して半年経った僕の暮らしをぜひ読んでみてください。
夏になると涼しい風と、木の匂いで、思わず畳の上で寝転びたくなるような場所、気仙大工伝承館のお話です。

コラム「木が輝くのには理由がありました。」
https://takatakurashi.jp/column/3169/

僕たちは、陸前高田市で増え続ける空き家問題を解決するために、建物としての空き家、文化としての空き家をどう保全していくかを考えています。相続や登記など耳馴染みのない問題はたくさんあるとは思いますが、保全をして、予防していくことで、未来のまちを作ることにつながっていきます。一緒に陸前高田の空き家問題を解決する仲間を待っています!

[プロフィール]
1994年、神奈川県横須賀市で生まれる。2013年に地元の横須賀市を離れ、長野県で学生生活を6年間過ごす。大学院を修了後、建設現場で施工管理者として働く。2020年4月、「陸前高田で暮らしてみたい」という想いで、陸前高田市地域おこし協力隊として着任。現在は高田暮舎で空き家バンク・広報担当を務め、空き家バンクの運営や、高田暮舎の活動情報・自身の高田暮らしの発信をしている。休日は家でアコースティックギターを弾き、おうち時間を満喫している。

団体概要

設立 2017年5月25日
代表者名 岡本 翔馬
従業員数 6名
WEB https://takatakurashi.jp/
住所 岩手県陸前高田市高田町字荒町33番地 陸前高田市チャレンジショップC-2