PROJECT INDEX

探してた面白いプロジェクトが見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探す街の復元模型を利活用し、地域の復興と文化を学ぶ場を企画せよ


岩手県

街の復元模型を利活用し、地域の復興と文化を学ぶ場を企画せよ

一般社団法人SAVE TAKATA

震災前の街の模型を活かし、産学官連携で設立した交流拠点を学びの場に

交流拠点として生まれ変わった旧中学校を舞台に、東日本大震災前の街の復元模型を活かした学び・交流の場を創ります。地域住民を巻き込みながら、地域に残る場づくりと企画を実践するインターン生を募集します!

このプロジェクトについて

■特徴1:失われた街を想い出し、語り継ぐ「復元模型」
岩手県陸前高田市には、国の名勝にも指定された美しい砂浜「高田松原」がありました。市街地にも近く、市民にとって憩いの場であり、誇りでもある場所でした。しかし、2011年に起こった東日本大震災により約7万本あったともいわれる松林が流失、海岸から1km程内陸にある中心市街地も壊滅的な被害を受けました。
東北の各被災地で同様に失われた街を模型として復元し、街が積み重ねてきた記憶を保存・継承しようと、神戸大学大学院工学研究科のプロジェクトチームを中心にスタートしたのが「失われた街」模型復元プロジェクトです。1m×1mのパネル21台に震災前の街並みを再現し、地域住民が思い出を書き込み、高田松原を含む陸前高田市の1/500縮尺復元模型が完成。2019年にさらに9台が追加制作され、全30平方メールの模型となりました。
この復元模型の管理・活用を担うSAVE TAKATAでは、これまで商業施設での展示イベントやワークショップ等を行ってきました。展示イベントでは1日200人以上の地域住民が模型を前に過去の街並みを思い出し、語らう場になっています。地域のお年寄りが昔を想い出し、子供が過去から学ぶ。震災教育や文化伝承の場として、復元模型のさらなる利活用が期待されています。

■特徴2:交流活動拠点「陸前高田グローバルキャンパス」
SAVE TAKATAでは、復元模型をイベント等での展示だけでなくいつでも見られる場に置くことで、地域住民にとって開かれた学び・交流の場にしていきたいと考え、旧陸前高田市立米崎中学校を改修し2017年にオープンした「陸前高田グローバルキャンパス」に常設することにしました。
陸前高田グローバルキャンパスは、陸前高田市、立教大学、岩手大学が連携して管理・運営し、市内外の団体の活動場所として、陸前高田市の復興や歴史を学ぶ拠点として、年間5千人以上が利用しています。グローバルキャンパスの中の一つの教室に復元模型を設置し、壁にはワークショップの様子や震災前の陸前高田市の写真などを掲示しています。復元模型の存在自体は地域住民の多くが知っていますが、グローバルキャンパスに常設されていることはまだあまり知られていません。グローバルキャンパスを利用する方はもちろん、地域住民が昔を想い出し心の交流をする場として、地元の子供たちが震災前の街並み、歴史、文化を学ぶ場として、復元模型とグローバルキャンパスを活かした企画、展示を、インターン生と共に実践していきたいと考えています。昔ながらの生活風景を再現してみたり、郷土芸能に触れる場を創ったり、皆さん自身が地域に飛び込み見つけた「想い出」をアイデアの種に、地域の未来に残る取り組みを一緒に進めましょう!

■特徴3:世代も所属も超えて、地域づくりに挑戦し続ける
SAVE TAKATAの事業には多様な価値観、経歴を持った方々が関わっています。復元模型やグローバルキャンパスに関わる大学、自治体の他にも、復元模型展示会の運営にはこれまでに陸前高田市と接点のあった全国の大学生が「若興人(わこうど)の家」というチームをつくり、継続的に関わり続けています。
SAVE TAKATA教育事業マネージャーの山本さんは、大学生事業の一環で若興人の家と共に活動をしています。山本さん自身も復興支援ボランティアを通じて陸前高田市と出会い、九州から移住してきました。インターン生にもこのプロジェクトを通じて地域住民はもちろん、大学、自治体、ボランティア等様々な人たちと想いを共有し、繋がる力・可能性を感じてほしいと考えています。復元模型×グローバルキャンパスの取り組みはこれからスタートです。地域に飛び込み、地域の未来をつくる第一歩を共に踏み出すインターン生を待っています。

募集要項

募集対象 大学生
期間 短期(3週間〜2ヶ月)
テーマ 地域まちづくり
職種 企画・商品開発新規事業
活動支援金 あり
活動内容 街の復興と文化を学び、交流する場を創り出す

【STEP1(1週目)】
●地域、事業、関係者の想いを知る
・模型製作に関わった地域住民へヒアリングし、想いを知る
・施設を運営する各機関(市役所、岩手大学、立教大学)へヒアリングし、ニーズと課題を整理する
・交流企画、展示に向けたアイデアをまとめ、社内提案

【STEP2(2〜4週目)】
●展示物の収集、掲示物作成、交流企画の立案と周知活動
・SNSページを立ち上げ、活動の様子を日々投稿
・地域住民へ展示への協力を依頼、物品を収集する
・掲示する資料を作成
・交流企画の内容を確定し、周知活動をスタート(SNS、メディアへの取材依頼、地域住民への直接PR等)

【STEP3(5〜6週目)】
●展示の完成、交流企画実施
・収集した物品と作成した掲示物を展示
・交流企画を実施(写真や動画に残し、参加者コメントを集める)
・展示の様子、交流企画の結果をまとめ、市役所、大学等関係機関へ報告
期待する成果 ・SNSページの立ち上げ、フォロワー100名獲得
・地域の暮らし、文化を伝える展示物の収集、作成
・施設を利用した住民交流企画の実施
得られる経験 ・自らの企画とアクションで新たな学びの場を創り出す経験
・地域課題に対する産官学の連携事業を実践的に学ぶことができる
・自分の取り組みが地域に残り、引き継がれていく経験
対象となる人 ・初対面の人とも積極的にコミュニケーションが取れる人
・多様な人の話をよく聞き、企画やアイデアに活かせる人
・困難に対して粘り強く柔軟に対応し、責任を持ってやり遂げられる人
活動条件 【期間】
令和2年2月上旬~3月中旬(最低1ヶ月間、最大1.5ヶ月間) ※それ以降は長期に切り替え

【活動頻度】
週5~6日(土日・祝日は基本休みですが、イベント対応等により変動があります)

【活動時間】
9:00~18:00(※基本はこの時間ですが、イベント対応等により変動があります)

【宿泊】
陸前高田市内での宿泊・滞在が必須(※宿泊場所は企業側で準備)

【このインターンシップは、復興庁主催の「復興・創生インターン」プログラムです】
・エリア内での複数のインターンプロジェクトとの集合研修(事前・事後等)を予定しています。
・自宅から現地までの交通費(往復1回分)の補助があります。
・宿泊場所は現地で準備しています。宿泊代はかかりません(シェアハウス等を予定)。

※「復興・創生インターン」は、復興庁事業「伴走型人材確保・育成支援モデル事業」として実施します。
※「復興・創生インターン」に関するご質問・ご相談・事務手続きなどは、統括事務局の株式会社パソナ(担当:高橋・和田、連絡先:03-6262-6340)までお問い合わせください。

※このプロジェクト・活動内容についてのご質問・ご相談は、NPO法人wiz(担当:八田、連絡先:intern@npowiz.org)までお問い合わせください。
活動場所 岩手県陸前高田市 高田大隅つどいの丘商店街内
事前課題 有り(詳細はエントリー時に説明します。)

私たちはこんなチームです!

一歩一歩、復興の その先へ

2011年3月11日の東日本大震災によって、壊滅的な津波被害を受けた岩手県陸前高田市の復興、発展に寄与するために、同市出身者を中心にボランティア活動を始めたことがきっかけになり、2011年3月12日に任意団体として設立、同年6月13日に法人化をしました。
現在は「地域課題を解決するしくみをつくる」ことを目的に、
①課題解決の手法を開発する
②手法を担うひと・チームをつくる
ということを多分野にわたり推進。「ICT」「教育」「街商」の3つを中核事業として、私たちが直接課題解決をするだけでなく「地域の担い手による課題解決」に特化し、活動を進めています。

インターン生へのメッセージ

教育事業マネージャー/山本 健太

東日本大震災のボランティアで初めて東北を訪れたとき、1,2年どころではなく、10年かかっても元通りになることは難しいと感じた衝撃を今でも覚えています。
未来を創る私たちにとって大切なことは、過去から学ぶ仕組をしっかり創っていくことだと思います。
震災後、行政・大学・企業が連携し教訓を残そうと活動を起こしています。しかし、それぞれが別々に「残す」「まとめる」だけでは意味はなく、一元化していくことと、活用していくソフト面の動きが必要です。そこで、市街地模型とともにグローバルキャンパスの一室を震災と地域情報のアーカイブ施設にし、人が集い、学び合い、交流する場を創ろうとプロジェクトを立ち上げました。

震災により人口減少や伝統文化の衰退等様々な課題が表面化したことで、課題を解決するために国や人の動きが活発になりました。そういった問題は陸前高田市だけのことではなく、日本全国どこでも起こりうることです。だからこそ、陸前高田市が災害復興の一つのモデルとなっていくことが重要だと思います。

課題先進地から課題解決先進地へと変わろうとするこの街で、一緒に学び、挑戦するインターン生を待っています!

[プロフィール]
福岡県田川市出身。東日本大震災の復興支援ボランティアを通じて陸前高田市と出会い、2012年4月に移住。地元NPOのスタッフとして、仮設商店街の事務局や市民活動の中間支援を担当した後、2017年1月より現職。「子どもと陸前高田の可能性を広げる」をテーマに子どもの教育に関わる事業に従事している。
現在、長崎県出身の妻と二人の子供との四人暮らし。陸前高田市民吹奏楽団を立上げる等、趣味を通した市民の交流の場づくりをしている。
将来は陸前高田市で培った地域課題解決の経験を活かし、出身地の九州や、全国の地域課題解決にも貢献していきたいと考えている。

団体概要

設立 2011年6月13日
代表者名 佐々木 信秋
従業員数 常勤19名、委託1名、顧問1名、ボランティア約20名(2019年6月現在)
WEB http://savetakata.org/
住所 岩手県陸前高田市高田町字大隅93-1 高田大隅つどいの丘商店街9号