PROJECT INDEX

探してた面白いプロジェクトが見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探す【編集・ライティング】会社の歴史を紐解く「社史」編集責任者を募集!


宮城県

【編集・ライティング】会社の歴史を紐解く「社史」編集責任者を募集!

末永海産株式会社

過去、現在、未来へのビジョンがすぐに伝わる社内広報ツールを編集せよ

会社の歴史や、魅力がわかりやすく伝わる社内広報ツールとして「社史」を作成することで、社員の方々がやりがいをもって働ける職場づくりを目指すプロジェクトです。

このプロジェクトについて

特徴1【熱く若き経営者の下で学ぶ】
三陸の海は世界に類を見ない栄養豊富な清浄海域。そこで育つ海の恵みを食卓へと届けてきたのが末永海産です。末永家は、もともと代々石巻で養殖業を営んできた生産者家系。創業以来30地域や漁師たちと共に歩んできました。 昨年からは仙台駅で商品販売を開始するなど、飛躍的な変化を遂げています。 そして今、そのバトンは、熱く若きリーダーへ。 一昨年、社長に就任した末永寛太社長は「朝が早く、体力勝負で、低賃金というイメージ」を払拭すべく、働き方や販売形態を模索。 現在は、若者の社員が増え、業界では珍しく老若男女が共に働いています。 そんなリーダーの下で、「水産業」だけじゃない「経営」「組織力」「求心力」についても学べるチャンスです。

特徴2【なんといっても美味しい商品たち】
「三陸の海の幸に何も足さず、何も引くことなく、三陸をまるごと食卓に乗せるお手伝いを。」をモットーに商品開発をしています。 特に多くのファンを持つ、牡蠣を潮のみで煮る牡蠣の潮煮や、牡蠣と仙台味噌を丹念に合わせた牡蠣味噌は全国の品評会で様々な賞を受賞し、三陸の海の美味しさを全国へ届けています。そんなとびきり美味しい商品を漁師、加工に携わる社員たちの想いをのせて、もっともっと多くの人へ届けたいと思っています。

特徴3【地域の水産業の未来のために】
末永海産は水産業界の慢性的な人手不足を解消すべく、震災後、給与体系を刷新し、休暇などの待遇や教育制度なども、より充実させ、従業員の働くモチベーションの向上に努めるなど積極的に組織改革を進めてきました。今回のプロジェクトでは社員の方々がより一層誇りを持って、末永海産で働く環境を作るべく、これまで会社のターニングポイントとなった出来事や、歴代の社員の方々、現役の社員の方々の声をまとめ、末永海産のDNAを伝える冊子にまとめるプロジェクトを担っていただきます。

募集要項

募集対象 大学生
期間 短期(3週間〜2ヶ月)
テーマ 農林水産・6次産業PR・メディア
職種 編集・ライティング
活動支援金 あり
活動内容 【社長や歴代社員の方々を徹底取材→会社のDNAを紐解く社史を作成】

●STEP1【1週目】
・社長から会社の取り組み・思いや、会社のビジョンについてのヒアリングを実施。今回のプロジェクトで目指す方向性を明確に把握します。
・製造現場での作業体験、仙台駅にある直営店での販売体験を実施。社員の方々がどのように働いているかを把握しましょう。

●STEP2【2週目】
・社長はじめとした現役社員の方々や、歴代の社員の方々へのヒアリングを実施。積極的にコミュニケーションをとりながら末永海産ならではの「社史」に取り上げるエピソードや、言葉を集めます。
・これまでに集めた情報をもとに「社史」に掲載するコンテンツを選定、編集方針を定めます。

●STEP3【3週目~4週目】
・これまでに集めた情報をもとに冊子にまとめます。
・作成した「社史」を社員にお披露目。
・プロジェクトの振り返り

※参加が決定した後、事前の面談や顔合わせ等で、あなたの特技や想いを伺い、
受け入れ企業の現状をすり合わせながら、実際の仕事内容、1ヶ月の流れを決めていきます。
「このテーマならこんなことがしてみたい!」という意見も大切にしたいと思いますので何かあれば、ぜひお聞かせください!
一緒にあなたにとって「一生に一度の忘れられない春休み」の計画を立てていきたいと思います。
期待する成果 ①社員が自社の魅力を理解することができるツールとしての「社史」の完成
②ヒアリングを通じて、社員自身が自分の仕事観を再確認する機会を作る
得られる経験 ・経営者の方の考え方に触れる機会、自分の動きが会社や業界に影響をような経験。
・正解のない課題に対してチームで目標を設定し、試行錯誤しながら任務を達成する経験
・水産加工の現場、流通に関する知識
・地域で働く方々とのコミュニケーションのなかで人々の価値観や生き方に触れることができる。
・編集やライティングを実践的に学ぶ機会
対象となる人 ・様々な人とコミュニケーションを取ることが得意な人
・主体的に考え、行動を起こせる人

【注目!こんな学生求む!】
・編集やライティングに興味がある方
・様々な年代の人とコミュニケーションをとることが好きな方
・周りの人を笑わせたり、盛り上げたりするのが好きな方
・働きやすい職場や組織、働き方に興味がある方
※一つでもピンときた方はエントリー宜しくお願いします。

コーディネート機関がきちんとサポートをおこなうので経験不問です。
「新しいスキルを身に付けたい」「自分のスキルを伸ばしたい」という方の参加お待ちしています。
活動条件 【活動期間】2019年2月13日から3月15日までの1ヶ月間
【活動時間】8:30〜17:00 週5日程度
【宿泊】フィッシャーマン・ジャパンのシェアハウスTRITONに滞在(詳細は面接・説明会時に説明)

【このインターンシップは、復興庁主催の「復興・創生インターン」プログラムです】
・エリア内での複数のインターンプロジェクトとの集合研修(事前・事後等)を予定しています。
・自宅から現地までの交通費(往復1回分)の補助があります。
・宿泊場所は現地で準備しています。宿泊代はかかりません(シェアハウスを予定)。
・食事代等として1日850円の補助があります。

※「復興・創生インターン」は、復興庁事業「伴走型人材確保・育成支援モデル事業」として実施します。
※「復興・創生インターン」に関するご質問・ご相談・事務手続きなどは、統括事務局の株式会社パソナ(担当:高橋・武田、連絡先:03-6262-6340)までお問い合わせください。

※このプロジェクト・活動内容についてのご質問・ご相談は、一般社団法人フィッシャーマン・ジャパン(担当:松本、連絡先:0225-98-7071、internship@fishermanjapan.com)までお問い合わせください。
活動場所 宮城県石巻市塩富町
事前課題 様々な企業で作られている「社史」についての事前調査

私たちはこんなチームです!

漁師と食卓をつなぐ。海の恵みに想いをのせて食卓へ届ける

寒流と暖流が交わり海洋深層水がそそぎこむ、世界一と言われる三陸金華山漁場。
そして石巻湾万石浦で養殖される種牡蠣は、世界の牡蠣の80%以上のルーツと言われています。
先祖代々漁師を営む家系の末永海産は、新鮮な海の幸の旨さをとことん引き出す潮煮製法にこだわり
「三陸の海の幸に、なにも足さず、なにも引かず、そのまま食卓へ」を理念として、美味しい商品で笑顔を届けています。
熱く、若きリーダーが牽引し、老若男女が活躍する新しいカタチの水産加工会社、それが末永海産です。

インターン生へのメッセージ

代表取締役社長/末永寛太

三陸の海の恵みを、一人でも多くの人に。
宮城の新たな名産品を作りたい。三陸宮城にはこんなにも美味しい海産物が沢山あるんだと知ってもらえるような売り場を、ぜひ一緒に作りましょう。

団体概要

設立 昭和61年1月1日
代表者名 末永寛太
従業員数 40