コーディネート担当団体の紹介

一般社団法人ワカツク

所在地:宮城県仙台市

この団体が紹介するインターン一覧

復興の現場に挑戦してみませんか?

2011年3月11日、東北は「被災地」と呼ばれる場所になってしまいました。
被災した瞬間から、多くの若者がその被災地を何とかするために活躍しています。しかし、あの日から1年以上が経過し、活動している若者は減ってきています。それは、全国的な関心が薄れていったからでもありますが、がれき撤去や泥出しのような単純な「復旧作業」から、まちや仕事を再度つくっていくという課題解決するのが困難な「復興」の時期に変わり、若者が簡単に関わりにくい状況になってきているからです。
私たちワカツクは、数多くの復興現場との繋がりを生かして、困難な復興現場の課題を復興リーダーたちと共にコーディネートし、みなさんが挑戦できる現場へと変えています。これまで、震災後延べ500人以上の若者が震災の現場への挑戦をコーディネートしてきました。これまでの参加者も「被災地の役に立てた!」「自分の可能性に気がついた!」と喜んでいます。

ワカツクは、97年に宮城大学一期生グループが設立した株式会社デュナミスを母体に、震災後、立ち上げた法人です。
デュナミスを母体として培ってきた若者人材育成の手法をより洗練させ、先行する社会的課題に取り組むリーダーの元で、次の課題を見出す若者を育てています。2012年春に10人のリーダーの元での挑戦から始まり、数年以内に数多くのリーダーの元で、数多くの若者たちが挑戦をしている東北を創ることを目指しています。

▲「東北復興プロジェクトフェア」は年に2回、学生が数百名集結して開催!

▲▲「若創インターンシップ説明会」は毎週開催!

この団体のココをチェック!

熱い現場・社長がみなさんの挑戦を待っている!

 復興の現場で熱くなれ!アルバイトや短期インターンでは経験できない本当の仕事があなたを待っています。今の生活がなんだかつまらないと思っている人、必見です。

震災復興NPOから創業100年の老舗まで

 多種多様な受入先があなたを待っています。ベンチャー、老舗、NPO・・・。共通しているのは本気で熱い本当の仕事が待っていることです!

先輩には、事業立ち上げ責任者や取締役になった人も!

 すでに多くの学生がインターンシップを経験。なかには学生で取締役にまでなった人も。チャレンジに制限はありません。あなたの本気を私たちは全力でサポートします!!

一般社団法人ワカツク
▶設立:2011年7月
▶代表者:代表理事 渡辺 一馬
▶スタッフ:渡辺、中村、佐藤、高橋
▶住所:仙台市青葉区北目町4-7 HSGビル内4F
▶アクセス:JR仙台駅から徒歩で15分、地下鉄五橋駅から8分
▶HP:http://www.wakatsuku.jp/

世界を変える若者を東北から生みだしていきたい
渡辺 一馬(代表理事・インターンシップ事業責任者)
きっと来る「次」が起こった時、私たち東北の若者は、恩返しが出来るのだろうか。
震災後、数え切れない「前」を経験した神戸や新潟の人たちに助けてもらった。
震災以前、私自身は家族や学校、地域社会から受けてきた機会提供により、ここまで成長できた。
復興の現場で若者が成長する機会を数多く創り、恩返しできる若者を増やしていきたい。
そして、その若者たちが、きっと世界を変えていくキーパーソンになるはずだから。
人生の「使命(ミッション)」と出会う、半年間
中村憲和(コーディネーター)
「何のために生まれ」
「何のために死んでいくのか」

この問いに、あなたは答えられるだろうか。
たぶん、答えられないだろう。

でも、毎日を充実させ、輝くように日々を生きている人は、この問いに答えることができる。

仙台には使命をもったカッコいい大人がたくさんいる。
学生でも使命を見つけ走り出している人もいる。
『若創インターンシップ』を通して見つけた学生もたくさんいる。

今、あなたが答えられないのは、ただ単に、その人たちと出会っていないだけだし、出会っていたとしても、行動していないだけではないだろうか。

本気で生きている人と出会い、一緒にチャレンジしていくその先に、
あなたの使命はきっとある。

使命感をもって生きてみたい、本気の人生を送ってみたいと少しでも思ったなら、ぜひ僕たちと一緒に社会を変えるチャレンジをしていこう。
あなたの本気を全力でサポートすること、それが僕の使命だから。
未来は拓ける!君は無敵だ!

この団体が紹介するインターン一覧を見る

ページトップへ