PROJECT INDEX

探してた面白いプロジェクトが見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探す【協力:葛尾村役場】「本音」で語り合える場を企画・運営し、行政と民間の連携を強化。人口400人の村で行政と民間の連携を本気で考える1か月半を!


福島県

【協力:葛尾村役場】「本音」で語り合える場を企画・運営し、行政と民間の連携を強化。人口400人の村で行政と民間の連携を本気で考える1か月半を!

一般社団法人葛力創造舎(サポート:葛尾村役場)

人口400人の山村で目指すべき行政と民間の関係性とは一体?

過疎化が進む小さな村。これまでも、そしてこれからも村の持続のために活動するパートナーとしてより良い関係性を築いていきたい。そのために「本音」で語り合える場を!

このプロジェクトについて

福島県双葉郡の北西に位置し、多くの山々に囲まれている葛尾村。林業や畜産業(特に子牛の繁殖業)が主な産業で、人々は生活を営んでいました。東日本大震災及びそれに伴う原子力発電所の事故が発生するまでは。

さかのぼること10年前。原子力発電所の事故で漏れ出た放射性物質は、風に乗って周辺地域へ広まっていきました。そしてこのインターンシップの舞台である葛尾村も全村避難を余儀なくされます。葛尾村の避難指示が解除されたのは2016年6月のこと。震災前から産業や周辺の環境は大きく変わりましたが、今では約400人ほどの村民が暮らしています。
ただ、いつまでも悲観的でいるほど葛尾村の人々は弱くはありません。畜産系の新会社が複数設立されたり、行政による企業誘致の結果、いくつかの企業が設立されました。伝統芸能の復活や田植え・稲刈りのイベントを始めとして、多くの取り組みが行われています。緑に囲まれたのどかな村の雰囲気とは裏腹に、熱い想いを持った人々が多く暮らしているのが葛尾村の特徴です。
(葛尾村で生きる人々のインタビュー記事:https://katsuryoku-s.com/interview)


今回インターンシップを実施する葛力創造舎は葛尾村の持続のために活動しています。それも行政区としての葛尾村ではなく、そこにいる人や歴史、文化、自然などとの繋がりの中にある葛尾村というカタチでの持続を目指しています。そのためには、そこにいる人同士のみならず、自然や歴史、文化などとのつながりも含めた総体としてのコミュニティが必要になります。

上述のコミュニティ形成の手段の1つとして、役場職員との連携を強めていくということがあります。葛力創造舎と葛尾村役場、見ている先は大きく変わらないはずです。これまでも、そしてこれからも葛尾村を持続させていくためのパートナーとして走っていきたい、そんな願いを葛力創造舎は持っています。しかし、「行政」・「民間」という立場の違いからそれぞれができること・できないことは異なります。そういった背景の中で、お互いを補完し合いながら歩みを共にするということが必要なのです。

今回のインターンシップでは、その「行政」と「民間」の連携の強化に取り組んでいただきます。葛力創造舎と葛尾村役場が今後もより良いパートナーとして活動していくためには、コミュニケーションの量や質を増やしていかなければなりません。本音で語り合い、本気で葛尾村の未来を考えていくことが重要です。今回はそういった対話の場を企画・運営します。行政、民間がそれぞれの立場で葛尾村について本気で考える、話し合う、そんな場を作っていただきます。その前段階として様々な立場の方にヒアリングを行いながら現状を抑えます。役場職員の方々を中心にお話を伺い、行政と民間の連携についてはもちろん、役場の中でどんなことが課題になっているのかということも探っていきます。行政機関にここまで入り込むことができるのは葛尾村ならではのことで、貴重な経験になるはずです。対話の場を企画していく際には、役場職員の方々やコーディネーター、過去インターン生などとディスカッションを重ね、ブラッシュアップしていきます。
また、対話の場は今回の1度きりで終わって良いものではありません。どうすれば継続できるのかを考えることも重要です。

コミュニケーションに対して本気で向き合い、コミュニケーションの力で課題解決に取り組みたい方、大募集です!

募集要項

募集対象 大学生
期間 短期(3週間〜2ヶ月)
テーマ 地域まちづくり
職種 企画・商品開発リサーチ・コンサルティング
活動支援金 なし
活動内容 ◎ミッション
行政と民間の連携強化に取り組む。地道な作業を積み重ね、一人ひとりの「本音」に迫れ。


【STEP1】
◇活動において必要な情報の共有
葛尾村及び周辺地域に関してやプロジェクトの背景・目的、求められている成果物、2週目以降の活動計画など、これからの活動に必要な情報の共有を行います。インプットがメインとなります。

1-1 葛尾村及び周辺地域の理解
1-2 受け入れ企業/団体の理解
1-3 求められている成果物の理解
1-4 今後の活動計画の策定

【STEP2】
◇ヒアリング/情報収集
葛尾村関係者が村の現状に対してどういう考えを持っているのか、未来に何を望むのかをヒアリングから導き出します。それらの情報は貴重な「生の声」として実際に行う企画に取り入れられるはずです。また、他地域での事例調査やインターネット、書籍や研修等を通して対話の場を企画・運営するために必要な知識のインプットもしていただきます。

2-1 ヒアリング(対象となり得る人:役場職員・村内企業の方・村民・過去インターン生など)
2-2 他地域の事例調査
2-3 対話の場に関するインプット

【STEP3】
◇役場職員や村民の方々が「本音」で語り合える対話の場を企画
step2で得た情報をもとに企画を作っていきます。目的や目標、課題の整理、取り上げる題材、具体的な流れなどすべて1から作り上げていただきます。その際、様々な立場の方からフィードバックを頂きながら進めていきます。

3-1 企画を設計
3-2 ブラッシュアップ(役場職員・コーディネーター・他企業インターン生・過去インターン生など様々な方からフィードバックを頂き、ワークショップをブラッシュアップしていきます)
3-3 フィードバック→修正(ブラッシュアップ)を繰り返す

【STEP4】
◇企画の実施及び報告書作成
作っていただいた企画を実際に実行していただきます。また、ヒアリングや企画の実行などから得た情報を振り返り、今後の課題や方針などを報告書にまとめます。また、対話の場は今回の1度きりで終わらせて良いものではありません。継続的に行われるための実施方法の提案も報告書に含めていただきます。

4-1 設計した企画を実施
4-2 報告書作成

【STEP5】
◇成果報告
成果報告を行います。

5-1 報告資料作成及び発表準備
5-2 企業報告会
5-3 成果報告会
期待する成果 ・葛尾村役場職員へのヒアリングを通して、役場内の課題が見えている状態
・本音で語り合える場の企画運営
・ヒアリングや対話の場を経てまとめた報告書の作成及び提出
・インターン終了後も村内で対話の場が開かれていくような引継ぎ
・行政職員同士、民間同士、行政職員と民間とのコミュニケーションが活発化している状態
・インターン終了後も葛尾村と末長くお付き合いしていただける人
得られる経験 ・自ら仮説を立ててヒアリングを行い、課題を導き出す経験
・初対面の人と関係性を築き、より深い情報にたどり着く経験
・人のコミュニケーションに関して深く考える経験
・各々の立場や背景について考慮しながら人と人を繋ぐ架け橋となる経験
・地域の未来を共に考える経験
対象となる人 ・コミュニケーションを大切にして生きていきたい人
・初対面の相手でも関係性を作っていくことができる人もしくはそこに挑戦したい人
・行政に関わる仕事に興味がある人
・将来的にワークショップなどの企画運営を行っていきたい人
・社会人相手でも場を回せる人もしくはそこに挑戦したい人
・地域で暮らすこと、働くことに興味のある人
・プロジェクト終了後も葛尾村と末長くお付き合いしていただける人
(すべてに当てはまる必要はありません)
活動条件 【実施期間】
<このプロジェクトは、現地住み込み型インターンです>
本プロジェクトの実施期間は2022年2月7日~3月15日の6週間(全体で216時間程度の活動)を予定しています。
インターン実施前の1月13日〜2月6日までの事前準備期間とし、週2〜3回の打ち合わせ、リサーチ、ヒアリング等の活動を実施します。
※現地での活動については新型コロナウイルスの感染状況等によって、変更になることがあります。
※2月7日〜13日は葛尾村外のホテルでの滞在を行い、隔離期間を儲けます。

【活動頻度・活動時間】
週5日(月曜~金曜)、1日8時間程度(40時間/週)
※企業の営業時間内(9:00~18:00)での活動が中心となります。
※活動の内容によっては、上記以外の日程・時間で活動することがあります。
※授業や期末試験との両立については配慮いたします。

【宿泊場所】
双葉郡内で宿泊場所を準備いたします。(町内宿泊施設、民泊等)

【宿泊費・交通費】
宿泊費・交通費は全額補助いたします。

【コーディネート機関】
一般社団法人葛力創造舎がコーディネート団体として実施します。
活動支援金としての支給はありませんが、交通費補助などのサポート制度が充実しております。詳細は個別にご紹介します。
※このプロジェクト・活動内容についてのご質問・ご相談は、一般社団法人葛力創造舎(担当:堺、連絡先:0240-23-6820,mail:info@katsuryoku-s.com)までお問い合わせください。
活動場所 福島県双葉郡葛尾村内
事前課題 簡単な事例調査を事前課題として行っていただきます。詳細は面談時にお伝えします。

私たちはこんなチームです!

人、歴史、文化、自然、記憶。様々なものの関係性を紡いでいく。

福島県にある葛尾村は2011年の原発事故をきっかけに全村避難を経験し、避難解除になった今も居住人口約400人。その半分が高齢者です。もともと村にあったコミュニティがなくなり、そこから生まれた文化がなくなっていく状況がありました。そんな中、『葛尾村を100年後につないでいきたい』、という想いから葛力創造舎が設立されたのが2012年。

設立されてから取り組んできたことは、全村避難によって崩れたコミュニティの再生でした。
葛尾村の主な産業の一つだった稲作からヒントを得て、田植え、稲刈りなど米作りを中心としたイベントが始まりました。そこには、村内に住む方はもちろん、村外に住む方、葛尾村の村民ではない方など様々な人が参加します。今では、数百人単位の参加者が集まる村の一大イベントになっています。

葛力創造舎の活動の目的は、葛尾村を持続させていくことです。
ここで私たちが考える村とは、行政区で区切られた『葛尾村』ではありません。
長年の活動の中で『村』とは何かを考えたとき、私たちは、土地の自然や文化、そこにいる人たちの記憶がある場所、それが『村』だと定義しました。
葛尾村を持続させていくためには、そこにある自然、文化、そして住む人たちの想いを次世代につないでいくことが必要です。そのために村の方を訪ね、たくさんの思い出をヒアリングしたり、文化や想いがつながっていくような仕組みを考えている真っ最中です!

葛尾村の人たちは、村の外から来た人もまるで家族のように接してくれます。
おうちに伺えば、「お茶を飲んでいかっせ」、帰るときには「また来てね、今度はいつ来るの?」と言葉をかけてくれます。きっとなかなか感じることのないあたたかさを感じることができる村です。
私たちは、そこに居心地の良さを感じ、そんな葛尾村を繋いでいきたいです。

葛力創造舎の日々の活動についてはこちら
https://www.facebook.com/katsuryoku.sozo.sha

受け入れ企業からのメッセージ

一般社団法人葛力創造舎代表理事/下枝浩徳

私は福島県葛尾村の出身で、大学進学を機に上京し、そのまま東京の企業に就職しました。都会にあこがれて上京したものの、人のぬくもりも感じられず、入れ替わりも激しい生活に虚しさを感じていました。お金を出せばなんでも揃う暮らしが創造的じゃない、地元に帰れば何か面白いことができるかもしれない、そんなことを思っていた矢先に、東日本大震災が起こりました。学生時代に培った地域づくりの経験を生かそうと地元に戻り、2012年葛力創造舎を立ち上げました。
いざ地域に入って活動を始めましたが、今まで都会で得てきたノウハウが全く通用しなかったんです。
何故かというと、当時の私は「仕事をつくり、お金を稼ぐことが地域にとって良いこと」だと思っていました。
でも、そうではありませんでした。地域の人が本当に望んでいたことは、「人とつながること」だったと気づきました。そこからの私は、「葛尾村やそこに住む人たちの幸せにつながるかどうか」を考えるようになりました。

これまで私たちは、「葛尾村を持続させる」を目的に村内でのイベントの開催や若者の人材育成など様々な活動をしていきました。
活動を続けていく中で、国・県・村など行政の方々と一緒にお仕事をする機会も増えてきています。
村に住む人が幸せに、村を持続させることを考えると行政の方々のご助力は重要で、共に同じ方向を向いて活動が行いたいと考えています。
今回のプロジェクトを通して一歩でも共に歩むことができるとうれしく思います。インターン生の皆さんの活躍に期待します。

団体概要

設立 2012年2月11日
代表者名 下枝浩徳
従業員数 4人