PROJECT INDEX

探してた面白いプロジェクトが見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探す油だけ売ってる場合じゃない!地方ガソリンスタンドの生き残りをかけた「新事業」をマーケティングで徹底検証せよ!


石川県

油だけ売ってる場合じゃない!地方ガソリンスタンドの生き残りをかけた「新事業」をマーケティングで徹底検証せよ!

株式会社森本石油

GSの生き残りをかけた、地域商社マーケティング特化型インターン!

石川県能登半島の小さなガソスタ店主が趣味的に取り組んできた地域商社事業。インターン生とマーケ専門家がチームを組み、事業の検証をトコトンやり切ります!地方ガソスタの持続可能なモデルを構築できるのか!?

このプロジェクトについて

自動車業界における脱炭素化・エコ燃料への切り替えなど、ガソリンスタンド(以下「GS」)を取り巻く環境に大きな変化が訪れている中、さらに地方のGSでは、人口減少が経営難に拍車をかけています。それでも、まだまだ地域の足を支えるために潰れることのできない企業として、生き残りをかける挑戦をはじめた小さなGSが挑戦の舞台!
「地域に眠る素材を掘り起こし、特産商品をプロデュース&販売する!」という地域商社機能を得たGSは、この先、生き残っていけるのか?!新規「販売事業」の検証を担う、小さくも壮大な・業界の苦難に挑戦する、マーケティング特化型プロジェクトです!


プロジェクトが生まれた背景

この20年で国内のガソリンスタンド数は半分となり、セルフサービスGSの割合も35%を超えました。さらに脱炭素技術推進がトレンドの今、ガソリン需要が減っていくことは確実。フルサービスGSはこれからの生き方を考え直すべきタイミングに来ています。また、特に地方のガソリンスタンドにおいては、急激な人口減少が経営難に拍車をかけている現状があります。

能登半島のとある小さなガソリンスタンド「森本石油」もその1つ。
交通の不便なこの地域の足を支える企業として、潰れるわけにはいかない。
けれど、経営は楽ではない・・・。新しい一手を模索する必要性に迫られています。


ガソスタが生み出した奇跡の牡蠣のチャウダー!!

今回のインターンシップの舞台は、石川県能登半島は穴水町!この町の特産品は知る人ぞ知る「能登牡蠣」。地元で33年間継続して開催されている「牡蠣祭り」は、多くの牡蠣好きが訪れる名物イベントです。

そんな自然の恵み豊かな地で、今回のインターン受入を務めるのは、昭和初期から4代続く老舗ガソリンスタンド「(株)森本石油」代表の森本敬一さん。森本さんは、GS経営に加え、地域資源を生かした商品開発/販売を手掛ける事業や、イベント出店を通じて能登の魅力をPRする団体の代表も兼任しています。

地元産の牡蠣をふんだんに使った「能登牡蠣チャウダー※」や、地元ワイナリーのワイン用葡萄の葉を活用した「石けん」や「ハーブティー」など様々。GS運営の片手間に動かしてきた事業にも関わらず、これまで世に出したオリジナル商品たちは、石川県公認の「石川ブランド」に認定され、さらに「じゃらん」や「LINEギフト」などの全国レベルのメディアで取り上げられるほどです。

※クラムチャウダーの詳細はこちらの記事から:https://www.chunichi.co.jp/article/3770


過疎地のガソスタが、全国のフルサービスGSを救うヒーローに!?

これまで森本さんが趣味的に行ってきた「地域の特産品を活用した商品開発・販売事業」は、 ”地域商社”という事業性を持っています。そして、実はこの”油以外の稼ぎ柱をつくる” 取り組みが、「今の過疎地GSが生き残る手段の1つになり得るのではないか?」という仮説が生まれました。

もしこの事業を軌道に乗せることができれば、自社だけでなく、廃業を考える同じようなGSの生き残り戦略モデルとしても提示できるかもしれない。

そんな、わくわく感や使命感を抱いた森本さんを中心に、商品開発・事業プロデュース専門家をはじめ、森本さんの挑戦を支える人たちが集まり、本格的にプロジェクトが動き出しました。


過疎地ガソスタにおける地域商社事業の販売マーケティング責任者を募集!

今回のインターンシップでは、森本さんの右腕人材として、新事業として位置付けた「地域商社事業」の販売マーケティングに取り組んでくれるインターン生を「1~2名」募集します!

■ 社長の右腕
・現場で社長やスタッフと一緒に働き、地域のフルサービスGSの実態を理解する
・社長の想いを引き出し、将来の企業像を一緒に描きます
■ プロデュースした商品の販売マーケティング
・マーケティングのプロの元、地域商社事業における販売戦略をインプットする
・マーケティングをしていく上で必要になる知識やノウハウをインプットする
・戦略に基づき、ガンガン販売!!!!

募集要項

募集対象 大学生
期間 長期(3ヶ月以上)
テーマ 地域観光・おもてなし
職種 販売・接客マーケティング・広報
活動支援金 あり
活動内容 【STEP1】<森本石油・地域を知る>
まずは、ガソリンスタンドに立ち、森本石油の接客に挑戦。現場に立って、スタッフやお客さんとの関係性を築いたり、お店のことや地域の事を知る期間です。スタンドのお仕事の間に、商品の梱包・発送作業なども行い、地域商社としての活動も並行して行います。

【STEP2 】<森本石油が目指す地域商社とは何か?を整理する>
社長の右腕として、森本さんを観察し、日々の意思決定を見る中で感じ取った、GSにおける地域商社事業の価値を抽出します。アウトプットとして「地域商社として目指す姿(ビジョン)」と「地域商社としての強み」「地域商社としての弱み」を言語化します。

【STEP3】 <マーケティングのプロによる「販売戦略」インプット>
マーケティングを行う上で大事な「販売戦略」。本プロジェクトに外部人材として参画するマーケティングのプロのもと、販売戦略を練り上げ、マーケティングをしていく上で必要になる知識やノウハウと共に、しっかりインプットします。

【STEP4】 <営業・販売の検証開始!>
いざ、仮説検証。検証に必要なのは、「これ以上はできない!と思えるほどに”やりきった結果”」。
これまでプロデュースしてきた商品を中心に、戦略に基づきガンガン営業&販売!

【STEP5】 <振り返りと企業の経営判断>
STEP4の結果を振り返り、企業としての方針を検討します。
売上や販売数、売り先やその後の取引状況など、戦略に基づいて販売を行った結果から、
森本石油として地域商社事業に取り組むことで、企業の持続性が担保されうるのかどうか、検討を行います。
期待する成果 【定性目標】
・森本石油の地域商社の商材が、森本石油以外でも売られている状態
・地域商社事業と親和性のあるGSへのターゲティング要素が明らかになっている状態
【定量目標】
・森本石油のオリジナル商品の取扱店を、3つ以上開拓する
得られる経験 ・能登の里山里海の豊かな暮らしを実感(海の幸、山の幸、人のあたたかさを全身で堪能!)
・手に取れる商品と目に見えないサービス、両方の販売促進を同時に経験できる
・地方の過疎高齢化という環境に立ち向かい、家業の経営革新に取り組む経験
・様々な分野の専門家とともにチームを作り、達成を目指す経験
・地域から、全国展開モデルを構築する経験
対象となる人 ・地域資源を生かしたビジネスを作ることに興味がある人
・営業・販売促進・マーケティングに興味がある人
・何かしらの家業の跡取りで、経営革新の必要性を感じている人
・地域づくりの理想と現実=リアルを身をもって知り学びたい人
活動条件 ■ インターン期間:2021年8月〜12月の期間のうち3~4ヶ月
■ 活動日数:週5日程度
■ 活動時間:1日あたり目安8時間
※活動日数や時間は相談可能です。
■ 住居:インターンハウスでのシェア生活(家賃15,000円/月)
■ 参加形式:休学 (もしくはそれに準ずる立場:オンライン授業・卒業単位取得済者など)
活動場所 株式会社森本石油
石川県鳳珠郡穴水町川島キ-112-1
事前課題 コーディネーターと要相談

私たちはこんなチームです!

もはや「道の駅」的なガソリンスタンド

石川県能登半島半農半漁の町にある小さなフルサービスのガソリンスタンド。給油や洗車・タイヤ交換などの基本的な軽整備を行う。地元の特産品を使った商品開発を行い販売するなど地域の課題を解決するべく地域商社としての機能も目指すもはや「道の駅」的なガソリンスタンド。

スタンドの待合室には、地元特産品を使った自社商品が所狭しと並び、給油客以外にも森本さんとコーヒーを飲みながらの談笑を目的に集まる人々でいつも賑わっています。

受け入れ企業からのメッセージ

代表取締役/森本敬一

能登半島で小さなフルサービスのガソリンスタンドを1店舗だけ経営しています。石油元売はセルフ販売に重点を置いてGSの大型化と量販重視で低コスト運営を推奨しGSの廃業が後を絶ちません。ピーク時の3分の1まで減少しており、地方では給油難民が出始め、近隣GSの閉鎖に伴い給油の為に往復1時間かかる現象が起こっています。能登も観光地の和倉温泉周辺のGSが0軒となりました。我々のような地域のGSがどのようにしたら生き残ることが出来るのかを具体的に実践し、新しいビジネスモデルとして全国のフルサービス型GSへ展開することでGSが地域商社となり生き残れることをインターンの方と展開したいと思います。

[プロフィール]
幼少期はガソリンスタンドは絶対に継がないぞ!と心に決めて育ったのにも関わらず、高校3年の夏には先代から「お前、蛙の子はカエルやぞ」と言われて悟りました。所詮背伸びしても蛙の子はカエルにしかなれないことを。
今考えるとトンデモナイことを言う親ですね。結局継いで欲しかったのか今となっては確かめようがありませんが、どうせ戻ってこなきゃいけないのなら好きなことさせてもらおうとアメリカ留学へ。
就職も決まり、もしかしてこのままアメリカにいてもいいのかな?思っていたら結局帰って来いと言われ現在に至ります。与えられた環境の枠の中で精一杯に創意工夫をして楽しく田舎暮らしをしていきたいと思って活動を続けています。

こんな家業あるあるの状況ですが、一緒にがんばってみませんか!?

団体概要

設立 1928年(昭和3年)
代表者名 森本敬一
従業員数 5名(うち正社員2名)
WEB https://morimoto-sekiyu.com
住所 石川鳳珠郡穴水町川島キ-112-1