PROJECT INDEX

探してた面白いプロジェクトが見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探す地元に根付いたラグビーチームとして、「ラグビーのまち、釜石」の文化を見える化し、地域発展に貢献せよ


岩手県

地元に根付いたラグビーチームとして、「ラグビーのまち、釜石」の文化を見える化し、地域発展に貢献せよ

釜石シーウェイブスラグビーフットボールクラブ

ラグビーを通してチームと地域を繋ぎ、釜石を盛り上げたい

鉄と魚とラグビーのまち・釜石の、ラグビーの歴史を築いた釜石シーウェイブスRWC。ラグビーを通して、地域の発展に取り組むチームの挑戦を共に取り組む仲間を募集します。

このプロジェクトについて

■特徴1:ラグビーのまちに誇る地元密着型ラグビーチーム
岩手県釜石市は、鉄と魚とラグビーのまちと呼ばれるまちです。近代製鉄発祥の地として、江戸時代から鉄産業が盛えてきました。1959年、当時の富士製鐵(現在の日本製鉄)は釜石に製鉄所を構えていましたが、実業団チームとして「富士鉄ラグビー部」が発足。その後、新日本製鉄と社名が変更となり、1979年~85年の日本選手権7連覇、タイトルも歴代最多26回獲得するなど、「北の鉄人」として岩手に留まらず全国各地に、釜石の名を響かせました。
2001年、地域密着型のクラブチーム「釜石シーウェイブスRFC」として再出発したチーム。東日本大震災に際して、発災直後からチームとしての活動を休止しボランティア活動を行うなど、選手たちが率先して釜石の復興支援活動に取り組んできました。力強く活動する選手たちの姿がまちの人々へ元気を与え、まちにとってのラグビーの力を再認識するきっかけとなりました。かつての栄光は復興のひとつの象徴的なシーンとして蘇り、再び釜石をラグビーのまちとして盛り上げたい、という強い想いが、ラグビーワールドカップの誘致へと繋がりました。

■特徴2:ワールドカップのレガシーを、まちに、そして未来へ。
ワールドカップの誘致に成功した釜石には、新たに復興のシンボルとして鵜住居復興スタジアムが建設されました。そして2019年9月25日。「震災からの大きな羽ばたきや新たな船出」をイメージして建設されたメインスタンドを持つこのスタジアムで、ウルグアイVSフィジー戦が行われ、仮設スタンドも埋め尽くす14,000人もの人が応援にやって来ました。開催予定だった2試合のうち、もう1試合は台風19号の為開催中止。台風被害に伴うボランティア活動には、シーウェイブスの選手はもちろん、試合予定だったカナダの選手も参加をしました。
「ラグビーが盛り上がることで、まちも盛り上がる。自分たちの活動を地域の貢献に繋げていきたい」と、チームを率いるゼネラルマネージャーの桜庭さんは話します。ワールドカップを通して生まれたラグビー熱の高まりと共に、地域に根付くチームとして、この盛り上がりを釜石の発展へ繋いでいきたいという想いはさらに強く、大きくなっていきます。

■特徴3:ラグビーと地域をつなぐチームの在り方を探る
今回のインターンでは、この地域に根付いたラグビーチームで、地域のラグビー文化を改めて見つめ直し、発展に繋げるプロジェクトを実施します。ワールドカップを経た釜石の人々のラグビーへの意識を、アンケートを通して可視化をします。ラグビーに対する意識の現状を把握し、さらに少人数での対話型ヒアリングを企画・運営します。対話をする中で、チームと地域の人々の想いが行き交い、相互に熱量をあげられるのではないか、また、新たなラグビーとの掛け合わせが生まれるのではないか、と考えられます。アンケート調査で見えてきた地域の人々へのアプローチ方法を、この対話型ヒアリングで「◯◯×ラグビー」という形でテーマを絞り、対話を深めます。ラグビーを身近に感じ、そして地域の魅力を互いに再認識することを狙いにしています。
釜石をリードする地元ラグビーチームの新たな挑戦。この基盤を共に作る仲間を募集します。

募集要項

募集対象 大学生
期間 短期(3週間〜2ヶ月)
テーマ まちづくりアート・スポーツ
職種 企画・商品開発リサーチ・コンサルティング
活動支援金 あり
活動内容 ・釜石市内のラグビーに関わる認知度調査のアンケートを実施し、対話形式でのヒアリング調査(イベント)を企画・運営をする。
・アンケートと対話を通して釜石ラグビーの実態をまとめ、それをもとに今後のラグビー認知向上やスタジアムへの集客増に向けたアプローチ策等を提案する。

【STEP1】
●地域と企業の理解(1週目)
・チーム事務局での業務補助を通して、チームや事務局について理解を深める
・市内外のチームやラグビー関係者への挨拶周りや打ち合わせを実施し、市内のラグビーに関わる人や団体の関係図を理解する。
・企業担当者との打ち合わせをしながら、配布するアンケート項目の内容を確定させる。

【STEP2】
●アンケートの配布・回収・分析と、対話型ヒアリング調査(イベント)の企画(2~4週目)
・作成したアンケートを実施し、市民のラグビーに関する意識度調査を実施する。
・アンケートの回答内容を元に、「○○×ラグビー」をテーマにしたイベントを企画し、広報、運営を行う。

【STEP3】
●イベント実施と振り返り(5週目)
・アンケート・対話調査結果の報告及び提案
期待する成果 ・アンケート100件回収
・イベント(対話形式のヒアリング)2回実施
・チームの、釜石でのラグビー文化発展に向けた具体的なアクション提案1件
得られる経験 ・地元密着のラグビーチームで、スポーツを通してまちを盛り上げるきっかけを作る経験
・地域のラグビー関係者や地域の人々と一緒に、地域の未来を考え提言ができる経験
対象となる人 ・自ら仮説検証を繰り返し、目標達成に向けて主体的に行動できる人
・責任感を持って計画的にやりきれる人
・コミュニケーションを取りながらミッションを遂行していくことができる人
・スポーツを通して、地域のまちづくりに取り組みたい人
活動条件 【活動期間】
令和2年2月初旬~3月中旬(最低1ヶ月間、最大1.5ヶ月間) ※それ以降は長期に切り替え

【活動頻度】
週5~6日(平日1〜2日休み)

【活動時間】
9:00~18:00(※基本はこの時間ですが、業務によって変動があります)

【宿泊】
釜石市周辺での宿泊・滞在が必須(※宿泊場所は企業側で準備)

【このインターンシップは、復興庁主催の「復興・創生インターン」プログラムです】
・エリア内での複数のインターンプロジェクトとの集合研修(事前・事後等)を予定しています。
・自宅から現地までの交通費(往復1回分)の補助があります。
・宿泊場所は現地で準備しています。宿泊代はかかりません(シェアハウス等を予定)。

※「復興・創生インターン」は、復興庁事業「伴走型人材確保・育成支援モデル事業」として実施します。
※「復興・創生インターン」に関するご質問・ご相談・事務手続きなどは、統括事務局の株式会社パソナ(担当:高橋・和田、連絡先:03-6262-6340)までお問い合わせください。

※このプロジェクト・活動内容についてのご質問・ご相談は、株式会社パソナ東北創生(担当:城守、連絡先:rjyoumori@pasonatohoku.co.jp)までお問い合わせください。
活動場所 釜石シーウェイブスRFC事務所(岩手県釜石市鈴子町22)他
事前課題 あり(マッチング確定後にお知らせします)

私たちはこんなチームです!

北の鉄人の誇りを胸に、地域を背負うラグビーチーム

7年連続日本一を達成した新日鉄釜石ラグビー部である「北の鉄人」たちの誇りを受け継ぎ、ラグビーに寄せる熱き思いを秘めたラガー達は 21世紀の幕開けと共に釜石シーウェイブスRFCという新しいクラブチームとして 2001年4月25日に設立し、スタートしたチームです。
釜石シーウェイブスRFCは、ラグビー競技において常にトップレベルを目指す一方で 釜石、岩手、そして東北のスポーツ振興と普及に貢献し、地域に根付いたクラブ作り を目標としております。
企業の所有から地域と共生へ単独社会人チームから誰もが参加できるクラブチーム に生まれ変わった今、クラブは皆さんひとり一人の物心にわたる応援・支援に 支えられています。

インターン生へのメッセージ

ゼネラルマネージャー/桜庭 吉彦

我々の活動理念(目指すき姿)は「強くて かっこいい 地元に愛されるチーム」です。
強くては「現状に満足することなく、常に向上心を持ち続ける」 であり、 かっこいいは「地域課題の解決にも寄与 」し、
地元に愛されるは「うのスタでの試合は常に満員」となるようなチームを目指しています。
活動理念を達成するためには何が必要かを考え行動し、持続的な取り組みをしていくことが必要です。
インターシップでは地域の皆さんとの出会い、関わりを通して、地元に愛されるチームとはどのようなものかを理解し、より多くの皆さんに釜石シーウェイブスを知ってもらい、
興味を持ってもらうことをゴールに取り組んで頂きたいと思います。

[プロフィール]
秋田県生まれ。秋田県立秋田工業高校卒、1985年新日鉄㈱釜石製鉄所入社。
1999年法政大学通信教育部文学部地理学科卒、1986年~1999年ラグビー日本代表。
ラグビーワールドカップ2019日本大会アンバサダー、釜石シーウェイブスRFCゼネラルマネジャー(現職)

団体概要

設立 2001年
代表者名 小泉嘉明
従業員数 13名
WEB http://www.kamaishi-seawaves.com/index.shtml
住所 岩手県釜石市鈴子町22