PROJECT INDEX

探してた面白いプロジェクトが見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探すワインボトルに詰めた「高級手摘み茶」を通じて、六本木から、日本の茶文化のすばらしさを発信!アルコールを飲まない人も尊重される社会を目指す。


東京都

ワインボトルに詰めた「高級手摘み茶」を通じて、六本木から、日本の茶文化のすばらしさを発信!アルコールを飲まない人も尊重される社会を目指す。

ロイヤルブルーティジャパン株式会社

高級茶を嗜む新たな文化を日本に根付かせる「茶業界の救世主」の挑戦!

ブランドマーケティングの神髄を学ぶ!舞台は、一流ホテル、国際線ファーストクラスのドリンク等で提供される「高級茶」業界のパイオニア、ロイヤルブルーティジャパン社が仕掛ける旗艦店、六本木ブティック。

このプロジェクトについて

●ロイヤルブルーティのお茶は日本の茶業界の「救世主」!?
今でこそペットボトル入りお茶は私たちの生活になくてはならない存在ですが、日本ではいつからこのような形で飲まれるようになったのでしょうか?実は、1990年代にペットボトル入りお茶が一気に清涼系飲料の市場に投入されると、日本の茶農家の取引状況は一変したそうです。利益率の低い「機械摘み」での茶生産が主流となり、手摘みや日本の伝統である高級茶の生産技術は失われつつあります。このことに問題意識を持ち、国内外で高級ボトリング茶が日本のお茶として認知されることで、日本の茶葉生産の伝統を継承していこうと創業したのが、ロイヤルブルーティ社です。
●徹底的な品質管理と販売戦略!
現在も茅ケ崎に本社と工場を構えるロイヤルブルーティ社ですが、全国各地のお茶の生産地とつながり、薬品、添加物無使用の手摘みの最高級茶葉のみを仕入れて厳正な品質管理のもと、3日または7日かけて水出しで抽出、非加熱濾過除菌を施したものをボトル詰め、という徹底したボトリングが行われています。ワインボトルに入った高級茶は1本数千円から、ものによっては数十万するものも。ファーストクラスの機内でふるまわれたり、国賓をもてなす際のノンアルコール飲料として採択されたりしています。このような事業展開には、「アルコールを飲まない人も尊重される社会に」という同社の強い願いが込められています。
●2周年を迎えた旗艦店六本木ブティックがリニューアル。ブランドマーケティングの神髄がここに!
「ロイヤルブルーティー六本木ブティック /THE T BAR 」は、2017年に開店しました。外観はワインショップの様な佇まい。店内には10席ほどのカウンターがあり、人気商品の試飲(有料)を通じて産地や煎り方によって異なるお茶の奥深い世界を楽しめる空間になっています。主にお祝いやお土産物を求めようと来店するお客さまが多く、緑茶・青茶・紅茶・花茶などの飲み比べセット等が用意されていてお茶の概念が変わるような体験を提供しています。

募集要項

募集対象 大学生
期間 長期(3ヶ月以上)
テーマ 農林水産・6次産業PR・メディア
職種 販売・接客マーケティング・広報
活動支援金 あり
活動内容 今回は、リニューアルのタイミングに合わせてのインターン生募集。新たな顧客層の開拓やリピーターを増やすための施策等、六本木ブティックを核としたブランドマーケティングを企画・実践することができます。
【STEP1】企業、店舗、商品、市場の理解
・試飲や接客、生産地を訪ねる等の体験を通じて、ロイヤルブルーティ社を取り巻く環境や市場の理解に努める。
・ともに働くスタッフと共に議論を重ね、現状の店舗の顧客層の理解や課題の把握に取り組む。
【STEP2】これまでになかった取り組みを自ら立案し、提案!
・新たな顧客層の開拓や、メニュー開発を通じた話題づくり、SNSでの広報等、様々な施策を企画提案。ブランドマーケティングの方針に則り、適切な施策を選択、実行していく主体となります。
【STEP3】成果の振り返りと今後に向けた打ち手の再立案。
・半年間のインターン期間の中で、企画を提案し実行していく中では、成果が目に見えてわかる施策と、成果を出せずに終わる施策があると思います。結果に一喜一憂するだけではなく、分析的に振り返り、改善点や次回への申し送りをすることで、次なる打ち手の企画立案につなげていきます。
期待する成果 六本木ブティックのリニューアルにあたり、現状の顧客層や課題等を把握し、今後に向けた企画立案を行います。
具体的には
・店舗に来店する方の新たな顧客層の開拓(特に若い世代への訴求や新しいチャネルでの情報発信)
・リピーター顧客を増やしたり客単価を上げるための施策の検討、メニュー開発等
等を予定しています。
得られる経験 ・ブランドマーケティングのプロフェッショナルたちと協力しながら試行錯誤を重ねる経験
・ゼロ→イチで企画立案し、他に例を見ない、新しいスタイルでのお茶の提供の可能性を考え、市場を拡大させるために企画立案していく経験。
対象となる人 ・店舗での企画や広報、マーケティング・ブランディング等(特に高級市場)に関心がある人。
・日本の茶業界の伝統継承や、アルコールを飲まない人を尊重したい、という同社の理念に共感する人。
活動条件 【活動頻度:学期中週2.5日程度】
【活動頻度:長期休暇中週3日以上】
【活動時間】10時~18時
活動場所 六本木ブティック ※辻堂駅徒歩10分の本社での研修もあり。
事前課題 あり(担当コーディネーターにご相談ください。)

私たちはこんなチームです!

新しい茶文化の創造 ロイヤルブルーティージャパン

ロイヤルブルーティーは、ワインボトル入り水出し高級茶・ボトルドティーを独自の製法で自社一貫製造販売しています。国際品質管理基準であるSGS-HACCP認証を取得した工場で厳格な基準を設け、世界中の選りすぐりの希少な手摘み高級茶を選び、いつでも・どこでも・誰でもワイングラスに注ぐだけで高級茶が気軽に愉しめる様式を日本から世界中に発信しています。
2017年にオープンした直営店六本木ブティックでは、商品とロイヤルブルーティーの世界を体験して頂くことができます。

インターン生へのメッセージ

代表取締役社長/吉本桂子

弊社の事業を面白いと思った方、チャレンジ精神のある方歓迎。過去の顧客データ・売上等から当社のサービスをを分析し、新規顧客獲得、サービス改善のための方法を自ら企画立案実行してみたい方。ブランド認知度をあげるためにSNS運用等を行って頂きます。実店舗での業務もあり、体験型のインターンシップとなります。

[プロフィール]
ロイヤルブルーティージャパン株式会社代表取締役社長。1971年、神奈川県藤沢市生まれ。共立女子大学卒業後、グラフィックデザイナーとして活動。2006年5月、神奈川県藤沢市でティーサロン「茶聞香」を主宰する佐藤節男とともに、ロイヤルブルーティージャパンを創業。非加熱除菌による独自の茶抽出法を確立し、水出し茶のボトリングに成功する。2007年から発売、3年連続でベルギー・モンドセレクション金賞受賞。2013年6月、DBJ女性起業大賞(日本政策投資銀行主催)受賞。

団体概要

設立 2006(平成18)年
代表者名 吉本桂子
従業員数 -
資本金 5,815万円
売上高 -
WEB http://www2.enekoshop.jp/shop/rbt/
住所 東京都港区六本木7-18-15