PROJECT INDEX

探してた面白いプロジェクトが見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探す食文化を学び、商品開発を行う「食のオープンラボ」の立ち上げプロジェクト


新潟県

食文化を学び、商品開発を行う「食のオープンラボ」の立ち上げプロジェクト

(株)魚晃

「食のオープンラボ」の立ち上げプロジェクト

(株)魚晃は、手作りにこだわった郷土料理と魚の加工品を作る会社です。小千谷市の農家や商品関連事業者と共に、地域の農や食文化を活かした商品開発や研究、交流の場「食のオープンラボ」を立ち上げます。

このプロジェクトについて

【職人が手づくりで本物の味を追求しています】

(株)魚晃は、新潟県小千谷市にある、水産品を扱う「魚沼水産グループ」の中の加工食品部門を担っている会社です。新潟から東京へ続く国道17号沿いにある「魚こう蔵」というレストラン・直売の店舗、加工工場で事業をしています。

魚沼水産グループでは、世界中から調達された魚の卸売をする卸売市場があります。魚こうは、その鮮魚等を職人の手で加工し、切り身、味噌・粕漬け、様々なお惣菜を製造します。新潟の代表的な郷土料理である「棒鱈煮」「車麩煮」や、独自ブランドで展開する「蔵人漬」という酒粕と越後味噌を調合した漬け魚が人気の商品です。

(株)魚晃の商品の特徴は、「ひとつひとつ手づくり」「保存料は使わない」「しっかりと時間をかけた漬け込み」等があげられます。つまり、大量生産できないことや、賞味期限が短いことなどの弱点はありますが、生産効率だけを考えた偽物ではなく本物の味を作っている自負があります。これには、社員みんなが自信を持っています。レストランでは、店員さんが「今はこのお魚がおいしいですよ、これにはこんなこだわりがありますよ」と説明してくれることが印象的です。

昭和60年に創業された同社ですが、時代の変化と共に、事業の新たな展開が求められています。根強いリピーターのお客さんが多くいることもあり、なかなか新たな顧客への働きかけができていない状況にあります。また、販売方法もより丁寧に、商品の良さを伝えるために、同社からの直接販売の割合を増やしたいと考えています。

新しいお客さんに、こだわりの郷土料理を、丁寧にお届けする。これは、「郷土の食」の価値に今一度光を当て、伝えていくことに他なりません。

【「食のオープンラボ」の立ち上げ】

小千谷市の農と食の価値を高めるために、多くの人が学び、共に商品開発を行う場「オープンラボ」の立ち上げを行います。オープンラボとは、(株)魚晃の商品の販売店である「蔵」を使って、誰でも参加できる、定期開催の商品ブラッシュアップを目的としするイベントです。

現在すでに、小千谷商工会議所を中心に、「食おこし隊」という市内の農家や食品事業者が連携して商品開発を行う取り組みがあります。そこで当社は、地元の農産物を使ったスープの企画・開発を担当しています。現在商品化寸前のものとして「雪下にんじん」を使った「雪の恵みスープ」があります。

市内には、豪雪地ならではの「雪下にんじん」や「雪下大根」、全国有数の産地である「カリフラワー」、全国ブランドの「魚沼産コシヒカリ」など様々な農産品があります。また市内には2つの酒蔵、こだわりの手作り豆腐店、名物へぎそばのお店、米どころならではの米菓の会社などの事業者もあります。それぞれに、こだわった農産品、食品を作っています。

これら市内の農家や事業者と連携して商品開発を行うことがポイントです。

今回のプロジェクトでは、以下の2点を行います。

○新商品開発(スープ)のための「オープンラボ」の企画運営
・現在複数ある商品企画の2~3個程度を商品化につなげること、その商品を多くの人が関わりながら魅力的に発信することが目的です。
・インターン生の役割は、商品企画を元に、「オープンラボ」というイベントの企画運営を行うこと、またイベントの前後の情報発信の戦略を作り実行することです。

○「コミュニケーションツール」の整備と運用、社内マニュアルづくり
・現在社内では苦手意識の強い情報発信ツール(ウェブ、SNS等)を、社内で運用できるようにすることが目的です。
・インターン生の役割は、上記オープンラボとも絡めて、(株)魚晃の情報発信の仕組みをつくり、社内に定着させるための社員サポートを行います。

【食の価値、新潟という地域の価値を高めたい】

これらの仕事は、ただの商品の販売・発信試行実験ではありません。伝えたいのは、魚こうが作る新潟の郷土料理の価値です。

新潟の気候・風土だから生まれた食文化は、グローバルな社会において、この土地の価値を表現するものです。

また、工業化された食品業界の中で、あえて手づくりで保存料等余計なものはいれない、上辺だけではないじっくり時間をかけた味付けにこだわる、それは食そのものの価値を貶めないことであり、食べ物を作るという過程の価値を高めることであると思います。

魚こうは、そんな価値を発信し続ける存在でありたいと思います。

インターンシップへ参加するあなたには、プロジェクトを通して、自分が大事したい価値を考える機会に、またそれを社会にどう伝えていくか試行する機会にしてほしいと思います。食の価値を考えることは、地域の価値を見つめ直すことや、自分の生き方を考えることにきっとつながります。

食で幸福を感じれる人、幸福を届けたい方、ぜひ一緒にプロジェクトに取り組みましょう!お待ちしています。

募集要項

募集対象 大学生
期間 長期(3ヶ月以上)
テーマ 地域食・ライフスタイル
職種 企画・商品開発マーケティング・広報
活動支援金 あり
活動内容 ○新商品開発(スープ)のための「オープンラボ」の企画運営

・現在複数ある商品企画の2~3個程度を商品化につなげること、その商品を多くの人が関わりながら魅力的に発信することが目的です。
・インターン生の役割は、商品企画を元に、「オープンラボ」というイベントの企画運営を行うこと、またイベントの前後の情報発信の戦略を作り実行することです。
・イベントの企画運営は、適切な日程の設定、全体のプログラム構成、誰を呼ぶのか(講師や参加者)、商品をどのような形で出すのか、参加者が学び関わりたくなるコミュニティづくりなど多岐にわたります。

○「コミュニケーションツール」の整備と運用、社内マニュアルづくり
・現在社内では苦手意識の強い情報発信ツール(ウェブ、SNS等)を、社内で運用できるようにすることが目的です。
・インターン生の役割は、上記オープンラボとも絡めて、(株)魚晃の情報発信の仕組みをつくり、社内に定着させるための社員サポートを行います。
・メルマガ、LINE@、Facebook、インスタ、twitter運用の見直し、
・新聞、雑誌、テレビ等への露出作戦の企画・実施
・社内における広報コミュニケーション業務の体制・マニュアルづくり
期待する成果 ○情報発信・コミュニケーションツールができ、社内で運用できるようにします。
○社内外で連携した商品開発・プロモーションの仕組みを作ります。
○社内に色んなことやってみようという雰囲気を作ります。
得られる経験 ・地方の人口が少ない地域での飲食業・事業の特徴や工夫を体感できる
・地方の農村地域で暮らす自分をイメージできるようになる
・地域社会の仕組みや地域活性、地方創生とは何か自分で語れるようになる
・あなたにとっていつでも帰ってこれる地域ができる
対象となる人 ①おいしいものを食べて幸福を感じられる人
②お客様の「おいしかった」「ありがとう」というお気持ちに幸福を感じられる人
活動条件 ○フルタイム(週5日) → 8h/日 時間帯は8時~17時
活動場所 新潟県小千谷市稗生丙1644-1
事前課題 ・新潟、魚沼地域の歴史や食文化について調べてレポートにまとめてくること。
・「魚こう」の商品のネットでの発信企画を考えていること。

私たちはこんなチームです!

酒・米処新潟の酒粕と伝統の越後味噌をブレンドした粕味噌床に脂ののった魚を漬け込んだ、名物「蔵人漬」や郷土料理「棒鱈煮」など各種お惣菜を販売しております。

従業員は現在18名。最も若い社員で30歳とちょっと年齢が上がってきています。多くは製造部門を担当しているので、営業やネットショップなど販売や広報の方へこのインターンシップでは注力したいと考えています。

小千谷商工会議所の「食おこし隊」にも参加しており、市内の多くの食品関係、農業関係の事業者の皆さんと一緒に活動を行うことも多くあります。食おこし隊の中で、魚こうでは「雪の恵みスープ」という雪下ニンジンを使ったスープの開発も担当しています。

インターン生へのメッセージ

代表取締役/田村敦之

私たちは手づくりで本物の味にこだわった商品づくりをしています。本物の味というのは、保存料など余計なものをいれず、上辺だけではなくしっかり味付けしたものです。職人の腕には自信を持っています。食に喜びを感じれる感性を持っている方と共に、魚こうの味を多くの人たちに伝える取り組みをしていきたいと思っています。ぜひお問合せください!

[プロフィール]
72年生まれ。神奈川大経済学部を卒業後、極洋に1995~98年勤務、同年丸魚に入社した。2017年先代社長田村晃氏逝去(現社長の父親)、代表取締役就任。

団体概要

設立 昭和60年
代表者名 田村敦之
従業員数 18名
WEB http://www.uokou.co.jp/
住所 新潟県小千谷市稗生丙1644-1