PROJECT INDEX

探してた面白いプロジェクトが見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探す時給で働く選択肢だけって違うんじゃない?ふるさと兼業が取り組む大学生の新たな挑戦モデルの開発


岐阜県

時給で働く選択肢だけって違うんじゃない?ふるさと兼業が取り組む大学生の新たな挑戦モデルの開発

NPO法人G-net インターン事業部

ふるさと兼業が取り組む大学生の新たな挑戦モデルの開発

社会人の兼業やプロボノがトレンドになりつつあるからこそ、大学生も多様な選択肢があっていい。アルバイトだけでなく、プロジェクト参画を通じた仕事づくり。新しいモデル開発を共に取り組む学生兼業者募集!

このプロジェクトについて

いまやオンラインツールが発達し、距離を超えて仕事ができる時代です。
就職や移住を前提としなくても、住んでいる地域に関係なく、多様な形で事業へ参画できるようになってきています。

G-netはホンキ系インターンシップの運営経験を活かし、2018年に兼業マッチングプラットフォーム「ふるさと兼業」を立ち上げました。
立ち上げから約1年を経て、100人を超える社会人の兼業・プロボノを地域にコーディネートし、現在では20地域に拡大しています。
「カルフォルニアに在住しつつ、石川県能登の和倉温泉で兼業」
「大手企業に在籍しながら、隙間時間を活用して伝統産業で兼業」
このように、新しい働き方のモデルが生まれつつあります。

この動きを社会人だけでなく、大学生にも広げていきたい。
想いがあれば、どんな形でもチャレンジできる仕組みをつくりたい。
創業19年目の新たなチャレンジ、共に取り組む仲間を募集します。

募集要項

募集対象 大学生
期間 長期(3ヶ月以上)
テーマ 地域起業・経営支援
職種 企画・商品開発マーケティング・広報
活動支援金 あり
活動内容 地域に埋もれた魅力ある企業と人をつなげる
これからの地方創生を支える新たなモデルづくりに挑め!
※インターンシップ、兼業などの多様な関わり方で参画OK

【STEP1(〜1ヶ月)】
★G-netの事業内容、目的、ビジョンを知り、プロジェクトの進め方を決める
まずは、G-netが目指すビジョンやふるさと兼業が実現したいゴールを知ってください。
オフィスやオンラインでのディスカッションを経て、プロジェクトの具体的なイメージとスケジュールを
決めます。
ー各種イベントなどに積極的に参加してもらえることは期待しています。

【STEP2(1ヶ月〜)】
★目指すは、新しい大学生と地域の関わり方をデザインすること
インターンシップや兼業など、多様な形で大学生と地域が関われる機会をメニュー開発からスタート
企業をサポートする専属コーディネーターと共に、企業向け学生兼業導入プランの具体化や、これまでにない 働き方や仕事に挑戦したい大学生への広報や窓口整備などに着手します。

【STEP3(3ヶ月〜)】*人数や事業の進み具合をみながら開始を判断
★大学生に限定せず、働きたくても働けない人と地域をつなげる事業の立ち上げ
大学生だけでなく、多様な形で社会や地域に参画できるモデルづくりやそのための情報発信を強化し、次の時 代の働き方を提案していきます。
病気や障がいがあっても働ける、子育てや介護と両立して働ける、様々な課題に対して、
プロトタイプやモデル開発→持続的な仕組みづくり→啓発のための情報発信に取り組んでいきます。

全ての人を活かす地域づくりをここから始めていきたいです。
期待する成果 ・大学生が隙間時間などを活用して、兼業で社会に参画できるモデルを生み出し、仕組みづくりを進める。
・具体的な事例を発信するためのメディア記事などが発信される。
・新たな課題解決のための事業プランが具体化する。
得られる経験 ・ふるさと兼業を展開する全国各地のパートナーとの交流(オンライン含め)
・大手企業などの社会人兼業者との交流
・自ら仕事を1から立ち上げ、運営する経験
・これまでにない価値をデザインし、発信していく経験
対象となる人 ・おせっかいだな、自分・・・って思う、人の成長や教育に関心のある人
・遊びも仕事も、どうせなら全力でやりたい人
・実現したいビジョンやミッションを持っている人
・ライティングやWeb制作などスキルを活かしたい人
・ゼロから事業づくりに取り組みたい人
活動条件 2020年春(2月〜3月)頃〜6ヶ月程度
活動場所 本社:岐阜市吉野町6-2 ブラザービル2F 【最寄駅】JR岐阜駅(徒歩3分)
※兼業はリモートでの仕事実施でも大丈夫です。インターンシップは原則オフィスでの実習となります。
※オフィス活用は兼業でも歓迎。ランチや食事会などいきましょう。
事前課題 プロジェクト詳細を把握した上で、希望する関わり方とあなた自身がプロジェクトで生み出す成果イメージについて目標を具体的にまとめてください。

私たちはこんなチームです!

地域発で新しい働き方を世の中に提案するソーシャルビジネスの現場があります。

特徴① ふるさと兼業の立ち上げなど、地域×人材分野で新たな仕掛けを打ち出しつつづける
2003年から開始した実践型インターンシップは、200社700人と地域NO.1の実績を誇り、インターンシップの全国大会でも大賞、準大賞など多数獲得。社会人と地域を繋ぐ兼業プラットフォーム「ふるさと兼業」は、2018年の立ち上げ1年で20地域に拡大、100人以上の兼業・プロボノをコーディネートしています。大手企業や大学等の連携も積極的にすすめ、東洋経済、Forbes、日経新聞、NHK等の雑誌やメディアでも注目されています。


特徴② 中小企業経営者から行政・大学職員、大手企業など多様なステークホルダーとの協働
G-netのシゴトは、多岐に渡ります。企業経営者や若者との二人三脚で事業運営に取り組むだけでなく、行政職員や、大学教職員と協働で事業を実施したり、大手企業と連携したプロジェクト企画なども手掛けています。東海地域はもちろん、全国との連携も多く、圧倒的な仕事との出会い、人との出会いがあります。

インターン生へのメッセージ

代表/南田修司

何をするべきか?何が正解だろうか?よりも、
自分なりの正しいを模索して築き上げていくことが大事だと思っています。
時代の変化が激しい中で、大学生だから〇〇という時代でもなくなってきました。

大学生が仕事をすると言えば、起業するか時給でバイトするかだけ。もしくはライターやwebなどのスキル活用。でも、もっとプロジェクト単位で関わる働き方が大学生にもあっていいのでは?と最近感じています。
「本業:大学生 兼業:共感するプロジェクトへの参画」
こういうモデルづくりを一緒に取り組んでみませんか?

[プロフィール]
84年奈良生まれ。09年に新卒でG-netに参画し、17年より代表理事に就任。学生時代に教育について学ぶ傍らでコーチングのプロ資格を取得し、個人で事業を開始したが、G-netが面白くなり結果今に至っている・・・。長期実践型インターンの自立化や、大学向けカリキュラム開発、社会人向け新規事業の立ち上げなど、常に新たな事業開発に挑戦。
内閣府地方創生インターンシップ推進委員・桑名市行政改革推進委員・プロコーチ

団体概要

設立 2001年10月1日(法人登記 2003年5月26日)
代表者名 南田修司
従業員数 24名(フルタイム8名/時短・兼業11名/プロボノ4名/アルバイト1名)
WEB https://gifist.net/