PROJECT INDEX

探してた面白いプロジェクトが見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探す大学生と挑戦する「集落支援」第1弾 – 大呑集落を変えるのはキミだ!


石川県

大学生と挑戦する「集落支援」第1弾 – 大呑集落を変えるのはキミだ!

七尾街づくりセンター株式会社

脱・限界集落のモデル地域「大吞」の山小屋をグランドデザインせよ!!

地元のまちづくり会社がはじめる「集落支援」第1弾の担当者はキミだ!
石川県能登半島の中心部-七尾市にある集落「大吞」で、
山小屋をリノベーションした、”宿泊・体験・食事”が楽しめる拠点を作ろう!

このプロジェクトについて

【大吞集落のこれまでと今。】
石川県七尾市の端っこ、美しい山々と海が人々の暮らしに寄り添う集落-大吞(おおのみ)。
すぐお隣は富山県というこの地域は、今でも自然がもたらしてくれる豊かな恵みを受け、
昔ながらの暮らしが息づく、の~んびりとした集落です。

ここでは地域の自然資源を活用した、木こり体験や星を見る合宿、
地元の山から切り出した薪で焼くピザ焼き体験などのグリーンツーリズムの取り組みや、
人々の暮らしを支えてきた山々を守る植林活動が盛んに行われてきました。

その他にも、山林がつくる木陰でつくる地元ブランドのしいたけ栽培や、
能登の食文化を継承している魚の保存食づくりなど、
なんとかこの地域を盛り上げようとする人々の想いがあふれています。


【「脱」限界集落のモデル地区化を目指して。】
植林と木材加工利用、ブランドしいたけ作り、特産品の魚の保存食づくり、体験ツアー、
これら全て大呑地区で既に行われてきた活動です。
この集落は決して、遅れている場所ではありません。確かに人は減っていますが。

でも、足りないものが、集落活動の拠点でした。
単純にみんなが集まる場所を持っていなかったのです。
だから、単発の取り組みも多く、大きな構想を立てて動くことができていませんでした。

新たなきっかけを作るのは、集落の人だけでは難しい。
だからこそ連携をし、そして大学生を迎え入れて作っていきたいと考えました。


【まちづくり会社が始める「集落支援」第1弾―大吞集落の担当者はキミだ!】
七尾街づくりセンター株式会社は、2017年10月に新しく、
《ローカルベンチャーアテンダント》と《移住コンシェルジュ》という役職で、
2名の人材を雇用したことをキッカケに、破竹の勢いで七尾のまちづくりに取り組んで来ました。
ここが、本インターンの受け入れ先となります。

=取り組む事業=
■ 地元企業の事業承継サポート
■ 移住のサポート
■ 各種イベント企画運営
■ ローカルメディアの運営
■ 「能登半島・七尾移住計画」の立ち上げ・運営 などなど

今ではスタッフも3名増え、さらに勢いを増しています◎

本インターンでは、集落支援と併せて、七尾街づくりセンターが運営するローカルメディア
「能登半島・七尾移住計画」における、七尾の人や企業への取材や情報発信も並行して行いましょう。
深く、広く地域での経験を得るチャンスです。


【まちづくり会社が始める「集落支援」第1弾―大吞集落の担当者はキミだ!】
れまで大呑地区では、大呑グリーンツーリズム推進協議会として行ってきた集落活動があります。
そこから一歩踏み出し、地元の信金・まちづくり会社と連携をして、事業的に展開していくプロジェクトです。

その第1歩、”宿泊・体験・食事”などが出来る拠点として、
集落の山小屋「大呑ハウス」のグランドデザインを作ります!
ハード面だけでなく、細かな企画や運用方法などのソフト面も地域の人を巻き込みながら考えましょう。

栃木県那須にある「chus」をイメージに持ちながら、そして大吞らしさ溢れる場所を作りたい。

募集要項

募集対象 大学生
期間 長期(3ヶ月以上)
テーマ まちづくり建築・住・リノベーション
職種 新規事業編集・ライティング
活動支援金 あり
活動内容 【STEP.1】地域を知って、日々情報発信をしましょう!
集落支援の対象地域「大吞」は、七尾街づくりセンターのオフィスがある七尾市街地から車で30分ほどのところですが、日々の活動拠点はオフィスとなります。暮らしや活動の拠点となる七尾市内の位置関係や住民の分布、土地の特徴など、それぞれの地域の特性を掴みましょう。イベントや地域行事にも積極的に参加をして、ブログやSNSで日々情報を発信します。

【STEP.2】山小屋拠点化計画の段取りを立てよう!
受入担当者や、事業に関わる大吞地域の関係者・地元の金融機関などと綿密な打ち合わせを行い、山小屋拠点化計画に向けた段取りを立てていきます。最終的に複合的な機能を取り入れた拠点とするために、この半年間は何を優先して、どういう計画を立てていくのかを設計しましょう!

【STEP.3】計画を実践しよう!
STEP.2で設計した計画に沿って、タスクと〆切を設定し、さっそく実践!
関係者を上手に巻き込みながらチームで進めていきますが、プロジェクトマネージャーはアナタ。
プロジェクトのマネジメントをしながら、目の前の仕事をコツコツとこなしていきましょう!

【STEP.4】インターンの成果を報告!
インターンの最後には、集落やプロジェクト関係者に向けた「活動報告会」を実施します。
期待する成果 ・山小屋の拠点化の計画立案
・体験プログラムの運営管理
・ホームページやSNS、ブログでの日々の情報発信
・そのほか七尾街づくりセンター各種イベント等の管理運営
得られる経験 ・集落におけるコーディネート体験
・地域づくりの事業化に向けたスタートアップ経験
・プロジェクトや人をマネジメントする経験
・多世代とのコミュニケーション力
・人や自分の想いを形にしていく力
対象となる人 ・将来、地域をフィールドにした仕事をしたい人
・起業を疑似体験してみたい人
・受入担当者と同じ視座で挑戦できる人
・自分が出来るベストにこだわって活動できる人
活動条件 休暇期間中:週5日程度
滞在宿泊先:七尾市内のシェアハウス
活動場所 〒926-0048 石川県七尾市桧物町57-10
七尾街づくりセンターオフィス「しるべ蔵」
※及び大吞集落

私たちはこんなチームです!

企業経営や移住のことならお任せ!街のよろず相談屋さんです!

大型店の撤退による周辺商店街の衰退、経営者の高齢化による老舗商店の存続、伝統産業の衰退等多くの問題を抱えています。こうした問題の解決の糸口を見つけるため、新しい取り組みやチャレンジを促し、UIJターンで新しい人材を受け入れます。そして、関係機関と連携しながら、七尾全体で企業を支えていくことに取り組んでいます。

HP:https://www.nanao-lv.com/

■業務内容
①【七尾市のローカルベンチャー事業のマネジメント】
・事業承継(既存事業の立て直し)の支援
・人事(人材の採用、人材育成)の支援
・新規事業・商品開発の支援

②【七尾全体のブランディング・知名度UPの支援】
・七尾産の活用・PR
・七尾版合同説明会の実施(採用活動)
・ローカルベンチャー認定制度の構築
・ローカルファンド(事業承継ファンド)

③【七尾街づくりセンターの業務】
・行政の調査・研究事業(ローカルシンクタンク)
・施設運営事業(指定管理事業)
・移住・定住支援事業

インターン生へのメッセージ

移住コンシェルジュ/太田殖之

準備中

団体概要

設立 準備中
代表者名 友田景
従業員数 5名
WEB https://www.nanao-lv.com/