PROJECT INDEX

探してた面白い仕事が見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探す『チャレンジ』を文字にのせて届ける、ウェブメディアのライター募集!


鳥取県

『チャレンジ』を文字にのせて届ける、ウェブメディアのライター募集!

NPO法人学生人材バンク

立ち上げ初期の自社ウェブメディアを彩る、コンテンツづくりに挑戦!

鳥取県内の企業取材記事から、思わずニヤリとするような「ネタ記事」まで、地域に在るひとつひとつの『チャレンジ』を文字に起こし、それを読んだ方の『チャレンジ』のきっかけとなるメディアを創ります!

このプロジェクトについて

【どんな会社なの?】
学生人材バンクは、2002年に学生起業からスタートしたNPO法人です。
農山村地域への学生のボランティア派遣などを通じて、家と学校の往復になってしまいがちな若者たちの暮らしに、「鳥取にしかない」第3の選択肢に触れる機会を提供してきました。
現在では、若者だけでなく、集落や地元企業さんの「これがしたい!」を後押しし、鳥取を日本一チャレンジが生まれる街にするため活動しています。

<主な事業>
・コメの生産、加工、販売まで行う「三徳レンジャー」
・過疎地域へのボランティア派遣「農村16きっぷ」
・学生と社会人の交流の場づくり「だっぴ」
・全国の農業系学生団体の集合交流会企画「ZZC(ズーズーシー)」
・学生による地元企業情報発信企画「鳥取シゴト記者クラブ」
・企業の次の一手を学生と試行錯誤する「長期実践型インターンシップ」
・企業の課題解決に社会人、学生の混合チームで挑む「鳥取パラレル留学」
・県内地域おこし協力隊の活動支援

若者と地域・企業をつなぐことで、若者の成長を促し、さまざまな課題解決を目指していきます。

様々な事業がある中で、今回は
自社メディアのライターとして、コンテンツの拡充に挑戦してくれるインターン生を募集します。


■ライターってなにするの?
学生人材バンクでは、2017年から、学生による地元企業情報発信プロジェクト「鳥取シゴト記者クラブ」(https://tottori-sigoto-pressc.jimdo.com/ )に取り組んでいます。有志の学生たちが、鳥取県内の企業の経営層や若手社員に取材を行い、記事を執筆します。執筆した記事を自社メディアにて発信し、鳥取県内の企業について学生さんに知ってもらうことで、「鳥取での就職」を選択肢の中に入れてもらうことを目的としています。これまでに、いくつかの企業にご協力をいただき、情報を発信してきました。

しかし、プロジェクトを始めてから約1年、サイトの訪問数は伸び悩んでいます。サイトの訪問数を増やしていくために、自社メディアを大幅にリニューアルし、企業取材記事のほか、読んだ人が思わずニヤリとするような「ネタ記事」の執筆にも取り組んでいくことになりました。読みやすく、親しみを持てるネタ記事を入口として、企業取材記事にもふれてもらうことがねらいです。


メディアのコンセプトは『チャレンジ』。

企業取材記事では、企業の経営者、若手社員の方の仕事に対する『チャレンジ』にフォーカスします。

ネタ記事では、どんなにくだらないことでも気になること、やってみたいことに『チャレンジ』し、記事にします。
具体的には、
・あの曲がり角にある謎の雑貨店が気になりすぎる、、行ってみた。
・わらしべ長者は2018年現在でも成立するのか、、やってみた。
・あの日、合格しそびれた漢字検定1級に再チャレンジしてみた。

などなど、
あなたが本気で気になること、本気でチャレンジしたいことを記事にしてほしいと考えています。気持ちの込もった企画や記事は、必ず読者の心に届くと考えているからです。
読者の方が、記事に登場する方々の『チャレンジ』を通じて、「鳥取」という地域を感じてもらうことと同時に、「自分も何かチャレンジしてみよう」と考え、行動できるメディアを目指していきます。
そのために、ライター自身が楽しめる、忖度なしの記事を創りましょう!


今回のインターンでは、再スタートを切る自社メディアを軌道に乗せるため、「ネタ記事」を執筆し、自社メディアのコンテンツ拡充に挑戦してくれるインターン生を募集します。

募集要項

募集対象 大学生
期間 短期(3週間〜2ヶ月)
テーマ 地域PR・メディア
職種 新規事業編集・ライティング
活動支援金 あり
仕事内容 再スタートを切る自社メディアを軌道に乗せるため、「ネタ記事」を執筆し、自社メディアのコンテンツ拡充に挑戦します!

細かなステップやスケジュールについては、面談時にお知らせします。

①企業取材への同行
自社メディアの主要コンテンツとなる企業取材記事の取材の場に立ち会います。経営者の方や若手社員の方の『チャレンジ』にフォーカスし、取材を行います。主要コンテンツが作られる流れを知り、ネタ記事執筆の際のヒントを得ます。

②「ネタ記事」企画立案、実施、記事化
いままでに企業取材記事を執筆してきた学生たちとともに、読者が思わずニヤリとするような「ネタ記事」企画を検討します。その後、会議の中で出た企画を実際に行い、記事化します。記事の中で使用する写真もその都度撮影します。

③発信
執筆した記事をリニューアルした自社メディアにアップしていきます。あわせて各種SNSを駆使し、記事を発信していきます。
期待する成果 ・ウェブメディアとしての基盤をつくるために、ライターの気持ちが込もった記事が出揃っている。(目標10記事)
得られる経験 ・ウェブコンテンツの企画立案、ライティング、発信
・企画実施を通じた、やってみたかったけどやれなかったことへの挑戦
・内なるユーモアの追求
対象となる人 ・ウェブコンテンツの作成に興味がある方
・文章を書くことが好きな方
・ヒマさえあればオモシロ記事を読んでいる方
・自分の笑いを世界に轟かせたい方
活動条件 ・インターン期間:1ヶ月
・勤務体系:週5日フルタイム(要相談)
・宿泊施設:要相談
活動場所 鳥取県鳥取市
事前課題 エントリー時にお伝えします。

私たちはこんなチームです!

学生にキッカケを、鳥取に笑顔を! 若者と地域・企業をつなぐNPO法人です。

学生人材バンクが活動する鳥取県は総人口56万人、と全国で最も人口の少ない都道府県です。
東京や大阪、福岡といった大都市圏のように、スタートアップが盛んに行われているわけでもなく、イベントや施設の数も多くありません。そういった意味では鳥取は相対的に機会貧困地であると言えるかもしれません。
しかし私たちはそんな鳥取で15年以上、家と学校または会社との往復になってしまいがちな若者たちの暮らしに、「鳥取にしかない」第3の選択肢に触れる機会を提供してきました。(中山間地域へのボランティア派遣など)

人が少ないということは、その分一人あたりの役割や価値が大きくなるということです。
その意味で、一人一人が周りから必要とされ、かつ自分の持ち味を発揮し、成長していく場所としては、鳥取は日本で最も恵まれた場所だと思うのです。
そんな鳥取でチャレンジする人をこれからも応援していきたいと考えています。

インターン生へのメッセージ

代表理事/中川玄洋

地元企業さんや学生さんの姿を『チャレンジ』という切り口でコンテンツ化し、発信するプラットフォーム(ウェブメディア)を創ります。訪問した方の背中をそっと後押しできるようなメディアをともに目指しましょう。

[プロフィール]
1979年5月 静岡県沼津市生まれ
2002年4月 鳥取大学大学院在学時に、現在の前身となる学生団体「学生人材バンク」を設立。代表に就任。
2008年5月 NPO法人認証取得。

団体概要

設立 2002年(2008年NPO法人認証取得)
代表者名 中川玄洋
従業員数 7名
WEB https://www.jinzaibank.net/
住所 鳥取県鳥取市湖山町北1丁目427(鳥取情報市場)