PROJECT INDEX

探してた面白い仕事が見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探す「化粧石鹸」としての販売モデルを創り出せ!


宮城県

「化粧石鹸」としての販売モデルを創り出せ!

三陸石鹸工房KURIYA(株式会社アイローカル)

このインターンは募集が終了しました。沢山のご応募ありがとうございました。

「石鹸」販路拡大を目指す新規事業スタートアップに携わるプロジェクト

新たに販売を開始する「化粧石鹸」は手作り石鹸の良さをそのままに薬事法に則った日常使いのできる石鹸です
皆さんには顧客の声を活かし新しいプロモーションを提案して頂きたいと考えています

このプロジェクトについて

【私たちの作る手づくり石鹸とその特徴とは】
・私たちアイローカルは天然素材と手作りにこだわった新しい石鹸作ってきました。
スタンダード商品/12種類の他、季節や記念日・イベント(母の日、ホワイトデーなど)に応じてオリジナル商品をそろえています。女川町のお土産として、またギフトやフレグランスとして創業以来多くの方々にご購入いただいてきました。
・弊社のメイン商品であるハンドメイドアロマ石けんは地元産のワカメ、シルク、ハチミツといった食品としても使われる天然素材を練りこんでバリエーションを出しています。特に三陸地方は第一次産業が盛んな地域であるため使用できる素材も多く、この地方に拠点があることによって競合他社との差別化が可能となっています。また無農薬栽培などの生産者のこだわりといったストーリーに共感していただくことも強みとなっています。
・自社工房で小ロットでの製造が可能なため、特注品の製造販売を拡大することができます。様々な業態の企業とのコラボレーションにより、例えばホテルのアメニティ・小売のノベルティ、結婚式の引き出物などの展開も行ってきました。様々なお客様のニーズに合わせてきめ細やかなサービスを行うことができるのです。

【みなさんにお願いしたいこと~化粧石鹸プロジェクトについて】
■「化粧品石鹸」に取り組む理由
「化粧品」と言われるとみなさんは「基礎化粧品」「メーキャップ化粧品」「シャンプー」などが思い浮かぶでしょう。どれも体を清潔にしたり、見た目を美しくしたりする目的で日常的使うもので、皮膚に直接届くものです。
日本では「薬事法」という法律の基に「化粧品」はつくられています。
2018年より当社でも「薬事法」に則った化粧石鹸を販売していくことを決断しました。
■顧客ニーズの変化に対応したプロモーションを一緒に考えてほしい
新商品は「日常使い」という観点から「効能」をしっかり伝えるなど、PRの仕方が従来の「手作り石鹸」と違ってくると考えています。そもそもお客様の購入目的も変わってくることでしょう。インターン生のみなさんには
・店舗での売り方(POPなど目に見える工夫、お客様へのご案内の仕方)
・SNSなどWEBでの情報発信の仕方
などをアンケートの実施や実際に店舗に立ってお客様の生の声を聞くことを通じて提案していただきたいと考えています。

募集要項

募集対象 大学生
期間 短期(3週間〜2ヶ月)
テーマ ものづくり小売り・流通
職種 マーケティング・広報新規事業
活動支援金 なし
仕事内容 顧客へのアンケート、店舗で実際に販売する(女川町本店、仙台市の取扱店)

【STEP1】
・事業内容・女川の地域の特性を理解する
私たちのビジネスモデルを理解するために商品の製造から販売までを一通り体験していただきます。顧客に伝えるべき価値、情報を把握してもらうことが目的です。具体的には原料調達、石けんの製造、店頭での接客業務等です。
また女川町に滞在するころで、女川町の魅力も肌で感じてほしいと思っています。
【STEP2】
・アンケートの実施
「化粧石鹸」のプロモに必用な情報は何か、実際の接客時、WEBなどを使ったアンケートで情報収集してください。
私たちの考える顧客ニーズの「仮説」をブラッシュアップしてください。
・新商品の販売実演
実際に店舗に立ち「化粧石鹸」の販売をしてお客様の生の声から「仮説」を「検証」してください。
女川本店は外からの観光客が多いので、仙台市の取り扱い店の店頭にも立ってもらい、日常使いで購入する方のニーズも集めてほしいと考えています。
【STEP3】
・新商品のセールストーク、POP・チラシの作成納品
女川本店で使うだけでなく、仙台市の取り扱い店でも使うためのものをご提案ください。
期待する成果 化粧石鹸の販売・プロモーションに必要なことは何かを見つけ出し提案してください
・POP、チラシ、などのツール
・WEB上で提供する情報
何よりも「化粧品」として石鹸を購入しようとするお客様の要望は何かを探って欲しいです
得られる経験 ・モノづくりに必要な「こだわり」「ストーリー」を体感できる
・新しい商品、企画を作る経験ができる
・実際のお客様の声を聞くチャンスがある
・都会では経験することのできない地域に根付いたビジネスの在り方、地域の人々と関わりながら事業を進めていくことの楽しさを実感できる
対象となる人 ・「ものづくり」に興味のある人
・「接客業」「知らない人でも話を聞くこと」が苦手でない人
・「今のモノをもっとよくするには!」という探求心がある人
・人が喜ぶ姿を見ることがうれしい、楽しいという人
・失敗してもチャレンジを続けられる人
活動条件 【活動期間】
2018年2月上旬~3月中旬(この間の3〜4週間程度)

【勤務頻度】
週5~6日

【宿泊】
女川町周辺での宿泊・滞在が必須(期間中の宿舎場所はこちらでご用意いたします)

【このインターンシップは、復興庁主催の「復興・創生インターン」プログラムです】
・東北内での複数のインターンプロジェクトとの集合研修(事前・事後等)を予定しています。
・自宅から現地までの交通費(往復1回分)が支給されます。
・宿泊場所は現地で準備しております。宿泊代はかかりません(シェアハウス等を予定)。
・食事代等として1日850円が支給されます。
※「復興・創生インターン」は、復興庁事業「伴走型人材確保・育成支援モデル事業」として実施します。
※「復興・創生インターン」に関するご質問・ご相談・事務手続きなどは、
統括事務局の株式会社パソナ(担当:佐々木、武田 連絡先:03-6262-6340)までお問い合わせください。
※このプロジェクト・活動内容についてのご質問・ご相談は、NPO法人アスヘノキボウ(担当:中村)までお問い合わせください。
活動場所 女川町(仙台市の販売実演も数日予定)

私たちはこんなチームです!

手づくりアロマ石鹸の製造・販売。石鹸手作りワークショップの実施。

■地元素材を活用したハンドメイドアロマ石けんの製造・販売。
「三陸石鹸工房KURIYA」というブランド名称で「香りを楽しむアロマ石鹸」をコンセプトとして訴求し、プレゼントやお土産物として「直接販売」「女川町シーパルピアの工房兼直営店舗にて販売」「卸売り販売」「特注品ギフト
※町内物産店や東京ソラマチ商店街・仙台駅前エスパル・パルコ2などに展開しているセレクトショップへの卸売り販売
■石けん手づくり体験ワークショップ開催
直営店、女川町内の多目的スペースを会場として手づくり石けんのワークショップを開催。町外からの観光客、修学旅行客を取り込むことに成功している。また石巻、南三陸町などの近隣、仙台ロフトなどへ出張して開催も。

インターン生へのメッセージ

代表取締役/厨 勝義

東日本大震災後に南三陸町に移住した代表の厨が、ボランティアコーディネーター・創業支援コーディネーターを経て2013年に創業したのが私たち株式会社アイローカルです。
震災後の被災地復興に携わる中で、地方の活性化・人口流出阻止のために必要な若者の雇用に焦点が当てられていないことに気づき、若者がいきいきと働けるビジネスモデルを構築するべく創業。 漁業・水産加工業が盛んな三陸地方で、既存にはないビジネスかつ地方のメリットを活かせる商材としてハンドメイド石けんを選択し2014年6月に法人化しました。
私たちが理念に込めた想いとは、東日本大震災を契機に、私たちは本当に必要なもの・良いものは何か、ということを改めて考えさせられました。何でも手に入るこの時代に、逆に手に入りにくいもの、それは自然の恵み・人の温もりなのかもしれません。私たちは、お客様に対して誠実に、人の手を使って作ることのできるシンプルで上質な商品を提供していきたい、と考えています。

[プロフィール]
東日本大震災後に南三陸町に移住した代表の厨が、ボランティアコーディネーター・創業支援コーディネーターを経て2013年に創業したのが私たち株式会社アイローカルです。
震災後の被災地復興に携わる中で、地方の活性化・人口流出阻止のために必要な若者の雇用に焦点が当てられていないことに気づき、若者がいきいきと働けるビジネスモデルを構築するべく創業。 漁業・水産加工業が盛んな三陸地方で、既存にはないビジネスかつ地方のメリットを活かせる商材としてハンドメイド石けんを選択し2014年6月に法人化しました。

団体概要

設立 2013年
代表者名 厨 勝義
従業員数 3名
WEB https://i-local.jp/
住所 宮城県牡鹿郡女川町女川浜字大原1番地34シーパルピア女川ハマテラス-8