PROJECT INDEX

探してた面白いプロジェクトが見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探す【選べる2タイプ!】まちづくり会社のイベンター&ライターorコンサル右腕インターン!


石川県

【選べる2タイプ!】まちづくり会社のイベンター&ライターorコンサル右腕インターン!

七尾街づくりセンター株式会社

七尾の地域ブランディング/課題解決に挑戦する”インターン生”求ム。

まちと企業の生き残りを支援する会社-七尾街づくりセンターで、七尾のブランディングを担うインターン生と、ローカルベンチャー戦略アテンダントの右腕インターン生を募集します!

このプロジェクトについて


七尾街づくりセンター”復活”のお話

七尾街づくりセンター(別称:TMO)は、第3セクター、
つまり行政と民間の両方が出資して設立&運営されているまちづくり会社です。

ここは元々、第3セクターとして地元の七尾市と商工業者によって作られた会社でしたが、
しばらく実態としては何年も機能しておらず、2017年に大きなテコ入れがありました。
それが「ローカルベンチャー(LV)戦略アテンダント」と「移住コンシェルジュ」の設置。
その2つの役職で七尾市が求人を出し、昨年10月に採用されたのが、
自身も大阪でコンサルタント会社を営む友田景さん(LVアテンダント)と、
東京から七尾の移住者である太田殖之さん(移住コンシェルジュ)です。

この2人が新しく着任した後、さらにスタッフも新たに3名雇用し、
インターン生の受入も含めて、街づくりセンターは急激に活動を進展させています。


すべては七尾の未来のために。

七尾街づくりセンターは、街の中心を流れる川沿いに建つ蔵「しるべ蔵」にオフィスを構えています。”しるべ”とは、道しるべという意味がありますが、七尾街づくりセンターはそんなしるべ蔵にあって、今後の七尾の未来の”しるべ”となるような存在を目指していきます。

七尾街づくりセンターのミッションは「10年後の七尾の経済をささえる仕組みをつくる」こと。七尾市は、人口53,000人ほどの豊かな自然資源と観光資源に恵まれた街ですが、多くの地方と同様に人口減少・過疎高齢化が激しく進む、”消滅可能性都市”でもあります。

特に地域を支える”経済”においては、年間70社以上の市内企業が廃業している現状にあり、
さらには企業や地域の担い手となる若者もまた、進学や就職を機に地元を離れたまま、その多くが転出先に留まります。

七尾街づくりセンターでは、若者が「七尾に戻りたい!」「住みたい!」と思える街を目指して、日々、市民を巻き込みながら、インターン生と一緒に様々な取り組みを行っています。


どんな仕事をしているの?

1. 「七尾の企業の課題解決&しごとの発掘」
能登の企業の多くはとりわけ”人”に関する課題をたくさん抱えています。
その中でも深刻なのが、「後継者不足」による企業の廃業。
七尾街づくりセンターでは、後継者を必要とする企業や、今後廃業の可能性のある企業に対して、後継者人材とのマッチングやその後の承継サポートを行っています。

また、市内の企業、つまり”七尾のしごと”を見える化していくことも大事な役割だと考えています。どんな企業があるのか、どんな求人があるのかを発掘し、
2018年度インターン生が中心となって「能登の人事部」HPに掲載しています。
能登の人事部HP:https://noto.work/

2. 「七尾のニュースをつくる&移住コーディネート」
”おもしろい!と思える街には、きっと人が来る。帰って来る。
だから七尾のニュースをつくって話題になることを目指そう。”

七尾街づくりセンターでは、イベントをたくさん企画&開催し、何かと話題&ニュース作りに努めて、ローカルメディア「能登半島・七尾移住計画」で七尾の人や仕事・地域を発信しています。また、七尾に興味を持って移住を考えている人には、市内案内や移住に伴うサポートも行います。
能登半島・七尾移住計画HP:http://moving770.com/


【選べる2タイプ!】こんなインターン生を募集します!

1.「七尾に話題をつくって発信する:イベンター兼ライターインターン生」
前述の通り、七尾街づくりセンターは、七尾の知名度アップ&話題づくりを目指して、
これまでたくさんのイベントを開催しニュースを発信してきました。
目指すは、「Yahoo! ニュースに取り上げられること」!!!
そこで、イベンターとして七尾の街でイベントを企画して話題をつくり、
ライターとなって七尾を発信してくれるインターン生を募集します。
参考:インターンOG生による記事はコチラ↓↓
https://www.nanao-lv.com/2018/08/18/%E3%81%95%E3%82%88%E3%81%AA%E3%82%89%E3%81%AE%E5%90%91%E3%81%86%E5%81%B4/

これまで実施した一部イベント・・・
■マニアックナイト
「◯◯◯ナイト」というタイトルで、毎回何かにマニアな人がただただ熱く語り尽くすイベント!プロレスナイト・ジブリナイト・大相撲ナイト・昭和歌謡ナイト、たこ焼きナイト….と、これまでに16回のマニアックナイトを開催してきました。
■てみるフェス
「何かをやってみる」キッカケづくりとして1ヵ月間に渡って開催した”てみるフェス”。
*ハラール食を食べてみる*楽しみながら不登校を考えてみる
*40代で集まってみる*後継者で集まってみる*100人で女子会やってみる
・・・などなど1ヵ月の間に19プログラムを実施しました。

2.「地域/企業課題の解決を支えるコンサルの卵:戦略アテンダントの右腕インターン生」
七尾街づくりセンターのミッションは「10年後の七尾の経済を支える仕組みをつくること」です。そのために、企業が抱える課題に対して様々な支援を行っていますが、本質的な課題を突き詰めて取り組むためには、事実に基づいた沢山のデータを収集・分析して、仮説を立てた上で実践することが欠かせません。

そこで、七尾街づくりセンターを牽引する戦略アテンダント・友田さんの右腕インターン生を募集します!七尾の企業/地域課題に取り組むための徹底したリサーチやデータ収集・分析、資料作成など、コンサルタントに必要なスキルを、実際の”まち”や”会社”を教材に、実践を通して学ぶことが出来ます。

募集要項

募集対象 大学生
期間 長期(3ヶ月以上)
テーマ 地域PR・メディア
職種 企画・商品開発リサーチ・コンサルティング
活動支援金 あり
活動内容 1.イベンター&ライターインターン
■STEP1.【これまでの企画を知る&サポートする】
6月に控える「第2回てみるフェス」の運営のお手伝いをします。フェスに関わる運営委員たちや地域の人と一緒に運営することを通して、地域に入り込んでいきましょう◎また、常時「マニアックナイト」を開催しているので、コンスタンスにイベントを回せる状態を目指します。

■STEP2.【自分でイベントを企画する】
七尾のニュースを作りましょう!イベントをイメージしていますが、その他「こんなことをしてみたらいいのでは?」「こんなことやってみたい!」など、バシバシ提案してくれることを期待しています。目指せ!「yahoo!ニュース掲載」!

■STEP3.【記事を書いてニュースを発信する】
七尾のニュースを発信するために、たくさん取材&記事を書いて発信します。記事がアーカイブ化されていくことで、七尾の活動の記録になっていきます。



2.戦略アテンダントの右腕インターン生
■右腕修行1.【戦略アテンダントのかばん持ち】
戦略アテンダント:友田さんのお仕事に密着します。
友田さんが抱える七尾のプロジェクト数は数知れず。
普段友田さんがどんなプロジェクトに関わり、どんなことを考えているのか、
密着しながら関係性を築いていきましょう。
また、密着をしていく中でたくさんの地域のヒトとの出会いがあるので、
徐々に地域とも関係性を築きながら地域に入り込んでいきます!

■右腕修行2.【戦略アテンダントの”戦略”を支える”リサーチ”をマスターせよ!】
様々なデータや事実関係を照らし合わせて戦略/仮説をつくる、
それが戦略アテンダントのお仕事。必要なデータを収集して分析する、
この一連のプロセスなしには戦略を作ることは不可能。
より精度・確度の高い戦略を練るために、データ収集・分析をバシバシ進めます!

■右腕修行3.【戦略を知らしめるための”伝わる資料づくり”をマスターせよ!】
戦略とは、実行する主体の行動が起きない限り、結果にはつながりません。
そのためには、戦略をいかに説得力をもって伝え、仲間や周囲の人を動かすか、が鍵。そしてそれに欠かせないのが、”伝わる資料”。右腕修行の集大成として、ヒトを動かす資料づくりを磨きます!
期待する成果 1.イベンター&ライターインターン
・七尾でのイベントを企画し、実施すること。定量目標は初回ミーティングで決定。
・「マニアックナイト」や「てみるフェス」などイベント企画のサポートをします。
・七尾の様々な話題を取り上げて記事を書き、ローカルメディアで発信すること。
2.戦略アテンダントの右腕インターン
・様々な案件に係るデータのリサーチをすること
・データをまとめて説得力のある資料をつくること
得られる経験 ・能登半島の里山里海暮らし
・地域住民を巻き込んだイベント企画~運営をする経験
・新しい働き方を実践する地方の企業で働く経験
・地域の戦略づくり/仕掛け人の考え方を知り、共に挑戦する経験
・地域でライティングを仕事にする”地ライター”の実践経験
対象となる人 ・将来は地域に入り込んだ仕事をしたい人
・まちづくりや地域活性に興味があるが、具体的に何をしたらいいかが分からない人
・戦略的にモノゴトを考えるスキルを身に着けたい人
・好奇心旺盛で、興味の関心の幅が広い人
・人と接することに喜びを感じ、支援したり手伝うことにやりがいを感じる人
・感情に流されず目の前のことをトコトンやりきることの出来る人
活動条件 ■石川県内の大学生
大学に通いながら週3日~参加可能です。
能登にいる間の滞在は、七尾市内のシェアハウスを利用することが可能です。

■県外の大学生
休学もしくはそれに準ずる学生が対象です。週3~5日から参加可能。

※宿泊施設:シェアハウス「インターンハウス七尾」
→ 15,000円/月(共同食費生活費/水道光熱費ネット代込み)
活動場所 情報処「しるべ蔵」
〒926-0048 石川県七尾市桧物町57-10

私たちはこんなチームです!

企業や移住のことならお任せ!街のよろず相談屋さんです!

七尾街づくりセンターは、七尾の中心地に建つ蔵にオフィスを構えるまちづくり会社です。
私たちのミッションは、「10年後の七尾の経済を支える仕組みをつくること」。
なぜなら資源は豊かでも、七尾は、人口減少が激しく少子高齢化が進む “消滅可能性都市”。

年間70社以上が廃業していくこのまちで、眠っている地域資源と市内企業の経営資源とを組み合わせ、雇用拡大につながる経営支援を行っています。七尾でチャレンジする企業を増やし、新たな雇用を生み出すことで、10年後の七尾の経済を支えていく。若者の人材流出と企業減少に立ち向かい、”企業とまちの生き残りを支援する”会社です。

インターン生へのメッセージ

ローカルベンチャー戦略アテンダント/友田 景

【若い力で”地域経済”を支えたい人、一緒に仕事をしませんか!】
議員時代を含め、30人以上のインターン生を受け入れてきました。若者の力で地域社会を変えることができると実感しています。理事をしていた団体は、全国最大規模の学生団体に成長しています。
次の舞台は能登七尾。消滅可能性都市である七尾市の経済を一緒に支える人を探しています。七尾をローカルベンチャーのまちにしていく。七尾の魅力を若い力で伸ばしてください!

[プロフィール]
大学卒業後、テニスインストラクターを経て、2001年に大阪府柏原市議会議員選挙において最年少・最高得票にて初当選。2005年に最高得票にて再選。

NPO法人ドットジェイピーの理事として、議員インターンシップ事業を全国展開し、全国10支部に拡大する。2007年に企業再生コンサルティング会社に入社。中小企業の事業再生や事業承継支援に携わる。2009年にベンチャーのコンサルティング会社の取締役就任。CSR経営、CSVを通じた経営支援、社会的インパクト評価(SROI)の活用による行政や企業のマネジメント改善に取り組む。2017年5月に株式会社ビズデザイン大阪を設立し、代表取締役就任。関西に拠点を移して、企業と地域の生き残り支援をすべく活動中。

2017年10月に七尾街づくりセンター株式会社のローカルベンチャー・アテンダントに就任。七尾経済の建て直しに奔走中。

団体概要

設立 平成10年8月6日
代表者名 濱 暉元
従業員数 5名
資本金 14,000,000円
WEB https://www.nanao-lv.com/