PROJECT INDEX

探してた面白い仕事が見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探すインスタ映えする地域資源再発見と訪れみてたくなるマップを作ろう


福島県

インスタ映えする地域資源再発見と訪れみてたくなるマップを作ろう

浜風きらら㈱

地域の魅力を若い感性でインスタ発信とマップ冊子製作

SNSを駆使して地域の新たな魅力発信
ユニークな解説で話題作り
訪れたくなるマップ冊子制作

このプロジェクトについて

今年4月にオープンした「浜風きらら」は福島県いわき市久之浜町にあります。
当施設から徒歩1分の距離に海岸があり、温暖な気候と心地よい海からの浜風でとても過ごしやすい場所に所在しています。

■「浜風きらら」は仮設商店街から産まれた商業施設
「浜風きらら」がある福島県いわき市久之浜町の沿岸部は、地震、津波、火災、福島第一原子力発電所の事故により甚大な被害を受けました。しかしながら、たくさんの方の支援のおかげで2011年9月に久之浜地区内の小学校敷地内に、被災地として第1号となる「浜風仮設商店街」を開設し、仮設住宅の方達と支え合うとともに、多くの来訪者に励ましをいただきました。
そして、今年2017年4月に「仮設から常設へ」の想いと努力が実り、津波被害の跡地を区画整理した場所に誕生しました。

■観光資源が沢山眠っている? 海と山が隣接する自然豊かな町の地図つくり
久之浜町は現在5000人弱の小さな地区です。
久之浜港は当施設から徒歩5分の場所にあります。原発事故の影響により、未だ本格操業に至らず試験操業の状態ですが、様々なプロジェクトが進行中で、漁業の明るい未来を作ろうと沢山の人達が尽力しています。
また近隣にある川岸からフタバスズキリュウの化石が発見され、産出地の近くにプラキオザウルスの滑り台や観覧車などがある「海竜の里センター」や、全国の恐竜ファンや化石マニアの間では由緒正しい「いわき市アンモナイトセンター」といった全国、いや世界でも珍しい施設が町内にあります。
また、周辺施設の「ワンダーファーム」や「道の駅よつくら港」と連携して、いわき市北部地域づくりに取り組んでいます。両施設の合計で年間100万人近い方が訪れていますので、相乗効果を見越したタイアップ企画を進行中です。

■“自由”で“新しい”考えを取り入れた新しい地図作り
「浜風きらら」は、町の未来のために、ひとつでも灯りをともそうと、町に住む多くの人の笑顔を増やし、子供たちの楽しい歓声が響く町を再生してゆきたいと願い、9つのテナント事業者と手を取り合い奮闘しております。
元気に、明るく、笑顔と笑顔があふれる町を目指して今年スタートラインにたったばかりの施設です。
始まったばかりで認知度が低いのが現状課題であるため、まずは沢山の方に知っていただき来客していただくことをファーストステップとして目標にしています。
そして、地元住民と触れ合い、自由で新しい感覚をもって、久之浜町全体の誘客に繋がる新しい地図を作成しましょう!

募集要項

募集対象 大学生
期間 短期(3週間〜2ヶ月)
テーマ 地域観光・おもてなし
職種 マーケティング・広報編集・ライティング
活動支援金 あり
仕事内容 【概要】
1、久之浜周辺地区の視察、調査
2、新たな観光資源の写真撮影と一言コメント作成
3、SNS発信
4. 写真をベースにしたパンフレット地図作成
【詳細】
(ステップ1)周辺の施設やお店、地区住民を対象にヒアリング調査し、現状の問題点を把握する。
(ステップ2)調査結果を活かし、発信するターゲットを検討し、SNS発信方法、マップイメージと進行スケジュールを企画立案する。
(ステップ3)企画立案で決めた内容の写真撮影と写真につける一言コメントを作成すると同時にSNS発信を行う。
(ステップ4)SNSで発信した効果や反応を検証し、紙媒体でのマップ作りを行う。
(ステップ5)浜風きららイベントやいわき市内プレゼンイベント[浜魂]にてプレゼンする
期待する成果 ・地区内で撮影した写真
・写真と独自ハッシュタグを使用してSNS発信
・写真をベースに新たな観光マップのパンフレット作成
得られる経験 1、自分たちの視点、工夫で、地域に光を当てることができるか。それを具体的に集客へと連動できるかのマーケティング全般を自らの考えで実践できます。
2、集客を目的とした街づくり全般を現場で体験できます。
3、独自視点によるインターネットでの効果測定の経験を得られます。
4. 写真撮影、文章編集、パンフレットのレイアウトなどクリエイティブワーク全般を経験できます。
対象となる人 *街つくりに興味のある方
*自分の可能性を信じて挑戦したい方
*新たな視点・発想を持っている方
*写真撮影が得意な方(スマートフォンやカメラなどの撮影ツールは必須です)
*インスタグラムをはじめとしたSNSが好きな方
*イラストレーターを使った編集業務に興味のある方(未経験も歓迎です)
活動条件 【期間】(4週間)平成30年2月26日~3月23日
【勤務頻度】期間中 週5日以上 (その他、業務時間外に毎週研修があります)
【勤務時間】9:00〜18:00 (日によって変則となります。原則8時間以内です)
【活動支援金】50,000円程度(インターン初日に25,000円+インターン期間終了後、活動日(滞在している期間の休日も含む)×850円を後日支給)
【このインターンシップは、復興庁主催の「復興・創生インターン」プログラムです】
・東北内での複数のインターンプロジェクトとの集合研修(事前・事後等)を予定しています。
・自宅から現地までの交通費(往復1回分)が支給されます。
・宿泊場所は現地で準備しております。宿泊代はかかりません(シェアハウス等を予定)。
・食事代等として1日850円が支給されます。

※「復興・創生インターン」は、復興庁事業「伴走型人材確保・育成支援モデル事業」として実施します。

※「復興・創生インターン」に関するご質問・ご相談・事務手続きなどは、
統括事務局の株式会社パソナ(担当:佐々木、武田 連絡先:03-6262-6340)、
プログラムの内容については各担当コーディネート団体までお問い合わせください。
活動場所 浜風きらら 福島県いわき市久之浜町久之浜北町52
事前課題 *福島県いわき市久之浜、浜風きららについてウェブで情報を収集
*流行の観光地のインターネットや紙媒体での発信方法の収集
*インスタ映えする写真の撮り方や流行などの動向把握

私たちはこんなチームです!

「信頼される食の提供」「笑顔をつなぐ楽しみの場の提供」「仕事(場)づくり」

東日本大震災から6年が過ぎて、ようやく仮設商店街から震災後の区画整理地へ移行するため常設施設「浜風きらら」を建設。9テナントと共に、地域のコミュニティの復活と利便性を目指し、震災で失われた地域の再生と賑わい創出をめざしている。さらなる連携を目指し、地域への集客増への取り組みを開始しています。明るく、笑顔と元気のない町は未来が暗いと思っています。笑顔あふれる町づくりを施設を通じて目指しています。

インターン生へのメッセージ

水産加工業と海竜焼店舗とデザイン業を営む三児の父/井出 拓馬

失敗を恐れないで、どんどんチャレンジするあなたを全力でサポートします。
自分以外に誰がやるんだ、という感じで気づいたら昨年起業してしまいました。浜風きららでは、フタバスズキリュウのかたちをした鯛焼き「海竜焼」店舗を営んでおります。施設周辺の方達と手を取り合って、震災から6年頑張り続けています。この機会だけでなく、長い人生の仲間として笑ってがんばりましょう!

団体概要

設立 平成26年9月1日
代表者名 高木 重行
従業員数 3人
資本金 150万円
WEB http://hamakaze-kirara.com/