PROJECT INDEX

探してた面白い仕事が見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探すオトナの女性をターゲットにした「心と体が喜ぶ」商品を開発せよ!


宮城県

オトナの女性をターゲットにした「心と体が喜ぶ」商品を開発せよ!

株式会社 ヤマウチ

開発中の商品にアイデアをプラスして女性が喜ぶ商品に磨き上げよう!

創業60年以上の魚屋の商品へのこだわりにアイデアをプラスして女性が喜ぶ商品にブラッシュアップ!自社店舗での小売・通販サイト・卸、さまざま営業ツールを使い、考え・行動し、商品を販売まで行おう!

このプロジェクトについて

■山内鮮魚店「社名:株式会社ヤマウチ」とは
昭和24年、先代が「南三陸町(旧:志津川町)」に鮮魚店を構えたことから始まりました。昭和63年に社名を「株式会社ヤマウチ」に法人化。同時に、鮮魚販売に加え水産加工品の製造に着手しました。以後、南三陸の前浜ものを加工した自社製造の水産加工品は、全国の品評会にて数々の賞を受賞しています。 現在、宮城県では南三陸の食材と無添加にこだわる食品加工メーカーとして認知され「ヤマウチ」の相性で親しまれています。

■ヤマウチの目指すもの
魚を吟味し、丁寧にさばき、時に加工し、責任をもってお客様の元へ発送する。口にしたお客様の食卓には「おいしいね!!幸せだねー♪」そんな会話が生まれる。そうして【漁師のこだわり+鮮魚店のこだわり】がプラスされた海産物は、少しだけ食卓に笑顔の花を咲かせる。当社も「おいしかった!」と言っていただくのが何よりの喜びです。だから『お客様と生産者と販売店がみんな笑顔になる』これが、山内鮮魚店にとっての「ゴール」なのです。

■新たなターゲットへ向けたチャレンジとなる商品開発
企業間競争が激しくなる中で生き残るためにも、会社全体でスタッフが自律的に商品を創造できる力を養うことが非常に重要になります。
本インターンでは、若手社員と協働して、商品のブラッシュアップをしていただきます。まず、日本最大級の食品見本市に同行して、食品のトレンドと大手メイカーから中小企業までの商品を実際に目で見て商品開発のヒントを探してもらいます。また、他の宮城の水産メーカーの営業担当者から話を聞いたり、実際にブースに立って商品導入の為に、地方の企業がどのような努力をしているか、肌で体験してもらいます。
そして、食材の選定から試作品作り、パッケージ選定、試食会、試作品のヒアリング等を通して、商品の最終的なブラッシュアップを行います。
最終的には、作成した商品販促ツールをもとに模擬商談を行い、合格すれば実際のお客様との商談に同行し、プレゼンをしていただきます。

募集要項

募集対象 大学生
期間 短期(3週間〜2ヶ月)
テーマ 食・ライフスタイルものづくり
職種 企画・商品開発営業
活動支援金 あり
仕事内容 マーケティング・商品開発・営業

【1週目】
<企業理解、情報収集>
食品見本市に同行、ヒアリング等を通じて食品トレンド調査。

【2週目】
<商品の開発>
食材の選定、試作品作り、パッケージ選定。

【3週目】
<試食会(中間発表会)・営業ツールの作成>
試食会の開催、試作品のヒアリング、商品の最終調整、商品を売るためのツール(プレゼン資料・アレンジレシピなど)作成。

【4週目】
<模擬商談・商談>
模擬商談、実際のお客様との商談に同行しプレゼン。
期待する成果 商品の開発・営業ツールの作成・商談の成立
得られる経験 ・商品開発から製造、流通・販売までの一連の経験
・チームで一つのものを作り上げる経験
対象となる人 ・行動力のある人
・人とのコミュニケーションが好きな人
・チーム協働を実践してみたい人
活動条件 【勤務期間】
2018年2月9日〜3月9日
【勤務頻度】
月曜から金曜日までの週5日
【勤務時間】
9:00~17:00
【宿泊】
南三陸町宿泊・滞在が必須(※宿泊場所は受入地域で準備)

※このインターンは復興庁の「復興・創生インターン」として行われます。
・家から現地までの交通費(1往復分)
・現地での宿泊費(全額)
・支援金(850円/日)
が支給されます。

また、事前・事後研修を東京にて予定しています。
活動場所 株式会社ヤマウチ
御前下オフィス
事前課題 有り(詳細はエントリー時に説明)

私たちはこんなチームです!

『手造り・保存料無添加』にこだわった水産加工品や南三陸のおいしい海の幸を、日本全国へ。

私達は故郷の「恵み」を活かし、素材の「本質」を探究し、保存料無添加の食品づくりを実践しています。親潮と黒潮がぶつかる世界三大漁場「金華山沖」に近い東北屈指の漁場を要する宮城県北部、南三陸町(みなみさんりくちょう)。そこでは、山々からのミネラル豊富な雨水が内湾に流れ出し、魚介類に最適な海水を造り出しています。弊社では、この場所で水揚げされた豊かな海の幸の良さを活かし、保存料や着色料を一切使用しない「化学調味料無添加」の水産加工品を製造しています。
弊社は昭和24年、先代の山内正一が宮城県本吉郡南三陸町(旧志津川町)に鮮魚店として店を構えた事から始まりました。そして昭和63年、商号を鮮魚店から「株式会社ヤマウチ」に。本格的に水産加工品の製造販売に着手。以来、地場産物の良さを最大限に活かした水産加工品として、全国の水産加工品品評会にて数々の賞を受賞。
私達が伝えたいこと、それは毎日口にする食の本当の豊かさです。私達はこれからも故郷の恵みを活かし、素材の本質を探究し、安心安全な食品づくりを実践して参ります。

インターン生へのメッセージ

代表取締役/山内 正文

当社の原点は「地元」にあります。

当社では、3つの経営理念を定めています。1つ目は「ふるさとの恵みを活かし、素材の本質を探究し、安全、安心な食品づくりを目指す」ということ。2つ目は「ふるさとの自然を愛し、限りある資源を活用し、住みよい地域づくりを目指す」ということ。そして3つ目は「お互いに向上心を持ち、素直な心で、夢を語れる仲間作りを目指す」ということです。当社の原点は「地元」にあります。食材も、人も、地元の良さを伝えながら営業していきたいと考え、この経営理念を作りました。経営理念を作ることによって、会社自体も変わることができたと思っています。理念にそった経営を行うためにはどうすればよいのかを常に考えるようになりました。迷った時には一度理念に戻って見つめ直し、考えるようにしています。理念に戻って考えることで、会社の方針がぶれないのではないかと思います。これは、私だけの考えではなく周りの仲間から教わったことでもあります。

[プロフィール]
生鮮品や水産加工品の製造販売を手掛ける。地産地消によって、トレーサビリティを保持し、安全な食をお客様のもとへと届ける。また、地元企業として雇用機会の創出に使命感を持って取り組んでいる。南三陸町の復興に向けた取り組みを継続しつつ、これからも昔ながらの家庭的な食品の提供に努めていく。

団体概要

設立 昭和63年 (創業昭和24年)
代表者名 山内 正文
従業員数 47名
資本金 2000万円
売上高 5.5億円
WEB http://www.yamauchi-f.com/