PROJECT INDEX

探してた面白い仕事が見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探す日本の課題・交通弱者を救う新移動サービスを開発せよ!


宮城県

日本の課題・交通弱者を救う新移動サービスを開発せよ!

有限会社山藤運輸

町の運送会社の挑戦!貨客混載システムで過疎地の移動手段を革命する!

震災により住居の高台移転を余儀なくされた町で、交通弱者にやさしい移動手段を若手経営者の右腕として開発し、社会課題の解決を目指す。

このプロジェクトについて

■山藤運輸は地域のニーズを汲んで宅配便や引越し事業を行い、震災後は復興需要に応える形で物資・機材の輸送を担ってきました。また、南三陸の循環型社会づくりの取り組みに賛同し、液体肥料の輸送・散布事業など新規事業の開拓にも取り組んでいます。
しかしながら復興需要は今後数年で収束に向かうことが確実であり、町の人口減やAIによる車の自動運転の発達など、経営環境の大きな変化にさらされています。一方で、高台に住居を構えることを余儀なくされた高齢者らは、公共交通の貧弱さに不便さを感じており、使いやすい移動手段の整備が急務となっています。


■山藤運輸では、新たな地域交通の仕組みづくりプロジェクトの中核となる2つのテーマについて、それぞれにインターン生を募集します。
1つ目は、南三陸町における貨客混載輸送の利用予測シミュレーション。
2つ目は、地域の移動ニーズの調査とサービスモデルの提案。

現在、南三陸町では公共交通機関の便数が1時間に1本以下であり、22時以降はタクシーすら走っていないなど、交通における不便さが課題としてあげられています。今後は人口減少と高齢化が進行することから、日々の買い物、通院、外出を支える移動手段の確保が課題となってくることが予想されます。
山藤運輸は地域に密着した運送業者として、独自の輸送網を持っていることを利用し貨客混載型の交通システムを開発することで、社会課題解決の可能性を探っています。貨客混載のシステムが構築されれば、南三陸の交通の利便性が向上するほか、他の地域へのスケールアウトも期待できます。
利用予測のシミュレーションでは、公共交通機関の利用人数や運行ルート、山藤運輸の配達ルートなどを元に、貨客混載に必要な設備の提案、ルートや料金設定などを行い、事業計画を立てる上で必須となる利用者数の予測を行います。また、地域の移動ニーズ調査とサービスモデルの提案では、地域の方々の移動ニーズをヒアリングやアンケートで明らかにし、地域の実情に合致したオンデマンド型の移動サービスの検討・提案をしていただきます。インターン生2人の力を合わせ、利用者にやさしくも事業継続性のある移動サービスの確立を目指します。

■物だけではなく人も繋ぐ経営者が見据えるビジョン
山藤運輸の代表取締役である佐藤克哉さん。彼は運送業が地域にどう貢す献べきかを常に考え、同時に、職場環境の改善や社員のモチベーション向上にも注力をしています。震災前は家業があまり好きではなかったという克哉さんですが、いまでは南三陸町が町の将来ビジョンとして掲げる「いのちめぐるまち」の伝道師として、「運ぶ」というキーワードで様々な人や物をつなぐ、地域になくてはならない事業家となっています。

募集要項

募集対象 大学生
期間 短期(3週間〜2ヶ月)
テーマ 地域小売り・流通
職種 エンジニア・プログラマーリサーチ・コンサルティング
活動支援金 あり
仕事内容 貨客混載システム構築のための情報収集とデータの分析。
移動サービスモデル提案のための移動ニーズ調査。

【1週目】
<基本情報のインプット、情報収集>
●山藤運輸の企業理解
●南三陸町に対しての地域理解
●与えられているミッションと課題の構造理解
●自分がプロジェクトに必要だと思う情報の収集

【2週目】
<情報収集>
●地域住民に交通に関してのヒアリング調査
●他地域の貨客混載システム事例の調査
●南三陸町の交通に関するデータの分析

【3週目】
<情報処理、レポート作成>
●これまで集めたデータの分析
●貨客混載のシミュレーションの実施
●考察結果のレポート作成

【4週目】
<結果考察、発表>
●算出結果の考察
●発表資料作成
●シミュレーション結果の発表
期待する成果 ・南三陸町の貨客混載システムの構築
・南三陸町に最適な移動サービスモデルの提案
得られる経験 ・過疎地域の貨客混載の模擬実験や検証の経験
・人の思いを引き出す傾聴のトレーニング
・社会課題の解決に対する向き合い方
対象となる人 ・大学で社会工学などを専攻している人
・住民インタビューやアンケートの実施によるニーズ調査に興味のある人
・過疎地の交通利便性の改善に興味がある人
活動条件 【勤務期間】
2018年2月9日〜3月9日
【勤務頻度】
週5日以上(40時間/週)
【勤務時間】
8:00~17:00
【宿泊】
南三陸町宿泊・滞在が必須(※宿泊場所は受入地域で準備)


このインターンは復興庁の「復興・創生インターン」として行われます。
・家から現地までの交通費(1往復分)
・現地での宿泊費(全額)
・支援金(850円/日)
が支給されます。

また、事前・事後研修を東京にて予定しています。
活動場所 山藤運輸事務所内・M-LAB
事前課題 有り(詳細はエントリー時に説明)

私たちはこんなチームです!

南三陸の血液役である誇り。

1980年創業。宅配便や、建設関連の輸送、廃棄物運搬、引越しなどを行う運送会社。南三陸町バイオマス産業都市構想の中核をなすバイオガス施設・南三陸BIOで生成される液体肥料を、農地に運搬散布する事業も担い、地域密着での事業展開を行っている。

インターン生へのメッセージ

代表取締役/佐藤克哉

地域の課題を知り、本気の仲間と出会い、自分ゴトとして未来を考える。

当社はアットホームな雰囲気の地域密着の運送会社です。地域密着の『運ぶ』ことを通じて、人々の暮らしや産業を支えています。一方、高台移転に伴い、地域では人々の暮らしに必要な交通が課題となっています。当社が町内ににめぐらせている貨物の輸送網を利用し、貨客混載型の交通システムを開発することで、三方良しのビジネスモデルを確立します。
『運ぶ』ということの本質は、人の想いを『つなぐ』こと。『運ぶ』コトを通じて地域の課題解決に共に挑戦してみませんか。課題先進地の南三陸町、この地での課題解決への挑戦は社会課題解決のロールモデルになると確信しています。地域の人の想いや課題を知り、地域課題に自分ゴトとして向き合う、またとない機会になると思います。地域の課題解決に共に挑戦しましょう。ぜひ皆様の参加をお待ちしています。

[プロフィール]
宮城県南三陸町出身。東京で営業、設計、生産管理業務の経験を経て、2009年に帰郷し同社に入社。ドライバーとして現場から経験を積み、2017年4月に代表取締役就任。合同会社MMR、㈱南三陸さんさんマルシェの役員を兼務。南三陸町総合戦略推進委員。

団体概要

設立 1988年4月
代表者名 佐藤克哉
従業員数 30名
資本金 1000万円
売上高 4億円
WEB http://www.yamafuji-unyu.com/