PROJECT INDEX

探してた面白い仕事が見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探す伝統工芸品のデータの分析とニーズの掘り出しで、店舗経営プロジェクト。


福井県

伝統工芸品のデータの分析とニーズの掘り出しで、店舗経営プロジェクト。

株式会社フクイモール

和紙や漆器に刃物。技(ワザ)を受け継ぐ600人の職人を救え!!

伝統工芸品の販売店で行う経営力の腕試しインターン!工芸品の売上強化のため、データ分析と顧客ニーズの掘り出し&店舗の収益性改善を目指すインターン。最終日の売上目標:前年同日比:20%UP!!

このプロジェクトについて

はじめまして!株式会社フクイモールの佐々木と申します。
福井のため。福井の伝統工芸を後世に残していくために、私たちはひとつの取り組みをしています。
ぜひ、この取り組みを加速させるために、力を貸してください!


【福井の伝統産業を一同に!】

2011年、今から6年前。
「福井の伝統工芸を守っていくために、工芸品を一同に販売する場所をつくろう!」という思いのもと、
<越前倶楽部>をオープンさせました。

当時、県内にはそのような店舗がひとつもありませんでした。
そのため、正直なところ長く経営していけるのかとても不安でした。
駅前でも観光地でもない。
地元の人がメインターゲットのショッピングモールで、地元の伝統工芸品を販売する。

オープンから6年。実際のところどうなのか?

・・・残念ながら、当初の目標実績にあと今一歩のところで届いておりません。



【担い手がいても解決しない!伝統工芸をつなげていくため必要なもうひとつのこと!】

それは、商品を売ることです。
このハードルがとても高いと、最近気付かされました。

その気づきは、<越前倶楽部>の経営を改善するため、
職人さんにお話しを伺った時にありました。


佐々木 :「より売れる商品を販売するために、職人さんたちのこだわり、聞かせてください!!」
職人さん:「全然ないですよ。”作品”と”商品”は別やでのぉ。」
佐々木 :「え?どういうことですか?」
職人さん:「自分の好きなものをつくり、見てもらうのが”作品”や。」
職人さん:「生活のために作るのが”商品”や。でも、俺らは売り方がまったくわからん・・・。」
佐々木 :「そうなんですね・・・。”商品”のほうにはこだわりは全くないんですか?」
職人さん:「そやぁ。僕らも生活あるでぇ、”作品”だけじゃのぉ・・・。」
職人さん:「ほやでぇ、どんな商品つくったら売れるんか教えてやぁ~)」


私はこの時、衝撃でした。
固定概念で、<職人=こだわりがあって、そのこだわりはいつ何時でも貫く!>ものだと・・・。

でも違ったのです。

今回のインターンシップは、ほんとに最近お聞きできた、
この現実に対するチャレンジです!!



【今の<越前倶楽部>の課題は2つ】

1:マーケティング

インターンシップ生には店舗の売上等のデータを全部開示します!
まだまだ、まだまだ活用できてないデータを分析し、
店舗のレイアウトや、商品の仕入れ数など、ぜひ、提案をしてください!


2:お客様のヒアリング

期間の最終週に、店舗敷地内にて、
<お客様のニーズをヒアリングするためのプチイベント>を行っていただきたいと考えています。
そのイベントをどのようにすればよいのか、考えていただきたいです。
そしてもちろん、当日のイベント運営もお任せいたします!



この2点を、インターン生にやっていただきたいと思っています!!

店舗運営の戦略からイベントの運営まで、
<越前倶楽部>の未来をあなたたち学生にゆだねます!!

募集要項

募集対象 大学生
期間 短期(3週間〜2ヶ月)
テーマ 文化・伝統産業小売り・流通
職種 販売・接客職人・ものづくり
活動支援金 あり
仕事内容 ● STEP1:1週目
・ショッピングモールと、実際に運営する店舗の見学
・売上データを参考に改善点の洗い出し
・伝統産業の現場見学
⇒越前和紙・越前漆器・越前焼・越前打ち刃物・若狭塗り箸 etc...

●STEP2:2,3週目
・イベントの企画立案
・データ分析からの店舗改革

●STEP3:4週目
・店舗イベントの実施・運営(1~3日間)
★★イベント開催日の売上を、前年比で20%にしていただきます!★★

・最終発表
⇒イベント(売上)の成果報告
⇒店舗改革の内容の報告
⇒今後の店舗運営に対する提言


※店舗イベントは土日での実施を想定しています。
(その週に関しては、平日を休みにするなどし、休日の調整いたします。)

※店舗の売上データ等、通常公開していない情報を全て開示いたします!
インターンシップ生だからと言って、中途半端に関わっていては成長もないと考えます。

あなたの全力で、このカリキュラムに挑戦しにきてください!
期待する成果 現状の店舗データと、お客様の声を活かした、今後の店舗経営の施策立案。
得られる経験 ● 実店舗での経営者としての経験
● 売り上げデータの分析
● イベントの企画と運営
● 伝統工芸の職人さんとの交流
対象となる人 ・福井県外在住者(出身は県内外どちらでもOK)


こんな学生、歓迎♪
※ 伝統工芸に興味がある人
※ 経営に興味がある人
※ 店舗運営に興味がある人
※ 小売業に興味がある人
活動条件 活動頻度:週5日
(原則、月~金。イベント等により土日祝に代替の可能性あり)

活動時間:10時~18時(お昼休憩有)

宿泊施設:弊社にて手配(ルームシェアやゲストハウスを想定)

交通手段:電車 or 自転車 or バス

活動支援金:3万円/1人

受入期間:1ヶ月間(2018年2月中旬~3月中旬)
活動場所 福井県福井市大和田二丁目1212番地
( エルパ(ショッピングモール内)の事務所 )
事前課題 ・全国の伝統工芸品の売上額(例:●●焼の一年間での総売上額)
・後継者問題の現状と解決策(実績)

これらの調査をしてもらえると、売上20%UP の成功につながると思います!
ぜひ、調べてきてください!

私たちはこんなチームです!

伝統工芸品の需要再発見

伝統工芸品を取扱うことで下記の3点を目指します。
1.存 続
永い歴史に育まれた工芸品を今一度生活の中で使っていただき、100年後も存続できる工芸品であるように目指す
産地、後継者、店舗いずれもがそれぞれの役割を担い存続できる仕組みを確立する
【ものづくり(産地)→販売(店舗)→収入増(後継者)→ものづくり…の循環】

2.立 証
工芸品の販売が市場から必要とされる業務であることを立証すると共に、創意工夫により伝統工芸品を通じて商売として成立させる事が可能であることを証明する

3.誇 り
古来より続いてきた地元福井県の工芸品の存在を、より多くの福井県民に認知していただく事で地元への誇りをもっていただき、更にはそれらに関わるスタッフ自らが郷土愛と誇りに溢れた人物へと成長することを目的とする




●写真の紹介

<Lpa(エルパ)の写真:左>
日本全国で唯一イオンが県、福井県。
その地で、最大級のモールの中にある店舗経営をお任せいたします!

<店舗写真:右>
地元の人が集まるショッピングモールで、地元の伝統工芸品を販売する!県内初の取り組みは、現在で7年目になります!

インターン生へのメッセージ

業務担当取締役/佐々木 国雄

商売は、ご近所の方にご愛顧いただけないようでは成立しない。
地域の方にとってより良い商品、サービスをご提供する事で結果として売上がついてくる。
常に「三方よし」の精神で、売り手よし、買い手よし、世間よしを実現するべく精進する。

この気持ちを、今も昔も大切にしています。

この気持ちに賛同してくれる学生、お待ちしています!

[プロフィール]
二度の甲子園出場経験がある、高校球児。
大学卒業後、新卒でエルパ(今回の店舗が入っているショッピングモール)を作るための開発会社に入社。オープン後から現在まで、一貫してモールの運営に関わっている。

団体概要

設立 1998/4/1
代表者名 業務担当取締役/佐々木 国雄
従業員数 10名
資本金 100,000千円
売上高 258,000千円
WEB http://www.lp-lpa.co.jp/enterprise/
住所 福井県福井市大和田二丁目1212番地