PROJECT INDEX

探してた面白い仕事が見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探す「八幡浜市地域おこし協力隊」のインターン ~海の家を拠点に、持続可能な浜辺の地域づくり活動を一緒に考えて開発しよう! ~


愛媛県

「八幡浜市地域おこし協力隊」のインターン ~海の家を拠点に、持続可能な浜辺の地域づくり活動を一緒に考えて開発しよう! ~

海の家「浜辺のDEN」

この地域でずっと楽しく暮らし続けるために『楽しいこと』を考えよう!

毎年海水浴客でにぎわう隠れた夏場のスポットに、海の家をオープン!若い世代もここで楽しく暮せる地域をつくり、人が集まる交流拠点になるよう持続可能な未来を考える「八幡浜市地域おこし協力隊」のインターン。

このプロジェクトについて

海の家がある喜木津・広早地区は、人口190人弱の小さな浜辺の集落です。毎年海水客でにぎわうけれど、飲食店などこれまで何もありませんでした。
そんな地域に生まれ育った地元の若者が、縫製工場だった地区所有の木造倉庫を活用して去年海の家がつくられました。

その海の家は、昨年7月・8月の43日間営業で、レジ通過者数でのべ2,000人を超える来客数がありました。
メインの商品のかき氷は、愛媛が生産高1位を誇るキウイフルーツを使っての特製キウイシロップや、無添加シロップのかき氷。海の家だからフランクフルトやジュースを出したり、パラソルやシャワー・更衣室を提供したり。初めてながら、海の家運営がしっかり行われました。

関わるスタッフは、みんなボランティア。人を雇うことを考えず、空いているときに楽しいことをしたい!という仲間が集まって、シフトを組んで、7月・8月はほぼ毎日営業できました。
地域のみんな、それぞれ仕事をしながらも、空いている時間を使って複数のことをやる「複業」として、海の家の運営をはじめ楽しいことができるんじゃないか!と動き始めています。

そして、今年は行政が主導して、この地域の集落活動をサポートする地域おこし協力隊が募集されるようになります。
地域に一人でも多くの人が暮らすようにしていきたい、という過疎地域の思いはあるけれど、地域外から来る人に何をやってもらえばいいのだろう? その人が暮らしていくために、この地域で「こんなことができるよー」と見せていきたい。

まず来てもらって、地域の仲間になってもらって、夏には海の家を手伝ってもらって、いっしょに楽しく暮らしていきたいと思う。
そうやって、地域外から人を受け入れていくために、地域として何をするべきか。何を考えるべきか。一緒にできることは何か。動きながら考えていきたいと思っています。

そこでこのインターンシップでは、インターンという形で実際に地域外から人を受け入れてみて、海の家の活動をはじめ、地域活動をどう一緒にできるのか考えていきたいと思っています。
またイベントなども企画して、一緒にやってみる。今年は、今流行のSAP(サップ)などの体験プログラムも新たに行いました。そうやって、浜辺の楽しい地域活動を考えながら、そこから「稼ぎ」につねげられるものがあるのかどうか。移住してきた人が暮らしていけるようになることや、現在取り組んでいるこの地域活動が持続可能な形で続けていけるようになるための道も考えていきたいと思います。

このインターンシップでは、インターン自らの経験がひとつの事例として、次に来る新しい人やインターンを受け入れる地域の方々に活かされていきます。

「出会いは一瞬・出会えば一生」

あなただけのインターンシップ体験を、地域や次にくる人への架け橋として活かしてみませんか?ご応募お待ちしております。

募集要項

募集対象 大学生社会人
期間 短期(3週間〜2ヶ月)
テーマ 地域新しいお金の流れ
職種 企画・商品開発リサーチ・コンサルティング
活動支援金 なし
仕事内容 「八幡浜市地域おこし協力隊」のインターン。
持続可能な海の家運営に向けての環境整備と仕組みづくり!

海の家のお仕事を手伝いしながら、浜辺のDENメンバーや地域の人々と関係をつくり、海水浴に訪れす方が今後も利用できるように「持続可能な海の家運営」に向けての環境整備と仕組みづくりを開発します。

あなたが開発した環境整備の仕組みができれば、実践してみて、メンバーや訪れる方の声を聞きながら、仕組みを磨いていきます。また浜辺の楽しい地域活動も考えながら、そこから「稼ぎ」に繋げられるものがあるのかどうかも今回の肝。移住してきた人が暮らしていけるように、また現在取り組んでいるこの地域活動が持続可能な形で続けていけるようになるための道も一緒に考えていきます。
そして成果として、来年度の日本財団「海と日本プロジェクト」のサポートプログラムに申請できる事業内容を作成します。
そんな活動を行いながら、インターン終了後も浜辺のDENの皆様のお役に立つような取り組みを展開していくこと、また「八幡浜市地域おこし協力隊」に応募するなどを期待しています。

●来年度の日本財団「海と日本プロジェクト」のサポートプログラムに申請する事業内容をブラッシュアップする
●地域外からの新しい人財の受け入れに向けた仕組みづくりと持続可能な海の家運営について検討する
●海の家の一連の業務を行ない、業務内容について記録を残す
●海の家を持続可能な運営をする為に、業務マニュアルを作成しする
●集落や周辺地域に暮らす人々から地域情報を収集しまとめる
期待する成果 ●来年度の日本財団「海と日本プロジェクト」のサポートプログラムに申請する事業内容をブラッシュアップする
●地域外から来る人財を受け入れ、活躍できるようにしていく仕組みをつくるヒントが得られる
●海の家の持続可能な運営に向けた仕組みをつくるヒントが得られる
●自らの経験を踏まえて、海の家業務のマニュアルができあがる
●集落や周辺地域の情報が収集されている
●浜辺のDEN初のインターン生として事例を残す
得られる経験 ●「八幡浜市地域おこし協力隊」にエントリーする前に体験できる
●浜辺のDEN初のインターン生として実績を残す経験
●瀬戸内海の海辺の集落における地域づくりに携わる経験
●海の家業務に従事する経験
●人財育成に関わる仕組みづくりに携わる経験
●中山間・過疎地域に住み、働く経験
対象となる人 ●「八幡浜市地域おこし協力隊」にエントリーを考えている方
●地域の方を尊重し、一緒に考え物事を進められる方
●喜木津の現状に共感して取り組める方
●地域づくりや地域イベントなどに携わりたいという人
●海の家での販売・商品開発に携わりたいという人
●農山漁村で暮らしてみたいという人
●人財育成や人財コーディネートに関わる仕事をしたいという人
活動条件 ●活動時間・休みは、相談の上決定
●参加費:98,000円(宿泊代・保険代等込み)
活動場所 愛媛県八幡浜市保内町喜木津
事前課題 ●全国の海の家の事例について調べ把握する
●海の家を拠点に取り組める企画・イベントなどのアイディアを10個考える
●日本財団 海と日本PROJECTの内容を把握する
http://www.nippon-foundation.or.jp/what/grant_application/programs/marine_day/

私たちはこんなチームです!

地元若手の住民主体まちづくりグループ!楽しく活動していきます!

去年からオープンした海の家「浜辺のDEN」を拠点に、今年もさらに発展させて活動を展開したいと考えています。
地元の人間だけじゃなく、地域外からも人を受け入れて、一緒に活動していきながら地域の未来を考えていきたいと思っています。
仕事のような、遊びのような、でも真剣に、楽しく!ただのボランティアで終わらない、持続可能な新しい地域活動・地域づくりを模索していきます。
私達の「いなかベンチャー」な取り組みに参加したい!そして、地域に貢献したい!という方をお待ちしています。

<喜木津の紹介>
喜木津地区では、八幡浜市中心部から約9Km、車で20分の瀬戸内海に面した小さな集落です。
歴史的には、吉田藩の会場交通の拠点とし栄えた時期もあり、この規模の集落にしては、立派な神社とお寺も残っています。

平成17年に小学校が閉校となり、20年には農協の事業所が閉鎖、25年には地域で唯一だった小売商店も惜しまれながら閉店し、
現在では約50世帯、人口100弱の限界突破集落です。
仕事や買い物には車で市内中心方面へ出掛けるため、地域の中で出歩く人を見掛ける事も減ってきており、活気が失われつつあります。

しかし、毎年夏になると喜木津地区外から多くの海水浴客が喜木津の浜辺に訪れます。
学校が夏休みに入れば市内の中高生が自転車に乗って、週末には若者や家族連れがやって来て、海水浴や砂浜遊び、波止場からの飛び込みを楽しんでいます。

インターン生へのメッセージ

代表/永井 孝志

30歳を機に大好きな地元に帰って来て、普段は病院の事務職として働いている中、
昨年、市の「市民提案型まちづくり事業の補助金」を利用して、「海の家」をオープンさせました。

人口減が進むこの地域ですが、毎年夏になると、どこからともなく人がやってきて海水浴を楽しんでいます。
なのに周辺にはお店がない、自販機もない、何もない。。。
とりあえずジュースやお菓子、アイスぐらいは売れないかと考えていたところ、「かき氷」にたどり着きました。

2年目の今年は、海開きイベントを開催して「海の家」がスタートします!
かき氷のメニューをブラッシュアップしたり、今流行のSUP体験を取り入れたり、
夏が終わっても継続した営業が出来ないかと考えたり、、、。
そういった ”自分が楽しめる事” を一緒作り上げましょう!!

将来の夢ややってみたい事があれば、それを短期間でも実践できるフィールドはあります!
経験や実践を積みたいなら、ミッションを用意します!!

団体概要

設立 2016年7月
代表者名 永井 孝志
従業員数 4
WEB https://www.facebook.com/hamabenoden/
住所 愛媛県八幡浜市保内町喜木津