PROJECT INDEX

探してた面白い仕事が見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探す日本一高いホタテを活用し、ブランドを担う新商品を開発せよ


岩手県

日本一高いホタテを活用し、ブランドを担う新商品を開発せよ

有限会社ヤマキイチ商店

ヤマキイチ商店が誇る「泳ぐホタテ」を活用した新商品を9品開発する

高級ギフトやふるさと納税の返礼品として人気の泳ぐホタテ。三陸・水産の復興に燃える二代目と共に、泳ぐホタテを活用した新商品を開発し、その美味しさ・楽しみ方をさらに広げる挑戦をしてもらいます。

このプロジェクトについて

■特徴1:全国の根強いファンが毎年心待ちにしているホタテ
ヤマキイチ商店は1989年に創業し、三陸のわかめ販売からスタートしました。地元の方から依頼され、たまたま地域で大量に余ったホタテを販売することになった際に、「市場には新鮮な本物のホタテが流通していない」ということを目の当たりにしました。「海で水揚げされたばかりの新鮮なホタテの美味しさを全国のみなさまにお届けしたい!」という想いが「泳ぐホタテ」の原点です。そこからは試行錯誤の連続で、ホタテの管理から発送の仕方までとにかく実践しながら追求し、箱を開けたら泳ぐほど新鮮な「泳ぐホタテ」が誕生しました。
東日本大震災では甚大な被害がありましたが、課題が山積みだった三陸の水産業をゼロから作り変えるきっかけにしなければいけないと思い、三陸・水産の復興を目指しています。お客様に笑顔になってもらうために感動できる商品を提供し、生産者には更に良い物を作ってもらえるよう浜に利益を還元する。そうすれば浜が潤い地域全体で自分達の仕事、ふるさとに誇りを持つことができる。その誇りや自信からよりよい商品が生まれ、お客様に幸せを運ぶ商品をお届けすることができる。このような本来あるべきサイクルが、被災地や日本の未来を変えていく礎になると考えています。

■特徴2:「泳ぐホタテ」に新たな価値を創り出す
泳ぐホタテはネットを通じて購入する方が多く、社内には全国から届くたくさんの手紙が飾られています。その手紙には「感動は忘れられません」「大騒ぎでした」等、通常のホタテでは考えられない言葉が並びます。管理から流通にまで徹底的にこだわったホタテだからこそ、贈る人にも贈られた人にも喜ばれています。
しかし、2代目となる君ヶ洞専務はまだ満足していません。もっと多くの人にこのホタテを味わって欲しい。釜石に来た観光客にも三陸の食材を発信していきたい。そんな想いから泳ぐホタテに加工・調理を施した商品開発をスタートし、これまでに9つの商品案が出来ました。また、行政と連携して加工・調理場の建設に向けた準備をしています。今回のプロジェクトでは、まだアイデア段階の商品案を実際に試作し、地元料理店や地域消費者の声を聞きながら改良を重ね、泳ぐホタテブランドを担える新たな商品を9品完成させることを目指してもらいます。

■特徴3:三陸の海の幸の素晴らしさを知ってほしい
泳ぐホタテは、生産者である漁師と卸業者であるヤマキイチ商店が対等の関係で互いに切嵯琢磨することで初めて生まれます。万人受けを狙うのではなく、ヤマキイチ商店ができることを突き詰めた商品です。そのためスーパーで購入するホタテと比較するととても値段は高いですが、その価格に見合う商品であると自信を持って言えます。今回開発する商品もヤマキイチ商店のホタテの価値を感じてもらえるものにすることを目指し、商品を通じて多くの人に三陸の海の幸を届けたいと思います。

募集要項

募集対象 大学生
期間 短期(3週間〜2ヶ月)
テーマ 農林水産・6次産業食・ライフスタイル
職種 企画・商品開発マーケティング・広報
活動支援金 あり
仕事内容 泳ぐホタテを活用した商品案の試作とブラッシュアップを繰り返し、9品の新商品を生み出す

【STEP1】
●企業理解、商品理解(1週目)
・現場作業の補助をしながらヤマキイチ商店のこだわり、提供価値を理解し、顧客の想いを知る
(ヤマキイチ商店が誰にどのような価値を提供していて、その価値をどのようにして保っているのかを現場で深く理解する)

【STEP2】
●商品案の試作とブラッシュアップ(2〜4週目)
・企業側で想定している商品案(9品)の試作とブラッシュアップ
・地元の料理店に協力を依頼し、調理のアドバイスや商品案へのフィードバックを得る
・9品とは別に新たな商品を考え出し、提案する
・企業が想定する9品+自ら考えた商品の試食会を社内で開催し、開発を進める商品候補を絞り込む

【STEP3】
●開発した商品のお披露目&試食会の開催(5〜6週目)
・地域の方20名ほどを招待して、開発した商品のお披露目&試食会を行う
・試食会でのヒアリングやアンケートをもとに商品の改良を行い、9品を決定
・将来的な商品化(製造)に向けて材料や工程をレシピにまとめ、引継ぎ

※催事、イベント等がある際には専務に同行して出張し、開発した商品のテスト販売を実施
※日々の活動をSNSで発信
期待する成果 ・泳ぐホタテを活用した新商品を9品開発する
得られる経験 ・高価格商品の価値(なぜ商品がその価格で売れるのか)を深く理解し、自分の考える付加価値をカタチにできる経験
・水産業の専門家とともに食品開発、改良を実践する経験
・PDCAを繰り返し目標に向けて行動する経験
対象となる人 ・自ら仮説検証を繰り返し、目標達成に向けて主体的に行動できる人
・日常的に調理を行っており、食事や食品への興味が旺盛な人
活動条件 【期間】
平成30年2月上旬~3月下旬(最低1ヶ月間、最大2ヶ月間) ※それ以降は長期に切り替え

【活動頻度】
週5~6日(平日1〜2日休み)

【活動時間】
9:00~18:00(※基本はこの時間ですが、催事対応等によって変動があります。)

【宿泊】
釜石市周辺での宿泊・滞在が必須(※宿泊場所は企業側で準備)

【このインターンシップは、復興庁主催の「復興・創生インターン」プログラムです】
・東北内での複数のインターンプロジェクトとの集合研修(事前・事後等)を予定しています。
・自宅から現地までの交通費(往復1回分)が支給されます。
・宿泊場所は現地で準備しております。宿泊代はかかりません(シェアハウス等を予定)。
・食事代等として1日850円が支給されます。
※「復興・創生インターン」は、復興庁事業「伴走型人材確保・育成支援モデル事業」として実施します。
※「復興・創生インターン」に関するご質問・ご相談・事務手続きなどは、
統括事務局の株式会社パソナ(担当:佐々木、武田 連絡先:03-6262-6340)までお問い合わせください。
※このプロジェクト・活動内容についてのご質問・ご相談は、NPO法人wiz(担当:八田 連絡先:intern@npowiz.org/090-1931-5683)までお問い合わせください。
活動場所 岩手県釜石市 ヤマキイチ商店内(催事の際の出張可能性あり)
事前課題 有り(詳細はエントリー時に説明します。)

私たちはこんなチームです!

三陸、漁師、日本の食卓をあるべき姿に

当社は浜から揚がったものをお客様にお届けする卸会社ですが、生産者を知り、お客様を知る当社だからこそ、考えるべきこと、実行しなければならいない使命があります。

三陸という恵まれた海に育まれ、どこにも負けない海の幸。それを大切に懸命に育んでいる漁師さん達を信頼し、いつも暖かい言葉で応援してくれるお客様がいること。そのことを胸に、新鮮で本物の海の幸を食べていただきたいという思いで日々取り組んでいます。

小さな会社だからこそ、我々にしか出来ないことに磨きをかけ、今後も一人一人のお客様に喜んで笑顔になって頂けるように、日々の務めを妥協することなく励んでまいります。

インターン生へのメッセージ

専務取締役/君ヶ洞 剛一

「ホタテ屋は自分の天職であり、使命」
震災を経験して、お客さまから無償の愛を感じました。お手紙やお電話で励ましの言葉をたくさんいただきましたし、道路状況が悪い中で心配して様子を見に来てくださったお客さまもいらっしゃいました。お陰様で、またこうして最高品質のホタテをお届けすることができるようになリました。

継続しておいしいホタテを届けていくためには、三陸の水産業の仕組みづくりも深く考えていかなければなりません。生産する人、加工する人、販売する人、料理する人など、それぞれの道を極めたプロの人達が、お互いに協カして切嵯琢磨していくことで、お客さまが最高に喜んでいただける商品が提供できるはずです。

インターン生と共に挑む新しい取組みを通じて、想いを共有し共感し合える方々と繋がっていきたいと考えています。

[プロフィール]
三陸釜石泳ぐホタテ屋の二代目。2001年大学卒業後、百貨店での勤務を経て2007年より家業を継ぐべくヤマキイチ商店に入社。モットーは、商品を通じて心の底から笑顔になって頂ける商人(あきんど)であり続け、更に成長するべく、人間力を磨く事。

震災をきっかけにブログを始め、復興や三陸・水産への想いを発信している(ブログ「あるべき姿に」→http://ameblo.jp/tk530514/ )

団体概要

設立 1989年10月1日
代表者名 君ヶ洞 幸輝
従業員数 7名
WEB http://www.yamakiichi.com/
住所 岩手県釜石市平田第6地割83-9