PROJECT INDEX

探してた面白い仕事が見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探すめざせ冬期の集客アップ!シーズナリティー特化のペルソナと具体的プランを作成!


福島県

めざせ冬期の集客アップ!シーズナリティー特化のペルソナと具体的プランを作成!

松島屋旅舘

冬は旅館の勝負どき!まずはじっくりペルソナ作成、そしてプラン立案へ

冬、お客様の足が遠のく理由とは?お客様の本当のニーズは?旅館の通常業務体験や町歩き、ヒアリングを通じてそれらの課題解決に挑戦。シーズナリティ特化のペルソナ作成からプラン提案までに取り組みます。

このプロジェクトについて

■特徴1:震災前・震災後の飯坂温泉、松島屋旅舘
東北地方でも有数の古湯である飯坂温泉。摺上川を中心とした街中に、いくつもの温泉旅館が軒を連ねます。震災前、松島屋旅舘のメインユーザーは首都圏からのご家族連れのお客様でした。しかし震災後はそれが一転。復興関連業務の従事者の方々が多くなり、復興がますます進む今後を考えると、どのような層のユーザーを惹きつけるべきか、もう一度、柔軟かつ斬新な切り口でブランディングを構築する必要に迫られています。
具体的には、ペットと泊まれる客室、滞在スケジュール提案型のホームページ作成、数十種類から選べる浴衣など、さまざまなサービスを考案し続けています。それでも、松島屋旅舘の打ち出すブランディングと、これからめざすべき方向性とが本当にマッチしているのか、常に模索中です。

■特徴2:柔軟な視点、新しいアイディアを本気で受け止める
突き抜けたものを作りたい。松島屋旅舘がブランディング戦略で大切にしていることです。しかしそれは実際、これから取り込むべきユーザーのニーズに合っているのか。若い人たちから見て方向性は正しいのか。現状のブランディングの改善点は何なのか。それらを経営側の立場ではない視点から見つけ出し、改めて新しい提案をしてくれるインターン生の力を必要としています!
みなさんが真剣に出してくれたアイディアを全力で受け止め、できる限り反映させたい。大人の本気を見せたいと思っています。

■特徴3:観光業をきちんと産業化する
たとえば観光は、単に娯楽で終わっていないか。その地域の文化や歴史を学ぶためだけになっていないか。本当にめざすべきなのは、経済と地域とを活性化するツールとしての産業です。廃業旅館の新しい活用法なども考えていかなければいけません。松島屋旅舘のブランディング構築をする中で、データを分析したり、数値化したり、経済効果を考えたりするノウハウを学び、観光業をきちんと産業化する力の素地を養ってもらいたいと考えます。

募集要項

募集対象 大学生
期間 短期(3週間〜2ヶ月)
テーマ 観光・おもてなし起業・経営支援
職種 企画・商品開発リサーチ・コンサルティング
活動支援金 あり
仕事内容 まずはじっくりとシーズナリティー特化のペルソナを作成します。それにあった宿泊プランを提案してください。
作成したプランは実際に旅館のホームページに掲載します!

【取り組み1】(1~2週目)
●旅館を知り、地域を知る。そこからじっくりとペルソナ作成
・通常業務を体験しながら旅館業の基本的な流れを理解する
・飯坂温泉の町を歩き、地域の特徴や魅力、課題を見つける
・お客様や従業員、地域の方などにヒアリング
・シーズナリティに特化したペルソナを作成し、検討を繰り返す
・社内に向けてのプレゼンテーション(2週目の終わり)

【取り組み2】(3週目)
●ペルソナに基づいたプランを企画・検討
・ペルソナのスペックをさらにブラッシュアップ
・作成したペルソナにマッチする宿泊プランを作成し、検討を繰り返す

【取り組み3】(4週目)
●ホームページで宿泊プランを公開
・宿泊プランを完成させる
・ホームページでの公開の意義を多角的に考える
・実際にホームページ上にアップ
期待する成果 ・松島屋旅舘のブランディングの再構築
・シーズナリティー特化のペルソナ作成経験
・旅館の宿泊プランの作成経験
・今までにない視点から、飯坂温泉や松島屋旅舘の問題点を提起
得られる経験 ・旅館ユーザーの声や地域の現状から、福島の今の姿を知ることができる
・一つの企業を経営的目線から分析することができる
・旅館業の実態を知ることができる
・コミュニケーション力を鍛えられる
・シーズナリティに特化したペルソナの作成経験
・旅館の宿泊プランの作成経験
対象となる人 ・家業を継ぐことを考えている人
・地域の人やお客様など、さまざまな人から話を聞き、従業員には聞き出せないようなことも聞き出せる人。
・収集した一次情報を分析し、問題点や改善点を見つけ出せる人
・素直に話を聞き、柔軟に対応できる人
・基本的なPC操作ができる人
活動条件 【インターン期間】2018年2月18日(日)~2018年3月17日(土)の4週間
※3月3日〜4日は、地域コーディネーターや他のインターン生と共にリフレッシュ研修を行う
【勤務頻度】週5日以上(40時間/週) ※応相談

【勤務時間】
9:00~18:00(※基本はこの時間ですが、実際は日によって様々)

【宿泊】
【勤務頻度】週5日以上(40時間/週) ※応相談

【勤務時間】
9:00~18:00(※基本はこの時間ですが、実際は日によって様々)

【宿泊】
松島屋旅舘での宿泊・滞在が必須

【このインターンシップは、復興庁主催の「復興・創生インターン」プログラムです】
・東北内での複数のインターンプロジェクトとの集合研修(事前・事後等)を予定しています。
・自宅から現地までの交通費(往復1回分)が支給されます。
・宿泊場所は現地で準備しております。宿泊代はかかりません(シェアハウス等を予定)。
・食事代等として1日850円が支給されます。

※「復興・創生インターン」は、復興庁事業「伴走型人材確保・育成支援モデル事業」として実施します。

※プログラムの内容については担当コーディネート団体(一般社団法人
Bridge for Fukushima)までお問い合わせください。
■一般社団法人Bridge for Fukushima
■mail:bff_internship2017@bridgeforfukushima.org
■tel:024-503-9069
活動場所 福島市飯坂町/松島屋旅舘内、飯坂温泉街周辺
事前課題 あり(詳細はインターン開始までにお伝えします)

私たちはこんなチームです!

100%源泉の豊富ないで湯と、地元の素材を活かした料理でおもてなし

福島の名湯・飯坂温泉にあり、遠くには吾妻連邦の山々を、お部屋からは摺上川の清流を望む旅館です。無色透明の100%源泉、旬の地の食材を盛り込んだ料理が自慢で、東北自動車道からや福島駅からのアクセスの良さもポイントです。数十種類から選べる浴衣、工夫を凝らしたお風呂、こだわりグルメプラン、ペットと泊まれるお部屋などのサービスなども充実。お客様の満足をとことん追求しながら、すべての従業員が心のこもった対応をしています。

インターン生へのメッセージ

取締役/高橋美奈子

観光産業は関連する裾野が広くお客様に「衣・食・住」を提供します。地産地消や歴史、文化、防災教育や高齢化社会への対応も含めた「総合政策」であり、地域づくりとも繋がっています。福島の小さな旅館のブランディングに携わっていろいろな経験をしてみませんか?

[プロフィール]
1967年福島県郡山市生まれ。
地方銀行勤務を経て、2002年松島屋旅舘・高橋宏幸(現在)代表取締役に嫁ぎ同社に入社。
事業構想大学院大学・観光まちづくりプロジェクト研究員等を経て現在に至る。

団体概要

設立 明治初期創業
代表者名 高橋宏幸
従業員数 社員4名(役員を除く)、パート5~6名(季節により変動あり)
資本金 4,000万円
売上高 1億4,000万円
WEB http://www.matsushimaya.co.jp
住所 福島県福島市飯坂町湯野字切湯ノ上14番地