PROJECT INDEX

探してた面白いプロジェクトが見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

東北エリア担当コーディネーター

合同会社 巻組

出る杭、つくります。

団体紹介

《巻組について》

巻組は、3.11の震災後にボランティアとして学生時代から宮城県石巻市にきていたデザイナー・建築が集まって立ち上げたプロジェクトファームです。地域内外の事業者とパートナーを組み、地域にビジネスを生み、不動産付加価値を高める活動を行っています。

宮城県石巻市は、3.11東日本大震災で東北最大規模の被害をだしました。同市は大きな被害をだすほどに、三陸沿岸で2番目に大きな人口規模を有する自治体でもありました。そんな街に、2011年から1年間でのべ28万人のボランティアがやってきました。彼らの一部には、その後もこの街に残って支援を続ける人、あらたな地域経済をうみだそうと生業をつくって暮らし始める人がいました。

震災後、石巻の地域経済は復興に伴う建設業で支えられています。そうした中で、20年先も持続可能な地域をつくる為には、地域経済そのものをリノベーションする人材が必要です。

石巻の基幹産業は、一次産業・製造業・小売り等ですがそうした産業の多くは、「家業」であり、持ち家に住み、親世代の商売を販路も同時に引き継ぐというものでした。このあり方は、次世代が家業の継承をやめると購買力の高い若い人口が流失し、その結果魅力的な商品を発信する事業者が減り、街に魅力が足りなくなるという悪循環をうみます。また、持ち家は、20年後には空き家になり、賃貸市場にのらずに放置されてしまいます。


巻組は、こうした悪循環をうむ地域社会のあり方をリノベーションします。
古民家や個人商店をリノベーションして、賃貸をつくり新しい生業をつくる。

このことにより、イノベーティブな人材が流動するシェア型のライフスタイルを地域社会に根付かせて行きます。


〜〜〜〜〜

《巻組があなたを巻き込む、地域ベンチャー企業×デザイン思考×実践型インターンシップ》

クリエイティブ で解決できない課題はない、と巻組は考えています。
そこで、震災後の石巻で地域から新しい価値を創造し、発信しているベンチャー企業のリアルなビジネスの現場をフィールドに、企業がかかえる課題解決を「デザイン思考」で解決する「東北クリエイティブアカデミー」を立ち上げました。プロジェクトでは、ベンチャーマインドあふれる石巻の企業で学生・企業・巻組がチームを組み、現実にある課題を解決することで「デザイン思考」を実践で磨きます。地方だからこそのフィールドでプロセスからアイディア実現までリーダーの右腕として関わり、ビジネスで生きる力を育みます。


クリエイティブやデザインというと、例えばチラシやロゴマーク、webサイトなどの「おしゃれなビジュアルで整理された情報」というイメージだけが先行していませんか?または、クリエーターやアーティスト、デザイナーなどの特別なスキルを持った人達の崇高な技術に見えていませんか?

デザインは、「課題解決のプロセス」です。
一見明確でない課題や価値を再定義して創造的に解決する「デザイン思考」は、ビジネスの現場でこそ活きる課題解決力そのものです。

デザインやクリエイティブ に馴染みがない方でも、ビジネスやマーケティング、企画・プロデュース・情報発信などに興味のある方にも是非チャレンジしていただきたいプログラムが「東北クリエイティブアカデミー」です。もちろん、大学でデザインやクリエイティブを学んでいる方も大歓迎です。

クリエイティブ の力をビジネスのフィールドで試してみませんか。

ココに注目!

1
デザイン思考×地域ベンチャー×インターン

リアルな「ビジネスの現場」で創造的な課題解決を実践します。

2
数々のおもしろベンチャーに出会えるまち、石巻

3.11震災後〜今までの新規創業・新規事業数はなんと80以上!震災後日本でいちばん、数多くのソーシャルベンチャーが立ち上がったまちと言えます。

3
巻組はクリエイター兼コーディネーターです

日々地域でデザインやクリエイティブ を実践している巻組がインターンシップの伴走支援を行い、学生×企業×巻組のチームで課題解決に挑みます。

団体概要

設立 2015年3月6日
代表者 渡邉享子
WEB https://www.makigumi.org/
アクセス 《JR石巻駅から徒歩10分》

東京ー仙台 約1時間半
関西ー仙台(空路) 約1時間
仙台ー石巻 約1時間)
住所 宮城県石巻市中央2丁目3-14観慶丸ビル2階