インターンシップ情報

古い建物を蘇らせるリノベーション事業・「杜の都のハウスシェフ」の構築プロジェクト!
株式会社 菅誠建設工業(スガセー)
2015/04/15 更新
シェアハウスとビンテージビルのリノベーションに取り組み、ビジネスモデルを磨こう!
シェアハウスとビンテージビルの劇的ビフォー・アフター!に取り組み、スガセーの
リノベーションブランド=「杜の都のハウスシェフ」を盛り上げていってください!
HPやSNSでブランド発信、仲間づくりにも取り組みます!

募集要項

○ リノベーションとは?○
リノベーションは、これまでのリフォームとは異なります。
デザイナーがデザインしたリフォームのことだと解する人もいますが、
つくり手や住まう人のコンセプト・想いに基づいた魅力的な付加価値をつけ、
これまでより価値の高い建物に再生・刷新していくことだと捉えています。

○ 菅誠建設工業とは?○
愛称はスガセーといいます。新築やリフォームを中心に、建設業をしています。
現在、「杜の都のハウスシェフ」というリノベーションブランドを、インターン生と
協働で立ち上げています。

スガセーの経営理念は、「ずっと幸せな家づくりを通して明るく豊かな地域創りに
貢献すること」です。

地域の人々が、笑顔で楽しそうに暮らしている未来を想像しながら、家づくりという
仕事に携わる私達こそ、その役割を担っているということを重く受け止めています。

長い目で見、考えながら、最良の住環境を提供し続けたいと思っています。
こうした想いが、105年にも及ぶ会社の歴史を支えてきました。

2014年4月より、インターン生と一緒にリノベーション事業を立ち上げています。
古いものを大切に使って環境に寄与すること、付加価値を付けることで家賃を
しっかり取り続けられる物件に蘇えらせること、居住者によりゆたかな心で
暮らしを楽しんでもらうことを目指しています。

今後とも、幸せで快適な生活環境の創造を通して社会に貢献していきます。

○ リノベーションの意義 ○
私たちが取り組むリノベーションには、人や環境をゆたかにする意味があると
思っています。

放っておけば解体されてしまう建物は、その古さをこそ歴史という魅力に変えて
活かされていきます。

大家さんは、賃貸事業をやる上で、思いもよらない費用対効果を得られます。
また、そんな素敵な建物のオーナーであるという嬉しさにも包まれるでしょう。

そこに住む人は、自己充足や誇り・遊び心を持って、ゆたかな心で
楽しく暮らすことができます。

「スクラップ&ビルド」(建てては壊す)を繰り返してきた日本の近代建築文化に
別れを告げることで、地球環境への負荷を減らすことができます。
そして、そのようなよりよい地球環境を、未来の子どもたちにつないで
いくことができます。

そんな、みんなが幸せになれる、やりがいのあるプロジェクトを一緒に創って
いけたらと思っています。

○ スガセーのリノベーションブランドを構築する仲間を募集します! ○
スガセーのリノベーション事業は、「杜の都のハウスシェフ事業部」が担って
おり、「アパート部門」・「シェアハウス部門」・「ビンテージビル部門」の
3部門があります。

今回は、このうち、「シャアハウス部門」・「ビンテージビル部門」の構築を
中心に取り組みながら、アパートのリノベーションについても、新規顧客の
獲得に向けて動いていきます。
また、スガセーのリノベーションブランド=「杜の都のハウスシェフ」の
ブランディングやその魅力の発信にも取り組んでいただきます。

1期生の佐藤君が、「杜の都のハウスシェフ」ブランドのHP、Facebook、
ブログを立ち上げてくれています。
まだまだ発展途上なので、あなたの感性で磨いていき、ブランドの成長と
ともに充実させていってください。
SNSを駆使したコミュニティづくりもお任せします。

「シェアハウス部門」・「ビンテージビル部門」の構築、「アパート部門」の
営業強化に加え、ブランディング広報にチャレンジしていく、やり甲斐と
ワクワクに満ちたプロジェクトです!

プロジェクトの流れ、アウトラインはありますが、具体的な中身や進め方に
関しては社長と共に考え、試行錯誤を重ねながら改善していってください。

若い力・感性を発揮して、自由な発想で思い切りやっていただけます。
また、そういう気概のある方と一緒に仕事のできることを楽しみにしています。


※スガセーは、2014年春、「いぐする仙台」に取材を受けました。是非見てください。
http://igusuru.com/6496.html

▲1期生の佐藤大輝君が外装リノベーションを
手掛けた、リノベーションアパート第1号!
社長と大輝君(右)です。
(撮影は2期生の富田さん)
「熟成ハウス・大輝(たいき)」と命名されました!

▲2期生と社長でラジオ出演しました!

▶期待する成果 ●シェアハウスの運営ルールの改善や集客のしくみ化ができること。
●ターゲットに合った提案方法や営業ツールの改善、新規作成をすること。
●シェアハウスやアパートリノベーションの営業を進め、お客さまを獲得すること。
●「杜の都のハウスシェフ」のコンセプトを磨き、ブランドづくりを進めること。
●HP、SNSでブランドの魅力を発信し、ファン・仲間づくりをしていくこと。
▶仕事内容

菅誠建設のインターンシップは、今回の募集で3期目になります。
1期・2期の成果を糧に、シェアハウス事業の構築やビンテージビル事業の開拓、
広報・ブランディングに取り組みます!

これまで、1期2期の先輩は、次のようなことをやってくれました。

【1期】
・「杜の都のハウスシェフ事業部」の立ち上げ
   (インターンシップの配属事業部となります。)
・アパートの外装リノベーションのデザインコンテストの企画・実施
  「熟成ハウス・大輝(たいき)」が完成しました!
・HP・フェイスブックの新規立ち上げ&情報発信

【2期】
・シェアハウス部門の立ち上げとルール作り、入居者募集要項の作成
・シェアハウスの外装リノベーションのデザインコンテストの企画・実施
  デザインは決定し、2015年春から着工予定です!
・シェアハウスの内装リノベーションのデザインや家具・家電等のチョイス
※2期生の富田理恵子さんが手掛けたシェアハウス1号(熟成ハウス「トミリエ」)
  は2015年5月に完成予定です!
・各種講演会、ラジオ出演等による広報活動

いずれも半年間でやる遂げることの目標を立て、主体的に取り組んだ成果です。
3期目の学生さんにも、目標が設定されます。
先輩たちがそうであったように、勇気を持って取り組み続ければ、ワクワクする
ような達成感を味わうことが出来るでしょう。

【今回は、3期生を募集します!】
建築の場合、事業が構築されても、それが継続されないと意味がありません。
3期目の学生さんには、現在進行中のシェアハウスの継承と運営、5階建てマンション
の外装リノベーション計画、新規シェアハウス獲得を中心に取り組んでいただきます。

より具体的には、
①まず、2期生の富田さんからの引き継ぎを行います。先輩インターンの成果を吸収
 したうえで、新しい階段を登っていただきたいです。

②2015年5月にリノベーション完成予定のシェアハウス1号「トミリエ ハウス」の
 入居者募集に取り組みます。富田さんとも相談しながら進めます。

③シェアハウスの運営ツールを引き継ぎ、実際に運営にあたっていただきます。
 運営が始まると、様々な改善点が出てくると思います。その場しのぎの対応では
 なく、根本解決を考え、運営ルールやしくみを洗練させていってください。
 年に数回、シェアハウスでイベントを開催する予定なので、その企画・実施も
 お任せします。

④一軒家のオーナーさんに、シェアハウスへの転換(リノベーション+不動産活用)
 をおススメする提案ツールの作成に取り組みます。
 それを持って社長と一緒に、オーナーさんのところに出向いていきます。
 できるところから提案も任せていきたいと思います。提案ツールは必要に応じて
 改善していってくださいね。

⑤ビンテージビルの外装リノベーションのデザイン企画をお任せします。
 1・2期とも、デザインコンテストを開催し、見事デザインを手に入れています。
 自分にないものは他からもらえばいい!どんなコンテストならスガセーブランド
 にぴったりなリノベーションデザインが得られるでしょうか?
 果敢にチャレンジしてください!

⑥アパートのオーナーさんにもリノベーションの提案をします。提案ツールは、
 1期生の佐藤君が作ってくれています。これを持って、社長と一緒に営業に出向い
 ていきます。オーナーさんの声を活かし、ツールの改善もお願いします。

⑦佐藤君が、「杜の都のハウスシェフ」のHP、SNSを立ち上げてくれましたが、
 コンテンツづくりや効果的な発信まであまり手が回っていません。
 ブランドの伸びに沿って、中味を充実させていってください。
 「杜の都のハウスシェフ」が手掛けるリノベーションの魅力をより多くの方々に
 届けていただきたいと思います。

これまで積み重ねてきたことを整理・強化しながら、新しいことに挑戦し、
スガセーのリノベーションブランド「杜の都のハウスシェフ」事業を共に盛り上げ
ていきましょう!社長の右腕として、若い力に期待します!

▶得られる経験 ●社長と一緒に新事業を強化・構築していく面白さや充実感
●シェアハウスの入居者募集や運営、サービスのパッケージ化を担っていく経験
●社会でも通用するコミュニケーション・営業力(社長直伝!)
●お客さまのニーズに沿った提案資料やイベント(@シェアハウス)を創るチカラ
●自分で作成したツールを使って提案し、見込み客を獲得していく達成感
●ブラディング広報、SNSでコミュニティーを盛り上げていくワクワク感
▶対象となる人 ■人のつながりが深まる空間づくり、シェアハウスづくりを考えてみたい人
■社長と共に、新しいビジネスモデルやルールをつくっていきたい人
■シェアハウスの運営方法を整理し、営業同行でお客さまに紹介してみたい人
■ブランドの強化、広報に取り組んでみたい人
■HPやSNSのコンテンツ企画・運営にチャレンジしたい人
▶事前課題 ①あなたが考えるリノベーションの価値を提案してください。既存の考え方を踏襲する必要はなく、
 あなたの発想、切り口で自由に価値を見出し、伝えてください。
  ※パワポかワードで作成してください。必要に応じ、出典先を明記してください。
  ※価値を提案するのに、3つ以上、事例を用いて述べてください。
   事例は、HPや雑誌を調べればたくさん出てきます。
   写真をコピー&ペーストしてもいいですし、URLを張り付けてくれてもいいです。
   雑誌の写真をコラージュしたり、チラシや冊子等の実物もOKです(面談時に
   お持ちください)。
②シェアハウスの先行事例を調べ、あなたが面白い、斬新だ、こんなシェアハウスだったら住み
 たい!etcと思うシェアハウスを3つ以上紹介してください。そう思う理由も分かりやすく示して
 ください。写真等も活用し、タイプが重ならないよう留意ください。
 ※パワポで作成してください。必要に応じ、出典先を明記してください。
▶期間 2015年3月中旬~9月中旬(スタートから6ヵ月間) ※開始時期は応相談
▶活動条件 学期中:週3日以上 (週18時間以上)
休暇中:週4日以上 (週24時間以上)
※勤務時間は授業との調整が可能です。
 例)9:00~14:00の6h×3日や13:00~18:00の5h×4日など
 詳しくは担当コーディネーターにご相談ください
▶活動場所 事務所:仙台市青葉区川内亀岡町48
(バス停「川内亀岡」より徒歩3分ほど)
▶活動支援金 有り(他に、交通費実費支給)

受入団体紹介

菅誠建設の経営理念は、
「ずっと幸せな家づくりを通して明るく豊かな地域創りに貢献する」
ことです。

今回のプロジェクトでは、アパート部門の営業強化とデザイン関連の
アイディア出し、シェアハウス部門の立ち上げ等に取り組み、
ずっと幸せな家づくりに、よりクリエイティブな発想で貢献して
いきたいと考えています。

創業としては106年を迎えました。現在の代表は4代目です。

1代目の創業当初は、土建業を営んでいました。

2代目がお風呂の煙突のレンガを積んだり住宅を手がけたりするうちに、
戦争の建築需要に伴って東京へ転出しました。 

3代目(現社長の父)で仙台に戻り、現在に至ります。
戻った当初は、工場の営繕や土木工事、仮設ハウス業、各種修理を中心に
営んでいました。
忙しい時は、家族みんなで手伝いながら進めていくという、家族経営でした。

4代目の私(現社長)は、高校の建築科を卒業したら家業を手伝うように言われて
おりましたので、なんの反発もなく素直にこの道に入りました。
それから、鉄骨の仕事やビルの新築なども手がけるようになりました。
現在は、リノベーション事業、木造の新築、リフォームが中心となっています。

▲リノベーションの社員研修で京都に行きました
2期生さん(中央)も一緒です。
3期目はディズニーランドとのウワサ・・!

株式会社 菅誠建設工業(スガセー)
▶事業内容:
新築・リフォーム・リノベーションを
中心とした建設業
▶設立:1976年 (創業106年)
▶代表者:菅原 清秀
▶従業員数:4名 + インターン生+大工さん11名の仲間・連携業者約40社
▶資本金:1億円
▶売上高:1億4千万円
▶HP:http://www.sugasei.com/

経営者・スタッフ・インターン生からのメッセージ

▶経営者からのメッセージ

さあ、われらが未知をゆこう!

インターン生となった皆さんは、菅誠塾の塾生として、外装リノベーションや
シェアハウスのように目に見える仕事を完結した時の達成感や、仕事を通して
幸せになっていく人々とのワクワクするような関わり合いを通して働く意義を
学び成長し、社会に通用する人材となって巣立っていくことになります。

この経験は、就職や起業するときに、必ず役に立ちます。

杜の都のハウスシェフの理念:「私たちは、ずっと幸せに暮らしたいという
万人の想いをかたちにします。」
この理念のもと、皆さんが実践をしてくれたら、どんな幸せな世界が広がるで
しょうか。

何年かのちに、それぞれに活躍するみなさんが、一堂に会し酒を酌み交わして
いる様子を想像すると楽しみでなりません。

是非、それぞれのインターン生の事業成果を未来へ繋いでいって下さい。
そして、新しい事業構築をみなさん自身の成長の糧にしていただければ、
うれしく思います。

一緒に夢を語り合いましょう。

▲お世話になったお客さまとは、
「一生のお付き合いを」と思っています。

現在、菅誠建設を「うちの大工さん」と言って
いただけるお客様に支えられています。

今後も、何かあればご連絡をいただけるような
関係づくりを大事にしながら、日々精進していこう
と思っています。
このような想いを持った我々と一緒に、
トレンドを興しながら、スガセーのリノベーション
ブランドである「杜の都のハウスシェフ事業部」
(熟成ハウス)を強化・構築していく仲間を
募集します!

代表取締役 /  菅原 清秀
昭和32年5月8日生まれ(酉年)
高校の建築科を卒業後、菅誠建設に入社
現在に至る。
趣味:山登り

▶スタッフ/インターンのメッセージ

みんなが笑顔になれる暮らしを一緒に作りませんか?
リノベーション事業部長(東北学院大学経済学部3年)/ 富田 理恵子
私にとってインターン生活は、今まで体験したことの無い場面にたくさん出会い、毎日が
驚きの連続でした。壁にぶつかり、四苦八苦する事もありましたが、この経験の中で
多くの学びを得ることができました。
インターンを始めるにあたり、不安な事があるかもしれません。しかし、社長やスタッフ、
ワカツクのコーディネーターの方々が支えてくださるので、半年間を全力で駆け抜ける
ことができます。
仙台をもっとワクワクさせたい方、学生の間に貴重な経験をしておきたい方など、お待ち
しております。
あなたもスガセーの一員になりましょう!

リノベーション事業部長として働きませんか?
インターン1期生。東北大学経済学部3年(当時)/ 佐藤 大輝
新事業の立ち上げを中心となって行う経験は、学生という枠を超え、社員としての自覚と
責任を持ちながら働くことを教えてくれます。
また、社長や従業員の方々、ワカツクのコーディネーターの方々が常に全力でサポートを
してくださるので、伸び伸びと仕事に取り組むことが出来ます。
将来起業したいと考えている方、若いうちから会社で中心となって働きたい方、学生の間に
貴重な経験をしておきたい方など、是非一緒に仙台の未来をより良くしましょう!

↓私が立ち上げたFacebookページです。
https://www.facebook.com/sugaseihousechef

一緒に取り組めるのを楽しみにしています。
事務担当/ 菅原 真弓
「職人さん」という言葉で、あなたは何を思いますか?修行、きつい、給料が安い、大変等々。
では、職人さんの仕事を間近で見たことがある方はいますか?
私は47才でこの仕事を手伝い、生まれて初めて家ができる様子を一から見ました。
たくさんの職人さんの、技術や思いが集まり完成することに感動し、建てて20年が経つ我家を、
何故もっと大事に扱わなかったか反省しました。
また、家以外、身の周りにあるすべての物にも、作り手の思いがあるのです。
一つ一つ見渡したときに、感謝の気持ちがうまれました。

学生の皆さんには、これまで体験してこなかった世界に触れて欲しいと思いますし、
そこから何かを感じていただければいいと思います。

担当スタッフから一言

インターン1期からずっと担当してきて、今回3期目の募集ということで感動もひとしおです。
今はまだ2期目での途中で、新規立ち上げから1年経っていないのに、シェアハウス事業が
力強く構築されており、企業さんと学生さんのコラボパワーを実感しています。
1・2期生から想いを引き継ぎ、あなたの手で「杜の都のハウスシェフ」ブランドをさらに
盛り上げていってください。
途中でつまずいても大丈夫。社長と一緒に試行錯誤しながら事業を構築していってください。
そんな学生さんと企業さまを私も精一杯サポートします!
社会に出ても通用する、思考力・行動力やアイディアをかたちにするチカラがつくと思います。

▶事前に調べておこう
リノベーションの考え方(リフォームとの違い)、リノベーションの事例、競合のHP、
リフォーム事業(フローは似ています)、シェアハウスの現状・運営例、マーケティング、
営業の基礎、HP・SNSを駆使して情報発信・集客する方法、など。
分かりやすい本・雑誌も出ているので、自分に合うものを探して読んでみてください。

インプットはアウトプットするための肥やしのようなもの。
自分で考えて生み出すこと、行動していくことを大切にしてください。

担当コーディネーター 簗瀬裕子

このインターンシップに関心がある方は、まずはお問い合わせください。

このインターンに問い合わせする

ページトップへ