インターンシップ情報

アセローラで地域活性!若者たちの新たな挑戦
農業生産法人 株式会社アセローラフレッシュ
2014/06/19 更新
小さな町で生まれた美ら果実物語~若者たちの新たな挑戦~
沖縄県の本部町にサトウキビ産業に代わる新しい産業をという想いで、はじめたアセローラの6次産業。
より多くのお客様へアセローラを届け、人々の健康や地域に貢献したいと思っています。
そのために、あなたの力をお借りして、イベントなど様々な仕掛けをし、国内外にアピールするのが今回のプロジェクトです。

募集要項

「みなさん、アセローラを知っていますか?」
沖縄県本部町で太陽の光をたっぷりと浴びた小さな赤い果実。
実は果物の中でビタミンC含有量が№1!
1粒に、なんとレモンの約34倍ものビタミンCが含まれています。
アセローラは人々の美容と健康に貢献するすごい果実なのです!
そんなアセローラで本部町を活性化させようと仕掛けたのが、アセローラフレッシュの先代社長です。

「アセローラをサトウキビに代わる『本部町』の基幹産業に」
この想いから、1989年より本部町でスタートしました。先代社長の想いは妻と子どもたちが受け継ぎ、アセローラ産業のパイオニアとして成長してきました。
アセローラフレッシュは生産➡加工➡販売の第6次産業事業を推進しています。地域の農家さんとも連携し、本部町の活性化に取り組んできました。


今では、県内で「本部町=アセローラ」といわれるほど認知度も上がり、アセローラ商品は生産が追い付かないほど人気となりました。
さらに多くのお客様に提供できるよう、生産・加工部門の整備が進み、供給量の増加が可能になりました。残る課題は、販売部門です。
今まではB to Bの卸売が基本で、直接お客様と関わる機会が少ないことが悩みでした。
お客様に直に関わりたい!新鮮なアセローラを味わってもらいたい!この想いをカタチにし、B to Cに力を入れたプロジェクトを始動します!

「街中で歩く人がコーヒーではなく、アセローラジュースを飲んでいる未来を」
そんな熱い想いと柔軟な発想を持つのが販売担当の並里康次郎です。創業25年という節目を迎えた今、これからの世代につなぐアセローラフレッシュの新たなチャレンジが始まります。販売担当者の右腕となり、一人でも多くの『ファン』を増やして本部町の活性化に挑戦するインターン生を募集します。



アセローラファンを増やす6つのプロジェクト(通称:ロクプロ!)がこちら!

▼月1回のイベント企画
アセローラの魅力を発信する、楽しいイベントをどんどん企画・提案してください。
そして、アイディアをカタチにして、イベントの運営を行っていただきます。

▼飲食店クーポンの企画・運営
飲食店と提携できる、クーポンの作成から運営をお願いしていきます。
あなたのセンスを活かしてクーポンを作成し、飲食店へ営業活動をしていただきます。
目標は本部町内に50店舗、やんばる域内に100店舗の飲食店と提携することです。

▼パーラー出店 
県内各地のイベントにパーラーを出店します。
出張アセローラで新鮮なアセローラを県内全域でアピールして、新しいファンを獲得してください。

▼月1回の団体客誘致
アセローラフレッシュでは、「アセローラ狩り」など観光商品にも力を入れています。
本部町にある直売店に団体客を誘致し、県外・海外のお客様に直接アセローラを提供
していただきます。お客様と直接関わることで、アセローラの魅力を伝え、お客様の声を
聞いてください。それが、これからの新商品作りやイベントに活用されます。

▼Facebookで1万いいね!
当社の事や、当社商品を全国にアピールする事が目的です。
有益な情報を提供して、ファンを拡大させてください
1万人のファンを作り、1万いいね!を目指します!

▼月4回のブログ更新
 少人数で社員の一人一人がたくさんの仕事を抱えているため、あまりブログを更新できていないのが現状です。アセローラフレッシュの日々やイベント等の情報をブログでお客様にお届けすることをお願いしたいと思います。

▲アセローラフレッシュ販売店

▲アセローラフレッシュのメンバー

▶期待する成果 ・アセローラファンの獲得
・本部町の活性化
・売上アップ(前年度の2倍)
▶仕事内容

「アセローラの魅力を、より多くの人に知ってほしい!」

▼STEP1(0カ月〜1カ月)
[まずはアセローラフレッシュを知る]
アセローラの歴史、創業に至る経緯、創業〜現在までの経緯、事業概要など、1ヶ月通して、アセローラフレッシュの価値観とインターン生の価値観を共有します!
・収穫活動
・営業同行
・イベント出店同行

▼STEP2 ロクプロ!
(1)月1回のイベント企画
(2)飲食店クーポン設置
(3)パーラー出店 
(4)月1回の直売店での団体客誘致
(5)Facebook広告 1万いいね!獲得
(6)月4回のブログ更新

これらのプロジェクトを通し、ファンを獲得!
直売店売上200%UP(前年比)を目指します!

▶得られる経験 ・企画力や発想力を磨けます。
・企画や提案を実際に運営するノウハウを学べます。
・たくさんの人と関わるのでコミュニケーション能力がつきます。
・ネットを使った情報発信力も養えます。
▶対象となる人 ・アセローラが好きな人
・農業や地域活性、イベント企画、接客に興味がある人
・前向きでやる気がある人
▶事前課題 担当コーディネーターにご相談ください。
▶期間 6カ月間(応相談)~随時スタート可。期間は応相談。
▶活動条件 休暇中:週5日以上(40時間/週)
学期中:週3日以上(24時間以上/週)
▶活動場所 〒905-0222 沖縄県本部町並里52-2
▶活動支援金 あり

受入団体紹介

「本部町産(沖縄県産)にこだわり、農家と共に発展する地場産業」

「本部町産(沖縄県産)にこだわり、農家と共に発展する地場産業」
を目指し、アセローラの6次産業事業を推進しています。
自社農園のみならず、契約農家(30軒)と共にアセローラ栽培に取り組んできました。
農家さんが育てた果実を自社工場で加工、販売を行っています。代表の確たる想いから、経営状態がいかなる時でも何よりも農家さんの事を第一に考えてきました。農家さんが真心込めて育ててアセローラ果実を1粒1粒丁寧に、こだわりをもって扱い、より付加価値の高いアセローラ加工商品を提供しています。
そして、25年間で築いてきた地域の農家、あらゆる業種とのネットワークがあります。このつながりこそ、アセローラフレッシュの強みであり、新しい取り組みのヒントになる情報源でもあります。これからもお客様とステークホルダーとともに歩んでいきたいと思っています。

「フレッシュなアセローラを供給し、お客様の美と健康に貢献」
無農薬無化学肥料での栽培が必須のアセローラ。
先代の社長が独自の研究開発を重ね、沖縄に適したアセローラの栽培法を確立したことで、
沖縄の日差しをたっぷりと浴びた栄養豊富な本部産アセローラを提供できています。

「社員が一番アセローラと本部町を愛しています」
弊社は代表を合わせて6人。人数に比べて、仕事量が多く、それぞれ業務の役割はされているが、基本的に皆オールマイティーに仕事をこなせなければなりません。大変な仕事ですが、社員全員がアセローラを愛し、本部町を活性化したいという熱い思いで働いています。発展途上であるからこそやりがいがあり、事業発展のための新たな事に挑戦する意欲が沸き上がります。
魅力のある商品は魅力ある社員から生まれました。

▲アセローラの収穫

農業生産法人 株式会社アセローラフレッシュ
▶事業内容:
●アセローラ生産農家の育成
●アセローラの集荷・出荷
●アセローラ商品の加工・製造・販売
●アセローラ流通販路の確立
●アセローラによる地域づくり
▶設立:1999年11月1日
▶代表者:並里 哲子
▶従業員数:5名
▶資本金:2400万円
▶売上高:52,360千円
▶HP:http://acerola-fresh.jp/

経営者・スタッフ・インターン生からのメッセージ

▶経営者からのメッセージ

「アセローラを身近なものに。アセローラ文化の創出。」

街中で歩く人がコーヒーではなく、アセローラジュースを飲み歩く
そんな未来を描いています。
創業当初から大切にされてきた、
農家さんとのつながり、地域とのつながり、お客様とのつながりを
いつまでも大切に
次世代を受け継ぐ私たちが新しいことにチャレンジしていきます


国産アセローラ栽培の北限となる沖縄県の地理的特性を活かし、沖縄県でしか出来ない独自産業としての優位性を活かした事業を展開して25年。
「5月21日はアセローラの日」として認定され、
おかげさまで本部町産アセローラは名実ともに本部町を代表する特産品になりました。
しかしながら、産業としては確立されたとは言い難いのが現状です。さらに、農家の高齢化、農家・加工業者ともに後継者不足といった課題を常に抱えています。

営業・企画 /  並里 康次郎
1988年生まれ。自身も長期インターンシップを大学生時代に体験。
現在、家業のアセローラフレッシュの営業・企画担当を行う。

▶スタッフ/インターンのメッセージ

担当スタッフから一言

このインターンシップに関心がある方は、まずはお問い合わせください。

このインターンに問い合わせする

ページトップへ