インターンシップ情報

日本全国あったらいいな!?の旅
株式会社芝寿し
2014/08/31 更新
10地区100サンプルのニーズを探り日本を飛び回れ!
金沢のソウルフード「芝寿し」。
社運をかけ、最新技術で「冷凍寿しを超えた冷凍寿し」の味を実現した。
探れ!日本全国10地区。 「こんなのあったらいいな!好きな時に作り立ての味」の実現を巻き起こせ!

募集要項

芝寿しは昔より祭りの時に各家庭で作られてきた祭り寿しを笹寿しとして販売。
創業以来57年間、笹寿しは製造販売が年間1,000万個を超えるにまで成長し、今では金沢で知らない人はいません。
まさに、金沢のソウルフード。

しかし、昨今の顧客のニーズの変化から消費期限が2日しかない笹寿しの販売が伸び悩んできました。
また2015年春北陸新幹線開通とともに首都圏のお客様が金沢へ訪れます。
そんな中、お土産に使ってもらいたい、金沢の美味しいお米文化をお届けしたいという想いが強くなってきました。

そこで注目したのが、「冷凍」です。

今、巷では冷凍おせちが年末に大量に販売される時代になってきました。
その冷凍技術をお寿しに応用し消費期限を延ばせないかと考えました。

1年以上をかけて、冷凍を研究する人たちと何度も実験を繰り返しました。
また地元石川県の農家さんと冷凍しても美味しいお寿しを実現するようにお米の品種などの研究を重ねてきました。

ついに実現!

冷凍解凍後も作り立ての味を再現しました。
ふっくらとしたお米の食感を楽しめます。
安全・安心の自信をもっておすすめできる品質です。

この技術をもって金沢のお米文化を全国へ、また海外へ広めたい!
販売を目前にして、この味が本当に全国、世界に通用するのか、
大試食ニーズ調査に学生と挑戦します。


【学生へメッセージ】

インターン生には、この冷凍寿しのニーズを全国で調査してもらいます。
10地区で100サンプル 計1,000の生の声を集めます。

学生の持つネットワーク(学生友人、教授など)を最大限活かし、活動してもらいます。

冷凍米飯事業は平成30年度には売上10億円を目指します。
その基礎となるニーズを分析し、事業計画まで共に作成します。

全国を飛び回りいろんな人たちと出会い、語り、意見を聴いて未来を予測する。
そんなチャレンジングな人財を募集します。

▲金沢のソウルフード「芝寿し」。年間1,000万個製造している。

▲10の地域から1000の声を集めるミッション。

▶期待する成果 ①1,000のサンプルデータから顧客ニーズを分析事業計画に落とし込む。
②若年層にも受け入れられる商品のヒントをつかむ。
③冷凍米飯のマーケット拡大。
④学生の芝寿しへのイメージアップ。
⑤冷凍米飯事業の売上目標達成に向けた礎を作り上げる。
▶仕事内容

社運を賭けた「冷凍米飯事業」 
・顧客ニーズを調査する
・調査データを分析し事業計画書を作成する

●仕事内容
(1)芝寿しのオリエンテーション
  ①商品を知る
    冷凍米飯の商品を作る現場を知る
    お米の生産者、炊飯、食材調理、盛付、冷凍などの現場を理解する
  ②営業を知る
    営業の現場に同行して理解する
  ③組織を知る
    朝礼、会議、工場、店舗、展示会などの現場を知る
(2)ニーズ調査を学ぶ
  ①ヒアリング項目の検討から決定まで
  ②10地区の選定
  ③各地区ごとから100のサンプリングを選定
    サンプリングは、顧客層や業種を選びターゲットを選び出す
  ④ヒアリングシートの作成
     機器の使用検討(録音機、紙、メモ、パソコン、iPadなど)
  ⑤ヒアリング対象商品の準備
  ⑥ヒアリング結果の報告方法の検討と決定
   メール、ウェブ、クラウド、FAXなどなど
(3)ヒアリング実施
  ①対象ヒアリング地域へ行動
  ②展示会でのヒアリング活動
(4)事業計画書を作成する
  ①目標は100ページくらいの計画書を作成
  ②記述する項目を予め決めて記述を進める
  ③社内の成果発表会にてプレゼン
  ④東京での最終報告会に参加する

▶得られる経験 ①起業家精神の育成
②社会人としての姿勢
③商品開発の携わることでマーケティング力を身につける
④アンケート調査手法
⑤アンケートからの分析力
⑥日本全国への行動力
⑦人を介したネットワーク構築力
⑧事業計画書 作成力
▶対象となる人 ◎ポジティブな人材
◎人と関わっていくことが好きな方
◎行動力旺盛な方
◎将来 マーケティングの仕事を志す方
▶事前課題 ①他社の冷凍米飯を調査しておく
②ビジネスマナーを学ぶ
③芝寿しを事前に調査し会社概要を把握する
④事業計画書を作成するための基礎知識を学ぶ
▶期間 2014年8月〜2015年1月(半年間)
▶活動条件 【勤務頻度】
休暇中:週5日間
学期中:週2.5日間

【勤務時間】
8:30〜17:00
▶活動場所 石川県金沢市保古3丁目183-2  芝寿し本社工場

【アクセス】
◆電車
新西金沢駅出口・西金沢駅出口から徒歩約18分

◆自動車
・金沢大学から約29分
・石川県立大学から約15分
▶活動支援金 活動支援金および交通費実費支給(詳細は担当コーディネーターへ)

受入団体紹介

創業57年目の押し寿し専門メーカーであり代表商品は「笹寿し」。

語らいのそばには、いつも芝寿し

【経営理念】
お客様のためにあり、従業員、取引先共に栄える。

芝寿しの創業者梶谷忠司は、持ち帰り寿しを始める頃に参加した商業界ゼミナールで、
商業界創始者倉本長治が唱えた商人哲学「店はお客様のためにある」に共鳴し、以来これを当社の基本理念としました。
(正しきことを行ないて滅びる店あらば滅びてもよし、断じて滅びず)
常にお客様に正しい姿勢で臨み、お客様に喜んで頂けるよう努力すれば、そこに働く従業員も、当社の取引先も、みんなが繁栄するようになります。

1. 日々の仕事を通じて顧客感動を創造する

期待を超えた満足は感動となります。
私たちが日々の仕事の中で生産する商品や提供するサービスが、お客様に心から喜ばれ満足していただく、
そしてそれを感動にまで高めていくことが私たちの仕事の目標であります。
お客様に感動される商品やサービスの提供、そこに仕事に対する誇りや喜びが生まれ、その成果が企業の永遠の繁栄につながっていくのです。
企業経営の第1の目的は仕事を通じてお客様の感動を創造することであります。

2. 豊かな人間性の集団を作る

縁あって当社で仕事をすることになった私たちは志を同じくする同志でありたいと願います。
そして私たちはそれぞれが豊かな人間性を目指す人たちの集まりでありたいと思います。単に生活の糧を得ることだけを目的とするのではなく、
自分の利益の前に相手の利益を優先して考えることのできる豊かな人間性を持った集団を目指します。

3. 当社に関わる人たちの豊かな生活を実現する

顧客の喜んでいただくことをまず第一歩に考え、それをそれぞれの職場で実行します。その努力のご褒美としてお客様から頂くのが利益であります。
お客様から頂いた利益を従業員、取引先を始め当社に関わる人たちに対し、
それぞれの努力と成果に応じて公平に分配することによりひとりひとりの豊かな生活を実現することを目指します。

4. 地域一流一番店を実現する

お客様の満足を第一に考え、ひとりひとりが豊かな人格を持つ人間集団を心がけ、
日々の仕事の中で顧客感動、社員充実、社会満足の実現に努力し、当社に関わる従業員さん、取引業者さんたちの豊かな生活を実現する。
そのような努力を続けることによって地域一流一番店になることを我社の理念とする。

【こだわり】
①おいしさへのこだわり
特に米は契約農家の有機肥料栽培と北陸の地でとれた良質なもの。
野菜、魚、水、塩、酢にもこだわる。

②安心・安全へのこだわり
衛生管理や微生物検査、異物混入対策を行う。
また食品添加物の削減、教育プログラムの充実にも努める。

▲「三方善し」の経営を実現させるために日々努力しています。

株式会社芝寿し
▶事業内容:
北陸三県での寿し・弁当・オードブル販売、全国への寿し宅配販売
▶設立:1958年10月
▶代表者:梶谷晋弘
▶従業員数:【正社員】49人 【パート・アルバイト等その他】409人
▶HP:http://www.shibazushi.jp

経営者・スタッフ・インターン生からのメッセージ

▶経営者からのメッセージ

創造と挑戦の人生

”伝統や歴史”を重んじながら、新たな分野に”チャレンジ”しようとする学生とともにプロジェクトに取り組みたいです。学生ならではのネットワークを活かして、学生、大学、教授、企業を巻き込み、一緒になって、冷凍米飯事業の未来を描きましょう。

冷凍米飯事業が成功するかどうか、それは何と言っても取り組む人の熱意、情熱にあります。
『一人で見る夢は夢でしかない、でも誰かと一緒に見る夢は実現する。』
小野ヨーコさんの言葉です。

冷凍米飯の実現を夢見て、一歩一歩前進していきたいです。

代表取締役社長 /  梶谷 晋弘
金沢市生まれ。1969(昭和44)年麗沢大卒業後、芝寿し入社。専務を経て社長。座右の銘は「魅は与によって生じ 求によって滅す」。趣味は夫婦で神社巡り。

▶スタッフ/インターンのメッセージ

あなたのチャンジを待っています。
営業部次長/ 大島 功次
日本初の美味しい冷凍ずしを世界にひろめよう!
あなたのチャレンジが、「食べやすい、美味しい、好きな時間に楽しく食べれる」を創ります。

担当スタッフから一言

芝寿しといえば、金沢では知らない人はいない、小さい頃から慣れ親しんだ笹寿しの名店です。私は、「金沢の味・芝寿し」を、美味しい、安全・安心な石川県のご飯を、全国・世界に広めようという想いに共感しました。
また、社長は「起業家シェアハウス」を運営するなど、起業家精神をとても大切にされています。金沢の経営者で梶谷社長を知らない人はいない、経営の哲学をもつ、大変尊敬すべき人物です。
社運をかけて、社長自ら手がける「冷凍米飯事業」に学生とともに挑戦できることに、ロマンを感じます。

ぜひ、興味をもったら、まずは気軽にご相談ください。

このインターンシップに関心がある方は、まずはお問い合わせください。

このインターンに問い合わせする

ページトップへ