インターンシップ情報

老舗新聞店の新メディア創刊プロジェクト
有限会社 東郷堂
2014/06/27 更新
地域に特化した老舗新聞店のメディアを創刊する
上田市を中心に、全世帯の約7割の家庭に新聞を配達する東郷堂。強い地域とのつながりをもとに、新聞だけではなく、地域に特化したメディアを創刊することで、市民になくてはならない存在であり続けることが、このプロジェクトの狙いです。インターン生は市民へのアンケートやヒアリングから始まり、ニーズを掴んだ上で新メディアの企画を行い、協力者集めから創刊まで担当します。

募集要項

【会社の特徴:良い地域を作ろう】
明治35年創業の新聞販売店として、新聞発行社の新聞を購読者宅に配達しています。付帯する業務として、チラシ広告の配達や雑誌・書籍の配達も行っています。上田市を中心に、約49000世帯のうち約70%を占める35000世帯に配達しています。多くの個人情報を取り扱う企業として個人情報の重要性を感じ、新聞販売店として全国で初めて平成16年にプライバシーマークを取得しました。
最大の特徴は、エリアに45の営業所を配置して細分化し、より早く・より丁寧に配達を行っていることです。新聞販売店は、お客様に対して景品や無代紙を提供する獲得競争をしてきましたが、当社は地域社会と連携を取ることを重視しています。当社から新聞を取ることが、地域の人のより安心で便利な生活につながるような購読者とのかかわりをもっています。たとえば、警察署と防犯協定を結び、独居老人への見回りや声かけを行っています。こうした活動が直接の売り上げとなるわけではありませんが、当社で働く社員をとおして、購読者の生活、ひいては地域全体を良くしていくための一つの方法として新聞の配達を行っています。

【新メディア創刊の背景】
人口の減少・インターネットの普及・メディアの多様化等で新聞購読者の減少は、当社にとっても例外ではありません。しかし、ITが発達した社会においても、市民は社会と密接につながりたいという思いをもっており、「配達」という仕事は企業にとっても顧客と接する機会として重要性を増すと考えられます。
こうした状況のなかで当社は、顧客により近いところでの配達業務を行えるように、顧客情報の収集や配達の効率化や迅速化・顧客情報の共有化・社員のスキルアップに力を入れています。
 購読者の情報を扱う企業として信頼できる仕事をするために、人材に関する課題として社会に対する問題意識の共有ということがあります。社員個々人の感覚を平準化していくことで、地域に対するサービスがより深いものとなると考えます。
 新たなメディア創出に、社員の育成にも有効なインターンシップを活用して取り組むことで、地域のインフラとしての当社のサービスの深化を実現できると確信しています。

▶期待する成果 読者の購買動機につながる新しいメディアをゼロから立ち上げ、形にすること。試作版をもとに、正式版を立ち上げるのが望ましい。
ライターや企画など、ターゲット層の協力者や、地域で一緒にメディアを創る協力企業を集めること。
▶仕事内容

お客様のニーズを聞き、社員のリソースを活用した情報を発信する

【STEP1(1カ月〜2カ月)】
・住民(特にターゲットとする30~40代の世帯)へのニーズ調査
・既存メディア(地元フリーペーパーなど)への認識や要望の聞き取り
・参考となるメディアのピックアップ、情報収集
・コンテンツ案の洗い出し、新メディアのネーミング
・協力者集め等

【STEP2(3カ月〜4カ月)】
・新メディア試作版の企画
・コンテンツに関する取材、アンケート調査
・記事作成、編集
・協力企業集め
・試作版のリリース
・試作版の反応ヒアリング等

【STEP3(5カ月〜6カ月)】
・試作版をもとに、新メディアの企画
・コンテンツに関する取材、アンケート調査
・記事作成、編集
・協力企業集め
・新メディアのリリース等

▶得られる経験 ○新規事業の立ち上げに携わることができる
→100年を超える歴史のある地域の老舗企業の革新につながる事業に取り組みます。社員の方々とともに、新しいチャレンジのなかで企画の実行力が身に付きます。

○情報収集力と企画力
→地域を良くしていくための情報は何なのかを聞き取り、顧客が求める情報発信を行うことができます。情報収集と発信に必要なコミュニケーションや文章の書き方を学ぶことができます。
▶対象となる人 ・市全体の地域活性に取り組んでみたい方
・子育て中のお母さんや一人暮らしの高齢者といった地域の方のニーズに応える仕事を作りたい方
・地域でのシェア70%を超える会社のさらなる革新に一緒に参加したい方
▶事前課題 コーディネーターにご確認ください。
▶期間 2014年8月〜2015年2月
▶活動条件 長期休業中は週5日、学期中は週3日以上勤務できること
自動車の運転免許をもっていることが望ましい
▶活動場所 長野県上田市材木町2-12-6
▶活動支援金 あり

受入団体紹介

良い家庭を作ろう 良い地域を作ろう 良い会社を作ろう

新聞は、自分が生きている「いま、この社会」を知るための手段の一つであり、大人にとっても子どもにとっても、身近で、手軽で、安価な教材でもあります。
毎日、決まった時間に、丁寧に新聞をお届けするという「当たり前」を継続しながら、皆様に安心して気持ちよく新聞を読んでいただくことが私どもの責務です。

有限会社 東郷堂
▶事業内容:
新聞の送達、雑誌や書籍の販売
▶設立:昭和24(1949)年5月11日
▶代表者:鈴木 哲
▶従業員数:650名(うち正社員50名)
▶売上高:18億2千万円
▶HP:http://www.togodo.co.jp

経営者・スタッフ・インターン生からのメッセージ

▶経営者からのメッセージ

地域に求められる‘当たり前’をこれからも

時代の変化、メディアの多様化、お客様の要望の変化に機敏に対応していくためにも、社員が各配達エリアの一員として根を張り、読者である皆様との接点を密にしていくことがますます重要になると考えております。
新聞配達のノウハウやネットワーク、地域の情報など、東郷堂が蓄積してきた有形無形の財産を積極的に活用しながら、地域に必要とされる企業であり続けるよう、これからも邁進してまいります。

代表取締役社長 /  鈴木 哲
昭和24年12月8日生まれ、平成元年より有限会社東郷堂・株式会社東郷商事の代表取締役社長を勤めている。法人会・新聞社の役職を勤めている。

▶スタッフ/インターンのメッセージ

お客様と「情」でつながり、地域に必要とされる存在になる
取締役常務/ 鈴木 永
現在は新聞配送業として新聞の購読で購読料を頂いていますが、新聞だけでなく、新たに立ち上げるメディアや配達員とのコミュニケーション、フォローなどを含めて、東郷堂との関係性に価値を見出してもらい、月会費を支払うモデルに移行していきます。当社では「コミュニティを売る」と表現していますが、地域のことを誰よりも知り、そして誰よりも地域に広く情報を届けることができるインフラとして、市民にとって欠かせない存在となります。またこのモデルを上田市だけではなく、他地域の新聞配送業で広げていくことを想定しています。

担当スタッフから一言

このインターンシップに関心がある方は、まずはお問い合わせください。

このインターンに問い合わせする

ページトップへ