インターンシップ情報

東北の未来を創るプロジェクト
NPO法人ETIC. 震災復興リーダー支援プロジェクト
2015/11/20 更新
「スタートアップの集積地・東北」に向けて東北のリーダー・事業を応援する
NPO法人ETIC.では、東北をフィールドに新しい事業に挑戦するリーダーのもとへ、「右腕」となる人材が1年間参画し、事業の立ち上げ・持続発展を支援する「右腕プログラム」に取り組んでいます。
東京にいながら、東北の復旧・復興にとどまらない革新の弾みとなる、そんなリーダーの挑戦をいっしょにサポートして下さるインターン生を募集します!

募集要項

311から間もなく5年目を迎える東北は、刻一刻と変化を遂げています。人々の生活が戻り行く変化のなかで、復旧・復興にとどまらない革新に挑み、地域に根ざしたプロジェクトや事業を手がけるリーダーがいます。

例えば、若手漁師たちが立ち上げた団体「フィッシャーマン・ジャパン」(http://michinokushigoto.jp/project/8165)、これからの日本に必要な予防医療に取り組む「りぷらす」(http://michinokushigoto.jp/project/7267)、地域の森林と、地域内外の人をいかす宿泊・滞在施設「箱根山テラス」(http://michinokushigoto.jp/project/8096)など。

地域の資源を活かし、地域に新たな経済や豊かな暮らしを創り出していく。人口減少社会に突入した日本の他地域、そして海外諸国にとっても、これからの社会の方向性のヒントとなるような事業が生まれています。

その挑戦を支えるために、私たちは「右腕プログラム」を通じて、リーダーの「右腕」となる人材を送ってきました。これまでに111のプロジェクトに201名の右腕が入り、そのうち約120名は現在も東北で活躍を続けています。

1年間の右腕の活動期間中は、コーディネーターによる定期的な面談や右腕が集まる集合研修、大手企業のリソースをいかしたコーディネートなど、右腕の参画先団体の事業の加速の為に、ETIC.としてサポートをしています。
東北にとどまらず、これからの日本社会の方向性を創造している事業・プロジェクトに伴走することで、これまでにない新しい価値の創出を支援します!

チャレンジの本格化する東北で活躍するリーダーや参画する「右腕」のサポートに、東京にいながら一緒に取り組んでくださるインターン生を募集します!

●「新・みちのく仕事」(右腕プログラムの公式サイト)
http://michinokushigoto.jp/

▲地域と日本の未来を創る厳選されたプロジェクトに、右腕が参画。100名を超える、現地の右腕コミュニティで年3回の集合研修(右腕合宿)も行います。

▲大手企業によるコンソーシアム『みちのく復興事業パートナーズ』を設立し、企業のリソースを活用した新しい支援活動に取り組んでいます。

▶期待する成果 震災をきっかけに新しいチャレンジが次々と生まれる東北・リーダーの取り組みを、右腕の派遣を通してサポートします。その業務内容は多岐にわたり、日々、変化していくものに向き合い、形にしながら進んでいます。「2016年までに500名」の右腕派遣を目標に精鋭前進するチームの一員として、「期間限定の正社員」として、地道なことにも厭わず、ともに歩んで頂ける縁の下の力持ちをお待ちしております。
▶仕事内容

東北の未来を創る団体と、復興に関わりたい人を繋ぐ仕組みを、東京から支える仲間を募集!

具体的には、以下5つの役割を担うインターン生を募集しています。
※応募いただいた方の興味・特性に応じて、どの部分を任せるかご相談します。

●右腕向けイベント/研修の企画実施
右腕人材の募集~決定後の派遣前研修、活動中の研修まで、地域で活動する人材の入口から出口までの人材育成と学び合うコミュニティづくりの企画や仕組みを行います。

●右腕のマーケティング戦略担当
地域のリーダーと右腕希望者のよりよいマッチングのための人材マーケティング戦略を作り、そのPDCAを回していきます。

●広報・メディア担当
公式サイト「新・みちのく仕事」やFacebookページのリニューアルと投稿用の記事作成・メンテナンスを通じた東北のリーダーやサイトのファンづくりを行います。

●THINK TOHOKUプロジェクト事務局
東日本大震災から5年目を迎えるにあたり、これまでの知見をまとめた東北人材白書づくりや未来系のメッセージを込めたコミュニティ・イノベーター・フォーラム等の企画、実施、専用WEBの運用などを行います。

●企業連携コーディネーター
「みちのく復興事業パートナーズ」の取り組みを中心に、企業の新しい地域とのかかわり方を探るべく、連携事業の調整、3/8のシンポジウムの企画・実施などを行います。

▶得られる経験 ・相手の立場になって考え、必要なプログラムを設計する想像力・企画力
・挑戦し、前進し続けるリーダーや右腕とのコミュニケーションを通して得られる刺激
・目標から逆算してスケジュールを組み立て実行するハイブリッドな視点
▶対象となる人 ・人の成長や挑戦を応援し、成功を自分の喜びにできる人
・目的に向かって多角的な視点で取り組むことのできる人
・相手の立場に立って考え、じっさいに行動できる人
・目的意識と責任感をもって挑戦する_チャンスが欲しい人
▶事前課題 詳細は、担当スタッフにお尋ねください。
▶期間 5ヶ月以上(勤務頻度により、相談可能)
▶活動条件 【勤務頻度】
学期中:週2-3日程度
休暇中:フルタイム
【勤務時間】
 ○10時~20時の間で応相談
▶活動場所 東京都渋谷区
▶活動支援金 あり ※交通費、全額支給

受入団体紹介

次代を担う起業家型リーダーの輩出を通じて、社会のイノベーションに貢献する

●私たちが大切にするもの

○『起業家精神』
 社会への志に基づき、責任をともなった行動を起こし、自分の人生を主体的に
 切り拓く―「起業家精神」をもって、時代の変革を担う人材を育成します。

○『若い世代のチャレンジ』
 ETIC.は、これまで常に20代、30代を中心とする若者のチャレンジの支援にフォー
 カスをしてきました。変革と混迷の時代において、若い世代が志を持ち、行動を
 起こしていくことが次代を拓く原動力になると私たちは信じています。

○『「成長支援」のコミュニティ』
 若い世代のチャレンジを促し、彼らの成長を支援するには、彼らを敬い、合理性の
 中で彼らのチャレンジと成長を支えていく関係性―コミュニティが不可欠であるで
 あると私たちは考えています。

●私たちのアプローチ
 「実践」(=仕事)の機会を通じて社会や地域、人のゆたかなつながり(ソーシャル
 キャピタル)を醸成し、イノベーションの創出と次世代育成の基盤となる生態系を
 創造します。

○『「実践」(=仕事)を通して起業家的成長の機会を提供』
 長期実践型インターンシップや起業支援など、社会に責任ある「実践」(=仕事)を
 通じてチャレンジそして起業家的成長の機会を提供するプログラムを展開します。

○『先輩起業家や事業パートナーと繋がる相互支援コミュニティ創り』
 各プログラムや、セミナー・イベント、メンバーシップ(会員制度)等を通じて、
 メンター(師匠)となる先輩起業家等と「志」でつながる、コミュニティを醸成してい
 きます。

○『起業家型リーダーが育成・輩出される社会基盤を創造』
 地域やセクターを越えて、起業家型リーダーが育ち、チャレンジの裾野が広がっ
 ていくために、大学・行政・企業等との協働に取組み、コミュニティづくり、情報
 発信・ノウハウ提供を推進します。

▲ETIC.には新たな社会を創ろうと、日々挑戦し続けるスタッフが、集っています。

NPO法人ETIC. 震災復興リーダー支援プロジェクト
▶事業内容:
・長期実践型インターンシップ・プログラム事業
・社会起業家支援事業
・コミュニティ展開事業(地域活性化支援)
・震災復興リーダー支援プロジェクト
▶設立:1993年(法人化:2000年)
▶代表者:宮城治男
▶従業員数:70名
▶HP:http://www.etic.or.jp/

経営者・スタッフ・インターン生からのメッセージ

▶経営者からのメッセージ

「社会の未来を創る」仲間を募集

 NPOである、私たちETIC.の「成果」は、いわゆる金銭的な「利益」だけ
 ではありません。

 - アントレプレナー(起業家精神を実践する人)が一人でも多い社会を創る
 - 社会の継続的発展につながる、人材育成の仕組みづくりを仕掛ける

 これらを達成すること、まずそれが一番の「成果」になります。

 成果を実現するため、スタッフそしてインターン生は、一人一人の若者に
 対して、一つ一つの場面において、自らが起業家精神をもち、社会に価値を
 創り出すという姿勢をもって働くことが要求されます。

 私達と一緒に「成果」を出したい、自分も社会の変革に一石を投じたい、
 明るい未来を創りたいなどと思っている方、ぜひご応募ください。

 お会いできるのを楽しみにしております。

代表理事 /  宮城治男
1972年、徳島県出身。早稲田大学在学中の93年、学生起業家支援の全国ネットワークとして「ETIC.」を創設。以来、若い世代が自ら社会に働きかけ、仕事を創り出す 「起業家型リーダー」の育成に取り組み、180名を超える起業家を輩出。96年より中小・ベンチャー企業やNPOなどに学生が参画する「長期実践型インターンシッププログラム」を事業化、のべ350社に2200人の学生が参画。

01年には「ETIC.ソーシャル・ベンチャーセンター」を設立、「社会起業家」の育成のための支援をスタート。以降日本初のソーシャルベンチャーのビジネスプランコンテスト「STYLE」、「NEC社会起業塾」「NPOイノベー ショングラント」等を手がける。

さらに04年からは、経済産業省とともに地域における人材育成・産業活性化を支援する「チャレンジ・コミュニティ・プロ ジェクト」をスタート。全国30地域で活動がスタートしている。その他、各省庁や大学、自治体等と連携し、リーダー育成のプログラムのテーマや地域を超えた展開に注力する。

2011年ダボス会議を主催する「世界経済フォーラム」(スイス・ジュネーブ)より、「Young Global Leaders」に選出。「JNBC第1回ニッポン新事業創出大賞・経済産業大臣賞」受賞。日本ベンチャー学会監事。日本NPOセンター評議員。早稲田大学ビジネススクール非常勤講師。

▶スタッフ/インターンのメッセージ

手を挙げれば色々な仕事ができるチャンスが数多くあります
2012年度インターン経験者(京都大学大学院在学中に参加→国家公務員に)/ 歌代純平
震災年に大学を休学し、東北現地のNPOで活動をしていましたが、そこで感じていた問題意識がインターンを始めるきっかけになりました。ETIC.でのインターンは現地に深く入り込む仕事とは別の、課題構造に切り込める面白さがあります!

震災を乗り越え東北で創業する、志ある起業家に出会える
2012-13年度インターン経験者(明治大学在学中に参加→人材系企業)/ 浪江航一
多くの課題が山積する中でも、東北で創業をした起業家は想いの ある魅力的な方々ばかりです。東北の未来を描く起業家を発掘、応援することにご興味のある方をお待ちしております!

新しいことに挑戦する場がほしい人に。
2013年度インターン経験者(中央大学在学中に参加→地方公務員)/ 小山 可奈子
■新しいことに挑戦する場がほしい人に。
東北に何かと縁があり、NPOという組織に興味があったのでETICに内定後インターンで参加しました。毎日学ぶことばかり。東北で奮闘する「右腕」の方達からは直接パワーをもらいましたし、上司からは「どうすればよい仕事が出来るか」という社会人になってから必要な基本姿勢を叩き込まれました。熱いパッションをもったETICのみなさんと働くのはとても刺激的です。

■何度もチャレンジできる、場があります。
このインターンを通して、働くとは何か、どうすれば自分が納得のいく成果が出せるのかを学びました。日々失敗の繰り返しでしたが、それでも、チャレンジする機会があったことは幸せだったと思います。

担当スタッフから一言

このインターンシップに関心がある方は、まずはお問い合わせください。

このインターンに問い合わせする

ページトップへ