インターンシップ情報

環境・景観ビジネスで、世論を動かす事業を仕掛ける!
社会を変える仕掛け人/NPO法人電線のない街づくり支援ネットワーク
2017/02/04 更新
電線のない、安全で美しい街並みを創り出そう!
電柱や電線は景観を損ねるうえに、台風や地震などの災害の際たやすく倒壊し、私たちに牙をむきます。この日本を覆う『クモの巣』を取り払い、大地と街と、そこに暮らす人々が、より活き活きできる環境創りを、私たちと一緒に手掛けましょう!

募集要項

----------------------------------------------------------------------
ただいま、このプロジェクトをはじめ、
募集中のインターンシッププログラムの詳しいご紹介も含めた、
インターンシップセミナーを平日19時から開催しています!
少しでも興味があれば、まずは一度、セミナーへのご参加お待ちしております♪

★インターンシップセミナー★
<お申込み・詳細はこちらから>http://jae.or.jp/student/event/seminar/
----------------------------------------------------------------------

◆日本は『無電柱化後進国』!?

あなたは、電柱が立ち並び、電線に空が覆われた風景を、
『当たり前』だと思っていませんか?

ロンドンやパリの街並みには、電柱や電線はありません。
それが『当たり前』として市民には受け入れられており、
実際その無電柱化率は、なんと100%に達しています。

ほかにも、ベルリンで99%、ハンブルグで96%…と、
ヨーロッパの主要都市では高い数字が並び、
他の先進国の都市でも、80%前後の無電柱化が実施されています。

そこで日本の無電柱化率はと言いますと、たったの2%です。

最も進んでいる東京23区でも、わずか7.3%にとどまっています。

『美しい国づくり政策大綱』(2003年)によって、
全国延べ3000kmの無電柱化計画が立てられ、
徐々に進行してはいるのですが、
欧米諸国と比較して、大きく立ち遅れているというのが現状です。

しかし逆に見れば、日本の電線類地中化事業は、
それだけ普及させる余地が大きいということです。


◆NPO法人「電線のない街づくり支援ネットワーク」とは?

電線に覆われた日本の街並みを、世界に誇れる街並みに変えたい。
そうした理念のもとに設立されたNPOです。

しかしながら、電線類地中化をただ唱えるだけでは、
なかなか世論には浸透しないのが現状です。

「電線類地中化には興味があるが、ノウハウがない」
「規制がある、実際の効果が分からない」
と言う人が多くを占めているからです。

そこでこのNPOでは、
以下のような業種や機関をネットワークすることを目的としています。

・地中化に関わる研究者
・ディベロッパー
・不動産業者
・行政機関
・商店街
・法律専門家

そして、コンサルティングやセミナー等を通じて、
ノウハウを提供していきます。

あなたには、その広報を全面的にお任せします!
そして、電線類地中化の可能性を、どんどん開拓してもらいたいと思っています。

「電柱がなくなると街はどう変わるのか?」
「地中化された電線は災害にどれだけ強いのか?」
「コストをさらに軽減するためには何が必要か?」
「電線類地中化には隠されたメリットがないか?」
「電線のない街並みの素晴らしさを伝えるためにはどうすればいいか?」

これらを追求する活動は、ソーシャルマーケティングの最前線です。
日本の『当たり前』を変えられる仕事です。

広々とした空が見える街を、日本中に広げていってください!

▶期待する成果 ・NPO会員を拡大させること
・ポータルサイト新事業を軌道に乗せること
・電線類地中化のメリットをさらに追求・発掘すること
・新たな広報戦略企画を立ち上げ、電線のない街づくりに共感する仲間を増やす、『仕掛人』になること
▶仕事内容

メールマガジンや会員情報誌の発行などを通して、見聞とネットワークを広げ、新たな広報のカタチを見つけ出そう!

◎NPOの広報企画・イベント運営
NPO拡大のために、以下のプロジェクトを手掛けます。
・セミナーの企画と運営
・見学ツアーの企画と運営
・HPの作成
・メルマガの作成
・会員情報誌の作成
・直接営業
・理事会の運営
・イベント展示会の運営
・マーケティング調査
etc.…

◎Facebook・ツイッター・ブログなどを駆使し、電線類地中化の推進を図る

▶得られる経験 ・社会全体の利益向上を追求する「ソーシャルマーケティング」力
・独自メディア政策に通じた「発信力」
・人材育成に熱心な社長に密着して学ぶ「人間的な成長」
・大きな責任を任せられるからこその、自ら考え「ゼロから形作る経験」「主体的に動く環境」
・様々な立場、視点に立つ社員たちとのコミュニケーションから得られる、「深く広い視野」
▶対象となる人 ・街づくり・環境に関わる仕事をやってみたい!
・社会性の高い取り組みを広報する力をつけたい!
・リアルな現場で社会を動かす最前線をプロデュースしたい!
・言葉を操り、人に伝える、プレゼンテーション能力を磨きたい!
・複雑な問題を究明し、解決する能力を手に入れたい!
・前向きな自分に変わりたい人
▶事前課題 ・電線類地中化についてのレポート
(現状や背景など)ワード4〜5枚程度
・「電線類地中化」事業の広報戦略企画を提案してください。
・何のためにインターンシップに取り組もうと思うのか、レポートにまとめてください。書式自由
▶期間 6か月
▶活動条件 ■勤務頻度
学期中:週24時間以上(週3日以上)
休暇中:週40時間以上(週5日以上)

■勤務時間
9:00~17:30(大学講義などの都合に合わせて可能な時間帯で)

■定休日
土・日・祝日(土曜日は隔週で勤務可 第1,3,5週目)
▶活動場所 ▼所在地
【大阪営業所】
大阪府吹田市内本町1-1-21

▼アクセス
阪急「吹田」駅南口より徒歩 5 分
JR「吹田」駅より徒歩10分
▶活動支援金 【活動支援金】1,000円(終日)/ 500円(半日) 【交通費】実費支給

受入団体紹介

~人々がいきいき暮らす 美しい街と環境を創りたい~

◆環境活性化業
『大地と街と、そこに暮らす人々がいきいきできる環境を創る』環境活性化業。空が大きく見える美しい街並み、子どもたちが触れても安心安全な土、そして安心できる水。そんな環境を創っていくことが、私たちの仕事であり、私たちのミッションです。日本の大地と街と、そこに暮らす人々がいきいきできる環境を創りたい!そんな想いを持って事業に取り組んでいます。
具体的な事業としては、電線類地中化を通じての安全・安心で美しい街づくりと、土壌汚染調査・上下対策・コンサルティングを通じての安心できる土壌環境づくり。そして水質分析を通じての安全な水環境づくり。これらの事業をさらに推進させることで美しい街と環境づくりを行います。

◆ジオリゾームがめざすもの
私たちが住む街には、いたるところに危険が潜んでいます。例えば、身近にある『電柱』。毎年日本にやってくる台風や地震の際に電柱が倒壊して様々な被害が起きています。また、我々の目に見えない電磁波も人体に有害です。さらには、電柱が街の景観を大きく汚していることは皆さんもお感じになっていると思います。
また、私たちが住んでいる、その下にある土壌は本当に安全なのでしょうか?私たちのこどもたちが遊ぶ砂場は安心でしょうか?水道の水は?川の水は?
電柱電線のない、すっきりとした『空が大きく見える街』に住みたいと思いませんか?
私たちはそんな想いを実現するために、環境活性化業を更に推進していきたい!地球の役にたちたい!それが私たちの経営理念です。

社会を変える仕掛け人/NPO法人電線のない街づくり支援ネットワーク
▶事業内容:
・電線類地中化
・水質調査
・太陽光発電
▶設立:1993年
▶代表者:井上利一
▶従業員数:17名
▶資本金:2000万円
▶売上高:-
▶HP:http://www.georhizome.com/

経営者・スタッフ・インターン生からのメッセージ

▶経営者からのメッセージ

新しいことにどんどんチャレンジできる。そんな活気にあふれた元気な会社を目指します!

ジオリゾームの社員が理想とする4つの心

1、向上心
今日よりも明日、明日よりもあさって、と1cmでも1mmでも今より成長したい!よくなりたい!と思う心を持っている。

2、感謝の心
親に感謝し、現在に感謝する。すべてのものに感謝の念をもっている。

3、素直な心
素直な心とは、物事を色眼鏡なしに見ることができるか、ということ。また、いつも、ハイ!喜んで!というフレッシュな気持ちを持っていること。

4、創意工夫
依頼された仕事は、試されごとだと思って、常に、依頼者の期待以上のものを提供しよう!という創意工夫の精神を持っていること。


ジオリゾーム社員が理想とする4つの心は、私たちが環境活性化業を推進して、地球環境の向上に貢献していくに当たって必要不可欠の心です。
私たちは、自分自身の成長を通して、社会に貢献します。

代表取締役 /  井上利一
1966年1月6日福岡県久留米市出身。株式会社ジオリゾーム代表取締役。大阪で環境活性化業で日本一を目指す、ツイてる!社長。仕事は電線類地中化と土壌汚染調査・浄化対策。性格は明るく素直(だと思う)。尊敬する経営者は松下幸之助、稲窪和夫。趣味は講演を聴くこと。座右の銘『宇宙と調和』『ありがとう』。ベジタリアン。
NPO法人電線のない街づくり支援ネットワーク理事

▶スタッフ/インターンのメッセージ

共により良い社会を創りましょう!!
部長/ 井上 承子
インターン生は会社にとって本当にかけがえのない存在です。企業理念を実現していくために共に闘ってくれる同志だと思っています。会社はいつもとても明るく元気一杯です。社員みんなでみなさんの挑戦を応援します。志あるみなさんに出会えることを心から楽しみにしています。

社員全員でマラソン大会に参加
仕事を共にする社員は苦楽を共にする最高の仲間です。みんなで仕事を楽しみ、協力し合って仕事に取り組んでいます。年齢構成も様々ですので社会に出る良い練習になると思います。

担当スタッフから一言

井上社長は「無電柱化」の第一人者です。
日本で誰も「無電柱化」を叫ぶような人がいなかった頃から地道に社会に訴えてきた「日本の無電柱化」の立役者です。東京オリンピックの開催が決まり、やっと国も景観を景観を考えるようになりました。

「無電柱化」という学生にとっては縁遠い世界かもしれませんが、社会に新しい価値を発信し、事業化するという、そんな心意気、企業としての挑戦はぜひ知っておくべきです。キーワードは都市景観・防災減災・NPO・広報・企画です。
会社は本当にみなさん前向きで元気で明るい会社です。
人間性を磨くにもとてもいい会社です。
(担当コーディネーター:山本幸一)

【本インターンシップ担当窓口:NPO法人JAE】
大阪・京都を主な活動領域とし、
アントレプレナーシップ=「自ら問題の解決や新たな価値の創造に挑戦する心」
を持つ人材を輩出することを理念に、小学校から大学までを対象に
実践的なプログラムの提供を行っている。
その代表的なものである長期実践型インターンシップ「アントレターン」は、
地域で活躍する中小企業・ベンチャー企業の未来への挑戦を
大学生が半年間の期間限定の正社員として手掛けるプログラムで、
これまでに延べ130社の企業、800名の学生が参加している。

Webサイト:http://jae.or.jp/

■お問合せ先
***********************
NPO法人JAE アントレターン事業部
担当:山本、小澤、澤田
http://jae.or.jp/student/
連絡先:univ@jae.or.jp
***********************

このインターンシップに関心がある方は、まずはお問い合わせください。

このインターンに問い合わせする

ページトップへ