インターンシップ情報

「パパママと子どもが一緒になって夢中になれる体験」を全国へ広げるプロジェクト
有限会社佐貞商店(塩釜市)
2017/03/09 更新
親子のコミュニケーションを促進する新商品を販売するため、社長の右腕となるプロジェクトリーダーを募集!
ある調査の結果によると、「親子のコミュニケーションが「足りない」と感じている保護者は7割以上」とも言われています。モノが溢れ、充足する現代社会だからこその社会問題。この問題に対し、「包む心を創造し、喜びと感動を提供する」を企業理念として掲げる老舗ダンボールメーカーの佐貞商店は親子のコミュニケーションを促進するための新商品を開発しました。
今回はこの新商品を広めていくため、販売戦略の策定及び実行を担当するプロジェクトリーダーを募集します。

募集要項

【有限会社佐貞商店とは?】
佐貞商店は塩釜に本社を置く、社員17名のダンボール製品の製造販売を主とする会社。創業63年目の老舗企業です。
代表は三代目の佐藤亘社長。

下記、佐貞商店が取り上げられているサイトです。
http://igusuru.com/10720.html
https://www.facebook.com/sateisyouten/

【今回のプロジェクト内容】
段ブロックという商品の形はあり、今後本格的に売っていきたいとしているものの、まだ商品の価格やコンセプトが決まっていません。
社長の人脈もあり、複数の企業や児童館、保育園などから「売って欲しい」と既にオーダーが入っており先行して動いていますが、BtoC(企業が一般顧客へ売る仕組み)については、これまでノウハウがないため、社長自身も売り方が分からず、苦労しています。
そんな中、学生ならではのフットワークに期待して、「一般の親子へどう売っていくかを考えるプロジェクト」として、6か月の間インターン生に新商品の販売戦略の策定・実施を任せることが決定しました。

段ブロックについては下記のサイトに情報が掲載されています。
https://www.facebook.com/dandanblock/
http://satei-hako.co.jp/danblock

【宮城から東北、東北から全国へ】
なぜ、そんなゼロからイチの。まして作ったこともない「おもちゃ」をつくろうと思ったのか。そこには佐藤社長の「社員が幸せな家庭を作れるようないい会社にしたい」という想いがあります。
経営が苦しい状況の中で先代の社長である父より経営を任された佐藤社長。企業経営者の団体で自身も勉強をし、数多くの取り組みを行ってきました。
この新商品をきっかけに、より良い会社づくりをしていきたいと強く思っています。

それだけに今回のプロジェクトにかける気持ちは並大抵でなく、数年かけて全国へ販売するための仕組みをつくっていきたいと考えています。

「本気」で社長と共に成功させたい。そして自分も成長したいと考える学生をお待ちしています。

▲開発された新商品「段ブロック」

▲ダンボールを使った親子向けイベントの様子

▶期待する成果 「本気のプロジェクト」ですから、成果を期待します。
しかし、成果といっても、「本気で頑張った結果が成果だ」と考えています。

「学生だからできない」正直な話、そういった部分もあると思います。
しかし、それを言い訳にすることは許しません。

佐藤社長は本気です。コーディネーターの星宮も本気です。
あなたは本気になれますか?

期待することは、あなたが「本気」で取り組むかどうかです。

具体的な成果としては下記を期待します。
・イベントコンセプトの決定
・イベントコンセプトに沿ったインストラクターの役割やコンテンツの確立
・段ブロックの販売方法、価格の決定
・段ブロックの販売実績1件以上
▶仕事内容

新商品「段ブロック」の販売へ向け、イベント企画・実施から販売までお任せします。

具体的には、下記をお任せしたいと思います。
※より詳しくは、問い合わせいただければ担当コーディネーターがお話しさせていただきます。
 エントリーに向けた相談も受け付けます。

【STEP1】 社内、社外の方々が段ブロックについてどう考えているかを知る
・HPや資料の読み込み
・社長同行
・社員や外部の関係者へインタビュー

【STEP2】 ダンボールを使った親子のためのイベントに参加し、段ブロックを販売するための手がかりを得る
・ダンボールを使った親子のためのイベントへ参加
・段ブロックを販売するためのイベントについて考える

【STEP3】 段ブロックを販売するためのイベントを企画、実行する
・イベントコンセプトを決定し、イベントコンセプトに沿ったインストラクターやコンテンツを確立する
・イベント結果を踏まえて都度改善し、再度実施の改善を繰り返す(PDCAを回す)

【STEP4】 実際にイベントで段ブロックの販売を試す
・実際にイベントで販売を試す中で、今後の段ブロック販売の方向性を確立する

※余力があれば
商品コンセプトに基づいた広告コンセプトを決定し、HPの修正やWeb/紙媒体の広告を外部パートナーと協力して行って頂きます。

▶得られる経験 ・新商品開発の一連のプロセスを体系的に理解できる。
・地元企業発、新しいビジネスモデルづくりに挑戦できる。
・単純作業ではなく、戦略づくり、仮説の実証・改善まで関われる。
・経営学に基づいた、マーケティングやコミュニケーション等を学び、実践できる。
・社長と距離が近い為、起業家マインドが学べる。
 経営者が集まる会合に参加でき、多様な分野の仕事に理解が深まる。
・ビジネススキルや基本的なビジネスマナーが身に付く。
▶対象となる人 大学1年~大学院生で、下記の条件に当てはまる人

【必須】
・本気で自分を成長させたいと考える人
・ジブンゴトとして責任をもち、最後までやり遂げる気概がある人

【歓迎】
・新商品開発やマーケティング、広報に興味がある人
・地域活性化に興味があり、地域中小企業の成長プロセスを体感したい人
・世の中に新しい価値を生み出したい人
・子どもの教育に興味がある人
▶事前課題 ・ダンボールを使った親子向けイベントに参加した上で、どういったイベントをつくれば親子に喜んでもらい、結果として段ブロックの販売につながるかのアイデアを3つ以上考えてきてください。

・イベントに限らず、段ブロックを販売するためのアイデアを3つ以上考えてきてください。

以上2点です。アイデアは量もあればよいですが、それよりも質を重視します。
▶期間 2017年3月~8月(開始より6か月間) ※開始時期は応相談
▶活動条件 学期中:週3日以上 (週15時間以上)
長期休暇中:週4日以上 (週20時間以上)
※勤務時間は授業との調整が可能です。
 例)9:00~15:00の5h×3日や13:00~19:00の6h×2日+自宅勤務3hなど
 詳しくは担当コーディネーターにご相談ください。
▶活動場所 有限会社佐貞商店 本社事務所:宮城県塩釜市北浜4丁目3-8
(JR仙石線本塩釜駅下車、徒歩5分)
(仙台駅から本塩釜駅まで約28分)
▶活動支援金 あり(3万円程度)。別途、交通費全額支給。

受入団体紹介

COMING SOON!

COMING SOON!

▲本社の様子。
仙台駅から電車で28分、本塩釜駅より徒歩5分の好立地です。

有限会社佐貞商店(塩釜市)
▶事業内容:
段ボール箱、段ボール製品の製造、販売。
美粧箱(化粧箱)の企画、立案、セットアップ。
包装資材の販売。
▶設立:昭和33年(1958年)
▶代表者:佐藤亘
▶従業員数:17名
▶資本金:1,000万円
▶HP:http://satei-hako.co.jp/

経営者・スタッフ・インターン生からのメッセージ

▶経営者からのメッセージ

COMING SOON!

COMING SOON!

▲三代目の佐藤亘社長

代表取締役社長 /  佐藤亘
COMING SOON!

▶スタッフ/インターンのメッセージ

担当スタッフから一言

初めまして。エントリーから活動修了までサポートする、コーディネーターの星宮(ほしみや)です。
佐貞商店さんは社員の方がとても暖かい、人間味のある会社です。
代表の佐藤亘社長はその筆頭で、とても心優しく、かつ熱い社長です。

今回のプロジェクトは会社として非常に重要な位置づけであり、世の中に新しい価値を生み出す一番大事な最初の一歩を共に創る、とてもやりがいがあるプロジェクトです。

厳しいかもしれませんが、圧倒的に成長できることは約束します。
是非一緒に本気のプロジェクトに挑みましょう!

▶事前に調べておこう
自分で今回のプロジェクトのためになるインプットは何か考え、主体的に学んでください。

このインターンシップに関心がある方は、まずはお問い合わせください。

このインターンに問い合わせする

ページトップへ