インターンシップ情報

車輪ユニット脱着式マルチユース(多目的利用)キャビン×新事業展開・創業応援プロジェクト
株式会社 モールデック
2017/01/17 更新
目指すのは「誰でもどこでも試せる社会」の実現。
トレーラーハウス活用の『いつでもどこへでもお店♪』提供プロジェクト

募集要項

『型に はまったらあかん!』

上のような経営理念にもあるように、既成概念にとらわれず、常にクリエイティブな発想を持ち常に挑戦する「心」を持った技術者集団を目指しているのがモールデック。

平成20年後半のリーマンショック、それに続くトヨタショック・・・。
これらの出来事がきっかけとなり、弊社は今まで事業展開をしてきた完全受注型の設計事業のみではいけないと感じ、これまでに構築してきた設計技術を生かし、世の中に必要とされる自社独自商品・サービスの提供を模索してきました。

そんな中、トレーラーハウスの試作を開始!!また、この試作開発の中では、移動させるための車輪ユニットとハウス部分が簡単な操作で脱着できる「車輪ユニット脱着式トレーラー」構造も考案しました。
そして、試作を重ねていく中で、「教会」、「ジビエをさばくための施設」、「映像を使った広告塔」など、様々な用途に適応したモデルなどを生み出してきました!

近年では、本商品をもっと販売・サービス提供用の移動店舗として活用できないかという問い合わせが非常に増えてきています。このようなニーズに応えるため、低価格で様々な利用シーンに適合できる移動店舗用トレーラーハウスを新規で事業を立ち上げたい小規模事業者の方や、起業してみたい!といった方たちに向けて製作することとなりました。

しかし、多くの方に低価格で気軽に活用していただくためには、弊社で単体で販売していくよりも、レンタル会社や広告代理店などを通して活用してもらうモデルがよいのではと考えています。

そこで、今回インターン生とともに挑戦したいのは車輪ユニット脱着式マルチユースキャビンを活用した「新規事業展開・創業応援プロジェクト。」の土台づくり!!
まずは、レンタルリース会社など、ターゲットをしぼったうえで、まずはテスト運用できないか“提案営業”を実施。その後、実際にモデル事例をいくつか生み出すことで、多くの事業者の方に本商品を活用してもらえるような仕組みづくりを行います。
マルチキャビンを使うことで、将来的には「誰でもどこでも試せる社会の実現」を目指していきたいと考えています。

▲移動販売車の例

▲トレーラーハウス

▶期待する成果 ・マルチユース(多目的利用)キャビンのWEBページのリリース
・新聞などメディア発信、広報拡散
・レンタルリース会社や広告代理店とのテスト運用の契約締結を2~3件
▶仕事内容

車輪ユニット脱着式マルチユースキャビンを活用した新規事業展開・創業応援プロジェクト。

【STEP1】(1〜2カ月)
▼会社やプロジェクトへの理解
・社長やスタッフに同行しながら会社や社長の思い、本プロジェクトの方向性を理解することから始めます。
▼最終ユーザー・営業予定の企業へのヒアリング/営業リスト・資料作成
・WEBページ、営業ツールの素材となるようなお客様の声を集める。
・最終的に商品(車輪ユニット脱着式マルチユーストレーラー)を使用する可能性のある一般ユーザーと営業予定の企業、小規模事
 業者相談所などへのヒアリングを実施。
・営業先リストの作成(レンタルリース会社/広告代理店/地方自治体 などを中心に)
・営業資料作成⇒ 一般ユーザーや営業先の声も取り入れたそれぞれの営業先に合う提案資料を作成。
====================================================================
◇一般ユーザー:移動販売、飲食店経営者、野外イベントなどへの出展者など
◇営業予定の企業:レンタルリース会社、広告代理店、印刷会社など
====================================================================
【STEP2】(3〜4カ月)
▼WEBページの作成/営業開拓
・マルチユーストレーラーの使用方法を紹介するWEBページ(動画を含む)の作成
・ユーザーの声や、事例など、素材を集め、PJメンバーやWEBページの制作会社と
「どんなコンセプトで、どんな構成で・・・」など細かく打ち合わせをしながら、進めていく。
▼営業開拓
・営業に行く前に営業練習の実施
・STEP1で作成した営業リストと資料を活用し、実際に提案営業へ。

【STEP3】(5〜6カ月)
▼WEBページリリース/テスト運用契約・開始
・STEP2で作成したWEBページのリリース/新聞などメディア発信、広報拡散
・テスト運用の契約締結を2~3件目標 ⇒ テスト運用の準備 ⇒ テスト運用の開始

▶得られる経験 ・企業や地域の自治体、一般ユーザーなどへのヒアリング、営業する経験
・顧客ターゲットに合わせたマーケティング戦略の立案、実施
・ヒアリング、リサーチから企画提案、販路開拓までの一連の流れ全てを実践!
・モノづくりを生み出す現場で経験を積める
▶対象となる人 ・これまで世の中になかったようなものを自ら、または起案者(プロジェクト発案者)と共に市場に送り出す『ワクワク』するような
 チャレンジをしてみたい人
・明るく前向きに物事に取り組める姿勢のある人/・試行錯誤しながら、よいものをつくるのが好きな人
・人と接することが好きな人、様々な人と関わりながら企画することを面白いと思える人
・広報プロモーションの仕事に興味のある人
▶事前課題 担当コーディネーターに直接お聞きください。
▶期間 2016年春(2~3月)から、 約6か月間
▶活動条件 休暇中: 週5日以上(40時間/週)    
学期中: 週3日以上(24時間以上/週)     
基本勤務時間 =9:00~18:00
▶活動場所 岐阜県各務原市前渡西町927番地1
【最寄駅】JR線「那加駅」または名鉄線「各務原市役所前駅」から自転車で約20分ほど (JR名古屋駅から約1時間)
▶活動支援金 あり(5万円)+交通費実費

受入団体紹介

『設計技術』+『α』=夢から革新へ

 私たちはプラスチック金型設計、プラスチック部品の製品開発設計を核とした技術サービスを自動車メーカー、自動車部品メーカー、プラスチック金型メーカーに提供しています。
 平成21年からは構築してきた設計技術と、ものづくりネットワークを使い地域の生産者やチャレンジャーを応援するような取り組みを行っています

株式会社 モールデック
▶事業内容:
プラスチック金型設計/ミニハウス・トレーラーハウスの企画販売
▶代表者:奥村 靖
▶従業員数:20名
▶資本金:300万円
▶売上高:2億560万円
▶HP:http://www.moldec.net

経営者・スタッフ・インターン生からのメッセージ

▶経営者からのメッセージ

『型に はまったらあかん!』

上のような経営理念にもあるように、既成概念にとらわれず、常にクリエイティブな発想を持ち常に挑戦する「心」を持った技術者集団を目指しているのがモールデック。
これからの日本社会は少子高齢化が急速に進み、市場が縮小していくことが予想されます。
そんな中、社会や人に『夢』を発信できるような人になって欲しいと思います。

▲代表取締役社長 奥村靖氏

代表取締役社長  /  奥村靖
各務原市出身・在住/名城大学理工学部交通機械学科卒
平成2年32才の時にサラリーマンを退職し、現役員3名でプラスチック金型設計専門会社モールデックを設立・創業、以後代表取締役を務める

▶スタッフ/インターンのメッセージ

担当スタッフから一言

このインターンシップに関心がある方は、まずはお問い合わせください。

このインターンに問い合わせする

ページトップへ