インターンシップ情報

地域の魅力を伝え、思い出をプロデュースする「茨城リゾートフォトウェディングプラン」の企画と運営
有限会社エイトプランニングオフィス
2017/01/20 更新
茨城でのロケーション撮影に名所やレジャー施設の周遊、食事、宿泊を組み込んだプランを企画し、県外の方を中心に茨城の魅力を知ってもらい、思い出として残していくプロジェトです。
エイトプランニングオフィスは、衣裳・美容・写真をトータルプロデュースする写真館として、県内10店舗を運営しています。
「思い出プロデュースの達人」という企業理念を掲げ、とことん茨城にこだわる会社です。
今回、結婚する方を対象に、宿泊して茨城の名所を周り、魅力を知ってもらいながら、思い出を写真に残すプランの企画を運営をしていきたいと思います。

募集要項

●どんな地域にあるか?
茨城県日立市は、「日立製作所」創業の地で、工業が盛んな街です。
「日立製作所」から「日立市」という名前になったと思われがちですが、水戸の徳川光圀が海上から昇る「朝”日”の”立”ち上る様は領内随一」と述べたことが由来となっています。
光圀公も絶賛されたように、日立市は南北に長い海岸線があり、6か所の海水浴場と4つの漁港を持っています。

●エイトプランニングオフィスの歴史
創業者である吉澤収二氏は、カメラマンに憧れ、高校卒業後に都内の専門学校に入学しました。
しかし、より実践的な技術を学ぶために退学し、テレビ局から写真関連の業務を請け負う会社に入ります。
そこでほぼ独学でカメラを学び、技術と実績を積んできました。
1978年に地元に戻り、日立市大久保町で写真撮影業として事業をスタートします。
しかし、写真撮影からカメラの販売まで幅広く事業をしていましたが、赤字続きでした。
そんな中、市内に結婚式場がオープンする話をきき、結婚式場の専属カメラマンを目指します。
たくさんの結婚式場に営業へ行き、なんとか1件仕事を獲得し、そこでの実績を得て他の式場に広がっていきました。

結婚式場での仕事は順調でしたが、土日に仕事が集中し、平日のお店は閑散としていました。
そこで思いついたのは、「七五三」の写真。
高額にもかかわらず、一度しか使われない衣装を、平日に撮影に来てくれたお客さんに無料で貸し出すというアイディアで人気となりました。

しばらくして、吉澤氏は近隣エリアへの多店舗展開を検討します。
単純に店舗・スタジオを増やすのではなく、各店舗に少しずつ変化をつけ、それぞれに違った魅力を持つ店舗づくりをしたい。
平成14年に水戸市にオープンしたウェディングハウス「ル・シフォン」は、1階にドレスショップ、2階にスタジオと美容室、3階にチャペルというフロア構成にしました。
当時は、県内唯一のチャペルを備えたブライダル専門の写真館となります。
また、平成20年には、県内初の庭園写真館「ストロベリーフィールズ」をオープンします。
このようにして、現在は茨城県内に10店舗を運営しています。

2016年9月には、吉澤幸太氏が社長に就任し、新たな取り組みを仕掛けています。


●エイトプランニングオフィスの特徴

特徴①:魅力的な企画
オリジナリティ溢れる店舗に加え、魅力的な企画もあります。
例えば、
・ 子供たちにロック調の衣装を着てもらい撮影しようという『ロックンKIDS』などの撮影企画
・ 衣装メーカーとのタイアップによりお客様からデザインを募集してオリジナルドレスを製作
・ ショッピングモールを会場として子供のファッションショーを開催
・ 写真展の開催と人気投票
作られた企画には共通して、「写真を通してお客さんに参加してもらい、一緒に楽しもう」という"顧客参加型"の視点があります。
「楽しくなければ仕事をしている意味がない」という考えから、お客と一緒に楽しめる魅力的な企画を作っています。

特徴②:高い人材育成意欲
社長自ら撮影について初歩的なところから教えてくれる社長塾。
また、社員自身が企画し、運営する研修会も年間を通じて行っています。
社員の自主性を大切にしながら、社員が相互に教えあい、助け合う雰囲気づくり、職場環境づくりを実践しています。

特徴③:フラットな組織
社内行事も社員総会・納涼会・社員旅行(国内・海外)・忘年会などを定期的に行い、店舗間の社員交流を大切にしています。
お互いに切磋琢磨しながら、お客さんに喜んでもらえるサービスや企画をみんなで考え、実施しています。

【インターンシップの内容】
エイトプランニングオフィスでは、以前より結婚式を中心に写真撮影を行ってきました。
写真館だけではなく、2人の思い出の地でロケ撮影を行うこともあります。
しかし、企業理念の「思い出プロデュースの達人」として、また茨城にこだわってきた写真館として、もっとしっかりと茨城の魅力を知ってもらいながら写真撮影をしたいと思っていました。
そこで、茨城の名所やレジャー施設を周遊し、食事や宿泊も含めて魅力をゆっくり感じてもらい、それを思い出に残す「茨城リゾートフォトウェディングプラン」の企画と運営をしたいと思っています。

▲平成28年に移転した「エイトスタジオ本店」

▲毎年恒例の新人向け社長塾

▶期待する成果 茨城リゾートウェディングプランの企画
SNSをメインに販促、集客
地元企業との繋がり
▶仕事内容

「茨城リゾートフォトウェディングプラン」の企画と運営

■STEP.1 
【業務内容を知る】
・写真館ならびに婚礼業務の内容を実際に現場に入り学んで頂きます。
・店舗での受付、接客のサービスや店内撮影、ロケーション撮影の同行などを体験する。

■STEP.2 
【新しいフォトウェディングプランの企画】
・これまでのお客様の傾向を分析
・ターゲット客層の設定
・プラン内容の組み立て
・提携したい企業やお店、茨城の観光資源、歴史についての探求

■STEP.3 
【プランの実施準備】
・プラン内容の販促、地域の繋がりを使って協力業者との提携
・SNSを活用した販促(県外に向けての発信)
・受入れ体制の準備等

■STEP.4 
【運営】
・実際の撮影に同行
・お客様の反応、提携業者からのヒアリング等
・結果のまとめ、今後に向けてのブラッシュアップ

▶得られる経験 ・写真スタジオ&婚礼業界、サービス業全般に関する業務経験。
・マーケティング調査から企画、実際の販促までの一連の業務経験。
・さまざまな業種のお店や企業、人との繋がりから得られる企画と運営の経験。
・新しい需要を掘り起こし、ビジネスに育てていく経験。
▶対象となる人 写真や婚礼業界に少しでも興味がある方
茨城のことが好きな方
人と関わって何かに取り組むことが好きな方
▶事前課題 課題①と②について、取り組んでください。
①自分で撮影した家族以外の人10名の写真もしくは、取り組んでいる制作物(ふだん撮っている写真集、絵やイラスト、クラフトなど)を見せてください。
写真はデータで結構です。

②茨城の観光資源を洗い出し、東京から1泊2日の茨城満喫ツアーをコーディネートしてみて下さい。
その際、時間・場所・場所の詳細・アピールポイントについては、必ず分かるように記載してください。
提出における形式は、パワーポイントかPDFのどちらかを基本とします。
▶期間 2017年2月~4月の2~3ヵ月間 ※参加希望者との相談の上決定
▶活動条件 週5日程度。(原則火休み)
勤務時間 原則 9:30〜18:30または10:30〜19:30(休憩1時間)
交通費:通勤にかかる交通費の支給あり。(遠方の場合の上限あり)
※活動条件については学生の方の都合を伺った上で調整できる可能性があります。
一度ご相談ください。
▶活動場所 茨城県日立市森山町3-15-38
<電車をご利用の場合>
「上野駅」から最寄駅「大甕駅」まで、特急利用で約1時間30分。
<高速バスをご利用の場合>
「東京駅」から「石名坂」まで約2時間30分。

※他店舗で勤務することもあります。
▶活動支援金 あり

受入団体紹介

人生の一コマ一コマの思い出をプロデュースする写真館。

「日本一楽しい写真館」を目指し、衣裳・美容・写真をトータルプロデュースする写真館を県内10店舗運営しております。
若いスタッフが多く、活気のある職場です。
社員の自主性を最も大切にし、先輩から後輩へ、社員が相互に教えあい、助け合う雰囲気づくり職場づくりを実践しております。

有限会社エイトプランニングオフィス
▶事業内容:
一般記念撮影・婚礼写真などの写真撮影やレンタル衣裳サービス、美容サービスを行っている企業です。
「思い出プロデュースの達人」を企業理念に写真を通じて七五三、成人式、結婚式など、人生の大切なライフイベントが未来にわたって素敵な思い出になるようお手伝いをしています。
▶設立:1978年
▶代表者:吉澤幸太
▶従業員数:社員40名、パートスタッフ50名
▶資本金:500万円
▶HP:http://www.eightstudio.com/index.html

経営者・スタッフ・インターン生からのメッセージ

▶経営者からのメッセージ

茨城の魅力を伝える「茨城リゾートフォトウェディングプラン」を企画しよう!

私たちエイトスタジオグループは「思い出プロデュースの達人」を企業理念に、
写真を通じて七五三、成人式、結婚式など、人生の大切なライフイベントが未来
にわたって素敵な思い出になるようお手伝いをしています。

エイトスタジオグループの各店舗にはさまざまな形態があります。
本店に代表される総合写真館、県内初の庭園写真館、ウェディング専門店、
振袖レンタル専門店や邸宅貸切の写真館など。
県内のどこの写真館にもないバリエーションの多さが当社のオリジナリティです。

そして、我々の基本方針の中に
・常に“写真文化の最新発信基地”に!
・”とことん茨城”という2つの方針があります。
写真の力で地域を豊かに!地元好き、関係性を深く、
地域一番店でローカルブランドの確立を目指す姿勢を表しています。

地域の良さを、茨城の魅力をもっともっと多くの方々に知って貰いたい。
そして多くの方々に足を運んで貰えるきっかけを作りたい。
今回のインターンシップに応募したきっかけはそういった想いがベースにあります。
学生の皆さんなりの新しい感覚、斬新なアイデアを取り込みながら、
茨城の素晴らしさを見つけ出し、写真やSNSの可能性を最大限に活かしたものと作り上げて
いきたいと考えております。

代表取締役 /  吉澤幸太
1973年東京生まれ、実家は三代続く和菓子店。
大学卒業後金融系システム会社に就職。4年目に結婚を機にフランス・パリでの留学のため退社。
帰国後、生活の拠点を日立に移し、地元ケーブルテレビJWAYに入社。開局、立ち上げに携わり、その後8年間営業経験を積む。
2013年を妻の実家が営む、写真スタジオ有限会社エイトプランニングオフィスへ入社。
営業部長として顧客開拓やイベント企画に従事する傍ら、総務、経理、社員教育に取組み、2016年9月代表取締役社長に就任。
現在中3、小6の2男の父。趣味は読書、旅行、料理、ジョギング、ちょこっとのギャンブル(競馬)

▶スタッフ/インターンのメッセージ

担当スタッフから一言

今回の企画は、茨城での滞在を通した思い出をプロデュースし、それを写真に残すというプランです。
地域にどんな魅力があり、どんな行程や企画にすれば、お客さんの素晴らしい思い出になるのか、時には地域で活動されている方と一緒になって作ってもらいたいと思います。
茨城の魅力を伝えたい方、自分の企画でお客さんを喜ばせたい方、とにかく写真が好きな方、お待ちしてます!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
【担当者】 茨城県 えぽっく 若松
不明点などは、以下フォームからお問い合わせできます。
http://epocher.wix.com/epoch#!contact/c3kh

このインターンシップに関心がある方は、まずはお問い合わせください。

このインターンに問い合わせする

ページトップへ