PROJECT INDEX

探してた面白い仕事が見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探すスポーツを切り口に全国の「秋田県人」を団結!世代や地域を超えた新しいネットワークを構築せよ!


秋田県

スポーツを切り口に全国の「秋田県人」を団結!世代や地域を超えた新しいネットワークを構築せよ!

秋田プロバスケットボールクラブ株式会社

秋田プロバスケットボールクラブ株式会社

プロスポーツ業界で働く!
リーグ統一によりレベルが上がり、結果がまだ出せていない選手を励ますブースター獲得大作戦!
少子高齢化率日本一の秋田で全国に散らばる県民が団結できる愛され球団になりたい!

このプロジェクトについて

【秋田県とバスケットボール】
秋田県は高校バスケ全国タイトル最多を誇る秋田県立能代工業高等学校を抱え、かつての強豪いすゞ自動車も当初秋田を本拠地としていたなどバスケ熱が非常に高い地域として知られる。そんな中、2007年に湯沢市など県南を中心として「秋田プロバスケットボールチーム 設立検討委員会」を発足してbjリーグ参入を目指したが頓挫。その後、2008年6月19日に「秋田プロバスケットボールチームをつくる会」が発足。改めてbjリーグ参入を目指した。同年、秋田市初のプレシーズン試合として「仙台89ERS対新潟アルビレックスBB戦」を開催した。この時の仙台には高橋憲一選手、新潟には長谷川誠選手、それぞれ秋田出身の選手が所属していた。

【企業背景】
秋田NHは2010年に誕生した北東北初のプロスポーツクラブで、バスケ界の中でも熱狂的なファンがいることで知られている。年間観客動員は8万人、平均観客数は約3000人(bjリーグ24クラブ中、第2位)に上る。スポーツは雪国秋田の県民の心を熱く燃えたぎらせ、県民のアイデンティティー形成に大きな役割を担っている。野球、ラグビー、レスリングに始まり、特にバスケは外せない。全国優勝58回を誇る高校バスケ界の雄「能代工業高校」や過去には実業団「秋田いすゞ自動車」が日本一になるなど誇り高き県民の心を掴んで離さない。

【県民球団として】
この誇り高き「秋田魂」を繋ぐことこそ、これから私たちが担う役割と自覚している。一説によれば秋田県外に秋田県出身者・秋田赴任経験者の人口が100万人いるといわれている。住民票を置く従来の「秋田県民」と秋田と関わりのあった「秋田県民」を繋ぐ。

【プロジェクトの概要】
●課題
少子高齢化率が日本一高いと秋田県。人口は2016年現在101万人となり、来年には100万人を切る勢いである。少子高齢化、人口減はどの地方でも同じ悩みを抱えているが、秋田はその先進県であり、対策事例が作られれば全国へ展開できる。

●プロジェクトの背景
創業した7年前。「秋田にプロスポーツ球団ができる」という期待感と、県民が団結し熱狂的な応援により昨年までのBJリーグにおいては、観客動員数リーグ2位、6年連続プレイオフ進出、3度の準優勝という強豪チームへ成長した。
しかし、リーグ統一した本シーズン、トップカテゴリーB1において最下位となり、チーム、運営スタッフ、ボランティア、ブースター(ファン)のモチベーションの低下が懸念される。

●プロジェクトの目的
あの創業時のチャレンジングスピリッツを取り戻す!
県内秋田県民だけでなく、全日本、全世界の秋田県に関係する新ブースターの獲得による「新しいALL秋田」のネットワーク作り!

募集要項

募集対象 大学生
期間 長期(3ヶ月以上)
テーマ 地域アート・スポーツ
職種 マーケティング・広報新規事業
活動支援金 あり
仕事内容 「人の繋がり」を通して、「巻き込み力」を身につけられるテストマーケティングと実践

【STEP1(1カ月〜2カ月)】 4〜5月からのスタートを想定
「基礎情報インプット期間」
オンシーズン(9〜4月)のため、県民球団としてのハピネッツが、県民にどう思われているのかのヒアリング期間。
社内マニュアルや、教育体制、指示系統などの洗い出し。

○高畠同行により、社内外でのネットワーク構築

●具体的な行動
・ブースター(ファン)へのヒアリング、アンケートの作成
・他県での秋田県人会等、都道府県ごとにある秋田県関係者団体への挨拶
・関係機関(行政)、スポンサー(企業)の担当者、経営者へのヒアリング、アンケートの作成
・試合の運営などにかかる社内での「教え方」についての改善点の模索

●ポイント!
・ハピネッツが県民にとってどのような存在なのかを実感する
・社内での教育制度(教え方)への改善すべきポイントを把握する

【STEP2(3カ月〜4カ月)】 5〜7月のうち2ヶ月を想定
「仮説の検証期間」
前期間での課題への問題提起に対する解決策の仮説検証を行う。
・協力者(行政、各県人会、組織、企業、学生団体など)の選定
・対外的な広報(本プログラムの趣旨、目標、参加のきっかけなど)
・秋田LOVERSの企画立案

○ゴールデンウィークを使った集中活動
(プレイオフ・ファン感謝祭など)
○場所は秋田のみならず、仙台、東京など各地の組織への連携も考慮する
○一人で出張に行くなどの可能性があります

●具体的な行動
・プレイオフやファン感謝祭などでのプチ企画の立案
・SNS更新計画やキャッチサイトの作成
・「ふるさと会員100名増加」のための企画を複数案へ収束
・社内提案とブラッシュアップ

●ポイント!
・既存会員や、まだ会員ではないファンの潜在ニーズの持論を持つ
・複数のSNSの「いいね」やフォロワー数を増やす
・社内での意見の抽出


【STEP3(5カ月〜6カ月)】 8〜10月を想定
「実践期」
8月から夏休みに入り、リーグは10月からはオンシーズンとして開幕する。プレオープンや開幕戦に向けて、県内のみならず県外の秋田出身もしくは関係者の団結を図る企画を実践する。

○秋田LOVERSとしての地域団体との交流イベントの実施
○試合における集客
○ふるさと会員100名に向けた取り組み

●具体的な行動
・SNSの更新
・イベント会場の手配
・各地域団体との打ち合わせ(挨拶、場所、日時、試合観戦等)

●ポイント!
・連携団体の協力してもらえるよう巻き込む!
・各地で積極的に動いてくれる人脈(学生含む)の開拓
期待する成果 1. 本シーズンより行っている新たな試みの「秋田LOVERS」(県内外ファン同士の交流会)の新企画立案と運営
2. 新会員企画「ふるさと会員」の新規登録者を100名創出
得られる経験 ・プロスポーツ企業の経営者の右腕経験
・新たなファンや、社内での企画の協力者など人を巻き込む力
・企画をデータや聞き取りから振り返る力
・社会における基本的なマナーや常識
対象となる人 【いずれかにあてはまりましたら、是非ご相談ください】
・球団経営に興味のある方
・長期的に関われる方
・スポーツに興味のない方
(今後の新規ファン開拓にあなたの感覚が必要です!)
・まだやりたいことがわからないけど、一生懸命取り組める方
活動条件 期間:【6ヶ月間程度】休学する方、通学の方ともにご相談ください!
【学期中】週3日以上(1日の時間は授業を考慮いたします)
【休暇中】週5〜6日(試合やイベントの時には多くなります)
活動場所 【会社所在地】
秋田県秋田市旭北栄町6-5
秋田県社会福祉会館 本館4階

秋田プロバスケットボールクラブ株式会社
事前課題 ■当社のことを知ってください!
・ハピネッツの試合を観戦する(座席についてはこちらで確保します)
■他のスポーツの現場を知る!
・その他スポーツの観戦やファンイベントへの参加(自主参加)

感想文の提出をお願いいたします

私たちはこんなチームです!

経営理念「オラホイズム」は、地域への約束と未来への問題提起!

「私たちの」を意味する「オラホ」。地域課題を解決する当事者意識を持ち、県民やブースターにより親近感の持っていただける球団を目指していきます。

プロバスケットボールクラブを通じて県民が『元気』『夢』『希望』『誇り』を実感できる風土づくりに寄与することを目的とし、「プロバスケで秋田を元気に!」の合言葉の元、全くのゼロから立ち上がったクラブである秋田ノーザンハピネッツ。
秋田に永続するクラブを目指し、2011年10月15日に県民球団宣言を行いました。3つの理念と7つのビジョンを掲げ、これからもノーザンハピネッツは秋田に密着した活動を行っていき、秋田県民とともに歩んでいきます。

■経営理念
1. ハピネッツプライド
2. アリーナ・エンタテイメント
3. オラホイズム

■7つのビジョン
・常に成長するハピネッツ
・安定経営の追求
・ステイクホルダーズとの信頼関係構築
・スポーツの普及と選手の育成
・スポーツエンタテイメント
・ホームアリーナ構想
・ブースター主義

私たちの底力はまだまだ可能性があると思っています。
是非、力を貸していただき、良きパートナーになってもらえれば幸いです!

インターン生へのメッセージ

営業企画部 リーダー/(写真:右)里村 安紀子

私たちは循環を作り出す仕事だと思っています。
賑わいが無いから人口が流出するのか、人口が減るから賑わいがなくなるのか。
それは会社においても同様です。
結果を出せるからファンやスポンサーがつくのか、ファンやスポンサーがつくから良い選手を獲得し結果を出せるのか。

私たちは常にチャレンジと成長する企業でありたいと思っています!

団体概要

設立 2009/01/30
代表者名 代表取締役社長 水野勇気
従業員数 11名(パート含む)
資本金 8000万円
WEB https://northern-happinets.com/
住所 秋田県秋田市旭北栄町6-5 秋田県社会福祉会館 本館4階 秋田プロバスケットボールクラブ株式会社