PROJECT INDEX

探してた面白い仕事が見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探す「こどもたちの夢」を応援!福島浜通りの教育起業家の元で、街を舞台にした体験型イベント「逃走中!」を実現せよ!


福島県

「こどもたちの夢」を応援!福島浜通りの教育起業家の元で、街を舞台にした体験型イベント「逃走中!」を実現せよ!

株式会社dreamLab(ドリームラボ)

このインターンは募集が終了しました。沢山のご応募ありがとうございました。

ハラハラドキドキするような本気鬼ごっこイベントを企画し運営せよ!

テレビ番組「逃走中」を小学生対象にいわきで開催。参加者は、ハンターから、知力・体力・時の運をフル活用し、全力で生き延びようとします。こんな楽しいイベントを私たちと企画してみませんか?

このプロジェクトについて

【小学生と本気で鬼ごっこ】
もともと、アフタースクールに通ってきている女の子が、リアル「逃走中」やってみたいという声が発端でした。子どもたちと、いろいろと話しをしているうちに、わくわく感が高まり、これを実施するにはどうするかを考え、地域ベンチャー留学に応募することにしました。

【英語も使ってみようよ!】
前回、「ドリームクエスト」という親子イベントを開催しました。その中で、英語を使ってミッションをクリアしていくうちに、英語っておもしろい、もっと勉強したいという声がでてきました。田舎では、英語を学んでも、実際に使うところがありません。そこで、イベントの中で、英語を使い、英語であそぶことも企画の一部にしたいと考えています。

【こどもの夢を応援】
ドリームラボは、子どもたちの夢を応援しています。今回のイベントは、子どもたちのやってみたい夢の実現のお手伝いになります。子どもたちは、自分たちの夢が叶うという経験をすることで、将来に対して、さらに夢を描いていきます。そして、それが、勉強することの原動力となっていくと考えています。また、イベントを通して得られる達成感は、インターンの方々の小さな成功体験として、自信につながると確信しています。

募集要項

募集対象 大学生
期間 短期(3週間〜2ヶ月)
テーマ 地域こども・教育
職種 企画・商品開発マーケティング・広報
活動支援金 なし
仕事内容 英語を使った小学生対象イベント「逃走中!」の企画と運営をお願いします。
一カ月間で下記のステップで進めて頂きたいと考えております。
【STEP1】 アフタースクールの業務に携わりながら、イベントについて立案
【STEP2】 協力者(行政・事業者・地域住民など)との交渉
【STEP3】 イベントの宣伝・集客
【STEP4】 イベント開催

新規事業の企画から「本番」までひと回しすることができます。これにより、
・(復興の最前線の一つ)福島浜通りで、先進的な教育に取り組むことができる
・福島の子供達の笑顔に触れられる
・ビジネスの最重要「集客」のスキルに取り組める
と考えております。よろしくお願いします!
期待する成果 ・イベントの立案、開催
・ドリームラボの魅力発信
・新年度通塾生の集客
得られる経験 ・小学生と本気で向き合う経験
・課題→企画→実施の一連の流れを経験
・外国人講師が常駐しているため、英語を使って仕事をする経験
対象となる人 ・こどもと遊べる人
・足の速いひと(ハンター募集)
・教育に興味のある人
・英語が好きな人
・人を楽しませることが好きな人
活動条件 週5日以上

【このインターンシップは、復興庁主催の「復興・創生インターン」プログラムです】
・東北内での複数のインターンプロジェクトとの集合研修(事前・事後等)を予定しています。
・自宅から現地までの交通費(往復1回分)が支給されます。
・宿泊場所は現地で準備しております。宿泊代はかかりません(シェアハウス等を予定)。
・食事代等として1日850円が支給されます。

※「復興・創生インターン」は、復興庁事業「伴走型人材確保・育成支援モデル事業」として実施します。

※「復興・創生インターン」に関するご質問・ご相談・事務手続きなどは、
統括事務局の株式会社パソナ(担当:佐々木、武田 連絡先:03-6262-6340)、
プログラムの内容については各担当コーディネート団体までお問い合わせください。
活動場所 福島県いわき市
事前課題 ・志望動機、自己PR、イベントのアイディアや企画を考えてきてください。

私たちはこんなチームです!

私たちは、子どもたちの夢を支援する応援団です!

こんにちは、ドリームラボ代表の小川です。
15年間進学塾の講師を勤めるなか、自信がなく夢や目標を持てない子が増え続ける現実に直面し、子どもたちのためにできることを模索してきました。東日本大震災を体験し、母親となった今、「人生の目的」「自分の役割」「人の幸せ」など、学校では教わらないけれど、生きていくうえでとても大切なことを伝えることが自分の使命だと、改めて感じました。
ドリームラボは、子どもたちに「自分を好きになってもらいたい」という想いから設立しました。それは、自分を好きになることが、幸せへの第一歩だからです。また、子どもたちが自分の夢や人生の目的を発見できるよう見守っていくことを企業理念としています。自分の頭で考え、五感で感じ、小さな成功体験を積み重ねることによって、子どもたちは、自信とやる気を取り戻していきます。そして将来、大きな志を持って、世界を変える大人へと成長していってくれるのでしょう。 私たちは、子どもたちの夢を支援する応援団でありたいと考えています。

■放課後の時間を消費から未来への投資の時間に
小学生が学校で過ごす時間は1200時間。学童で過ごす時間は1600時間。
英語と体験型プログラム(プログラミング・料理・工作・実験など)を通して、放課後の時間をもっと楽しく、いろいろなことに挑戦します。失敗してもOK。失敗を経験ととらえ、小さな成功体験を積み重ねていきます。

■ドリームラボは、
学びの場・自分たちで考え行動する場・自己肯定感を育てる場

■主役は、こどもたち
こどもたちが興味・関心のあることにチャレンジできる環境づくりをしています。


★現在、公立の学童は、保育を目的としているため、いろいろな教育プログラムを提供することができません。私たちは、今までにない新しいかたちの学童を作ることにしました。実際に親子で、私たちが提供しているサービスを五感を使って体験してもらい、その魅力を感じてもらいたいと考えています。そこで、親子英語イベントを開催し、その魅力を発信してくれる学生を募集しています。

インターン生へのメッセージ

代表取締役/小川智美

「みんな違って、それでいい!だから、みんなで集まるとおもしろいね!」そんな子どもたちの声や笑顔あふれる環境をつくっていくことが、私の夢です。これからも、さらにワクワクドキドキするような企画で、子どもたちと一緒に笑い、楽しみ、日々新たな発見をしたいと思っています。わたしたちともに、ワクワクドキドキなイベント企画運営に興味のある方、待ってます。また、「逃走中」で子供たちを捕まえるハンターも大募集です!

[プロフィール]
高校卒業後、アメリカへ留学。帰国後、進学塾に約15年勤務。東日本大震災後、出産を経て、株式会社dreamLabを設立。

団体概要

設立 平成26年11月1日
代表者名 小川智美
従業員数 3人
資本金 700万円
WEB http://d-l.jp/