PROJECT INDEX

探してた面白い仕事が見つかる!日本全国のインターンシップ検索サイト

インターンシップを探す捨てられる販促品をブータンへ届ける、社会貢献スキーム設計プロジェクト」


福井県

捨てられる販促品をブータンへ届ける、社会貢献スキーム設計プロジェクト」

平林印刷 株式会社

日本にはモノが溢れすぎている!世界にはモノを必要とする人がいる!

引き出しの奥に眠る販促品のボールペンを、海外まで届ける仕組みづくりのインターンシップ。誰もが1つは持っているノベルティグッズを活用した、ソーシャルビジネスを立ち上げよう!

このプロジェクトについて

【業界の事情で、仕方なく余ってしまうノベルティ(販促品)】
・当初の予定より配布数が少なくなってしまった商品
・リブランディング(ブランドの再構築)のために使えなくなった商品
・サンプル品としていただいた商品

様々な事情で余ってしまう商品。日本全国にきっとそんな状態の、「一度も使ったことのない商品」があるのです。作った側の心情として「せっかく作ったのだから・・」となりますよね・・・。だけど、結局何年も放置してしまう。そして大掃除の時などに思い切って捨ててしまう。気持ちよく捨てている人なんていません!近所の人に配ったりしてるところもあるんじゃないでしょうか。

ボールペンやシャーペン。メモ帳やクリアファイル。どれも店頭に売られているクオリティと一緒です。ただ、企業やブランドの名称が入っているために、外に出せない状態になってしまうのです。


とってもモッタイナイですよね?

絶対に、有効活用する方法、ありますよね?

日本全国。世界中。
買いたくても買えない人はきっといますよね?

私たちのこの想いを形にし、継続的に支援可能な仕組み(スキーム)にしてほしいと思っています!




【一度だけ、届けたことがあります!】

一度だけ、<ブータン>に届けたことがあります。他の国同様、ブータンでも日本の商品がハイクオリティであることは周知の事実。だけど、平均年収が20~30万円と言われるブータンでは、日本の商品はとっても高価です。
半年ほど前、我が社とつながりがあった知人に、「商品が余るのがもったいない。どうにかしたいんですよね・・・」と相談していたところ、「僕、今度ブータン行くので、渡してきましょうか?」という展開に。
「ブータンの日本語学校の生徒に渡してきました。みんな目を輝かせて、ペンやメモ帳を手にしていましたよ(^^)」というフィードバックをいただけ時、本当にうれしかったことを覚えています!日本の企業名が入った商品を、手にした直後から使っていたそうです。

このストーリーのようなつながり、つくっていけたら幸せだと思っています。
海外じゃなくても、実は日本国内にも、求めている先があるのではないかと考えています。


あなたの若い力で、ストーリー、つくってみませんか?

募集要項

募集対象 大学生
期間 短期(3週間〜2ヶ月)
テーマ 新しいお金の流れ小売り・流通
職種 企画・商品開発新規事業
活動支援金 あり
仕事内容 ● STEP1:1週目
・会社見学と事業紹介
・業界に関するインプット
・受け入れ先候補のリストアップ
・余っている販促品の収集
⇒弊社に保管されているものの活用
⇒関係各社からの回収


●STEP2:2,3週目
・事業スキームの構築
⇒平林印刷が運用するための業務の流れを構築
・余っている販促品の収集
⇒弊社に保管されているものの活用
⇒関係各社からの回収


●STEP3:4週目
・最終発表
⇒業務スキームの発表
⇒収集した販促品の共有



インターン期間中、状況に応じて、社員へのヒアリングは可能です!




インターンシップの進捗によりますが、実際の受け入れ先(国内外)に出向き、
直接、渡しに行っていただく可能性がございます。


ぜひ、一緒に新しい事業をつくっていきましょう!!

学生の若い感覚と行動力で、笑顔をつくる取り組みにしましょう!
期待する成果 ・余っている、流通させられなくなったノベルティを活用した、社会貢献事業の仕組み(スキーム)構築
得られる経験 ・社会貢献につながるスキーム構築の経験。
・ゼロイチをつくる経験。
・業界、会社の裏側を知れる経験。
・商品提供者となる経営者や、受け入れ先となる組織とのつながり。
対象となる人 ・福井県外在住者(出身は県内外どちらでもOK)

※社会貢献に興味がある人
活動条件 ●活動期間:1ヶ月間(8月中旬(お盆明け)~9月中旬)
●勤務頻度:週4,5日(月~金)※詳細は調整
●勤務頻度:週5日(月~金)
●勤務時間:10時~18時(お昼休憩有)
●宿泊施設:弊社にて手配(シェアハウスやゲストハウスを想定)
●交通手段:電車(定期券を付与)/自転車
活動場所 福井本社:福井県福井市長本町220番地1号
※状況に応じて、いつでも外出等していただいて大丈夫ですよ!
事前課題 ・他社の事例について調査をお願いいたします。販促品以外でも、【余った商品を違うところに活かす】というスキームを行っている企業や組織の取り組みを調べてきてください。たとえば、ユニクロがやっている【UNIQLO RECYCLE】です!

私たちはこんなチームです!

印刷屋から始まった100年企業が、社会貢献活動に取り組む!

明治43年(1910年)、創業者である平林弥一が始めた印刷業。ずっと地元密着スタイルでやってきました。しかし13年前の2004年。世の中のIT化が進み、今後、紙媒体の流通が確実に減っていくと感じ、Webを活用したノベルティ(販促品)の販売を開始しました。

おかげさまで、Web販路では約10年間日本一の売り上げを誇っています。年間8,000~10,000社が新規のお客様でお申込みいただきます。とても有難いお話です!

今回のインターンシップでは、そんな立場にいる私たちだからこそ見えている”モッタイナイ”を、解決したいと考えています!

インターン生へのメッセージ

代表取締役社長/平林 満

当社の行動指針には「チャレンジこそがハッピー」と一文あります。社会人が長ければ長いほど、できることを自分で判断をしチャレンジ精神が薄れてしまいがちです。真っ白な学生さんには、より多く成功体験をつくってほしいと考えます!その経験が多ければ、自分の人生を自分で生きることができます。そして、社会人としてきっとハッピーな生活を送れます!ぜひ、その礎となる経験を積みにきてください!

[プロフィール]
1970年生まれ
1992年 平林印刷株式会社入社
2003年 代表取締役社長に就任

団体概要

設立 1972年4月 (創業:1910年)
代表者名 代表取締役社長 平林 満
従業員数 59名(男子20名・女子39名) 2016年11月現在
資本金 3,000万円
売上高 24億円【2016年3月実績】
WEB http://www.hira-print.jp/
住所 福井県福井市長本町220番地1号